雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花組「サン=テグジュペリ/CONGA」貸切公演観劇
hanagumi240930.jpg
宝塚歌劇団花組「サン=テグジュペリ/CONGA」を観劇しました。
今回は、セディナの貸切公演です。「ダイエーOMC」時代から長く楽しませていただいていますが、今回もサイン入り色紙は当たらず・・・なんだか残念。
この日の貸切公演は空席も見られ、これもちょっと残念でした。挨拶だとか、カーテンコールとかまでは難しいのでしょうが、貸切公演を満席にするのにちょっとサービスがあってもいいのかなとも思います。

考えて見ると音月さんが宣伝している「三井住友VISAカード」とグループ内で競合していることになりますし、このあたりは貸切だとかだけではなく、いろいろ動きがあってもおかしくないのかもしれませんね。

9月17日に続いての2回目の観劇となりましたが、ともかく壮さんの狐は「壮さんらしいなぁ」とツボです。
谷先生らしく、どんどん登場人物が亡くなってしまうのも、お話として仕方がないところです。
所謂「女装」も多いので、それもそれでツボかもしれません。
花組らしい華やかな舞台と言えますし、「ランランジュペリ」も美味しかったし(笑)藤井先生の千秋楽に向けての仕込みも、もう泣きそうな気分で観劇している私でした。

星の王子さま―オリジナル版


スポンサーサイト

雪組『ロミオとジュリエット』東京公演観劇
yuki230219.jpg
宝塚歌劇団雪組の『ロミオとジュリエット』を観劇しました。
かなり生徒さんが入れ替わった感じがして、どうにも困惑する感想が避けられませんでした。贔屓の生徒さんの退団を受けての観劇には避けられないことですが、逆にここ何年も浸り過ぎたのかも知れません。
サヨナラショー皆勤までしてしまった私には、まだしばらくリハビリが必要そうです。
そして、何となく生徒さんの使われ方にもちょっとひっかかるものがあった作品でした。
それでも、流石は雪組の皆さんは小芝居も観させる舞台になっていましたし、音月さんがトップスターになったんだなぁとシミジミ感じながら観劇したところです。
ショーがないのも残念。次の雪組公演が待ち遠しいですし、きちんと主演娘役が決まっていて欲しいなぁというばかりです。
申し訳ないのですが、今日のジュリエット舞羽さんへの応援の拍手がついつい大きくなってしまう方も少なくないのではないでしょうかね。
本公演で研1の生徒さんと天秤にかけたのは失礼だと思う気持ちはいつまでも引きずりそうです。(逆にどちらに転んでも、夢華さんにとっても不幸ですね。)
何を基準に決めたのかが明確でないと、芸達者揃いの雪組娘役生徒さんたちの中での立位置も微妙になるでしょうし・・・果たしてどうなるのでしょうか。

2011年宝塚パーソナル卓上カレンダー 音月桂



有楽町阪急を見上げて(H23.2)
yukigumi2302.jpg
有楽町阪急の壁面の懸垂幕を見上げてみました。
宝塚歌劇の公演にあわせてかけかわるのですが、来週始まる次の東京公演の雪組「ロミオとジュリエット」のものが掲出されていました。
音月桂さんのお披露目公演になるわけですが、主演娘役が固定されていないのは、なんとなく落ち着かないところです。
しかし、なんかコユイ感じで、いままでの音月さんぽくないような雰囲気もしたりしなかったり。まだ未見なのでなんとも言えませんが。
いったいどんな新生雪組になっているのか、まだリハビリ途上な感じではありますが、劇場で確かめたいと思います。どちらかというと、ちょっとさみしくなったりする部分が多そうではありますが。
yurakucho230211.jpg
こちらは、有楽町マリオン(有楽町センタービルディング)を有楽町駅のホームから撮ってみた画像です。
有楽町西武のロゴが外された跡がはっきりわかります。
ここにルミネができるとなれば、また勢力分布も激変するわけですね。
「ご観劇は宝塚、お買物は阪急」のどちらもが賑わい続けられれば何よりですから(東宝もシャンテもですが)一寸先は・・・と緊張感をもって、有楽町阪急には新しい百貨店像を作って生き残って欲しいと思っています。

ロミオとジュリエット (新潮文庫)



星組公演「宝塚花の踊り絵巻/愛と青春の旅だち」観劇
hosigumi221223.jpg
三ヶ月ぶりに東京宝塚劇場に足を運びました。
星組「宝塚花の踊り絵巻/愛と青春の旅だち」を、まだまだ「リハビリ状態」かなとは思いながら、SS席で観劇。ちょっとショック療法過ぎたかもしれませんが(笑)
雪組観劇を恐る恐るする前にクッションを挟んだような気分なのです。
星組を観るのは久しぶりですが、雪組出身の二番手(このあと再び組替ですが)凰稀かなめさんの悪役ぶり(凰稀さんがいい人してると話が微妙になるので)や涼さんのサービス精神(流石は「すずみん様」といつも感嘆・・・コーナンの株主だから持ち上げるとかではないですが(笑))、そして柚希さんと夢咲さんのトップコンビの元気さ・明るさに夢のひとときをいただいたような観劇でした。
紅さんや夢乃さんの頑張り具合も楽しいですし、水輝さんと指揮者の掛け合いも笑いました(「愛」あるアドリブシーンですね・・・石田氏のこの辺「だけ」は認めたり)し、あまりに有名な原作だけにどうなることかと思っていたのは、まるで杞憂でした。星組の皆さんの頑張りに拍手喝采です。
「花の踊り絵巻」は「和モノの雪組」で観てみたかったりもしつつ、何より松本悠里さん(ミエコ「先生」)に圧倒されました。春日野「先生」ともども「人間国宝」だなぁとつくづく思います。そういう技の宝庫と言える専科の方々が減りつつあるのは心配だったりもします。

愛と青春の旅だち 製作25周年記念 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]



宝塚歌劇の広告@柏駅
kasiwa2210162.jpg
柏駅のホームで宝塚歌劇の広告を見かけました。
実のところ、あちこちに展開されているのに、気付かなかったりしているだけだったりするのかもしれませんが、とりあえず「接触」できたのは柏駅が初めてだったりします(笑)
こんなこと言いながら、最寄駅にあったりしたらバカみたいな話ですね。

「夢をみたくなったら、タカラヅカへ。」というキャッチコピーは、よい響きではありますが、本当に夢がみられるような作品揃いなのかどうか・・・は、かねがね疑問です。
「みたい時にみられる」ようなチケットの売れ行きだったりすることがあるのも、それはそれで心配です。
夢を見せられるような作品を提供することと、スミレコードに代表するような神秘性を守ること(ここ最近の一連の騒動にはウンザリ)あたりも、キャッチコピーに恥じない、タカラヅカの在り方なのではないでしょうか。
こんな類の下世話な心配を、一ファン(阪急阪神の株主ではありますが)にさせてしまうような不甲斐なさが残念でもあります。

NEW GENERATION II (宝塚ムック)



宝塚友の会のハガキ「諸般の事情」って何?
takarazukafc2209221.jpg
宝塚歌劇「宝塚友の会」から画像のようなお知らせの入ったハガキが届きました。
なにがあったのやら・・・そもそもホームページにも突っ込みどころがあるくらい「お届け予定:2010年12月13日まで」(本日現在の57号についての案内・・・後日修正されると思うのですが)って何でしょう・・・
一般的には何らかのミスのせいでしょうけれど、「サヨナラ公演で稼ぐ」宝塚歌劇団ゆえに何らかの仰天発表が9月28日までにあるのでは?と思わされてしまうところでもあります。
takarazukafc2209222.jpg
デジタルカタログという形で、しっかりと掲載されていますから、カタログ通り届くのならば何の問題もなさそうで、電撃退団とかでもなさそうですが・・・

9月21日までに届く筈のものに、どんな手違いがあったのか?それとも、何か急遽変更になったのか?なんらかの「オトナの事情」があったのか?
いろいろと憶測は憶測を呼ぶのは、昨今は宝塚歌劇に対するあれこれな風評もあることで重々承知している筈です。
あれやこれやが押し寄せる中で桜木星子さんまでメルマガ(しかも最終号)で取り上げざるをえなくなる始末。阪急阪神の株主としても懸念するところがあります。
今回のハガキにしろ「諸般の事情」なんて変な言い方をせず「印刷の遅れ」「原稿の手違い」はたまた「人事関係」とかスッキリさせたらどうなのでしょう。
あれやこれや妄想する隙を与えてしまうから(ネタを提供してしまうから)逆によくありません。受け止め手としては「すみれコード」やらなにやらを含めて「見えていることなどわずか 真実は隠されている~」(ロジェ)なんて思ってしまうから、膨らんでしまうのですけれど。
このあたり、危機管理能力が不足しているなぁといつもながら思わされます。宝塚歌劇団はとことん「甘い」ように思えてなりません。
私の憶測が杞憂であるならば・・・ということもあるわけですが。

宝塚歌劇検定 公式基礎ガイド2010 (タカラヅカMOOK)



「麗しのサブリナ」懸垂幕を眺めて
sabrina220919.jpg
『麗しのサブリナ/EXCITER!!』の懸垂幕が、有楽町マリオンの有楽町阪急側に掲出されていました。
有楽町西武は閉店セールのただ中でしたが、後継テナントと目されるルミネと有楽町阪急の相性はどうなのでしょうね。
私みたいに他人事でいい加減だと、阪神百貨店が進出したら完璧とか思っていました(笑)

さて、懸垂幕については前回の花組公演『虞美人』の時に記事にしましたが、公演期間の短縮やシャッフルの影響はこの間の短さにも出ています。

『ロジェ』の懸垂幕は撮影しそこねていましたが、完売していましたから、掲示期間が短かかったのでしょうか。

花組は今回も、今日時点でまだ残念なことに、絶賛発売中状態です。
サヨナラ公演と比較するのは酷ですが、何かウツテはないのでしょうか。

私なんかは、
1)四組に戻す
2)良い演目のロングランを可能にする
3)リピーターがチケットを入手しやすい二次発売の実施
4)作家・演出家の新陳代謝の断行
5)生徒さん中心の一般民放番組を放送し、露出を増やす
あたりを提案したいところですが、株主総会に出席して公の場で意見を開陳する機会がないのが残念です。

麗しのサブリナ [DVD]



『麗しのサブリナ』は、もともとオードリー・ヘプバーン主演の名作映画ですが、「サブリナ」なんて聞くと「♪私を魔女にしてください」のアニメやNHKでも放映されたドラマを思い出したりもします。
そちらのサブリナみたいなのとか、「奥さまは魔女」みたいなコメディとかバウホールあたりでいいので観てみたかったりもします。
問題は登場人物が少ないことと、主演男役が目立たなくなりそうなところですが。

Sabrina the Teenage Witch: Comp Animated Series [DVD] [Import]



Sabrina Teenage Witch: Complete Series Pack (24pc) [DVD] [Import]





カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
206位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。