雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カネボウの解散通知
kanebo1906301.jpg

残念極まりないのですが、カネボウはいよいよ解散。7月1日からは「海岸ベルマネジメント」に社名を変更して清算業務を進めることになります。
その案内が画像の文書ですが、冒頭からなんとなく不愉快な雰囲気になってしまうのは、なんででしょうか。
定型文とはいえ、もう少しなんとかならなかったのでしょうか。
名門の幕引きを立ち会ってしまったことよりも、クラシエ社員集会のハイテンションな鏡割りの様子を見ていると、お祭り気分のほうに頭が行ってしまっていることは想像できますが・・・
謝罪の言葉がちっともないのがよくわかりません。

新社名での株券も発行したくないらしいです。こういうケースの場合、押印で済ませたり、欄外記入で済ませてしまったりしそうです。
あえてチャレンジはしませんし、カネボウの名前・社紋に愛着もあるので手放しませんが、新株券は既に上場を想定に入れていませんから、北海道拓殖銀行の最終盤の株券(宝印刷版)のようにびっくりするような代物なのかもしれません。興味はあります。

kanebo1906302.jpg

ということで、手回しよくホームページも移転(「海岸ベルマネジメント」ホームページ)とのこと。クラシエのホームページに間借りもさせないところに、中嶋章義清算人以下の「解体業者の方々」の気持ちが見え隠れするような気がします。

言い過ぎと言われるかもしれませんが、勝ち目の無い弱小一般個人株主は、この文面を見たら、これぐらいの愚痴さえ言ってもいけないのでしょうか?

ちなみに、IPドメインSEARCHを使って、www.bell-m.co.jpを調べてみると・・・・・

以下のとおりになるわけです。意外と早く準備していたのですね。

a. [ドメイン名] BELL-M.CO.JP
e. [そしきめい] かねぼう かぶしきがいしゃ
f. [組織名] カネボウ 株式会社
g. [Organization] Kanebo, Ltd.
k. [組織種別] 株式会社
l. [Organization Type] Company Limited
m. [登録担当者] KA5597JP
n. [技術連絡担当者] MM9981JP
p. [ネームサーバ] dns-b.iij.ad.jp
p. [ネームサーバ] dns-c.iij.ad.jp
[状態] Connected (2008/05/31)
[登録年月日] 2007/05/16
[接続年月日] 2007/06/01
[最終更新] 2007/06/01 00:01:20 (JST)
技術連絡担当は、カネボウ・トリニティ・ホールディングスの方。一応ドメインを確保した組織名に「カネボウ株式会社」とあっただけでも・・・としか言いようがありません。

ちなみに「カネボウ」のもともとのドメイン(www.kanebo.co.jp)は、

a. [ドメイン名] KANEBO.CO.JP
e. [そしきめい] かぶしきがいしゃ かねぼうけしょうひん
f. [組織名] 株式会社 カネボウ化粧品
g. [Organization] Kanebo COSMETICS INC.
k. [組織種別] 株式会社
l. [Organization Type] Corporation
m. [登録担当者] KS7647JP
n. [技術連絡担当者] KS7647JP
p. [ネームサーバ] ns.kanebo.co.jp
p. [ネームサーバ] ns1.iij.ad.jp
[状態] Connected (2008/03/31)
[登録年月日] 2006/03/22
[接続年月日] 2006/03/22
[最終更新] 2007/04/01 01:07:02 (JST)
すでに、カネボウ化粧品の所有になっていました。確かにそういう取り決めではあったのですけれど。今日調べてみるまで思いつきもしませんでした。
スポンサーサイト

ソフト99の株主優待
soft99190629.jpg

昨年度もいただき、記事にしましたが、ソフト99コーポレーションの株主優待は5点からの選択制です。
1000株以上ならば2点選べるとのことですが、私は100株なので1点です。(家族名義で200株を持っていれば、1000株を1人で持っているのと同じだけの優待が世帯に届くということになります)
主力事業のカーケア製品の優待は、今年は画像のもの。
昨年は「洗車マン」「オーセンティック」「ぬりぬりガラコ」でしたから、今年の3点と被りません。
天然温泉「極楽湯」ご優待券は、アスモ経営の箇所だけなので、関東在住の私には選べませんが、アイオンのスポーツ&ヘルスケア製品セットとそちらにするか悩み中です。
株主優待紹介ページ(ソフト99ホームページ)

AION SuiSui生活(楽天市場)

ソフト99オフィシャルショップe-mono(楽天市場)

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

よみうりランドの株主優待券届く
よみうりランドから株主優待券が届きました。半年前にいただいたものと少々雰囲気が変わった点があったので、並べてみました。
yland1906291.jpg
(右が今回のもの)
yland1906292.jpg
(拡大してみると)
かなり、金券ショップなどでも出回っているので、内心苦々しく思っているところなのでしょう。
かといって、遠隔地の株主ですと、オークション等で売るしかないわけですし、遊園地に興味が無い場合、プールが好きではない場合も同様です。
会社側は、売れないようにする仕組み(テアトルのようなカード化)や商品などとの引換制度を導入するとよいのかと思うのですが。
しかし、こう露骨に書かれていると、金券ショップも売りにくいでしょうね。こういうものに罰則規定は特段ありえないので(売ったら次回の優待は付与しないとか)結局のところ、企業やファンド等の換金もあるので出回りはするのでしょう。
yland1906293.jpg
(裏面は改善)
「改悪」ばかりではありません。裏面にはアクセスマップが着きました。「株主なら知っていて当然」などと無粋なことは言わず、こういう改善は歓迎です。知り合いなどに譲った際には便利でしょう。地図を見ると、行ってみようかな!という気にもさせられます。
yland1906294.jpg
プールWAIの招待券の裏面には)
「遠慮してほしいこと」リスト。きっとこれまでの運営の中でのトラブルが列挙されているのではないでしょうか。
「「防水オムツ」なんて履いたままプールには入らないで!」実際にあったら「絶叫系プール」になってしまいそうです。
日貿信第68期報告書を読んで
nichibo1906291.jpg

日貿信の株主なので、毎年「報告書」が送付されてきます。
民事再生法の「黎明期」に経営破綻して、その適用を受けた日貿信の株を、当時は「無額面株」というだけで垂涎でしたし、なにより99%減資をうたって、小なりとも株主の権利が存続するという話は面白そうに聞こえたので買い、一部は提出して登録株にし、一部はコレクションとして(名義書換済)もっています。もちろん、単元未満株なので議決権はありません。(上場廃止時10万円=10万株が1000株になって議決権があるラインです)
報告書や有価証券報告書はEDINETで閲覧できますので、詳細は省きますが、下記の画像の通りの報告書の内容は驚きを隠せませんでした。
nichibo1906292.jpg

平成15年11月に民事再生手続終結決定を受け、平成17年11月に最終弁済を実施して再建が完了したことは知ってはいても、1株あたり純資産額が3557円26銭と聞くと、やっぱり10万株買っておくべきだったかなと残念がる私です。
ハクスイテック同様に順調に再建が進んでいる様子は嬉しいです。
もちろん、当期の1株あたり2228円65銭(当期純利益1,800,986千円)の純利益は、債務免除益を含むのですが、経常利益ベースでも215,994千円の利益ですから、再建の道筋はしっかりとしたものになってきているようです。
自己株式取得に2,251千円かけ、3,531株を取得しているようですから、一株あたり600円超で買取をしている(旧1000株で考えると、一株6円超・・・1円ヤリでしたから10万株=10万円が60万円を超えているということ)ようです。もちろん、純資産を考えれば3000円超にまでなったのですから、買取価格はもう少しあがっていくのかもしれません。
当面、買取は申請せずにワクワク眺めていくつもりですが、気になるのは48.3%の株を持つ筆頭株主の存在。ここらあたりと株式交換などで強制排除されたりして、サヨナラさせられてしまうことのないことを祈っています。(会社側の立場で考えれば、そろそろ経費ばかりかかる私のような株主にはお引取り願いたいところでしょうし)
株主は4543名いることになっていますが、ほふりのままの方が多いのではと推察できます(いわゆる「失念口」)から、情報が広まれば名義書換も増えてくるのかと思います。
とにかく、日貿信(社員の方々)に頑張っていただき、株主にも、もっと夢を見させて(できれば正夢以上の)いただきたいものだと思います。
「メディアリーヴス通信」
medialeaves1906291.jpg
(表紙)
旧アスキー株主の私の手元に「メディアリーヴス通信」と称する事業報告書が届きました。
カネボウに好き勝手をしたファンドのひとつユニゾンと小森社長によって、あの手この手で「再建」され(債務超過から脱却したのは確かで、法的整理もせずに綱渡りを乗り切ったことは評価しますが)個人株主はすっかりほったらかしにされていますから、この「通信」(と総会)だけがツナガリかもしれません。
medialeaves1906292.jpg
(単体一株あたり純資産ほか)
しかし決定的な誤りもあるのです。本来は資産超過のところを△が付いて、あたかも債務超過のように・・・
すりなおしはしないまでも、心臓に良くないので、シールを貼るとかしてほしかったと思います。
不注意でもありますし、個人株主なんかは軽視されているのでしょうか。
角川の姿勢なのかどうかは知りませんが残念です。

(後日追記)「債務超過」扱いなのは、普通株主にとっての純資産(優先株主に帰属しない部分)はマイナスであるということのようです。なかなか難しいですね。
テアトルの株主優待
theatres190627.jpg

東京テアトルの株主優待が画像の冊子にあるようなICカードになって久しいのですが、まだ一度もポイントを使い切ったことがありません。
映画鑑賞にしか使えないので観たくなるような映画が至近のテアトルにかかっていないと無駄になってしまうのです。
今回は、ホテル西洋の割引券もついていましたが、ポイントと食事券や宿泊券、商品と引き換えられたらいいのにと、常に思っています。
まあ「レジャーホテル」の利用券を貰っても、逆に使えないかもしれませんが(笑)
全日空の「ご出席票」
ana1906254.jpg
25日の株主総会の「ご出席票」を引っ張りだしてみると、なんだか膨らみがあることに気付きました。
最初は出席番号を貼り付けたのかと思いましたが、透かしてみると、OMRONの文字が見えました。
RFIDシステムという技術が使われていたようで、受付のカウンターがやけに「空港」風で、なにか電子処理がなされていたのを思いだしました。
「形V720S-D13P02」というものが挟みこまれ、多分「名前」「議決権数」くらいは記憶されているのでしょう。(ハガキのバーコードにある程度と考えると)
なんだか凄いと感心しつつ、かかる経費とともに必要感が感じられる荒れ具合だったかもと回想しました。

astyle ANAショッピングサイト
全日本空輸第62回株主総会出席
ana1906251.jpg

全日本空輸(全日空・ANA)の第62回定時株主総会に出席しました。
会場は、東京全日空ホテル(現:ANAインターコンチネンタルホテル東京)が手狭だということで、グランドプリンスホテル新高輪での開催でした。
確かに出席者は多く、3000名を超えている旨、質疑の途中で山元社長から説明がありました。全日空ホテルでは収容能力がそこまではないそうです。

ana1906252.jpg

質疑は長々と話す方あり、怒鳴る方あり、やや不明確な方あり、お馴染みらしき方あり・・・とただただ、わざわざ混乱させている感もありました。こういう雰囲気であれば、質問は事前通告書を提出した方のみ(社長等より一括回答で済ませるなど)などという方向に向かわないと、一般株主は疲れるばかりです。
私も飽き飽きして疲れたので、途中で抜け出してコーヒーや紅茶をいただき、旅行業務取扱主任者として旅行会社の制服に身を包んでの最初の仕事が、全日空機で出発するツアー客の空港での見送り係だったことを思い出しながら、その頃とすっかり様変わりし安価で充実しているように思える旅行のパンフレットを眺めたりしていました。(そちらのほうが有意義だったのでは?と思いますが、みんながみんな抜けてしまうと会社側に助力してくれる善意の株主がいなくなってしまうので不都合ではあると思いますが)
ana1906253.jpg

受付でいただいた「お土産」は画像のような柄の扇子でした。オリジナルなデザインで、飛行機が飛んでいるのはいいですね。
素材は「竹・シルク」とのこと。この夏は、この扇子で乗り切りたいと思っています。

テーマ:株主総会 - ジャンル:株式・投資・マネー

「海岸ベルマネジメント」とは?
kanebo190619.jpg

名門カネボウは投資ファンドに出鱈目をされ、栄光の歴史に幕を閉じようとしています。
(以下、現経営陣と投資ファンドに憤慨している一株主の意見ですので、ご賢察ください)




私はカネボウの株主として、以前に株主優待品も受け取ったこともありますが、あまりにも低額での買取(恫喝めいた文書には驚きました)には応じず、今回の第90期定時株主総会に議決権を有して迎えました。

画像の通りの内容で、産業再生機構の責任は問われることもなく、「善意の第三者」である一般株主のみが被害を受ける結果に陥ったことになります。
「債務超過だった」、「経営破綻していた」、「手を差し伸べなければ駄目だった」・・・などと言い訳をするのでしょうが、いずれにせよ現時点で資産超過ということは、やり方次第では個人株主に負担を強いる必然性はなかったということではないでしょうか?
カネボウのファンが被害者に変えられた。美味しい思いをしたのは投資ファンドのみであったという結論など、承服できるわけがありません。
中嶋章義会長はまったく責任を取らず、小森哲郎社長はアスキーに続き「成功」し、竹井・林取締役も含め、役員一同持ち株ゼロですから気楽なものです。愛着もなにもないのでしょう。
現時点での連結140円(当期純利益97円)単体138円(当期純利益75円)もアテになりませんが、いますぐなら最低これだけは配当できるはずです。・・・しかし、清算人の報酬総額は月額100万円以内(1名)監査役の報酬総額も月額100万円以内(3名)とのこと。ずるずる延ばしていけば、役員の方々はますます美味しいのでしょうね。
私はすべての議案に反対して議決権行使(郵送)するつもりです。

そもそも「海岸ベルマネジメント」などという名前自体気に入りません。しかも墨田区の発祥地を捨てるなんて・・・とんでもない。(「『ベル』が入っただけマシ」だなんて楽天的には思えません)
せめて会社を解散し、幕引きをするときくらいは、「カネボウ」「鐘淵」でしてほしかった。そういうところもハゲタカには人情味がありません。

平成20年2月以降は「カネボウ」が使えない・・・ならば、それまでに残余財産を分配すればいいだけじゃないのでしょうか?それとも、だらだらするつもりなのでしょうか。
とにかく、あまり期待できそうにも無い内容で、カネボウが好きだっただけに、悔しい気持ちになっている私です。
(紙屑にならなかっただけマシと思うしかないのかもしれませんが、株券を提出する気にもならない額にさえなりそうで複雑な思いでいるのです)
本田技研工業の株主優待
honda1906230.jpg

本田技研工業から株主優待券が届きました。前期までは二枚に分かれていたのですが、今回は画像のように一枚にまとまっています。
一瞬、流石に優待が後退したのかと思いましたが、簡便で使いやすくなったのかと思います。
honda1906231.jpg

裏面迄、丁寧に説明が記載されています。
多摩テックしか行ったことのない私は、今年あたりは鈴鹿サーキットランド(グリーンシートにもいた)やツインリング茂木にも行ってみたいなぁと思っています。
東洋合成工業の株主優待
toyo190622.jpg
今日、株主総会が開かれた(新浦安ブライトンホテル)東洋合成工業の株主優待は文書にあるように、千葉県産品の詰め合わせで、先んじて到着しました。
シャンシャン総会で終わり、お土産もなかったとのこと。それが普通だとは思うのですが。
前回は多古米と落花生でしたが、今回は多古米とヤマトイモと佐倉の味噌(「佐倉はおみその産地です」のヤマニ味噌の製品)。
次回の優待に反映させるアンケートも同封されていました。なんだか会社側も楽しんで創りあげているような雰囲気を感じます。
会社の商品が一般庶民向けではない場合、こういう弾力性ももちやすいですし、遠隔地の方々にも対応できる、地域こだわりの株主優待に好感。次回も楽しみです。
総本家駿河屋の株主優待
surugaya1906210.jpg

架空増資で上場廃止になってしまった老舗の駿河屋(総本家駿河屋)から株主優待のお知らせが届きました。画像のような内容で、7月には例年通りに商品も届きます。(もうすっかりモトをとってしまった感じ。こんなことなら5000株以上買っておくのだったと反省も)
surugaya190621.jpg

そして、株主優待券。使える店舗が限られているので(大阪空港店のように利用できなくなってしまった店舗もありますし)関西に行った時に、頑張って利用しています。
もちろん、文書にあるようにネットや電話での注文では、株主優待券を使わずに株主番号で優待を受けることが出来ます。
たいへん便利で重宝しています。
「買って支える」というつもりで、総本家駿河屋の再建に協力していくつもりの私です。特に今期はささやかながら黒字転換。このまま堅く経営を続けていくことで名門再建にむけて頑張ってほしいです。なにしろ味は抜群だと思いますので。
株主優待「JFLAグループ商品引換券」
jfla190621.jpg


一年前半年前に続き、ジャパン・フード&リカー・アライアンス(JFLA)から株主優待のお知らせが届きました。
比べてみると、なくなったもの・入れ替わったものがありますね。選択数によるのかどうかはわかりませんが、各回ともグループ各社の一押しのものが並んでいるように映ります。
せっかくなら、一品ごとの詰め合わせもあったらいいのにとは思います。「醤油5本+つゆ1本」(マルキン醤油)にも興味はわくのですが、なかなか使い切るのかどうか微妙です。
あれこれ目移りしつつ(アルカンのフランス産有機ジュースセットには(その値段にも)ちょっと興味がわきました)悩んでいますが、今回も「琉球もろみ酢」を頼むつもりです。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

補欠監査役選任の件(緒方重威元長官)
ogata190620.jpg

今回の朝鮮総連にかかわる問題で、結果的に「取下げ」となった議案ですが、T&Dホールディングスの第3回定時株主総会の第3号議案は、いま読むと様々な読み取りのポイントがあるように思います。
1040株もあったら、結構な資産だなぁと思ったり(笑)
今回の件のような事象やその可能性は、書面からは推察不可能です。
選任前に発覚してよかったとしか言えませんが、実際に就任前ならばキャンセルできる事項が盛り込まれていることは有効ですね。
経歴だけしか判断基準がないことへの警鐘であるのかもしれません。

アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ
ホリプロから株主優待届く
horipro190619.jpg

ホリプロから株主優待のクオカードが届きました。
今年の柄は磯山さやかさんの写真です。毎年、一人ずつコレクションしていくと、あとあと価値が出てくるのかもしれません(シリアルナンバーもついています)
セブンイレブンとデニーズでしか使えないカードですが、使ってしまうのも惜しいような、使用後にカードだけ手元においておけばよいような・・・それなりに悩む代物です。
デザインはスポーツ関連で(ニフティのブログ「磯山さやかの「スポーツフリーク」」などにもありますように)押している形だけに野球場とかのスタンドで撮影されたもののようです。
こういったものをいただくと、また注目していきますから、ホリプロとしても「ファン」層拡大に貢献していますね。
誰のカードが来るのかわからないのも魅力なのかもしれません。
嬉しく、そしてすぐにしまいこんでしまいました。

磯山さやか D-Splash! Special Price DVD



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー



カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
598位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
256位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。