雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
カゴメ株主フォーラムの告知ハガキ
kagome191019.jpg

カゴメから「カゴメ株主フォーラム」の開催について、画像のようなハガキにて一報が届きました。
別途「ご案内状」として詳細が届くようですが(ホームページには概要が紹介済)このハガキの第一の趣旨は「お食事のご用意はありません」という一文に尽きます。
既に昨年中に伝えられていたことではありますが、懇親会での食事提供の廃止について、誤解のないように再確認ということでしょうか。

そもそも会社説明会には、特に食事を提供する必然性はなく(しかも往々にしてそれだけを目当てにする嘆かわしい株主が多い→会場が混乱する→話も聞かず食べることに集中→かなりの株主が迷惑する上、早い者勝ちで不満も出る→社員・会場へは苦情が寄せられる→効果がはっきりしない→出席できない株主からも不満が出る・・・)言いすぎといわれればそれまでですが、まるで「浅ましく食べまくる方々への『餌付け』(言葉は悪いですが、事実それ以外には説明できないのではないでしょうか)」のような食事提供(会社の商品の試食会ならば話は違ってきます)は不要であると思っている私としては、大賛成です。

ホリプロもそうですが、勇気ある(というか当たり前の)決断をしてくださったカゴメに謝意を送りたいと思いますし、株主フォーラムにも参加できるのであれば、なんとか参加したいものだと思いますし、開催趣旨のわかる株主ばかりが出席する有意義なものとなることを期待しています。

10月24日追記
kagome191024.jpg

画像のような案内と申し込みハガキが封書にて届きました。
ワンクッションおく形をとったのは、かなり良い選択だと思わされました。
なお、申し込みハガキには自分で切手を貼る形ですが、こういうことまで愚痴を言う方もいたら情けないことだと思いますし、健全な株式投資とは言い難いのではないかと思います。
宝印刷のインサイダー問題対策の文書を読んで
takarap191018.jpg

宝印刷から株主通信(第一四半期報告書)が送られてきました。昨年は送られて来たのか、実のところ記憶が定かでないのですが、今回の主眼は画像の文面のように、先般の従業員によるインサイダー取引事件を受けての対策と進捗状況を伝えるためにあるように読めました。
takarap1910181.jpg

takarap1910182.jpg

という三枚にわたる対策を読んでの私は「当たり前ではないのか?」という感想に終始せざるを得ません。
守秘義務を付加価値として事業を構築している企業である宝印刷であるならば、このようなことは当然のものとして実行されていなければならないようなことを箇条書にしただけにも読めてしまいました。特に目新しいことは無いように感じたのですが、厳し過ぎる見方でしょうか。
例え規定があったにしても、盗難や情報漏洩、悪用が防ぎきれるわけではありませんが、これに類する内規が明文化されていなかったのならば、犯罪を犯した当人の罪が軽くなるわけではないにしろ、現社長・前社長をはじめ歴代役員諸氏が不作為の責任を負わないで済む筈がありません。
これくらいで信頼回復できると思っているなら、大いに甘いとしか思えず、かなり失望しています。
まだ、今回の事案は途中経過に過ぎませんから、今後一層の真剣さを期待したいところです。
モスインスティテュートへの株主提案を読む
moss191016.jpg

モスインスティテュートから第13期定時株主総会の招集通知が届きました。
昨年の総会と同様に株主提案による(300単位による)議案が掲載されていました。
私は10月30日の株主総会は出席できないので、ハガキを返送しましたが、是々非々という感じでした。
会社側も認識しているほどですから、株式併合はどのみち必要になるとは思うので賛成しましたが、逆に一般的な水準になると、株主になろうという方々は多いのか否か?
社名変更は、どうせなら「モスラ」「モスバ」「モスキート」などなどユニークなものならよいのかと(笑)
解任提案は理由は確かにそうですが、安易に提案するのは、公的な場・書名ですから「名誉毀損」は成り立ち得るのではないか?と思ったりしています。

単元改訂や株式併合は、なにより「株主提案よけ」に大事だと思うのですが、議決権300個でも10万円に乗らないのですから、中間期末から狙っていけば、私も社名変更とか「遊ぶ」ことは充分射程圏です。
「それで何か楽しい?」とか斬りこまれても困りますが(笑)
ムツゴロウ動物王国帰郷へ

ムツゴロウとゆかいな仲間たち 動物王国大全集 Vol.1 [DVD]




東京都競馬東京サマーランド敷地にある「ムツゴロウ動物王国」が来月閉園し、北海道に戻ることを発表しました。
運営会社の経営破綻、ムツプロ直営化、スポンサー公募・・・紆余曲折の末、帰郷ということになったのは、私も残念です。

セサミプレイスに続き、動物王国も閉園となると、サマーランドの経営そのものが揺るぎかねません。

一定のブランド力を有していたムツゴロウ動物王国の撤退原因を思い付くままに考えると、
・立地の悪さ(東京の西の端のほうでもありますから)
・エキノコックス騒動によるイメージダウン(市民団体等による「風評被害」では?)
・レジャーの変化(親の意識の変化、格差社会)
・ゲームの面白さに勝てない(ゲームや携帯を封じてまで遊べる大人も減っていそうな気が)
そしてなにより、
・利益の出にくい業態である(社会貢献の面が強く、人件費や経費のかかりやすい業種)
という点が絶えず経営を苦しめたということになるのでしょうか。

このような施設がせっかく北海道から進出してきたのに、勿体なく、また不幸なこと(子供達にとって)だと思います。

12月決算の東京都競馬にとっては、このあたりが存廃に関するタイムリミットの部分はあったのかと思いますが、ただただ残念です。
上野動物園もパンダブームは昔の話になって、時として閑散としていることもありますが、未来を担う子供達に健全なひと時と豊かな心の栄養を与える動物園は、もっと賑わって欲しいものです。
児童手当とかも大切でしょうが、このような施設を利用した際に公的補助が更にあっても良いように、私は思うのですが。
民間では荷が重過ぎたのは確かですが、経営が成り立たなくなったことの責任を、ムツゴロウ動物王国にのみ求めるのは酷というよりお門違いというところのように思えます。

ムツゴロウの動物交際術 (文春文庫)



有楽町スバル座の株主優待券
subaru191016.jpg

スバル興業の中間報告書が届き、有楽町スバル座の株主優待券が届きました。
画像の通りの割り当て(前に書きましたとおり、前回から改定になりました)で届くのですが、遠隔地の方にとっては中々使いづらいところで、結局のところ金券ショップやオークションを賑わせているのが現状のように思います。
できるならば、親会社である東宝系の他スクリーンでも一定の条件で利用できるようになったり、返送することで取り扱っている商品(たとえば「龍泉洞の水」など)と引き換えができるならば、もっと株価や個人株主へのアピールになるように思うのですが・・・
1スクリーンであり、東宝のチェーンの一翼に組み込まれていては、中々よい作品ばかりかかるわけでもなく、私自身無駄にしていることが多いです。
とか文句はいいながらも、6枚を有効に利用すれば当日料金なら1万円を超える優待であることは確かです。願わくば、よい作品ばかりがかかることを期待するばかりです。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

北総鉄道「ありがとうゲンコツ電車」購入
hokuso191015.jpg

北総鉄道が、限定2000部で「ありがとうゲンコツ電車」という写真集を発売したと聞いて、残部があるかを問い合わせて買いに行ってきました。(相変わらず交通費ばっかりかかってしまいます)
写真集はもちろんですが、画像の柄のほくそうパッスルカードがついていますし(500円割戻しのようにさえ思えます)、なによりも「7000形車両パンフレット」の復刻版が欲しかったのです。
とはいえ、通信販売でも買えるというのに、我ながら酔狂な私です。

駅で本を買うというのも妙に不思議な気分で、ちょっとしたレア感のようで・・・でも売り切れていないのだからレアじゃないのかな?
なんてあれこれ思いながら、外装のビニルに通し番号がついていたので、ますます気をつけてソーッとあけたのに、あっけなく袋は破けてしまいました・・・ちょっとがっかりです。気にしないほうなんですが。

とはいえ、こういった記念グッズを購入するのも、ちょっと経営を支援したような気分になってみたりするのも面白いのかもしれません。
イチヤの議決権行使で今年もクオカード獲得!
ichiya191013.jpg

イチヤから、第57回定時株主総会の招集通知が届きました。
ウェルサンピア高知で10月30日に株主総会は開催なのですが、関東在住の私はもちろん出席できないのですが、そんなことは関係ないのです。嬉しいことに。
一昨年も書き昨年も書きましたように、今年も議決権行使で11月中旬には1000円のクオカードがいただけます。
本当にいいのでしょうか?議決権確保(=総会成立)のために必死なのだとは思いますが、1単元株主の私には1円配当に値するわけですし(税金が引かれないので、1円配当より手取りがある)10月12日の終値7円で計算すれば、1単元ならばなんと利回りは14%と百貨店友の会もビックリの高利回りです。

ただ、イチヤは株主優待を打ち切った「実績」がありますから、突如贈呈を取り止める可能性もありますし、この「優待」で株主が急増したりするわけでもなさそうですし、推奨するわけにもいきません。(今後も継続される保証はできませんから、自己責任でということになります)

株主数は37115名と記載されていますので、単元未満株主もいるとしても、この経費で3000万円近く必要になる可能性もあるでしょう。このあたりは「一般管理費」にあたるのでしょうか。
赤字決算に追い討ちをかけるような形であることは確かですが、早速に議決権行使書を送ったことは言うまでもありません(笑)
広義の株主優待の範疇には入るのでしょうが・・・19年7月末の一株当たり純資産が6円61銭の会社から、その1円分を足元を見て、まるで強奪するようでなりません。
来年の今頃は、決算書も財務諸表も(資本準備金減少による欠損填補が株主総会の第1号議案)改善されて、もっと気分よくクオカードがもらえるといいなと思っています。(前記の通り、この優遇策が廃止される可能性ももちろんありますが)
大盛工業の議決権行使で今年もクオカード!
ohmori191013.jpg

大盛工業は、今年も議決権行使でクオカードを後日送付とのこと。早速行使しました。

この十月の株主総会の議決権行使は毎年楽しみです。出席を敢えてしないことでメリットがあるという、これが公職選挙法とかだと明らかに買収ではないかというような(投票内容は拘束されませんが)ユニークな株主優待と言えるのではないでしょうか。

各社も総会出席や議決権行使をした株主のみに株主優待を出してもいいのではないでしょうか?
投票率向上(株主総会定足数確保)には、この上ない作戦です。

大盛工業の利回りを考えると摩訶不思議です。100株の私には10円配当ということと同じですし、いまの株価水準ではなおのこと・・・
株式投資(投機)のコアな楽しみ方の一つというところです。
トラックバックスパム対策考
最近しつこいトラックバックスパムに、単なる削除でも消極的な拒否でもなく、先日宣言した通り真面目に(ネタ作りに)対応してみました。
勿論、プロバイダを相手としてです。
ホスト側もレンタル側も上場企業ですから、それなりの対応を期待するところですが、一週間期待外れですので、ここにご報告させていただきます。
今後まるで期待外れなら、定時株主総会に質問状を出すために株主になり、また総会で質問することも合法ですから、上場企業としての説明責任とそれに値する対応をお願いしたいところです。現状では甘いとしか言いようがありません。
よい追記ができるよう、お願いしたいところです。

私としては、A社の対応がはるかに立派で懇切丁寧だとは思いますが、要はこれからどうなるか?です。

トラックバックスパムをする方々は見てはいないでしょうが。このように対応しておりますこと、ご報告まで。

上場企業A社の場合・・・・・・・
第一信への返信>

ご連絡いただき、ありがとうございます。
ご連絡いただいたブログについては、弊社で内容を確認し、利用規約に反する行為がございました場合には、対応を検討させていただきます。

なお、対応後の報告は行っておりません。あらかじめ、ご了承ください。
ご連絡いただきありがとうございました。

納得いかないので出した第二信への返信>

ご連絡いただき、ありがとうございます。

弊社サービスでは、会員規約および、サービス利用規約に抵触しない範囲で、開設者の自己責任でご利用いただいております。
このため、弊社側で会員様の作成したブログの内容の確認・監視等は行っておりません。

ただ、ブログを閲覧された方より掲載内容についてご連絡をいただいた場合には、必要に応じ内容を確認し、会員規約および、利用規約上問題があると判断した場合には、規約に基づき適宜対応を検討いたしております。

このたびご連絡いただいたブログについても、弊社で内容を確認の上、
会員規約、利用規約に反する行為がございました場合には、同規約に基づき、対応を検討させていただきます。

※対応後の報告は行っておりません。あらかじめ、ご了承ください。

なお、弊社では、会員と見受けられる方からのトラックバックスパム行為について、外部ブログの管理者様より、該当行為についての詳細な情報をご連絡いただいた場合には、詳細確認・調査の上、会員規約に基づき対応を検討させていただいております。

ご連絡いただきありがとうございました。

上場企業B社の場合・・・・・・・
第一信への返信>

このたびはご連絡いただきまことにありがとうございます。

いただきました件に関しまして、調査の上弊社会員規約に
則り対応をさせていただきました。

ご連絡ありがとうございました。

納得いかないので出した第二信への返信>

このたびは再度のご連絡恐れ入ります。

いただきました件に関しまして、弊社会員規約に
則り対応をさせていただきました。

ご連絡ありがとうございました。
ドクターシーラボの招集通知
cilabo191010.jpg

ドクターシーラボの第9回定時株主総会の招集通知が届きました。
会場はまた変更になって、中野サンプラザとのこと。日比谷公会堂は不評だったのでしょうか。
毎度の変更が続くのも考えものです。
懇親会がないのは前回通知済ということか特段説明はありません。無くて当たり前ですが、ご不満をお持ちの向きはあるでしょうね。
変更がないのは、株主優待の権利確定は決算期末ではなく、旧決算期末であり今期からは中間期末となる1月末で固定のようです。私としては、優待品の総額が変更にならなければいいなぁという感じですが。
後は株主総会当日のお土産が注目されるところでしょうか。昨年はサンプルセット(販売しているもの)でしたが、今年も下記リンクのような新製品が次々と出されているようですから、そういったところがいただけるなら出席したいという方々も少なくないのではないでしょうか。
しかし、シーラボも商品ラインナップが増えましたね。前は他社のラインナップに対し「シーラボのゲルひとつで済む」というような勢いでしたが、やはりいろいろ要望があるのでしょうか。シンプル過ぎるよりメニューが多い方がいいということなのかとは思いますが、私はちょっと手が拡がり過ぎてはいないか心配でもあります。

ドクターシーラボ流 究極の美肌の叶え方



サーチワード10傑から見た本ブログ(アクセス解析)vol.3
平成18年12月~平成19年2月の3か月間の統計
平成19年2月~5月の3か月間の統計
に続き、平成19年6月~8月の3か月間についてもサーチワードの集計をまとめてみました。

(平成19年6月のアクセス解析から)6236(3881)
1 京成パンダ 182 5.30%
(7か月連続首位ということになります。株主として気になる・京成カード会員として気になるキャラクターなのでついつい書くからかもしれません)
2 株主総会 お土産 178 5.19%
(まあ、せっかく時間を使って出席するからには見返りが欲しくなるのもわかりますが、過度な期待はなされないほうが・・・と思います)
3 株主総会のお土産 60 1.75%
4 t 54 1.57%
(このバグはいつ解消されるのでしょうか?)
5 海岸ベルマネジメント 43 1.25%
(旧カネボウは、解体・切り売りされた上に、ついに社名まで変更して解散することに。経営陣として関与した産業再生機構・ファンドや役員への疑念は消えません)
6 株主総会 土産 35 1.02%
7 株主総会お土産 21 0.61%
8 東急建設 株主総会 19 0.55%
(昨年の総会はパスネットカードをいただきました)
9 グッドウィル 株主総会 19 0.55%
(昨年は株主で総会に出席しました)
10 伊勢丹 株主総会 26 0.75%
11 笑がおの湯 矢切 11 0.32% (tの繰上)
11 丸石ホールディングス 11 0.32% (tの繰上)
(短評)
京成パンダの独走に歯止めをかけようと「株主総会土産」チームが迫ってきました。いかに興味関心があるか?というよりモノ目当てにしか見えないような気もしますけど。私はモノよりも「旬の」総会や問いただしたい総会、買い増しなどの姿勢を決めたい総会に出席するのがいいのではないかと思う、根っからの「総会屋根性」でいるのですが・・・思わぬところで、参考情報を提供している形になっているのかも。

(平成19年7月のアクセス解析から)4929(3120)
1 京成パンダ 151 6.09%
2 海岸ベルマネジメント 82 3.3%
3 t 46 1.85%
4 東成田駅 25 1%
(すっかり謎の空間になっている東成田駅。また訪ねて味わいたいです)
5 永藤パン 17 0.68%
(甘食と玉子パンをもう売らないなら、レシピだけでも教えて欲しいです)
6 株主総会 お土産 17 0.68%
7 ロックフィールド 株主総会 16 0.64%
(今年は残念ながら出席できませんでした)
8 ,日貿信 14 0.56%
(日貿信の今年の報告書を読んで、ちょっと期待してしまっています)
9 矢切湯 12 0.48%
(矢切湯についてはぜんぜん知りません。すみません)
10 さくらパンダ 11 0.44%
11 京成カード 10 0.4% (tの繰上)
(短評)
7月には7月の総会にかかわる言葉が増えてきます。案外と、検索エンジンの上位にランクインする言葉も増えてきました。私がしつこく取り上げたりするからですが・・・それもそれで楽しいのですが、きちんと調べて、なるだけ客観的に書かなくちゃとプレッシャーがかかる気もします。とはいえ、アフィリエイト収入はちっとも増えません。難しいですね。

(平成19年8月のアクセス解析から)4040(2713)
1 京成パンダ 173 8.11%
2 t 36 1.68%
3 宝印刷 インサイダー 29 1.36%
4 東成田駅 24 1.12%
5 伊勢丹と三越 21 0.98%
6 719系 あかべぇ 16 0.75%
7 永藤パン 14 0.65%
8 カブトデコム 13 0.61%
9 リベレステ 株主総会 12 0.56%
10 海岸ベルマネジメント 10 0.46%
10 住倉工業 10 0.46%
(短評)
京成パンダが突出しています。それだけ、興味や関心をひきつけるキャラクターなんですね。私も登場の頃からおいかけてきて、ついにグッズまで買ってしまいました。まだ壁紙は京成パンダではありませんが。
ライオンの「お詫び文」に思う
lion1909293.jpg

ライオンから「中間業績のご報告」が送られてきました。
封筒には、窓枠のところにもロゴやキャッチフレーズが書かれていて、なんだか凝っています。ささやかなところではありますが、こういうところはファン株主としてはますます惹きつけられるところであり、捨てにくくなってしまう悩みどころでもあります。
lion1909292.jpg

「中間業績のご報告」はなかなか美麗なもので、わかりやすく商品などが紹介されています。証券会社店頭などでも配布されているのをみかけたことがありますが、詳細なものなのでじっくりと検討するのにもいいでしょうし、勉強にもなります。
しかし、今回は本来なら躍進の原動力として掲載される筈であった「氷殺ジェット」は掲載されていません。それどころか、結果的に会社に大きなダメージを与えることとなってしまいました。
別紙の「お詫び文」は以下の画像の通りです。
lion1909291.jpg

「氷殺ジェット」を回収したことや、経過報告が記載されていますが、

(以下、ファン株主としては・・・という発言なので偏りはある発言となりますことご賢察ください)

果たして、説明書や効能書に記載のあるところにしたがって利用しなかった場合に起きたことについて、これほどまでに殊更に叩かれ、会社側が萎縮しなければならないことなのでしょうか?
「安全最優先・再発防止」はライオンの態度として大変よいものではありますが、まるで「バットを人のいるそばで振ったら、頭に当たって怪我をさせた」「花火を覗いたら顔を火傷した」「白線の外側を歩いて電車に接触した」と同様の事例ではないかと思うのです。
怪我をした方々はお気の毒ですし、確かにライオン製品で怪我をしたわけですが・・・あまりにも過剰反応すぎるような気もします。
訴訟社会になっていく現代を映しているのでしょうが、これでは後退し、萎縮するばかりで逆コースなのではないかと思うのです。
ベリテ株主優待券届く
verite191006.jpg

ベリテから七月末権利確定の株主優待券が届きました。
来期から決算期変更になるので、十月末権利確定でも株主優待券がいただけることになっています。
ブローチや一時期は川根茶をいただいたプレゼントは、今回をもって廃止され、次回からは金券が増やされます。
プレゼントの引換は店舗への顔繋ぎみたいでしたから(「またきたのか、面倒だな」と内心思われたかもしれませんが)前回から直送になったのもさみしかったのですが、廃止はますます残念です。
この金券が届くということは、以前にいただいた金券等の有効期限に気をつけないといけないということでもありますね。
ベリテは、解散価値はそこそこあるので、なんとか配当が復元できるように頑張ってほしいものです。
ニューディールの決議通知
newdeal191006.jpg

ニューディールから、ハガキで決議通知が届きました。経費節減としてはいいのですが(現在、なにしろ一単位1000円以下ですから)会社の状況を伝えるパンフレット(チラシでいいので)とかも欲しいなぁとは思います。
先日、招集通知について書きましたが、第1号議案は無事に監査報告が受理され、監査が間に合ったので撤回になり「めでたしめでたし」ということです。
「2009年株主配当」というトップメッセージは強気に出たなぁという気がしますが、向田尊洋社長の後ろの壁にはホットヨガサロン ラビエのロゴがありますが、また社名を変更したりすることもありうるのでしょうか。「ニューディール」という名前の事業はないですから。
「ホットヨガ」は登録商標なのだそうですが、この事業に会社の今後がかかっているわけですが、かつての「事業不在」のような会社が水を得たような感じなのでしょうか。
文教堂の株主優待カード届く
bunkyo1910060.jpg
(「文教堂書店」の封筒に入って届きました)
文教堂から株主優待カードが届きました。
定価販売が当たり前の書籍を5%割引してもらえるというのは、なかなかいいものです。
松坂屋の株主優待が経営統合で書籍が対象外になったので、いよいよ重宝しそうな気もしています)
bunkyo191006.jpg
(カードはクリップでとめられています)
株主優待カードのデザインは以前から変わっていません。
前回までは、店舗の所在地が記載されたロードマップがついていたのですが、今回は画像のような3枚綴りの文書だけでした。
何枚も地図をいただいても、実際使ったりしませんから、その分の経費節減なのでしょうね。
株主優待カードは1年間有効なので、いまの時期は3枚利用できることになります。ちょっとした「家族カード」みたいですね。
最近、株価はふるわない感じですが、この株主優待がなくなったら寂しいので、頑張って欲しいと願う自分勝手な株主の私です。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー



カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
165位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: