雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンテのグルメ券をいただいて(H23.10)
chanterken2310.jpg
日比谷シャンテキャンペーンで、画像のグルメ券をいただきました。
5店舗利用(300円購入でスタンプ押印)で500円分、10店舗利用なら2000円分がいただけるルールですから、うまく利用しつくせばメリットは大きいです。
安いメニューや持ち帰りあたりで、押印を稼いだりしつつ、なんだかせせこましく今年もいただいたグルメ券だったりします。
いただくまでと打って変わって、利用する時はパーッと使ってしまいがち。このあたりは正に「悪銭身につかず」という感じです。
このあたりは、シャンテ側の狙い通りかもしれないですね。
結果、10店舗には顔を出すので、気に入れば常連になるでしょうから。
それにしても、グルメ券のデザインあたりは相変わらずで、偽造防止とかの手だては何もなさそうです。
偽造する手間を考えたらバカバカしいのと、意外な防止策が隠されているのかも知れませんけれど。

菊田一夫の仕事―浅草・日比谷・宝塚


スポンサーサイト

安愚楽牧場が事実上の倒産
agura23081.jpg
「和牛商法」の最後の生き残りである安愚楽牧場がついに経営破綻しました。
以前記事に仕立てあげた頃に、既に怪しいとは言われつつ、よくもったものです。
それだけコマーシャルがうまく、新規資金が流入することで、うまく廻っていたということなのでしょう。不思議なくらい広告をしていましたから、大方の予想通りの実情なのではないかと思います。
画像は、以前購入したレトルトカレーの箱です。味についてのコメントはともかくとして、原価を考えたら、それなりに利益はでるはずですが、だからといって、あの利回りを大きく上回る利益が出るとは思えません。
「被害者」の方々には、自己責任でお気の毒とは思いますが、かくなる上は二次被害(回収のために費用がかかるとかいう詐欺とか、弁護士関係であっても回収額に見合わない出費とか)には遭わないようにと祈念致します。
agura23082.jpg
「そんなに儲かるなら自腹でやる」「そんなに儲かるなら機関投資家(金融機関ほか)が黙っていない」という常識がある以上、ハイリスクに賭けた方々は、厳密には「被害者」ではなく、場合によっては「加害者」(後から入った方の出資が配当されている)側だというのが、ヤヤコシイところです。
もちろん、カラクリを十二分にわかっていて、美味しく脱出できた方々もいることでしょうね。
しかし、ニュースを見ると分散投資もせずに、余剰資金でもなく、全力で資金を投入してしまった方もいるみたいで・・・恐ろしいことです。

ある日突然、詐欺にあったら、どうする・どうなる (アスカビジネス)



高松でうどんを食す
renrakusen22111.jpg
高松界隈を放浪している中で、やはり「讃岐うどん」を食べないことには話にならないという気持ちが高まりました(笑)
無駄な熱意こそが、旅行の醍醐味だったりもしますから、まぁそれはそれでいいのですが。
画像は高松駅の「連絡船うどん」の店舗です。
renrakusen22112.jpg
こちらは店の前にドーンとあると、なるほど連絡船!?とイメージも湧きますし、舵なんて一般人がなかなか触れないですから、かなり心も惹きつけられるところです。
renrakusen22113.jpg
高松では百貨店のハシゴをしたのではあったのに、何となくデパートのレストランでないユニークなところで食べようと考えた成果の一つです(笑)
宇高連絡船は乗らず仕舞いでした(青函連絡船は堪能しました)から、懐かしいというより、物珍しい感覚ではありました。
kawahuku22112.jpg
もう一軒は「川福」です。
「宗家」とか目に映って心が揺らいでしまい、がっちり食べることになったという訳です。
kawahuku22111.jpg
川福マリタイムプラザ高松店の「穴子寿司セット」です。
なかなか美味。名物をしっかり食した気分になって、満足しきって寝台列車に乗り、帰京の途につきました。
口蹄疫はどうなっているのか?とか雑感
agura20082.jpg
上河内サービスエリアで見かけた安愚楽牧場の「コロッケ&メンチ」ショップ。
とは言え写真は二年前のもの。今はどうなっているのかは、最近休憩していないので分かりません。
二年もあたためていたほどのネタというわけではありませんが(笑)
「和牛商法」があれこれと言われ、似たようなオーナー制度をうたった会社が詐欺で立件される中、安愚楽牧場はたまに私のブログまわりにも広告が出たりしてたりします。
それでも流石に、今回の口蹄疫はダメージがあるはずでしょう。宮崎に拠点もありますし、ちょっと異常事態なのは「報道されない」ことで逆にわかります。
agura20081.jpg
「口蹄疫」とGoogleで検索したり、東国原(そのまんま東)知事のブログなどを読んだり、なにより宮崎県のホームページを読むと、深刻さが伝わってきます。
マスコミのフィルターを介さない情報がそこにはあります。逆にマスコミの信頼性も問われる部分でしょう。まぁマスコミはスポンサーや様々な事情もあるのでしょうが。
高度情報化社会だからこそ、こういった生の情報も得られるところ。判断も「自己責任」ということなのでしょうね。
塩牛丼を食べてみたこと
siogyu2204.jpg
なんだか牛丼を巡る消耗戦が続いていますね。
私はゼンショー(すき家)の株主ですし、かつては株主優待券について記事にしたように吉野家の株主でもありましたから、やはり気になるところです。
なんとなく勝負の行方ははっきりしてしまった感もありますから、今更感もありますけれど。

そんな中でダイエーの子会社としてスタートした(そのため愛用していた)神戸らんぷ亭は違う路線で生き残りをはかっています。
その手立ての一つが画像の「塩牛丼」です。目新しいもの、変わったもの好きな私は、とりあえず注文。
所謂「牛丼」とは一線を画しています。
ということで、比較は難しいですが、ユニークなハンバーガーを送り出していた「ドムドム」と同じ意気込みを感じてしまったり(笑)
とりあえず、らんぷ亭特有のメニューですが、ほかのメニューに好きなものもあるので・・・という感じかな?とか。今度は「塩牛皿」で味わってみようかな?などと思います。
同じ土俵で勝負するのではなく、毛色を変える手法は、なかなか賢い選択だと思わされます。それだけの発想と余裕があるということかもしれませんね。
ある意味で、消耗戦から撤退して、戦線の立て直しといくところで、らんぷ亭は先ず一つ足掛かりを作った感じなのでしょう。
親会社もちょっと業界としては毛色の違った会社ですし、次の一手も楽しみです。
銀座ルノアールのキャンペーンのこととか
renoirginza2201.jpg
「銀座」といえば・・・銀座ルノアール
などと言えば笑われそうですが、銀座という響きが喫茶店チェーンの屋号としても、また良いのです。
「銀座」だからこの値段とか(笑)まぁルノアールは「お茶代」込の値段とも言えそうで、席料が含まれての価格とも言えますが。
とは言え、本社は銀座にあったりはしません。
株主優待券については、昨年も記事にしているのに、今回わざわざ記事にするのは、またスタンプキャンペーンがなされていたからでもあります。
sendagaya21011.jpg
千駄ヶ谷のルノアールは、国立競技場や東京体育館絡みの時間調整に有効なので愛用しています。
最近、記事にもなっていないように(記事にするのをサボっていたりもするのですが)スポーツ観戦もサボり気味で、ご無沙汰になっていたりします。
renoirhibiya2204.jpg
最近、多分一番通っているのは・・・以前にも店舗については記事にしていますが、日比谷のルノアール。
ここでスタンプカードをいただきました。
cafemiyama2204.jpg
スタンプカードは「カフェミヤマ」になってますが(苦笑)まあ、もとはそうでしたからね。
キャンペーンは、10スタンプで1ドリンク。600円程度のものと引換ならば、1スタンプ(1ドリンク)で60円割引相当。
株主優待券での利用でも押印されますから、なかなか美味しいキャンペーンだと言えます。せっせと通って、有効に利用しようかなと思っているところです。
ゼンショーの「ゆるキャラ」?のこととか
zensho2204041.jpg
ゼンショーから、以前記事にもしたところのサポーターズクラブの会報が届き、前回同様にアンケートのハガキが入っていました。
株主優待券で視察するように・・・ということですね。意義付けとしても良いと思うところではあります。
zensho2204043.jpg
さて、ハガキにも描かれているのが「ゼンショーグン」というキャラクターなのだそうで・・・
京成パンダあたりとは違って、インパクト重視ではないようです。それでも、なんだか充分「ゆるキャラ」なのでしょう。名前から言っても、ウケ狙いありありですから。
zensho2204042.jpg
さまざまな声を聞いて、それに答えていくだけでなく、広める取り組みも重要ですし、親しみがもてます。
しかし、うっかりするとクレーマーが「楽しんで」あれこれ書いたり、個人攻撃や誹謗中傷の道具となるのは両刃の剣。
または、スパイ組織ばりに密告を吸い上げる、警察国家とか恐怖政治のお決まりの方法にもなりかねません。
単なるイエスマンばかりの「協賛」機関として堕落したり、常連の馴れ合いの場となる危険性(最近の朝のNHKラジオあたりは、ちょっと危なっかしい感じがしています)もあります。
それでも、そういった海千山千の中に大事な情報も埋もれていますから、ツールとして貴重ですね。

ゼンショーグンへの批判は許されるかどうかはわかりませんが(笑)


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
206位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。