雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コージツの株主優待
kojitu.jpg

コージツから株主優待券が届きました。
この株主優待のいいところは、1000円の買い物で500円券1枚が使える→半額割引になるところ。
金券のように、それだけで買い物が出来てしまうと、会社側としても痛し痒しですが、これならばとにかく買い物はしてくれるわけで都合が良いでしょう。
好日山荘メンバーズカードには値引き後の値段しか反映されませんが、併用で充分にメリットがあります。
私は、この冬はスノーシューを買い、有効活用しました。
今回は決算期の変更もあったので、二度美味しいというような気分です。親会社も変わって、好日山荘も分社されて、これから少しずつ会社の戦略も変わるようですが優待は続けて欲しいものだと思っています。

好日山荘webショップ(楽天市場)
スポンサーサイト

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

マリンポリスの株主優待
marine.jpg


10月決算の会社の株主優待の到着ラッシュ。
今日は、マリンポリスから株主優待券が届きました。
会社のトップページがちょっとユニークで、時々環境映像のように眺めています。欲を言えば、ちょっとしたミニゲームでも付属したらいいのですが・・・本業とずれてしまいますが。

マリンポリスの優待の良いところは、優待券と引換に同額相当の指定商品と交換できること。
今回は「清水白桃シラップ漬」。100株=2000円分の私には、缶詰ならばよくて2缶というところでしょうか。
それでも、到着が待ち遠しい思いで、株主優待券を返送しました。

「清水白桃」を含む商品(楽天市場)

追記(2/5)
数日ぶりにホームページを訪ねてみると、リニューアルされていて、「ユニーク」と書いたアニメーションはなくなっていました。少々残念です。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

「落陽のパレルモ/Asian winds」観劇
taka0129.jpg

花組「落陽のパレルモ/Asian winds」を宝塚友の会優先貸切公演にて観劇してきました。
そろそろ東京宝塚劇場来場者500万人。でも、今日はくす玉は割れず・・・ばっちり当たったら嬉しかったのですが、そうは甘くありません。(写真は500万人目を待ちかまえているくす玉と小林一三先生の胸像)
今年の初観劇でした。やっぱり劇場の雰囲気はいいですね。今年も足繁く通うことになりそうです。
箕輪不動産の本社
minowa.jpg


先日、足立区綾瀬の東京武道館に行った折、箕輪不動産の本社を見て来ました。
「♪みのわ、みのわ、みのわ、ふどーさん」(たしか、なんだか最後がちょっと暗め)のコマーシャルを以前はよく聞いたものです。
債務超過により、いまはなき店頭管理ポスト入りし、店頭公開を廃止された会社です。
いまでも、EDINETで有価証券報告書を閲覧することができますが、大幅な債務超過状態ではあるものの会社は存続しています。
私は株主ではないのですが(できたら株券は欲しいところですが)せっかくの機会なので、本社所在地を訪ねました。
画像のような小さな建物でした。かつては大きい建物が別の場所にあったような記憶があるのですが・・・
常磐線からは箕輪不動産の看板があがるマンションも見えます。一世を風靡した企業を直撃したバブル崩壊の清算はまだまだ終わっていないということでしょう。
あしぎんフィナンシャルグループ解散
asiginfg171226.jpg

足利銀行の元親会社であるあしぎんフィナンシャルグループから封書で届いたのが画像の文書。
現在も所在地は宇都宮市桜4-1-25なので、足利銀行本店内に所在しています。
普通株主には残余財産の分配はないという宣告ですが、なお更生会社としての解散→清算となると、北海道拓殖銀行・東京相和銀行・なみはや銀行などのような「清算株主総会」への招集もないでしょうから、事実上この通知が最後のお知らせということになりそうです。
整理ポストでの乱高下(おかげで私も嬉しい思いをさせていただきましたが)では、テレビ塔から100円札を撒く人が出たりと大きな相場になりましたが、結局は株券は完全なコレクターズアイテムとなりました。

栃木県立図書館の特集ページがよくまとまっていて重宝しています。

「足利」を含む商品(楽天市場)

セシールからの返信メール
16日に書いたように、セシールの臨時株主総会は明日に迫りました。
しかし、新社長の岡本氏は渦中の人。既に粉飾決算に関与していたというかのような証言まで報道されています。
報道の真偽は今後の警察の捜査に委ねるところですが、親会社は上場廃止を仄めかされ、新社長は事情を聞かれたりする状態では、セシールの先行きは見えません。
事実、連日ストップ安になってしまっています。
 
そこで、16日の内容に類することをセシールのIR窓口より投稿しました。これでも、セシールのファンなものですから。

その返事が来たのですが・・・正直がっかりしました。
この際、団結すること、自分で考えることができる体制ならば、安値で買い増しするのですが・・・
もちろん、今は混乱しているところですから、当日に急転直下もあるでしょうが・・・逆にすっきりして株はマネックスナイターで売却してしまいました。

メールは個人が特定されるのも嫌なので、適度に粉飾してあります。
(ここから)

いつもお世話になっております。
弊社親会社であります株式会社ライブドアマーケティングを含むライブドアグループへの強制捜査をめぐる報道に関しましては、株主の皆様には多大のご心配をおかけし、誠に申し訳ありません。

弊社といたしましても状況の把握に努めているところでございますが、報道されております内容が、弊社と同グループとの業務・資本提携以前のことということもあって、事実関係や捜査の状況等につき、把握しかねているというのが実情でございます。

何卒ご理解を賜りますよう、お願い申上げます。

なお、弊社はライブドアグループの一員として親会社であるライブドアマーケティングとのシナジー効果を追求し企業価値向上を目指す所存であります。
従いまして、平成18年1月20日に開催予定の臨時株主総会に関しましては、新株予約権の付与・新役員人事等の議案を含めて、既にご案内の通り執り進める予定でございます。


(ここまで)

太字の部分・・・これでは会社は泥沼ですよ。セシールの長年のファンとしては、なんとか考え直して欲しいです。
いくら株を押さえられて思考停止だとはいっても、この窮地で目覚めなくては・・・無理なのでしょうか。

セシログ(セシールビジネスブログ運営日誌)は暢気だし。大丈夫なのか不安になります。

田崎真珠の議決権行使
田崎真珠の第48期定時株主総会は1/25に神戸市港島中町の本社ビル2階ホールにて開催。
 
株主優待が魅力で半年ごとに株主になっている不心得な株主ですが、それはそれ・・・頂くからにはきちんと議決権も行使します。
田崎真珠はぺルーレという女子サッカーLリーグのチームも保有しています。私は廃部になった日興證券ドリームレディースのファンでした・・・女子スポーツに理解のある会社は希有な存在でもあります。

私の議決権行使は、
第1号議案は、第48期利益処分案承認の件。減損による特別損失によるとはいっても、単体27円の1株あたり純損失、連結でも15円の1株あたり純損失に対して、期末4円(年間8円)円配当は「安定配当」とともに、解散価値が1000円を超過する会社としてはいいのかもしれませんが、「役員賞与ほしさの蛸足配当」だったら困ります。ただ、いただいてしまうので。弱気です。
第2号議案は、配当可能財源や自己株式取得財源確保を目的として、法定準備金減少の件。これは疑問符です。赤字なら配当できない・・・でいい筈です。×をつけました。
第3号議案は、定款一部変更の件。電子公告導入なので
第4号議案は、取締役全12名任期満了による12名選任。2名は新任。養殖カンパニー西海ブロック長の南部氏はいいのですが、創業家の田崎将大社長室長は持ち株ゼロ。株主総会に出席する権利がありません。生まれたときから持っていてしかるべきなので、承服しがたい人事です。1名を除きを付けて意思表示をしました。
第5号議案は、監査役1名辞任による1名選任。理事国際カンパニー担当部長の岡澤氏。特に異論はなく。名誉職的意味があるのかもしれません。
第6号議案は、退任取締役・監査役への退職慰労金。いくらなのかはわかりません。疑問に思いつつも有配なのだからとを付しました。
 
宝飾業界は景気が好転すれば、光も差してくるところ。今期はがんばって欲しいものです。



「田崎真珠楽天市場店」

北海道拓殖銀行清算結了
takugin.jpg


いよいよ北海道拓殖銀行の最期の株主総会の招集通知が来ました。
一般的には真駒内アリーナで行われた営業譲渡と会社解散を決議する株主総会を「最後」と称すのでしょうが、今回のそれは「清算結了臨時株主総会」。会社解散→清算を終えて、名実共に「株式会社北海道拓殖銀行」という法人が消滅する株主総会になります。

清算事務が滞りなく進み、訴訟も終結したことは目出度いことなのですが、どうにも寂しい思いでいっぱいです。
なんで、こんなことになってしまったのか?「たくぎん」のブランドだけでも存続できなかったのだろうか?
一応、株主であり、かつての利用者でもある私としては感慨深いものがあります。

1月31日10時から、KKR札幌で行われる総会の終結をもって、拓銀は姿を消します。たぶん、北海道では、それなりに報じられるのでしょう。きっと、最期を見届けようと出席する株主の方も多いのでしょうね。

決議事項としては、
第1号議案清算人4名選任の件。
小原辰治代表清算人、河谷泰昌清算人、長田正寛清算人は本議案承認可決をもって辞任するところ、なお法律上の問題や登記手続等が生じた場合に備えて無報酬の清算人を4名選任しておくというもの。この4人の清算人が最終的に法人の幕引きをすることになるのでしょう。
弁護士、司法書士2名、現事務局長(嘱託)の4氏に異存はなくをつけました。
第2号議案は、決算報告書承認の件。「清算人として行うべきすべての事務を終了」と記された平成17年9月30日付の貸借対照表(画像参照)を含め、平成11年4月1日の解散から結了までの収支実績(画像参照)とともに承認可決されると、株主総会は終わり、「たくぎん」の幕がおります。私もを付しました。総会費用が2億8830万円もかかった(訴訟費用以上に要した)と知ると驚きと共に、円満な清算も容易なことではないのだと思います。

現清算人の方々、清算に携わった方々、そして最期を看取る新清算人の方々のご苦労、ご努力に敬意を表するとともに、その思いはいかほどなものかと思いを馳せます。
北海道という大地を支え、育ててきた北海道拓殖銀行が消え去ることは道民の方々をはじめ、多くの方々にも思いひとしおでしょう。

私も微力ではありますが、北海道拓殖銀行の幕引きに議決権行使という形ではあるものの関われたことは大きいと思いつつ、ハガキにシールを貼りました。

「北海道」を含む商品(楽天市場)

「拓銀」を含む商品(楽天市場)

どうなるセシール臨時株主総会
セシールの臨時株主総会は1/20に高松市セシール第5ビルにて開催。
 
とはいっても、ライブドアに東京地検特捜部が強制捜査に入り、その原因はライブドアマーケティングに関わる疑惑であるという中では、ライブドアの孫会社であり、ライブドアマーケティングの子会社になってしまったセシールには無縁ではありません。
特に今回の株主総会の議題から言っても、開催中止が望ましいところかと思います。
とはいっても、議決権行使書は送付済。強行開催もあり得るのですが・・・ここで無理に総会を行うのは得策とは言えません。

私の議決権行使は、
第1号議案は、ライブドアマーケティングに当初46000円で80700個も(807万株)も新株予約権を発行する件
冗談ではありません。現況の株価の半分ですから、既存株主としては×です。
疑惑の中で、敢えてライブドアマーケティングに新株予約権を発行するのは自殺行為です。提携・支援を受けるため・・・が理由でしたが、混乱の中では(風説の流布や帳簿操作が事実ならば上場廃止もありうる)効果を得られず、ただの寄付になってしまいます。株主代表訴訟もあり得る状況です。
第2号議案は、取締役6名全員退任を受けて、9名選任(全員新任)の件。実は、議決権行使書ではをつけて送付してしまったのです。
しかし、この事件を考えると、ライブドアマーケティングの岡本代表取締役(ライブドア取締役)、ライブドアマーケティング取締役の穂谷野氏、土橋氏の両氏、ライブドアマーケティングの藤沢氏、輿石氏、ライブドアコミュニケーションズの佐谷氏の取締役選任は微妙です。
ともかく、佐谷氏を除く5氏は取締役選任を辞退していただく必要があるでしょう。最低限取締役の3氏は経営責任からいっても母体でも辞任必至。セシールにとっては迷惑です。
残る生え抜き3氏は執行役員の竹内、吉田の両氏、経営企画部長の稲田氏。こちらは異論はありません。
本来は、セシール再建にはこれしか方法がないと考えてのことだったとは思いますし、親会社のお歴々が取締役に名を連ねるのは異論はないのです。しかし、ライブドアマーケティングの疑惑の渦中の方々はお引き取り願わないといけません。従って、この際3月の定時株主総会までに体制を整え直す必要があるでしょう。
第3号議案は、退任取締役に退職慰労金贈呈の件。会社を身売りしてしまった張本人の方々が退職慰労金を受け取るのは、疑問があります。会社の再建が軌道に乗るまでは受領を遠慮していただきたいところです。無配の中にあるのですから、せめて復配までは支給すべきではないと考えます。従って×
しかし、この際6氏には続投(暫定的にではあっても)してもらわねばなりません。セシールには存亡の危機にあると言えます。この疑惑にある程度の「見通し」とライブドアグループの将来像が見えてきてから考えるべき役員交代ではないでしょうか。そこまでにきちんと業績を残せるならば、退職慰労金に不服はありません。

これは由々しき事態です。そして、無理に株主総会を開くことはないはずです。むりやり1号議案を通し、2号議案も緊急上程で役員を差し替えて通すといった暴挙にだけは出て欲しくないものです。

ガーラ湯沢初訪問
yuzawa.jpg

案外と旅が趣味だと言っても、冬季のみ営業という路線は乗りつぶしていないもので・・・
この冬、初めてガーラ湯沢を訪ねました。
画像のように、越後湯沢の駅で雪に圧倒されました。
トンネルを抜けると・・・ということで、金曜日の夕方からは上越線も除雪のため運休に追い込まれてしまいました。

gala2.jpg

ガーラ湯沢には、いったん越後湯沢駅近辺を歩いてから、締めて240円也の特定特急券+乗車券を買って訪れました。3分間の旅と考えるとちょっと高いのかもしれませんが、スキーバスにでも乗った気分で向かいます。
駅の改札を抜けると、まるで空港のカウンターのような光景。気分が高鳴ってきます。
gala1.jpg

ガーラ湯沢駅のあたりの積雪は↓画像のような状態。
やはり、報道で見聞きするのと、実際に感じるのとでは違います。
gala3.jpg

ただ、私が訪問した日はやや雨まで混じるあいにくのお天気。一日リフト券は買ったものの、なんか早々に切り上げてしまったのが残念でした。
見通しが甘かった・・・
でも、久しぶりの雪の感触を楽しんだ感じがしました。
ただ、この記録的な豪雪の中では正直言って心から「楽しむ」ことができない、申し訳ない気分にさえさせられたのも事実。
これでは、この冬の観光収入は見込めないかもしれないでしょう。
多くても少なくても困る雪。異常気象なのでしょうか。今後が心配でなりません。
galaken.jpg

勿論、私のことですので、画像のJR東日本株主優待券を使ってのスキーなのでした。リフト一日券・レンタル一日券しか割引にならないので、まあ致し方ないところなのです。
ライブドアの事業報告書
家に届いていたライブドアの事業報告書。
株主総会は年末に行われたのに、今頃届くというのは遅すぎるのですが、一応株主提案の行く末が見定まってから印刷したのでしょうか?

ありきたりの決議ご通知(EDINETでも見られるので省略)とともに入っていた事業報告書に唖然・・・

私は現状のライブドアに批判的ですので念のため、
以下は堀江社長及びライブドアのファンの方には不愉快な内容が含まれております。
堀江社長及びライブドアのファンの方は閲覧をご遠慮いただけますようお願い申し上げます。




livenigao.jpg

なんだかんだ言って、堀江氏の個人企業だという宣言でしょうね。
月収1000万円宣言を始め、最後には「嘘泣き?」(としか見えませんでした。オペラグラス越しでしたが)したワンマンショーの茶番劇の我慢大会に最後まで参加した私には、追撃の表紙(苦笑)

なおかつ、自由民主党幹事長との政治臭ぷんぷんの対談がありましたからね。もうお腹いっぱいです。
株主優待もいつの間にかどこかにかき消えましたし、魅力激減です。

今のところ、私にとっては単なる「株券コレクション」扱いの会社ですからサヨナラするわけではないですが・・・

どうなるんでしょう。この会社。かなり常識はずれだとは思いますが。
キタックの議決権行使
kitac.jpg

キタックの第33回定時株主総会は1/17に技術士センタービル(本社)にて開催。
 
地域メセナということで主要な事業内容に「美術館及び喫茶店の経営」が入っているところも、この会社の好きなところです。
知足美術館はなかなか良さそうです。新潟を訪ねる機会があったら是非訪ねてみたいものです。
ということで、訪ねる機会もなく株主総会に出席できませんので、議決権行使のための「委任状」を送付しました。
委任状なのは、株主が589名しかいないためです。5万円弱で株主になれるのですから、もっといてもいいように思うのですが、コンサルタントは地味なためでしょうか。

私の議決権行使は、
第1号議案は、貸借対照表及び第33期利益処分案承認の件。15円の1株純利益に対して、7円50銭の配当は内部留保が大切な業界ですし、安定配当として適切で
第2号議案は、定款一部変更の件。自己株式取得の条項新設。これは資本政策として賛成の
第3号議案は、取締役2名選任の件。小野塚眞一候補は新潟県職員から平成17年4月にキタックの技術顧問になられた方。平野候補は生え抜きの技術第三部長です。いずれも株をお持ちですし異論はありませんので
第4号議案は、辞任する小野澤常務への退職慰労金。いくらなのか不明です。負債の部にある役員退職慰労引当金の中から出るのだからと惰性の

買い増ししようかどうしようか、いつも悩みつつそのままになっています。注目されてくれば、値動きする種はたくさんあることは、ホームページを眺めていれば多いのですが、まず見てもらうまでが難しいのかもしれません。
吉野家で二度美味しい


吉野家牛すき鍋(牛鉄鍋膳はよかったのに、がくっと質が落ちた気がしますが)を食べました。
分割した折りに買ってから持ち続けていましたので、画像の株主優待300円券が手元にあって、支払いは80円也。
かつてはお釣りの出る500円券を年20枚頂いていたのですが、優待も後退。業績も大きく後退しています。
いい加減、安部社長も考えを変えないといけないように思うのですが、いくら米国産牛肉を食べたくない人が多いというような調査結果が纏まっても「騙されている人がいる」としか思っていないとのことでしたので(前回の株主総会での回答など)肉を見ただけでその牛の情報が判る優秀な検査官たちと一蓮托生なのでしょう。
吉野家の考える安全と安心」は、どうも納得できない私です。
すき家の見解のほうが冷静で科学的に思えるのです)
株主ですが、再開されても、いまのままであれば米国産の吉野家の牛丼・牛肉は食べません。すき家らんぷ亭に行きます。充分美味しいので。
でも、敢えて牛丼(牛肉)を食べなくても大丈夫なんだなぁということも分かったのも確か。ブームに乗せられていたのでしょう。


さて「80円」で食べて会計をすると、画像のサービス券をいただきました。
え!?と目を疑う代物。いままで50円引き券も数多く貰いましたが、これでは150円引き!(1食ごとですが)なんか出が80円。入りが150円とはキャッシュフローの計算が混乱します。
しかも株主優待券との併用も可能・・・350円までタダ同然です。
次回、牛すき鍋を「30円」で食べて・・・またクーポン券は出たら・・・さあ、毎食吉野家だ!(笑)

こうやってクーポンやポイントに釣られやすい私は術中にはまります。
ともかく、お客を呼び戻すためになりふり構わない姿勢であることは分かります。さて、安部社長の頑固さが生きてくるのかどうか、お手並み拝見です。

「吉野家」を含む商品(楽天市場)

楽天に電話をかけたこと
楽天市場スーパーポイントを大盤振る舞いしている・・・
ということを知ったのは、午後になってヤフーの掲示板を見てから。
 
三が日はすっかりネットサーフィンをさぼっていたので、全然知りませんでした。(ちょっと後悔)
楽天の株を7万円台で仕込んでいたので(何故かって?それは、株主総会で三木谷社長に公然と文句を言う権利を得るためです)そろそろ売ってしまおうかな?(株主総会の出席権は確保したので)と調べる中で・・・「ポイント事件!?」と調べるうちに・・・「美味しすぎ」とわかりました。

といっても、アカウントをガンガン作って稼ごうとかいう気にまではならず(株主総会で舌鋒が鈍らざるを得なくなる(笑))私としては、正当に2000ポイント程をいただいたまでです。

とはいえ、それなりに気になったので、試しに電話をかけてみました。(四季報に載っている電話番号に質問攻めにする悪い癖あり)
受付の方からIR担当に回されました。(「株主」ということで名乗ったから、「総会屋対策」に回されたのでしょうか・・・)これで、株主総会では目出度くブラックリスト入りです(苦笑)まあいいけど。
IR担当の方には懇切丁寧に説明をしていただいて、仕事始めに加えてパニックになっていそうな現場でも、冷静に情報分析をしているものだと、楽天の危機管理には感心したのは確かですが、敢えてIRなどの反応をする姿勢ではないようでした。
徒に掲示板などの情報に踊らないで、対策をしっかり考えるというのは悪くない対応ではあります。でも、株主としての立場ではヒヤヒヤものです。その時でも、なお複数アカウントを作成すれば、ポイントは無尽蔵に垂れ流される状態でしたから・・・

楽天の株は、こんな調子でニュースが出たら悪材料として反応しかねないので明日のうちに全部売却して、1月権利確定の優待銘柄に乗り換えようかと考えています。
ドクターシーラボとかベリテとかダイドードリンコながの東急百貨店といった美味な銘柄もありますから。

さて、楽天はどういう幕引きに持っていくのでしょうか?
併せて出したメールへの返信には、
「大変ご心配とご迷惑をおかけしておりますこと、心よりお詫び申し上げます」
「早急に改善すべく担当部署へ申し伝えさせていただき、システム改善に努めてまいります」
「楽天会員規約に則ったご利用でない場合は、なんらかの対応をさせていただくこともございます」
「引き続き楽天市場をよろしくお願いいたします」
ということでした。
IRやホームページでの告知も必要だとは思うのですが・・・
何らかの法的手段を取る準備でもあるのでしょうか。数名の「みせしめ」さえ確定すれば、あとはサービスになるのでしょうか。
いずれにせよ、なかなか興味深い展開がありそうですが、株主としてこの問題を眺めるのには、ちょっと気が重いのです。
株主総会では何か意見が出るのは避けられないでしょうね。
元旦の木内
kinouchi1.jpg

秋田広小路の名門「木内」を元旦夜に訪ねました。
「本金」の名前も消える中、老舗の心意気を細々とであっても伝え続けていって欲しいです。
kinouchi.jpg


元旦限定の切符での旅。今回もあちこち歩きました。
初詣、温泉、買い物、定点観測…喜怒哀楽もある旅でした。そして雪、雪、雪。

木内」は、かつての名門百貨店。今では縮小均衡の中で営業しています。
「本金」は「秋田西武」になりますし、「協働社」(跡地はリベレステのマンションになった)は「協働ビル」に名前を残すだけ。
秋田の地場百貨店は風前の灯。「なかよし」も駅前に銘板だけを残しています。
akitanakayosi.jpg


縁がある者としては、なんだか寂しい思いもする元旦の秋田市内。

地方百貨店は一種独特の存在。名前だけでも生き残り、「帰ってきたな」と実感する一助でいて欲しいです。


カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
207位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。