雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
篠崎屋の株主総会のことなど
shinozaki1912211.jpg

篠崎屋の株主総会は、機器トラブルあり、経営陣批判に会場から拍手あり、(かつての)カリスマも元気を感じることができない様子の、財務状況も株価(やチャート)と同じく雰囲気の沈むような展開に思える総会。
この日に最安値を更新するのも、出席者が投げ売りしたのでは?と思える株主総会だったわけです。
訂正書類(役員の持株数訂正)があったり、取締役と監査役の生年月日の記載方法の違いに対する質問への解答を巡っても、瑣末なこととはいえ、はっきりしないし、年配の株主が樽見茂社長を、まるで親が子を縷々説教しているかと思えるような場面もありました。

唯一景気がよかったのはお土産。豆腐各種やかりんとうの詰め合わせは、ずっしりと重く、なかなかのもので、越谷までの交通費(ついでにOPAにも寄ったし、パンダ理容室のパンダも見たし)は勿論、投資金額を回収できるかの勢いでした。(私は権利確定翌営業日に売却済ですが)
きわめつけに重いのは、画像の包み紙に包まれた和ふ庵の「おから餡」の一口饅頭(一箱30個入り)が二箱入っていたこと。
shinozaki1912212.jpg

しかし、ふかした和菓子ですので、賞味期限は今日(苦笑)
一箱ならなんとかなるかもしれなかったでしょうが、結局は時間切れ。いくら甘いものが好きであっても無理というものがあります。
京成柴又駅前では売られているのかもしれませんので、一度訪ねて見ようかとも思いますが、そんなに利益が出るものなのでしょうか。

株主総会というよりは、被害者集会というような雰囲気を思い出しながら、明日も(期限切れになってしまった)饅頭を食べる私です。
NOVAの株券は届いたけれど
novakabu1912.jpg

NOVAの株券は届いたのですが、破産した会社の常ではありますが、証券代行の契約は解除され、既に名義書換はできません。
住倉工業のような奇跡がない限りは、このままという感じでしょうか。(住倉工業の場合は、債務満額返済ができたので、証券代行が復活した形)

管財人に敢えて持ち込むなどすれば、かなり可能性は低い(受講生のチケットまで満額返金できた末でのことですから)けれど、残余資産の分配の権利はありますから、株主名簿への記載を要求できる筈ですが・・・

株券が廃棄されずに(大券の分割ができずに返還不能にもならずに)株券が届いただけでも、株券コレクターとしては満足というところで充分なのかもしれません。
NOVAウサギが描かれていないのは残念ですし、ロゴも教室にある字体でないのも残念ですし、英語を扱う会社なのに、英語表記の部分がないのも残念・・・などと言い出すときりがないのではありますが。

チッソ「末席株主」のツブヤキ
chisso1912050.jpg

私は、これまでも書いていますが、チッソ株主です。まるで売買していませんが、案外に買われているようで株価も数倍となっていて(高値より落ちてはいますが)驚きます。
チッソの封筒は他社のものと幾分色合いが違います。社章と同じ緑色も目を引きます。農業と深い関わりをもつ会社(旧:新日本窒素肥料)だったからでもあるのでしょう。
chisso1912051.jpg

昨今の一時金問題は、私は会社側の立場を支持しています。限界がないことになれば、そもそも債務超過のチッソの倒産は不可避です。それは、結局のところ補償金も債権者となること(厳密な法的整理なら弁済率は零の可能性大)=水俣病患者・関係者の方々にとっての二次被害につながります。これは画像の貸借対照表からも明らかです。

また、支払額=患者手取り額になってはいません。国はこのあたりにしっかり関与して、必要な方々に直に最大限の補償(チッソが国に一括納付し、国が直接給付するような)がなされる仕組みを作る方が先決ではないでしょうか。なし崩しの思い付きの策では、青天井で解決はできないのではないでしょうか。

やはり、最終的にはチッソの現在の事業を分社して、利益配当を原資として補償金を支払い続けていく方法しかないのではないでしょうか。
確かに企業としてのチッソは加害者ですが、現従業員は既に入れ代わっているわけですし。
株主は切り離されることになりますが、もとより配当など期待できないことも既知(石鹸くらいは優待販売してくれないかなとかは思いますが)。そろそろ根本的な解決のために、マッタナシという潮時であることを示した一時金問題であるように思います。

株主でもあり、石鹸等の愛用者でもある立場での記述ですので、異論もあるかとは存じますが、ひとつのモノの見方とご賢察いただければ幸いです。
常磐興産の株主優待券綴届く
joban191218.jpg

スパリゾートハワイアンズで知られる常磐興産から株主優待券綴が届きました。
画像の表紙の通り、ハワイアンズの優待が数種類まとめられています。内容の紹介は、会社のホームページでの紹介に譲り、昨年末に書いた懸念も脇においておくこととします。(状況は、会社は勇ましく書いてはいますが、長年の株主の割には不安を抱いている私の意見は変わっていませんので)

さすがに石炭をはじめとする燃料とかを株主優待で提供するのは難しいのですが、昨今の燃料費高騰を受けて、依然売り上げの半数以上を占める部門に追い風が吹くことを期待しているのですが(株価的には思惑だけでもいいので(笑))中間報告を読む限りでは、やはりハワイアンズの利益が会社を支えているという位置づけ。そうそう美味しい話にはならないようですね。

常磐炭田自体は、いくらエネルギー危機になってもコストに見合わなさそうですから、採炭自体が再開されることはないでしょう。逆にそこまで原油が高騰したり、日本が危機に陥ることが無いほうがいいのは当たり前で・・・言ってることは矛盾してるみたいですが、「そこそこのエネルギー危機を背景にした思惑で含み益が出て、優待券ももらえて、ハワイアンズに千客万来」なことが、妙な話にはなりますが株主にとっては幸せに思える会社なのかもしれません。(勝手なことばっかり言っているみたいですみません(笑))

文句ばっかり言っててもいけないので、近いうちにハワイアンズに行って、ちょっと一年の疲れを癒すなんていうのも風流でいいのかな?とか思っているところです。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

インプレスの株主優待
impress191217.jpg

インプレスホールディングスイソプレスとか新年度初日に毎年社名変更しているようにも見えましたが、東証のIRで見たことがないので都市伝説なのでしょう(笑)今年はイモプレスだったとか聞いたことがあります)から株主優待の案内が到着。
「シールを集めて本を貰う」というのは、山崎製パンで皿を貰うような地道な作業ですが、半年に一度なので無くしてしまいそうでヒヤヒヤしています。半年後にしまったところを忘れていたら何年かがかりの努力は水の泡。イリプレスとかを面白がってられないです。

必ずいただけるポイントの方は手続きを忘れなければ、なかなか利回りがいいです。昨年買った(ホームページをグレードアップするための)本は、あまり活用できていないのですが。
さて、今年はどんな自己研鑽に励むことにしようか!?と検討中です。
JFLAの株主総会は小豆島で開催
jfla191214.jpg
ジャパン・フード&リカー・アライアンスの定時株主総会の招集通知が届きましたが、会場は小豆島。
丸金醤油を源流とする会社ですから当たり前ですが、これでは集中日に当てなくても参加者は自ずと限られてきそうです。
(大阪発でも時間も費用もそれなりにかかります…画像参照)
年末の忙しい時期でなければ、前泊してのんびりとした旅がてら訪ねるのは楽しいでしょうね。
その日あたりは別の会社の総会に参加予定ですので、議決権行使のハガキを返送。会場では、なにかお土産は出るのでしょうか?正月向けにおめでたそうなお酒でも振る舞われるのかな?等と空想したり(笑)

しかし議題にある期末配当は1株あたり50銭に過ぎません。1円以上の配当が安心して税金つきで払える体制作りを頑張って欲しいものです。
オークキャピタル「期間限定」株主優待
oak1912141.jpg

オークキャピタルから中間報告とともに、画像の通りの株主優待販売のお知らせが届きました。
ヒラボウ時代からの株主なのですが、当時の安値あたりまで戻ってきてしまって情けない限りです。
地産(竹井)グループも今は昔という感じなのでしょうか。
オークキャピタルからの資金が回り回って「新NOVA」にまでも繋がっているようですが、どうにも業績も株価も知名度も芳しいとは思えないので、残念な限りです。
結果、株主割当増資は何だったのか?効果をはじめ、検証を竹井氏はじめ経営陣に迫る必要があるように思います。
oak1912142.jpg
かつて存在したヒラボウや厚岸共冷、モンタボーなどの半額販売を懐かしみつつ、この程度の株主への還元では物足りない思いもさせられます。
まあ、これを機会にちょっと覗いてこようかと思って視察がてら足を運んでみようかと思っています。
(術中に嵌まっているとも言う(笑))

フレームワークスが1株2000円の金銭を交付へ
frame191214.jpg

フレームワークスの臨時株主総会は、12月28日に静岡商工会議所で行われます。
そこでの議案は、会社分割→剰余金処分・資本金等全額減少→定款変更→全部取得条項付普通株式取得の件という形での再建の道筋が描かれているものです。

これが無事可決されれば、来年2月には、10月に公表されていた基本合意の上限である、1株2000円での買い取りということになりそうです。

もちろん、株券は提出しなくてはいけないのでしょうから、コレクターの観点からは残念ですが、「投機」としては大成功ということになるのでしょうか。
おかげさまで投資額に比べて2倍のリターンということになるので、これを期に上場廃止株の思惑がこれまで以上に高まったりして、入手が困難になってしまったら残念だなぁなどと思ったりもします。

ともかく、上場廃止になった会社がきちんと旧株主に最終株価を上回る返金を達成する(そもそも債務超過の会社が)というのは異例中の異例ですが、上場廃止が決定してから株主になった私としては、単純に嬉しい驚きです。
東葛ホールディングスのカレンダー
tokatu1912121.jpg

東葛ホールディングスからカレンダーをいただきました。
旧称ホンダクリオ東葛の時から、この時期になると、ホンダ(本田技研工業)主力車種のイラストのカレンダーが届き、眺めながら一年を過ごしています。
tokatu1912122.jpg

さすがに営業エリアが広くないだけに、株主でも直接購買する方は多くないでしょうが、側面から支援するような形になっている株主優待だと感じます。

カレンダーをいただく機会も多くないので、各社の株主優待が(立派なもの揃いで)うれしい年末の風物詩です。
東映の株主優待券
toei1912121.jpg

東映から株主優待券が届きました。
東宝が最近発表したように、転売防止のためにカード等にする会社が出てきた中で、切り離し無効の綴とはいえ、東映は優待券方式を維持しています。
今回の中間決算にかかわる封筒の窓には、12月22日公開の「茶々」の宣伝がありますが、前回送付の優待券が1月一杯まで利用可能なので、今回の優待券が使えるかどうかはロングランしているかどうかにかかってくるわけです。
ここのところ、仮面ライダーモノ・戦隊モノ以外はあまり大当たりしていない・・・どころか大外れが目立つような気もするだけに(あまり進んで鑑賞しようという気がわかない映画が少なくない)がんばって欲しいところです。
宝塚宙組主演男役だった和央ようかさんの主演映画・・・果たして?「男装の麗人」とかではなく、男勝りの雰囲気漂う作品なのでしょうか?興味のわくところですが、勝手に想像していても仕方が無いので、とりあえず鑑賞してみないことには始まりません。
toei1912122.jpg

となると、どこで鑑賞するか?ということになるのですが、画像のようにいまや指定劇場は毎回送付のたびに減る一方です。全国で注記がある映画館を含めたとしても27館しかありません。これでは有効に活用することは中々難しいことになります。
あまりにもチェーン館が減少してしまったので、東映の作品ならば必ず鑑賞できるように(2枚で1回になったとしても)改善すれば、株価にも影響するとは思うところです。

「○○東映」と名乗る映画館も減る一方です。映画館を閉めて複合ビルにしたりしたほうが利益が出て、おかげで業績がよくなる・・・そして、映画は中々当たらない・・・ますます映画館を閉める・・・という悪循環は断ち切って欲しいと思う古臭い株主の私です。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

マックスバリュ東北からの「花田りんご」
mvtohoku191201.jpg

サンデーの株主優待のりんごを食べていたので、まだ箱を開けていなかった、マックスバリュ東北の株主優待券と引き換えたりんごの蓋を開きました。
今年も昨年同様に美味しいりんごを味わわせていただき、感謝です。株主優待券を利用したほうが「美味しい」のかどうかは別として、契約栽培になるのかと思われる(半年待ちなのですから)りんごを待ち遠しく待つのも、なにか季節感のある楽しみです。
mvtohoku191202.jpg

宝荘の「花田りんご」紹介の紙面が同梱されていました。
生産者名や栽培方針などが明らかにされていて、信頼感を増し、それが付加価値にもなっています。
地域振興にもなる地域産品の株主優待は、こういう地域の頑張りを発信する効果もあって楽しく、有意義であると感じます。
愛眼の株主優待割引券
aigan1912101.jpg

愛眼から中間報告書と併せて「株主優待割引券」が届きました。
画像の通り、フレームとレンズそれぞれ半額になる優待券がセットになっています。
併用できるので、結果的に店頭価格の半額で新品の眼鏡が仕上がりますし、フレームだけ持っていたり(レンズを割ったりした場合)やレンズはあってフレームを変えたい場合は、半分利用するということになります。
一年前に数量が減じられたのですが、割引率が維持されているのが嬉しいところです。
aigan1912102.jpg

愛眼が提案したりしているように、着せ替えたり、気分によってかけかえたり、おしゃれに利用する方々が増えれば、愛眼の業績もぐっと上がるのでしょうが、なかなか壊れないものですし、そうそう度も進まない(進まないように気をつける)ので、割引券もムダにしてしまうことのほうが多いです。(それはそれでいいことなのかもしれません)
セールのときなどに、その価格から半額にしてもらったりしてしまうと申し訳ない気分にもなりますが、我が家では「『保険』とか『お守り』みたいなもの」と呼んでいる株主優待割引券です。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

日本オプティカルから株主優待品届く
heartup191209.jpg

日本オプティカルの株主優待は以前にも書きましたがポイント制で、ハガキでの申し込みによって選択した品物と交換できます。
私は、これまではいつも画像の文書にあるような「日本盲導犬協会の寄付金付きグッズ」と交換しています。(ちょっと社会貢献したかのような気持ちになる)

最近は寄付が株主優待の交換の選択肢に入ってきている会社も見かけますが、会社が寄付する形ばかりで、なにも株主宛に見返り(礼状・領収書など)もないとうたわれているものしか見たことがありません。
その点で日本オプティカルのように、会社を通してではありますが、寄付金付きのグッズに引き換える形で「お礼状」も届くような「目に見える」貢献ができる仕組みはいいなぁと思っています。
三菱マテリアルの株主優待について
mmc191207.jpg

三菱マテリアルから中間事業報告や配当の通知に併せて、株主優待の案内が届きました。
私は、純金積立「マイ・ゴールド・プラン」で細々とではありますが金を買っているので、1グラム5円の優待は有効に活用しています。安い頃に比べると5円という額でのメリットは低下していますが、それでも金地金などの値引きが得られる優待は有用です。(百貨店などの株主優待では金地金などは概ね対象外になっている例が多いようです)

ジュエリーフェアにもよく行っていますが、人出が多く、あまりじっくりと見ることができたことはありません。(来場者プレゼントのネックレスなどは嬉しいですが、それだけ目当ての方も目に付きます~ただ会場を通過して退場する方など)

佐渡金山土肥金山尾去沢鉱山生野銀山の入場割引なども活用できそうな気はするのですが、一般に配布されている優待券やクレジットカードや百貨店の友の会での入場割引と比べて「驚くほどの優待」と思えないので、この辺では「優待目当てで株主になる」訴求力は弱いのかもしれません。
「所有株式数にかかわらず」と表面には書かれていますので、私は議決権のある株主なのですが、単元未満株主でも優待が受けられるのかもしれません。だとすると「優待目当て」でも充分メリットがあるかもしれないですね。
ライブドアHD第12期定時株主総会招集通知
livedoor1912070.jpg

ライブドアホールディングスから第12期定時株主総会の招集通知が届きました。
かつて新高輪プリンスホテルでの株主総会のなんだか浮かれた雰囲気(十二分に胡散臭かったことは、ブログ等にも書いていましたが・・・)夢のようです。いま見ると、似顔絵の事業報告書は滑稽過ぎです。
出席する気にもならないのですが、あの頃に比べて出資額が大きいので(何しろ株式併合後の1株=株主で居続けられるように増やしたため)当時の100倍は関心をもってもよさそうなものですが(笑)
ともかく、画像のようにごちゃごちゃと注記があって、どれもこれも先行きが不透明でうんざりする気分にさせられるのに充分すぎます。
そんな中、一応1株あたりの純資産額は単体で17,479円44銭ということですから、旧1株で174円程度の解散価値を(訴訟次第では経営破綻が避けられない注記の数々ではあるものの・・・「裁判で経営が破綻する企業」が最近目立つのは気になるところですが)示しているものとは読み取れます。
ただ、その下のその他の注記にあるように、端数株式(旧1~99株分)についての買取価格は、東京地裁がまだ決定できていないとのこと。
果たしてきちんと支払われるのか?
このまま株券も貰えずに泣き寝入りにならないように、東京地裁には早く買取価格を決定していただきたいものです。
livedoor1912071.jpg

なにしろ、今年2月末の時点では株券提出を受けて6月下旬に支払われる予定だったのですから・・・ささやかな限りではありますが、もちろん期待させていただいているところです。(住倉工業からの臨時収入には到底届かない額にしかなりませんが)
それっきりIRもされていなかったのですが、本日(12月7日)付でやっと、ライブドアホールディングスのホームページに「未だ買取価格が未決定」ということがそっけなく開示されました。株主を放置し続けている様子は、会社側のやる気のなさや株主軽視の現われではないかと懸念をもっています。杞憂でありますように!と、末席ではあるものの議決権のある株主としては思うところです。


カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
445位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
213位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: