雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンクの削除依頼に苦慮しています
私がファン株主である、ある上場企業から連絡が来ました。
内容は転載不可と先手を打って書いてありました(これがまず困っています)し、株主ですから会社の足を引っ張る気も今時点ではないですから、まだ具体的に社名は書きません。

具体的に困っているのは、以下の5点です。

1)その方はSEOとしてメールアドレスを載せていますが、名前は苗字のみです。会社側からの正式な申し入れとしては不十分かと思います。実在の方なのかわかりませんし、決裁済ならばSEOの担当部署の長の名前があった上で出すのが上場企業ならあって然るべきと考えます。その方が長ならばまた問題は別です。

2)内容はリンクを外すようにとのことです。外すよう言われれば、ファン株主ですから従うのは吝かではないですが、理由は不明です。これも困っています。理由がわかれば、訂正記事を載せて周知するのは、株主としても当然のことです。

3)リンクが相応しくないほどの不適切な記事であるならば、記事自体の削除をしない限り、外しても企業名は残ったままです。これは会社、株主にとって不利益です。

4)そもそも外すことを求められた私の株主優待にかかわる記事では、削除を求められているリンク先には、私は直接リンクしていません。実際は外しようがないのも困っています。

5)メールの差出元のホストが、会社のものではありませんでした。疑いたくはないのですが、悪質な悪戯の可能性を排除しきれません。

従って、まず公開の記事で意見表明だけさせていただきました。
株主でもありますし、株主総会での質問状による対応までは不要の案件とは思いますから、改めてアクセスログをあわせて、公開にて担当部署に問い合わせをする予定です。
ただ、せっかくの申し入れも無視する気は毛頭ありませんので、まず公開にて対応に苦慮していることを示させていただきます。
是非、申し入れにつきましては、公開若しくは個人情報以外は転載可能な形式でお寄せいただきたいと存じます。

また、対応をしました際は、当然の如く、社名を含め公開し、正式にこの記事にて対応結果と不適切であれば謝罪、訂正をさせていただきますことを、該当会社株主としてお約束致します。
スポンサーサイト

グーグルからの大入袋
google2401271.jpg
先日も記事にしたりしていますが、また、グーグル(google)から「金券」が届きました。
毎度のことですが、結局はお試しで使って欲しいという商法なわけです。きっと、一度利用したりすれば手紙が来なくなる・・・というよりもさらに攻勢をかけられそうな気がして、結局いつもゴミ箱行きになっています。
ともかく、私のブログにお客様を呼び込めば、この金券以上に利益が得られるならばいいのでしょうが、そもそも当ブログを宣伝しても、きっとマイナーな話題過ぎて効果はないのではないかなぁと思ったりもします。
google2401272.jpg
今回は画像のような「大入袋」を模した封筒に入って届きました。
千客万来となればいいでしょうが、逆に意見を異にする方々やある意味で「ステマ」批判などを受けかねないですし、今のままの気楽な状況が、私にとってもやりやすいのかもしれないなぁと思っています。
以前はなんだか「野望」もあったのですが、結局のところブログ運営は本業にはなり得ないことが十分にわかりました。それどころか、殆ど副業にさえなりません。楽しめればそれでいいのでしょうね。
google2401273.jpg
一応、画像の金券を使う仕組みも明示されていますが、なんだか「当選商法」のように見えてしまうのは気のせいでしょうか。
私のところあたりまで、継続的に働きかけをしたうえに、これだけお試しの金券を配布するのですから、なかなかgoogleも楽な商売をしているわけではないのでしょうね。

グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ



毎度のgoogleの金券(H23.10)
google2310232.jpg
毎度のことなのですが(直近で記事にしたものグーグルからの提案という封筒が届きました。
ビジネスが成功できるとのことですが、私のブログの収入はビジネスとはほど遠い状況なのが実際です。
とりあえず、開封してみると、次の画像にあるように7500円という、今回も中途半端な額面の金券が入っていました。
google2310231.jpg
グーグルのことですから、これは「約100ドル」ということなのかもしれませんね。
とはいえ、どこでも使えるのではなく「アドワーズ」のお試し券という位置づけは変わりません。
どうせなら、送り返したら75円くらいの収入にでも代えてくれるなら嬉しいのですが・・・
google2310233.jpg
岩村水樹本部長名の挨拶文です。
しかし、当ブログが申し込んだ場合、どのような効果があるのでしょう?いま毎日200カウント足らずですから、細々と適当に書き綴っていられますが、露出度が高まってしまうことで、逆に苦情が殺到したりするのだとしたら、逆効果なのですが・・・
「アクセス数の増加=収入増」という仕組みが機能しているサイトにとっては、美味しい金券なのでしょうね。

Googleの脳みそ―変革者たちの思考回路



ワールドファイナンス@有楽町電気ビル
worldf2310.jpg
画像にあるように、ワールドファイナンスの看板は消え去っても、有楽町駅前の有楽町電気ビルヂングの片隅に、ワールドファイナンスの事務所くらいは残存しているようです。(参考:its-mo.com

さて、継続的に書いてきたワールドファイナンスですが、繰り返し書いてきたように、私には利害関係はありません。
ですから、あれこれ尋ねられたり、批判されてもお答えしようがありません。

ただ、モラルハザードに伴う「過払い」ビジネスにも批判的で、消費者金融や貸し手側の株主であったり、同情的であったりする立場なのは、読まれる方々はご理解いただいているところと思います。
株主優待を貰う、いわば「プチブル」な立場だからではなく、健全な資本主義経済では、有り得ない約束違反だったからです。グレーゾーンはあくまでグレーであり、黒ではなかった筈で、それは「信用の多寡」と反比例した率だったからに他なりません。
「借り得」は借りないで頑張った方々が何故か損し、貸した方々が大損しています。健全ではありません。
身分や地位の「再生産」は事実上あるのは確かです。だからこそ、「自分の代でなんとかしよう」という入替戦のあるリーグのスポーツさながらに頑張る気力も出る筈です。

最近のアメリカあたりの「オキュペイ(占拠せよ)」ブームの対象は、私程度の階層ではない筈ですが、逆に全く働かない(少なくない方は働く気さえない)のに、年金以上に税金を投入されている層には向けられないのも不思議でなりません。


さて、お願いになりますが、検証不可能な又聞き情報や不確かな情報、噂レベルの書き込みは、お控えください。自分の書き込みは自分で責任が負えますが、何の気無しの書き込みが法令に抵触する場合、双方に不利益だからです。
また、大震災からこちらの「拡散」は明らかにスパムと変わりありません。ツブヤキにも責任が伴うものとご賢察いただきたいと願います。

そんなこんなに嫌気がさして、拍手欄のコメント受付を止め、コメント(公開を含め)やメールも全員へのお返事は差し控えさせていただいています。
トラックバックも広告ばかりですし、blogというツールも曲がり角かもしれません。かといって、ツイッターやフェースブックも先に挙げた課題は乗り越えられませんから、似たり寄ったりに思えてならないのですが。
なんだか愚痴ばかりになりましたね(苦笑)

「貸せない」金融―個人を追い込む金融行政 (角川SSC新書)



グーグルから「金券」が届く(H23.7)
google2307211.jpg
Googleから封書が届きました。いつもネタにもしないで片付けてしまうのですが、たまには記事にしてみます。
しかし、わが雑感百貨店が活用したとして、アフィリエイト収入も限りなくゼロに近い日々が変わりようもないでしょうし・・・顧客情報としては、やや迷惑な方になるのでしょうね。
google2307212.jpg
以前にも書いていますように、金券を有効にするためには条件があります。「お試し」だけで済むならいいですが、「タダほど・・・」となりそうに思うのです。
使ってみれば、毎日200カウントくらいなマイナーブログがせめて毎日2000カウントくらいにはなって、月10万円くらい収入があがるとでも言うなら考えますが(笑)
google2307213.jpg
Google アドワーズ用の金券は、結局使わず仕舞いになるんだろうなぁと思います。
しかし、7500円という金券の額面は、妙に中途半端ですね。

クラウドで仕事術が変わる! Google超活用術 (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 385)



Googleの金券?考
google2301211.jpg
Google(グーグル)から、画像のような「金券」が封筒に入って届きました。
アフィリエイトあたりの支払いだったら嬉しいのですが、なんのことはない「Google アドワーズ」を利用すれば、場合によって最大3万円分という優待券みたいなもので・・・きっととりあえずもれなく5000円分にはなるのでしょうけれど・・・
見た目ヌカヨロコビするくらいの代物だなぁと思います。
ところで、登録すると、来訪者が増えて、アフィリエイト収入とかでも得られてペイするものなのでしょうか?
たぶん、私のブログのような場合にはあんまり効果はないのではないかとか思うのですが、その辺はよくわかりません。
google2301212.jpg
以前にも記事にしているのですが、利用方法が裏面に記載されていて、登録することが求められています。
お試し利用のための「利用権」みたいなものですから、それだけ使ってやめれば無料で済むようにさえ思えるのですが、そうそう甘い話でもないのではないか?と思います。
みんな無料でやられたら、ビジネスとして成立しませんからね。果たしてどうなのでしょう。

ビジネスでもプライベートでも120%役立つ! Google完全活用術 ~クラウドの実践~



Googleの「金券」
google5kken2209.jpg
Googleから封書が届き、開封すると、なにやら偽造防止もしっかりされた「金券」が封入されていました。
「無料お試し券」なので、活用するには当ブログ「雑感百貨店」あたりを、関連しそうなサイト向けに宣伝する必要があります。
google5kfuto2209.jpg
こちらが封筒。
ネット業界の大手ではあっても、結果的にアナログ的な業界に頼らないといけないのは、ちょっと皮肉なところです。
そのうち、なんでもできる時代が来るのでしょうか。
そうなると、人間が要らなくなりそうです(苦笑)から、「人造人間キャシャーン」のテーマよろしく「人類撲滅が地球のため」とかな時代が来てしまいそうです。
google5kbun2209.jpg
こちらが説明文。どうも翻訳サイトがこしらえた文章のように読めたりして・・・もう少しわかりやすい、簡潔なものだったら!とも思います。
これもデジタルな感じはしませんね。まだデジタルには限界があるということの証かもしれませんが。

さて、広告を展開するとしたら、どんなブログが対象となるのでしょうか?
株式?株券?株主総会?株主優待?旅行?宝塚?百貨店?・・・あまりに多岐な感じなので、いずれにしても不当告知とか言われそうに思えたりします(笑)


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
207位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。