雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
東武鉄道の運転士解雇に賛否両論
東武鉄道運転士が息子を運転士室に入れて解雇になったことに、賛否両論が会社に寄せられているとのニュースを読みました。

東武鉄道としては、まず初動体制は大成功でしょうね。
安全と規律に厳しくなったところをアピールするよい機会になりました。
竹ノ塚駅での踏切事故は、現場の怠慢と会社の安全への意識欠如を露呈しましたから、東武鉄道は変わったことを主張できました。
また、もし非公表のままでどこかから漏れれば、東武鉄道への非難はわき起こったでしょうし、安全面での不信感を再度招くなど不都合は大きかったものと思われます。
私としては東武鉄道の方針に(泡沫株主としても)大いに賛成です。

そもそも、なんで駅停車中とはいえ運転台を運転士が離れ、扉を開けたりするのでしょう。そして子供を入れたまま発車したのでしょう。考えられない安全意識の低さです。
「ほほえましい」などと甘えたことを言わないでほしいです。乗客の生命を預かっているのですから。
母親は何をしていたのでしょう。周りの乗客は何と思ったのでしょう。ちょっと異常な状況ではなかったでしょうか。

解雇は厳しすぎると言う意見が強いのでしょう。しかるべき時に復職できるようにしたり、懲戒解雇ではなく諭旨免職にしたり、再研修や子会社転籍などたくさんの選択肢があるので、世間の声に耳を傾けた・・・などと東武鉄道は譲歩したとしても、当初の目的は達成できます。
 
ただ、私が思うに東武鉄道に批判的な意見をされる方々は、本質的な問題として「親」に問題がある点を敢えて見ないようにしている向きも多いのではと思います。虐待はいけませんが、厳しさも必要でしょう。子育てに関しての意識を再度問いかけるよい事例なのではないでしょうか。
「子供だから・・・」と許す許容範囲はありますが、だからといって違法な状況までは許してはいけません。見直さねばならないと思います。

小学1年生の学級崩壊が増えているとか、小中学生が以前より幼なくなったとかと耳にします。「躾」といった部分で、どこかが壊れてきているのかもしれません。ますます進む少子化の中で、子供は一層中身の充実が求められています。それとともに、親や地域にもある意味での「厳しさ」が求められるのではないでしょうか。
スポンサーサイト






カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
165位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: