雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
ガールズケイリン観戦あれこれ
girlsmatsudo2407151.jpg
ガールズケイリン観戦に松戸競輪場へ行き、まず画像のようなチラシをいただきました。
出走表以外には、あまり配りもの(しかもカラー刷)などいただくことはないだけに、力の入れようを感じます。
顔写真も入っていますし、他に選手一覧が二種配布されており、かなり分析のしがいがあるデータはいただいた感じでもありました。
girlsmatsudo2407152.jpg
裏面には、画像の通りに選手紹介もされていて・・・これは、かなりファン層拡大を狙っているなぁと意識が伝わってきます。
選手ごとに写真とか売り出したらとか考えていそうに思えたりしました。
A級2班扱いとはいえ、チャレンジクラス(A級3班というかB級みたいに見える)に比べ過大な扱いとも思えますが、この数ヶ月に思い切り後押しをしないと、埋もれてしまうからでしょう。

レース自体は至って真面目。際立って真剣に見えるのは、失格スレスレの行為が厳しく禁じられているからか、みんな同期ですし、ラインや何やらな感じがしないからか。
ユニフォームもオシャレ、自転車もポップな感じで、競輪場の空気が変わる予感がしました。
これで盛り上げて、後楽園競輪あたりを復活させたら・・・花月園観光(花月園競輪)には間に合いませんでしたが、競輪も何とか立ち直るはずです。
girlsmatsudo2407153.jpg
しかし、車券の買い様はかなり困惑しました。まだ3レース目という選手もおり、選手一覧とか読むと余計に点数が増えます。
車券に名前も入りますから、単勝式が復活したらと期待したりします。
ということで「名前買い」してみました。藍野美穂選手関口美穂選手・・・いい加減に思われそうですね(笑)
的中は「口」揃いで、二着は山口菜津子選手。ちなみにワイドなら「埼玉繋がり」でした。
girlsmatsudo2407154.jpg
7車立には慣れてきてはいても、先頭員の走りも物珍しく、ガールズケイリンに慣れるまではまだまだかかりそうです。
こちらは、ご当地松戸の浦部郁里選手と千葉競輪の篠崎新純選手の「千葉繋がり」の車券。ちょっと競輪の王道みたいです。ちなみに的中券は下に載せます。
girlsmatsudo2407155.jpg
一応的中もしてますが(笑)というところも載せておきます。完全優勝の加瀬加奈子選手・・・強すぎという印象。中川諒子選手とワンツーで「新潟繋がり」でした。
ちなみに増茂るるこ選手は現役の女子大生です。
・・・という調子で点数が増えてしまっている調子ですから赤字でしたけれど楽しかったです。

多種多様なオリンピック選手や日本代表クラスの選手が揃って、これもまた魅力になりそうです。
第5競走には、ホッケー五輪代表の岡村育子選手、第9競走には、スピードスケート五輪代表の渡辺ゆかり選手が出走。
アイスホッケーやウエイトリフティング、トライアスロン、バレーボール・・・と前競技も様々です。
ある意味、本業の種目では稼げない(フォローがない)状態があればあるほど、選手層は厚くなりますね。ガールズケイリンがしっかり定着して、暮らせる女子スポーツとして確立されることを期待したいです。

ただ、今日の結果だけ見れば、おおよそ在校成績通りの振り分けで、結果もそう番狂わせもなく・・・という様子も。
草創期ならではの、致し方ないところかもしれませんね。
気長に暖かく見守りたいと思います。



競輪名勝負でわかる選手心理 競輪列伝 (サンケイブックス)



都市対抗野球を観戦しました(その3)
ntt2407141.jpg
ということで、3記事目になります。
かなり見応えのあるチーム席に着席することができました。
東京都対名古屋市という試合。
どちらもかつての公社で、電電東京対国鉄名古屋と旧称を持ち出せば、より古豪対決らしく聞こえます。
ntt2407142.jpg
東京都代表の文字が入った幕も掲げられています。地元チームでホームグラウンドみたいですが、都市対抗のルール上、三塁側に陣取っています。
NTTのダイナミックループも社歌も馴染みの私は、ビブスをつけて、たまたま新入社員の皆さんなどと混じっての応援となりました。
ntt2407143.jpg
巨人戦は概ね立ち見の私としては、なかなか観ない角度からの試合観戦でした。こちらは上方から応援団を写してみました。
ntt2407144.jpg
チアの皆さんも、派手さはあまり無いのは確かですが、趣向を凝らした応援を展開していました。この辺の地味さは、電々らしいところかもしれません。
ntt2407145.jpg
試合は初回のホームランで先行したものの、スクイズで追い付かれ、胃の痛くなりそうな緊迫した試合の末に、なんとかNTT東日本の勝利となりました。
ntt2407146.jpg
選手の皆さんを讃える応援団。
エール交換等もあたたかく、都市対抗ならではです。
正直、昨今のプロ野球の応援には辟易している私は、こういう野球観戦は改めていいなぁと思うのです。たまにプロ野球もせめて都市対抗レベルあたりくらいまでの応援合戦で抑えてみたらいいように思ったりもしています。
ntt2407147.jpg
さあ、まずは勝ち上がりました。昨年惜しくも逃した黒獅子旗目指して、私も次の試合からも応援に力が入りそうです。
都市対抗野球を観戦しました(その2)
tositaiko2403ken.jpg
前の試合(日立製作所対JFE西日本)を、申し訳ない気持ちでしたが、適当なところで切り上げて、外に並び直して、第3試合(NTT東日本対JR東海)のチーム券をいただきました。
ntteast2407141.jpg
私はNTT東日本(東日本電信電話)のチーム席です。今年こそ黒獅子旗!と気勢をあげる雰囲気を楽しみながら、再度ドームに入りました。
ntteast2407142.jpg
団扇のNTT(日本電信電話)社歌「日々新しく」も、私にはすっかり馴染みです。二番や三番の歌詞も好きなのですが、今日は一番だけ三回斉唱しました。
tokyodome2407141.jpg
早めに入場でき、チーム席の整理の都合上、最上階の方から先ほどの試合の続きを観戦することができました。
こんなに屋根に近いところで試合を観たことは、初めてでした。ちょっと高所恐怖症なので、階段がオソルオソルです。
tokyodome2407142.jpg
完勝ムードだった日立製作所が、あれよあれよで最終回に4点を入れられて逆転負けでした。
それにしてもエラーの数にならないミスが数々あって、勿体ない試合でした。
暴投などが致命的で、牽制アウトまであって、安打数も圧倒していたにも関わらず、野球の恐ろしさみたいなものを感じました。
tokyodome2407143.jpg
スタンドも圧倒していた雰囲気でしたし、先ほどまではあの辺にいたなぁと眺めていましたから、この後の試合がどうなるのか、いやにヤキモキした気分で試合開始を待つことになりました。
都市対抗野球を観戦しました
二年ぶりに東京ドームで開催となった都市対抗野球大会が始まっています。
tositaiko2402ken.jpg
今日の第2試合は「日立市対倉敷市・福山市」ということで「日立製作所対JFE西日本」というカード。私は日立市側に入れていただきました。(後で改めて書きますが、第3試合を観戦しに来たのですけれど)
hitachi2407145.jpg
こちらが選手一覧が掲載されているリーフレット。日立でオレンジ色となると、ついついベルフィーユを思い出したりもします。ビブスもオレンジ色でした。
hitachi2407146.jpg
お約束の「この木なんの木」。応援にも使われていました。これだけ定着させたというブランド戦略も凄いことだと思います。
hitachi2407147.jpg
団扇には社歌が印刷されていました。かなり重厚で心意気が伝わる歌詞です。
hitachi2407141.jpg
大応援団で埋まった一塁側。「日立市代表日立製作所」の懸垂幕も見えます。
都市対抗の応援は一種独特の熱気があって楽しいです。
hitachi2407142.jpg
三塁側にはJFE西日本の応援団。都市対抗では「動員」をどこか競うところもありますが、日立製作所の地の利はそれでは勝っているように見えました。
試合自体はまた別の記事でふれることにしたいと思います。
hitachi2407143.jpg
社旗ではなく、都市対抗ですから、あくまで市旗が掲げられています。それぞれちょっと格好がいいマークだなぁと眺めました。
hitachi2407144.jpg
応援団が作業服とヘルメットに着替えて登場したりしました。技術の日立ですから、こちらの方が本来の姿でしょうね。なにか技術屋魂みたいなものをぶつけているように見えますし、社歌とあわせて日本のものづくりの底力の会社なんだなぁといった雰囲気を感じたりもさせられました。
巨人広島戦を観戦(H24.7)
giants240712.jpg
東京ドームは、今日もオレンジ一色でした。
画像の券面にあるように、レプリカを配布する日だったからでもありますが。
しっかり満員札止めとなっていましたが、こうなっても株主は入場させていただけるのは、座れないものの優待ですね。
今日は巨人が加点するシーンは、都合があって観られなかったのは、かなり不覚でしたが、楽しい空気を共有できたのは悪くない気分です。
交通費はかかりますが、入場できたということで、雰囲気を味わえているのは、確かにメリットです。
tokyodomecity24.jpg
東京ドームの株主優待では、遊園地の方も無駄にはしたくないのですが、今日もまた眺めるばかりになってしまいました。
ドン・チャックの雰囲気も変わりはしましたが、遊園地のキャラクターとして健在です。
昨今、ご当地キャラとか囃されていますが、ドリちゃんランちゃんのように遊園地と運命を共にするキャラクターもいます。そう思ったりすると、かなり縮小はしましたが後楽園遊園地の一部が残っていることはありがたいことでもあります。

ドン・チャック物語DVD-BOX



JXホールディングスの事業報告書のこととか(H24.7)
jx2406291.jpg
JXホールディングスから株主総会の決議通知と事業報告書が先日届きました。
日本石油とも日本鉱業とも名乗りにくい経営統合の結晶なので、間をとって?JXなのかなぁと思わされましたが、かなり慣れてしまいました。
jx2406292.jpg
さて、事業報告書の表紙には会社の主要事業の写真が掲載され、中に詳しく記事が書かれていますが、唯一知らない人には戸惑いそうな写真(WリーグMVPの吉田亜沙美選手)がありますが、日本一の女子バスケットボールチームがJXサンフラワーズ(共同石油→日鉱共石→ジャパンエナジー→JOMO→)なのですから、説明不要という勢いなのかもしれませんね。
惜しくも女子バスケットボールはロンドン五輪を逃してしまいましたが、女子バスケの強豪としてこれからも君臨していただけたら、株主としても嬉しいところです。

一流選手が教える女子バスケットボール



柏でみかけたもの二題
kashiwareysol24061.jpg
柏と言えば柏レイソル。今季はリーグ戦だけではないので・・・は言い訳になりますが、例年通りの位置どりな順位になってしまっています。昨年が特別過ぎたのか、研究されつくしたのか。
そんな中、主力の海外移籍の話とかも聞こえてきて、心配です。
ビックカメラの壁面ゆえに各メーカーの名前もあり、レイソルの親会社である日立製作所もありますが、三洋電機やオリンパスの名前も見えます。このあたりは、ふと気付くと名前の位置や名前自体が変わっているかもしれませんね。
mikuniyouchien24061.jpg
こちらは、みくに幼稚園が日照権を訴えている看板。
幼稚園の真南に45mのマンションを建てるとは、いくら何でも認められるわけがなさそうですが、ポラス(中央住宅グループ)も余裕がないのでしょうか、イメージが低下するばかりでメリットはない筈なのですが。
法律違反でなければ・・・では済まないことのように思いました。


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
165位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: