雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
雪組『ロジェ/ロック・オン!』千秋楽を味わう
yukigumi220912.jpg
雪組『ロジェ/ロック・オン!』の東京公演も千秋楽。
東京公演は都合五回観劇したことになります。
有り難いことにサヨナラショーを毎回観劇して、ポンポンを振り、水さんの会からいただいたペンライトも振りましたが、毎回涙もろい私はボロボロになっていました。
白づくめな入り待ち、出待ちに参加して、名残を惜しむ千秋楽。
私にとっても(読者の方々はかなり感づかれているかもしれませんが)ひと区切りとなりました。
sayonara220912.jpg
私自身、馴染みの方々へのさながら挨拶廻りのような幕あい等になりました。
昨日の前楽観劇とはまた違う掲示にいよいよなのだと思わされ、明日からはかなり「リハビリ」に時間がかかりそうだと思わされたりしています。
サヨナラショーは毎回同じものでしたが、水さんの挨拶も、退団同期の下級生への優しい言葉かけにも泣きました。
退団者一人ひとりにスポットがあたるだけでなく、素晴らしい卒業のラストステージを与えてくれたことに感謝しています。
mizukai220912.jpg
宝塚大劇場での千秋楽でも配布されたペンライトの台紙。
水さんの「会」の方々の企画ですが、劇場内一面のサヨナラのライトも美しく、見応えがありました。客席参加型を楽しみ(今日は通路側でしたので、千秋楽にタッチさせていただきました)そして指向した水さんらしいラストステージでした。

私にとっても「悔いなし!」と言い切れる思いの千秋楽でした。
雪組『ロジェ/ロック・オン!』前楽観劇


雪組『ロジェ/ロック・オン!』の東京公演前楽を観劇。
いよいよ・・・という気持ちでいます。
宝塚大劇場での前楽観劇の心持ちとは違ってしまうのは仕方がないところ。
一つひとつのシーンが愛おしいです。
引継を意識されたシーン、サヨナラのためのシーン、退団者のためのシーン・・・私自身がサヨナラしそうな勢いで観ています。
アドリブはさして無い(小芝居ではあったのかも?)感じでしたが、ワンモアタイムは客席参加に。先ずは組子に振り、ツッコミをして、更に「お客様次第ではすぐ緞帳」なんて笑わせて、つくづく水さんはエンターテイナーだなと。


サヨナラショーの告知も貼りだされています。
サヨナラショーは宝塚と変わったところはなく、アオセトナもオスカルもゾロもないのはちょっと残念。
でも、退団者をクローズアップし、別れのひと時が演出されたカーテンコールは嬉しかった!

いよいよ、残すところは千秋楽だけとなりました。ポンポンを振り、号泣しながら味わいたいと思っています。
yukigumiken220911.jpg

ロック・オン!雪組大劇場公演ライブCD



雪組『ロジェ/ロック・オン!』東京公演観劇(3回目)
yukigumi220907.jpg
雪組『ロジェ/ロック・オン!』の東京公演を観劇。東京公演で三回目になります。
前回の観劇から中一日でリピートということになりました。

毎回「マイ楽」の思いでの観劇。名残惜しさが募って来ています。
なんだか、一気に反動がきそうな気がしてなりません。
とにかく、あと四日間。日曜日に千秋楽を迎えれば、泣いても笑ってもサヨナラ公演の幕は閉じ、「一つの時代」も終わります。
私にとっても一つの区切りになるのかなと。

さて、画像にあるように会員割引という形で500円引になっています。会員は、転売を生業とする方もいるでしょうが、基本的にファンですから、一番好きな組あたりを登録して、何かと有利にしていただけたら、良いのにとかねがね思います。
ところで、平日の夜公演の割引は効果的なのでしょうか?

水さんが「トップスターが来ています」(すかさず言い直しましたが)と言うので誰かなと思いましたが、白羽さんで、立ち上がっての「ワンモアタイム!」でした。懐かしかったです。
「お買物は阪急、ご観劇は宝塚」的に「公演は宝塚」と言って、颯爽とハケた水さん、格好よかったです。
なんて、ヒトコマごとに感動しながら、私もラストスパートだなぁと思っているところです。

TAKARAZUKA REVUE 2010 (タカラヅカMOOK)



雪組の「サヨナラ公演」もあと一週間
yukigumi220905.jpg
今日は、雪組『ロジェ/ロック・オン!』の東京公演を観劇。
東京宝塚劇場では二回目の観劇になります。

残暑厳しい中で「サヨナラ公演」も、あと一週間になりました。
サミシサがじわじわ来るというよりは、いつものように目まぐるしさでバタバタと過ぎていく感じです。
もう少し味わわないととは思うのですが・・・
ただ、ある意味で宝塚でひと区切りついてきての「延長戦」みたいに思ってしまっているところもあるのかな?などと自己分析もしています。

今日も水さんの呼びかけに応じて「ワンモアタイム」と声をあげたりして、参加しながら観劇しているので、余計に思い入れが出てきそうです。
そういえば、笛や「アルゼンチン料理」が無くなっていたのですね。もっと微妙な部分は残っていたりするのは不思議ですけど。

来週の今頃は・・・流石に気持ちが動揺しそうな気がしている私です。

TREASURE BOX



「星影の人」を思い出して
hosikage1902101.jpg
間もなく、宝塚歌劇団雪組のトップスター(主演男役)水夏希さんが退団(卒業)します。サヨナラ公演のただ中ですが、ふと振り返ってみたら、肝心のお披露目公演が記事にしていませんでした。
中日劇場『星影の人』がそれ。なかなか哀愁に富んだ作品でもあり、和モノの雪組の片鱗を感じたことを思い出します。
hosikage1902102.jpg
ショーも華やかで、再演というよりも「改演」ですから、また新たな楽しみがある作品。
hosikage1902103.jpg
リメイクの良さというところもあります。案外、無理な新作よりは、手堅い旧作の方がいいのかもしれません。
hosikage1902104.jpg
中日劇場は宝塚絡みでしか訪ねたことはないのですが、「お披露目公演」の熱気と期待感で包まれる独特の雰囲気でした。
hosikage1902105.jpg
ここから、トップスター水さんの歩みが始まったのだと思うと、雪組ファンとしても各作品を振り返りながら、感慨に耽るところです。
hosikage190210.jpg
中日劇場のチケット。ぴあ的なチケットに慣れると、こういった「本格派」はまた味わいがありますね。

乱筆かつ纏まりがないですが、とりあえず記事にしてみたみたいなところでお許しください。
雪組『ロジェ/ロック・オン!』東京公演観劇
natuzora22081.jpg
今日は、雪組『ロジェ/ロック・オン!』の東京公演二日日。
暑い日が続く毎日、たまたま今年だけなのか、これからは毎年こうなのか・・・夏自体は暑い方がいいのですが。
yukigumiken220814.jpg
そんな猛暑のなか、東京宝塚劇場に観劇に向かいました。
2階席で、下級生の「客席降り(上がり!?)」も楽しみました。
それこそアツい舞台。熱気も伝わってきます。
水夏希さん、真波そらさん、彩夏涼さん・・・「夏」っぽい名前の生徒さんなど10名の「サヨナラ公演」でもあるのは、大劇場公演でも書いたところです。
natuzora22082.jpg
とはいっても、後半に入ったということは、お別れの日も迫ってきているということ。
カラッと晴れたような笑顔の生徒さんを見ても、こちらは時々眼の幅で豪雨になりそうです。
だからこそ「宝塚はサヨナラで稼ぐ」となるのかもしれません。
rockon220814.jpg
ショー間近の休憩時間に舞台装飾(装置)をパチリ(上演中は絶対ダメです)。やはり、浮世離れしに来ているところがありますから、華やかで夢心地に浸らせてくれる準備運動にもなりますね。
すごく地味だったり、薄暗いと、つい眠くなってしまうクチなので、ショーは東京でも(当たり前ですが)なかなか楽しめました。
『ロジェ/ロック・オン!』 雪組千秋楽
yukiken220726.jpg
『ロジェ/ロック・オン!』の宝塚大劇場での千秋楽を観劇しました。
前楽の観劇に続いて、サヨナラショーを二回とも観ることができただけで、幸福過ぎですが、別れを伴うものだけに、流石に心は掻き乱されています。
rakukokuchi220726.jpg
サヨナラショーに加え「退団者ごあいさつ」との記載があります。もうそれだけでグッとくるのは、千秋楽独特なものでもあります。
yukirakusora220726.jpg
青空は澄み通り、やたらに暑かったのですが、武庫川の河風でとりあえず乗り切った感じの一日でした。
yukirakusnow220726.jpg
FLOGOSの技術で、夜空に雪のマークが打ち出されていました。
MIZというアルファベットも。すごいと思いつつ、風のせいもあって、残念ながら効果は微妙な感じではありました。
水さんの「会」からペンライトが座席に配布されていて、出待ちでも配られました。別れをじっくり味わいあった一日。ずっと思い出に残るような素晴らしい一日でした。


サヨナラショーも挨拶(退団者全員がこれまでの活躍を映像で紹介されました)もガンガン泣きました。
最後に水さんの粋なはからいもあったり、退団者に声をかけたりできるお別れの機会もありました。
「ワンモアタイム」も「言ってしまったから終わってしまう」・・・確かに夢の世界が終わっていく実感を持たざるを得ない千秋楽でした。
takarazukastamp220726.jpg

水夏希メモリアルブック (宝塚ムック)





カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
398位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
190位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: