雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレディアの株券
crediakabuken.jpg

経営破綻した消費者金融会社クレディアの株券。
そんなに極端な安値(1円近辺)にならなかったのは、万が一を期待する方が少なくなかったからでしょう。
私は半数名義書換に提出しました。あまり期待はしていませんが、名義書換をしておけば、何か書面くらいはいただけるかなという程度です。
未引換の配当金の支払いも停止されている(=債権者ということ)と聞くと、かつて破綻した大成火災海上保険の場合、確か名義書換代理人のリストに「未払配当金のみ扱い」と記載されていたように思いますので、破綻処理の進み方次第なのでしょうか。
配当金は早々に引き換えるべきである、ということなのでしょうね。
credia1912281.jpg

静岡駅前通りにあるクレディアの本社ビル。
会社のホームページでは昼間の様子と夜間の様子が、クリックで切り替わる表現がされていましたので、さぞかし自慢の印象的な建物だということなのでしょうが、脳裏に残りやすいほど、逆に売却も難しいのかもしれませんね。
credia1912282.jpg

中に入るまでの度胸は無い私。
借金をする必要もなく、株主だからとごり押しして入手したい資料も特にはないので、記念撮影のみです。
写真撮影だけでも不審人物っぽいのですが、ビルの中での仕事納め当日の忙しい様子が感じられもしました。
credia1912283.jpg

ビル前のモニュメント。なんだか異常巻のアンモナイトのような。
詳しく作者名やタイトルを見ていないのですが、(ビルも含めて?)景観に関する賞を受けているとの標識がありました。
こういった作品は企業の浮沈と一心同体ですから、再生計画次第では感傷にひたることも難しくなりかねません。

今年は、上場企業の経営破綻が目立った(一般ニュースにも取り上げられた)一年だったように思います。(株券コレクターにはチャンスだったことになりますが)

来年が個人投資家にとって、よい一年でありますように。
スポンサーサイト

A.Cホールディングスの株主優待
achd1912291.jpg

A.Cホールディングスから決議通知、株主優待券が印刷されている事業報告書が届きました。
社長挨拶は、先の総会で退任した「御曹司」南野社長によるもの。
総会での口ぶりとくらべると、大変に申し訳ありませんが、文字だけで情報を得ることのおっかなさを感じさせられます。
南野社長は南野建設には留まるのでしょうが、二言目には「新経営陣が云々」と逃げていた印象からすると、この挨拶文の決意にどれほどの責任感があるのかは疑問をもたざるを得ません。
achd1912292.jpg

株主優待については、画像のように印刷されています。
ゴルフ場やホテルについては、別途連絡が必要なようです。株主かどうか確認の上で予約するのでしょうか。多分利用しないので、無縁そうです。
もう一方の「レストランしゅん」の優待は、単元未満株主でも(多分全株主に送付される事業報告書に印刷されているので)いただけたのでしょう。興味をひかれました。
今回の減損処理に名前があがっていましたが、食べてみないことには飲食店の評価はできませんので、一度訪ねてみようかなと思っています。
A.Cホールディングスの株価に比べると、利用さえすれば、利回りは高すぎるということになりますね。
フレームワークスから手回し良く・・・
フレームワークスから、あまりにも手回し良く、「臨時株主総会決議ご通知」(ハガキ)と「全部取得条項付普通株式取得および金銭交付に関する書類送付のご案内」(封書)が届きました。
fw1912291.jpg

昨日の株主総会で、決議がひっくり返る心配は流石になかったでしょうが、定足数その他で、充分行けると踏んだからなのでしょうね。とはいえ、総会当日から受付開始というのは年末年始をはさむとはいっても、ちょっと驚きもします。
先日の招集通知の際にも書きましたように私は利益が出ているのですが、公募から考えると「わずか3年でどうしてここまで減ってしまったのか?」と昨日の総会の際にも質問が出ていましたが、一般の株主の方は到底納得の出来ない決議だったことは確かなのですが・・・(総会については別途記事にて
fw1912292.jpg

4ページからなる説明のうち、1枚目(表紙)にあたる部分。28日より受付ということになっていますが、私は先んじて名義書換に提出したので、たぶん一旦は返却されるのではないかと思っています。
提出期間に入ってからでは「名義書換即回収」ということになってしまいます。株券コレクターとしては痛し痒し。それでも、2000円を敢えて放棄すればいいことなのですが(笑)
fw1912293.jpg

4枚目(裏表紙)がこの書面のフローチャート。お詫びの言葉もまったく無いなか、事務的な文面が続いてきた文書で、「ご提出いただけますでしょうか。」とここだけ妙な口調になっています。
ともかく、株券を提出すれば4月上旬には入金されるようです。2月5日までに提出(名義書換)を済ませていないと、前の株主にお金が入ったりするということになりますし、証券会社から株券が届いたのに「ほふり」扱いのままにしていると(今後、証券会社から返還されたりしてそのままにしておくと)厄介なことになりかねません。
一応「一定期間」は対応するようですが、2月4日付の株主名簿に基づいて2月5日に全株式を強制買い上げということ。
反対できないし、正規な値段を算定するように要望することもできないスキーム・・・会社法は会社側に都合がよすぎて、個人投資家を蔑ろにしかねない一例です。
不満をどこへ持っていったらいいのか?事業を継承しておいしい思いをするであろう大和ハウス工業大和物流でも前例あり)の株主総会で吼えるか、そもそも大和ハウス工業の株主として旨味(結果的に大和ハウスグループに属するであろう新フレームワークスから得られる利益に基づく配当や株価でのリターン)を得るか・・・
藤沢駅で途中下車して
fujisawa1.jpg

藤沢駅で途中下車したら、江ノ電に乗るのが定番なのでしょうが、そこはへそ曲がりな私のこと、まずは湘南電車(80系)を模した売店で買い物。
ライトが点灯していて、側面などに「らしい」番号や記号も書かれています。
こういうのはなんか暖かみがあっていいですね。いったいいくらかかったのかはわかりませんが、多くの売店を殺風景なコンビニ風だらけにするのではなく、ご当地の独特なものにしたほうがいいような気がするのですが・・・
個人的には特急車両などをシリーズで展開してくださったら、フリー切符シーズンなどに遠征しまくりそうな私です。
fujisawa2.jpg

そして、定点観測のOPAへ。もともと藤沢十字屋だったものですから(お向かいの藤沢小田急も江ノ電百貨店だったわけで、共に開店時とは経営母体は大きく変わらないものの屋号は変わっていることになります)山形十字屋とともに、貴重な十字屋の痕跡を残す店舗ということになります。
OPAカードを通して来店ポイントをつけたあと、ちょっと喫茶店に寄り、ベリテを眺め(株主優待券はすっかり利用済なので買い物は控えてしまいました)地下の大丸ピーコックなどに立ち寄りました。十字屋と大丸は提携していましたから、そんな縁だったのでしょうか。ダイエーと組まずに大丸と組めていたらどんな現在があったのでしょうね。とりあえず、OPAにはなっていないわけですが。
fujisawa3.jpg

十字屋が経営していたことを示す「大規模小売店舗」の表示。法律の決まりに沿って設置された標識ですが、開店時のままですから現状とは沿わない部分もあることでしょうね。時代をも感じさせます。
フレームワークス臨時株主総会
fwsokai1912281.jpg

フレームワークスの臨時株主総会に出席しました。
上場からわずか3年余りで、債務超過に陥って監査の意見がつかず上場廃止になり、2000円で株を買い取って、新会社に営業譲渡しようという、いわば市場から金を吸い上げた現会社の幕引きをする株主総会です。
いったいそのような前例の無い総会がどのようなものになるのか?興味津々でわざわざ駆けつけてしまいました。出資額を尋ねられたらお話にならない程度の株主なのですが。
株主総会の権利も確保しておいてよかった・・・と思いつつ、(権利確定日後に株価が急落したことは忘れて(笑))
fwsokai1912282.jpg

商工会議所にちょっと立て札がたっているだけで、会場もなんだか底冷えするような、閑散とした雰囲気。20名ちょっとしか出席者はいない感じです。(しかも社員株主が多そうで)
お土産もお茶も当然の如く出ません。
10時ぎりぎりに役員の方々は入場。神妙な顔つきです。妙にぎこちなく、型どおりという感じもしましたが、会長・社長という私財提供も必要なほどの戦犯も、法的整理ではないので、まるで平気なのかもしれません。
会場もなんだか薄気味悪いほど静かです。怒号もとばずに議案の説明が続きます。
冒頭に役員の一礼があった程度で、特段の謝罪もありません。倒産した会社の記者会見のような雄弁さもありません。
結局、もう既に決まっていることのための茶番劇なのかもしれないと思いながら聞きました。
渡辺重光社長の口調は弱く、棒読みでしたが、17分で説明終了。

質問は3名の方から出ました。

1人目
Q)目論見書を読んだ株主だが(公募からの株主ということ?)数年でどうしてここまで減ってしまったのか?2000円は安すぎるのではないか?
A)当初の目論見に比べ、経営陣は努力はしてきたがマーケット・当社の製品サービスが会社の見込みどおりにならなかった。2000円は、株主の保護・事業の継続・取引先との関係維持のため。早急に対策をしなくてはいけないなかで最善の策である。

2人目
Q)MITとはどういう会社なのか?
A)日本の会社で、社長は公認会計士であり、再生を手がけてきた会社である。

3人目
Q)最善の策というが、上場廃止前に(も大和ハウスの子会社になるなど)手が打てたのではないか。なぜできなかったのか?どう考えているのか?
A)5月29日の資本増強発表から10月13日の上場廃止に至るまで、上場廃止に対応する策を講じていなかった。進められる状況ではなかった。かかる状況の中では、株主の方々と相談しながら、これが最善の策と考えている。

(社長の回答は、殆ど責任逃れ・無責任な発言ですが、ヤケクソという感じなのでしょうか?
田中純夫会長にも口を開いて欲しかったです・・・そのような質問をすればよかっただけの話ですが)

10時27分より採決に移り、10時半には幕引きが済みました。
大変サクラの方々は拍手をがんばっていらっしゃいました。練習どおりといった感じでしょうか。
役員の方々は試合終了後のサッカーの審判団のように、そそくさと控室に消えていきました。

fwhonsya1912281.jpg

30分で終わってしまったので、本社を訪問。といっても、エントランスに入っただけです。
クレディア本社の前のビルの7階にフレームワークスの本社はあります。
fwhonsya1912282.jpg

なかなか、たくさんの会社が入っている建物です。「上場企業の本社」が現にここにフロアの一部だけで存在したわけですから、「上場企業」という言葉に対する誇大なイメージは、新興企業や上場に本来は不適格だった会社、現在不適格である会社・・・が増える中では改められなくてはいけないものなのでしょう。
「本社ビル」などというものは不必要な時代なのでしょうね。
fwhonsya1912283.jpg

上の画像を拡大してみると、このようにさながら幕引きの臨時株主総会が終わった後ですから、まるで気は早いですが「墓碑銘」と受け止めるような社名表示。残り1か月余で会社は営業譲渡をし、資本金もゼロとなり、実質上存在しなくなってしまうことになるわけです。
あっという間の出来事ととれるような3年余。フレームワークスとはなんだったのか?を検証する必要が、東証の責任でもあるような気がします。

私にとっては、結局、フレームワークスは、壮大な「会社ごっこ」だったのではないかという印象さえもった総会でした。もっと本音が聞きたかったけれど、こんなものなのかな?と受け止めました。ぜんぜん損していない殆ど部外者なのですし。
ところで、この方式が流行したら大変なことになりますね。法的整理でもない、明らかな私的整理ですし、新会社はさぞかしおいしい思いをするのでしょうし、コンサルタント・投資ファンドは儲かったことでしょうし、役員も法的責任を問われないし、私財提供もしないし(公募したときの利益はどこへいったのやら)財務諸表を手を加えれば、このようなことがシャンシャンで通るとなれば・・・おっかないですね。プレミアムを見て値段をつけている一般投資家は、先を見ているのですから、フレームワークスについていた株価は、新会社の今後を見据えた価格だったわけでしょう。
本当にいいのか?会社法って怖いものだなと痛感した30分でした。

テーマ:株主総会 - ジャンル:株式・投資・マネー

静岡を訪ねた目的は
年の瀬も押し迫った28日、久しぶりに静岡駅に下車しました。
旅はしましたが、その目的は大変にコアなものだったかもしれません。
sizuoka1912280.jpg

旧国名でいえば駿河。駿河屋の名前の由来でもある、徳川氏の出身地。
となれば、東照宮へ!という観光誘致の石塔が駅頭にあるのも当然です。大正年間のものですから、当時なら目的は久能山の可能性が高かったでしょうね。
清水港も三保の松原も「ちゃっきり節」の静岡鉄道も今回はみんなソデにしての旅でした。
sizuoka1912281.jpg

株主だからといって、流石に静岡松坂屋が主目的というわけでもありません。
浜松の松菱跡が大丸になると、相乗効果てなるのか縮小均衡となるのかは気になるところですが。
sizuoka1912282.jpg

駅前通りを眺めると、コアな目的が目に入ります。
今年上場廃止となった2社の本社が向かい合って(右クレディア、左フレームワークス)います。会社訪問とまでは強気になれませんが、今回はフレームワークスの株主総会が目的の旅だったのです。
syoko1912281.jpg

会場の商工会議所の建物には、静岡空港招致の看板が出ています。
各地に空港は増えてきましたが、静岡のような新幹線や東名のある、既に交通至便の地で、空路で採算をとるのは難しいように思うのですが。
syoko1912282.jpg

商工会議所の前には、株主総会の告知は何もされていませんでした。なにか出席を忌避されているような(笑)
非上場会社(未上場なら別かもしれませんが)だと、事の成り行き上、うるさい株主もいるでしょうし。

ということで、次の記事に続きます。
クロニクルの株主優待券
chronicle1912271.jpg

クロニクルから第28期報告書、決議通知とともに、画像の株主優待のお知らせが届きました。
封筒にわざわざ「重要」と赤文字で印がつくだけの割引率になっています。
ドゥーズ12青山」には入ったことがないので、これを口実に眺めてこようかとも思っています。
chronicle1912272.jpg

エフアール→なが多時代も株主だったこともあるのですが、権利を確定したのは初めてです。
社名を変え、株券印刷を繰り返す中で、次第に主力事業が変わってきて、いまや連結の売上高トップは、結婚情報サイト等を運営するWEB情報事業。
株主優待がそちら系になったら、新規株主獲得にも弾みがつくかもしれないですが、ブランド時計の正規取扱店というだけに、今なら買えば「優待額<投資額」も夢ではないですね。
ただ、百貨店などで購入した場合と比べてどれほどメリットがあるのかは、よくわかりませんが。
A.Cホールディングス第62回定時株主総会出席
achd1912270.jpg
(社旗)
A.Cホールディングスのメルパルク東京で開かれた株主総会は、1時間15分で閉会し、小林新社長の挨拶込で11時18分に終わりました。
南野社長をはじめ現取締役の総退陣で南野建設色はかなり薄くなってしまい、何だか裏口上場かのように別会社に模様がえです。
achd1912274.jpg

結果、質疑応答がやたらに他人事のような柳に風という感じに聞こえましたが、致し方ないところでしょう。
会場はちょっと本職の総会屋さん風の方も見受けられるだけでなく、株価の酷さもあってぴりぴりした感じ。自称総会屋かつ権利確定前後の超短期にて売却済の私は、逆にすごく「特殊株主」なのかもしれません。
achd1912271.jpg
(出席票)
質疑は以下の通りで、
Q1:70円で買い。四季報に復配とあったので28円でナンピンした。新年号では無配とは株主軽視では?
A(社長):前期1円復配。減損処理で今期は無配。今後は新経営陣の判断次第。
Q2:(この方は長々と演説し何度も発言されました)株式併合するか?積極的に受注して頑張って欲しい。新株発行は、時価ではなく、額面でやってほしい。
A(社長):株式併合は総会議決が必要。いま予定はない。新経営陣の判断。新経営陣は各事業それぞれが利益が出るようにする。M&Aや投資案件について考慮していく長けた人材が居る。
Q2氏再:資本準備金について聞きたい。累損一掃しないのか。
A(社長):資本準備金は企業の力である。累損一掃は検討材料に承る。
Q3:自己責任とはいえ余りに下がっている。資本金過大では?海外からの観光誘致で額面くらいにはしてほしい。
A(社長):承る。努力する。
Q4:20万株所有。経歴をみると不安。南野社長も御曹司、思う通りに頑張ってほしい。外部から有能な人材を得るのは不可能。いる人で頑張ってほしい。
A(社長):応援ありがとうございます。
Q5:福岡大橋ビルの件。手数料が多すぎないか?自社株が枠いっぱいではない理由は?
A(社長):コンサルティングフィーによる。新株予約権も2億株買い、目的以上の枠をとっていた。経営陣退陣発表後は制約もあり進められなかった。
Q6:東京衡機を買っていきなり減損とはなぜ?判断ミスでは?新経営陣の経歴・経験は大丈夫か?
A(社長):株価低迷の減損を「のれん償却」した。5月末に経営陣刷新。民生品事業をやめ、特許をもつ会社を買った。今後期待。新経営陣は投資に長け、能力はある。
Q7:(演説調かつ毒舌でした)顔を見に来た。新経営陣に能力はないだろう、役員は金も出していないし。南野社長は係長クラスだにみえる。活力なく魅力もない。旧態依然だ。そういった雰囲気で損をしている。
A(社長):激励感謝。新経営陣は頑張ります。
Q8:株価操作の件は?
A(社長):西田氏の件は、3年前からSEC調査。当社は関与していない。捜査も受けていない。当社は事情を聞かれ、協力している。
Q9:(Q2氏)公共事業を増やせ。(やや要領を得ない演説)
A(社長):公共事業が減少しても利益を出せるようすすめている。
以上で11時13分。採決は2分で終了。
achd1912272.jpg
(お土産)
1000円分のクオカードをいただきました。株価とあわせて考えると、けっこうな利回りです。
ただ、株価の低迷を考えると、とても減少分を埋めるほどのお土産とはいえません。
achd1912273.jpg
(門松)
メルパルクの玄関には、すでに門松が。年の瀬も近い中、正月気分になれるような楽しい気分にはほど遠い内容の株主総会ではありました。中々厳しいところです。
daimon191227.jpg
(大門)
ダイエーの本社機能が浜松町にあった頃はよくくぐりましたが(別に本社に用があるわけではないですが)久しぶりに訪れた気がします。株主総会のついでに(都内)見物を楽しむのもいいですね。観光のおまけか総会のおまけかはわかりませんが、有意義に過ごすことができますね。
十字屋友の会が閉会へ
jujiya1912251.jpg

久しぶり、かつ突然に馴染み深い「十字屋」のロゴとマークの入った封筒が配達記録郵便で届きました。
心あたりがなかったので、「預かっていた個人情報とかの返還」か「何かの間違いで金券ゲット」かとドキドキしながら封を切ると、下の画像の通りの文書が入っていました。
jujiya1912252.jpg

百貨店の友の会は、その屋号と密接に結び付くものですから、百貨店が中合に営業譲渡され、中合友の会に一本化された以上、時間の問題だったのも確かです。
私は銚子十字屋閉店時に手続きを済ませていましたが、念のための通知なのでしょうね。

十字屋も屋号としては残りましたが、会社としては「中合」ですから、社名としては「十字屋友の会」が伝統ある「十字屋」の名を残す最後の会社となっています。
来年中にいよいよその会社も消えてしまうのかと思うと、寂しさを感じます。
IMJの株主優待DVDは「きみにしか聞こえない」
imj191225.jpg

IMJから、「IMJ VISION BOOK」とともに、株主優待のDVDが届きました。
画像の文書の通り、6月劇場公開の映画「きみにしか聞こえない」のDVDで、今月リリースされたもの。定価は税込4935円也(下方にリンクしたboobleでは15%割引で販売していますので、ここから購入すれば税込4195円也ということになります。
いずれにせよ、単純に見れば利回りは大したものです。
映画の好き嫌いはありますし、劇場で見たか見ないかも基準にはなってくるのかもしれませんが、日本映画には「食わず嫌い」みたいな部分がある私は、まだ未見の映画でしたので、これから鑑賞させていただくところです。

「IMJ VISION BOOK」は、第12期事業報告書と、第13期の成長戦略が図表を豊富に使って「宣言されている」冊子でした。
中期経営計画が「予選リーグ」(量的進化2001~2004)「決勝リーグ」(質的進化2005~2007・ブランド構築2008~2010)「決勝トーナメント」(2011~2015)というスポーツのような視点で位置づけられているのは斬新でした。
意気込みは伝わってきたのですが、私自身が徐々にこういう分野から離れつつあるような世代なのかもしれないので(携帯の料金も課金されるサービスの利用も漸減傾向にあります)未来はこうなっていくのかなぁとおぼろげな理解にとどまっています。
このあたり、今後の携帯電話やネットへの低年齢層の普及およびフィルタリングや諸規制に左右されるところもあるのかなとは思いますし、もう少し私も時代に沿った投資をするためには研究する必要もあるのかな?と読みながら思ったところです。
(上記の通り、優待品は↓)

きみにしか聞こえない [DVD]



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

東成田駅から成田空港へ向かう
京成電鉄の東成田駅(旧:成田空港駅)から、成田空港を訪ねました。
前回は、徒歩で成田空港を目指したのですが、今回は無料の連絡バスを利用することにしました。
東成田駅は、前回訪ねた時と特に様子が変わった雰囲気は無く「曲水の宴」も「壁」の向こう側にそのままありました。
徐々に朽ち果てていくという様子を目の当たりにさせられるような思いです。
enari19121.jpg
(利用されている部分でこの様子ですから、「壁」の向こう側はさぞかし・・・)
連絡通路もやはり老朽化が感じられます。広告といった類もみられず、音もせず、人もおらず・・・
かつては多くの方々が行き交ったのでしょうが、わざわざ空港のホームページのアクセスに掲載されていないルートをたどる私は、大いに酔狂ということになります。
enari19122.jpg
(連絡バスのバス停へ向かう通路)
階段を上がるとセキュリティチェックの「第5ゲート」。荷物検査や身分証明書の提示をしますが、かつての賑わいと裏腹に「お手数をおかけしてしまって申し訳ない」という気分にさせられます。
enari19123.jpg
(階段の上が第5ゲート)
打って変わって、空港の中はクリスマスの装飾もあって、大変賑やかです。
私は全日空のカウンターに寄ったり、買い物をしたり、食事をしたり、飛行機を眺めたりとぶらぶらしました。様々な国々からいらっしゃった方の会話をおぼろげに聞いていると、なにか生きた外国語力とかが身につきそうに思えたりするのですが・・・話に加わるまでにはまったく至りません。
naritaap191224.jpg
(ディズニーキャラクターが出迎える到着口。舞浜に行かれる方も多いのでしょうね)
芝山千代田駅を訪ねて
芝山鉄道に乗ってきました。日本で一番短い鉄道という触れ込みですが、京成電鉄の延伸部という様相であることも確かです。いつか千葉急行のよう経営統合となってしまうのでは?という気もしますが、壮大な九十九里方面への延伸を達成するためには、いまの第三セクター方式で地元の支援が不可欠でしょう。
「乗ってきた」といっても往復380円を支払って、東成田~芝山千代田を往復したのみで、それも折り返しの電車に乗りなおしただけなので、「乗り潰し」しただけのような旅行ということになりました。
siba19121.jpg
(芝山千代田駅改札口)
大株主(親会社という位置づけになる)の成田国際空港株式会社と地元・芝山町の広告がされています。ある意味での「財政支援」に頼らず、外部からの広告が得られれば、一番なのですが。
siba19122.jpg
(早期延伸を訴える看板)
芝山町中心部~横芝~松尾~蓮沼への延伸・・・達成されると、京成電鉄を含めさまざまな経済効果もありえるでしょうね。観光路線になるのか、衛星都市が生まれるのか、未知数ではありますし、実現性は現時点では薄いのでしょうが(黒字体質が築けるかといえば厳しいでしょう)、こういう夢のある話は好きです。
siba19123.jpg
(埴輪と航空機)
駅前広場には「らしい」展示がされています。歴史の古いものと最新のものが共存共栄する街づくりに向けて、頑張っている様子が伝わってきます。惜しむらくは、やはりこの駅が芝山町の中心部ではないことでしょうか。
siba19124.jpg
(駅の入口をのぞむ:駅前広場側)
顔を出して記念撮影をする埴輪の時代の装束の立て看板があります。こういうのは「勢い」で試してみないといけないのですが・・・後から写しておけばよかったなと勿体ながったり・・・いつもやらずじまいになっている私です。
siba19125.jpg
(反対側から:並行道路側)
千葉国体の幕も張られていました。上方に見えるのが停車中の電車です。
siba19126.jpg
(延伸方向を眺める)
延伸に向けての意気込みが感じられるのは、微妙に曲がった終端部です。この先、芝山町中心部に向かうには、並行道路に沿って曲がっていくことになるのでしょう。
海水浴に向かう臨時特急などが走る時代が来たら、なかなか魅力的な路線にはなりますが、流石に、元終着駅といってもその折には芝山千代田駅は通過駅になってしまうのかもしれません。
危険と隣りあわせを感じて
toyoko191223.jpg

今日は渋谷の東急百貨店東横店本店に行きました。
Bunkamuraミュージアムを訪ねがてら(循環バスはヒトゴミを避けるのにも良くて重宝・・・帰路の風景は落差にビミョーな気分になりますが)の買物を楽しんだのですが、報道の通り、同時間帯に東横9階では凶行が発生していたのです。
今回は9階を訪ねてはいませんでしたが(8階には上がってはいました)加害者と同じ建物にいて、すれ違ったのかもしれないなどと考えると、身震いがしました。
そのときは「何かあったらしい」ことはわかったのですが、急病人かなにかぐらいかと思い、帰宅してびっくりさせられた次第です。

以下、批判を覚悟で書かせていただきますが、親会社と子会社の株主(元は百貨店自体の株主)なので、百貨店の責任は追及したくない立場ですし(そもそも百貨店側では対応しようがないでしょう)、考え方にもいろいろあることは承知しますが、流石に今回は自分が被害者になりかねなかった事態を受けての記事になりますこと、ご承知おきください。



佐世保の乱射事件のみならず、治安の悪化を実感させられています。少なくとも無関係な人間が理由もなく被害に遭うような事件が聞かれる度、日本の先行きに不安を感じます。
犯罪者の名前が出ないような(人権は被害者、特に亡くなった人には無く、犯罪者にはあるかのような)事件や、弁護士が殊更に犯罪時の精神状態や生育歴、通院歴などで減刑を勝ち取ろうとする姿には疑念を感じます。
犯罪が普通の心理状態なら起こり得ないのは自明ですし、被害者に落ち度がなければ、護られるべきは被害者ではないでしょうか。

薬物中毒や精神不安も社会の責任で、国民の連帯責任という考え方も有り得るかもしれません。
しかし、被害を受けた(受けかねない)立場からすると、それはあまりにも善意の第三者に対して無理な注文で、かつ憲法に定められた権利も守られていないことになります。
逆に、無罪になるというような(名前が出ないというほど守られる等)状態ならば、その責任を替わりに担うのは誰なのでしょうか?

さすがに、治安維持法を復活すべきとまでは言いませんが、犯罪者(犯罪者になりかねない人々、犯罪を犯しても無罪になってしまう人々)が守られ、放置されていて、一般市民が危険にさらされている現状に、考えがまとまらないのですが危機感を覚えた出来事でした。
報道によれば、既に数年来言動に何か変化があったような様子、それを知っていた人間が、一部でも代わりに責任を負う仕組み(それこそ不作為の責任を負うべきとして)にすれば、少しは変わってくるのかと思うのですが。他人に害を与えてまで守られる人権では、過保護ではないでしょうか。

いきなり食事中にフォークでさされたら・・・なんてぴりぴりしていたら、おちおち食事もできません。
サコスの株主総会
20071223120704.jpg

サコスの第41回定時株主総会はTKP田町ビジネスセンターにて開催。今回から東五反田の本社会議室ではなく、外部のためか役員の方々も作業服ではなく背広です。
五名の方から質問がありました。
1)Q「建築基準法改正の影響は?」
社長)A:若干あり。着工遅れが出ているが、売上157億達成に向け努力する。
2)Q「総会会場は何故変わったのか?株価は?配当計画は?売上は目標通りなのか?」(この質問者は不規則発言もされていました)
社長)A:株主大幅増で手狭なため、第二、三会場も確保。
マーケットの評価は中計達成している中で不本意。IRに注力する。
配当性向40%以上へ。来期4円に。中間配当は考えていない。
現段階ではインサイダーにもなり(目標通りかどうかは数字は上がっているが)お答えできない。
3)Q「株価が業績と反比例している。西尾レントオールの立会外分売が悪影響では?IRをどうするのか?」
社長)A:現時点では追加分売の申し出はない。流動性を考えていく。個人投資家向けIRを頑張る。HPもリニューアルした。
会長)A:分売については、大株主として株価等の考え方は同じ。株価が下がると西尾も困る。影響が少ない時期に実施したつもりだが遺憾。277円以上の株価にしていきたいと思う。
4)Q「新規ユーザーはどんなセグメントなのか?」
社長)A:金融機関・損保などの商用車レンタル。
5)Q「合併(株式交換)はありうるか?」
社長)A:考えていない。

sacos191222.jpg

それぞれ丁寧で真摯に答えられる姿勢に、私は好感をもちました。そもそもどん底のような時期に株主になった私は、債務超過寸前からよく甦り、復配したサコスの真面目さと堅実さが伝われば、市場は正当に評価してくれる筈と徐々に買い増ししているところです。

株主総会は約一時間で散会。お土産は例年通り、特注で洒落っ気いっぱいの亀井堂の瓦煎餅。
また別室にて茶菓を手に懇談会もあり、役員の方のお話もうかがったりと、有意義な株主総会でした。

テーマ:株主総会 - ジャンル:株式・投資・マネー

タカショー「庭通信」届く
takasho1912211.jpg

タカショーから6月までのカレンダーと「庭通信」などが、画像の文面通り届きました。
タカショーは決算期末が変則的な会社なので、「循環投資」する(資金を何回転もさせながら権利や優待を獲得する)のに向いている会社とも言えますが、私は含み益もそのままにずっと持ったままでいます。
ガーデニングについて学ばせて貰う機会(講演会)や花の種、カレンダー、そして「庭通信」(重めのカタログはちょっと専門的過ぎましたが、株主優待販売もあります)に満足し、ファン株主になったからです。
といっても積極果敢に買い増ししてはいないのですが。
takasho1912212.jpg

今回の「庭通信」表紙。画像のようにLEDのイルミネーションなどについての記事が載った薄いパンフレット様のものですが、ファイリングできるようになっています。
クリスマス寸前のこの時期、もう一ヶ月前だったら!とは思いますが、これから一年計画で検討していくぐらいがちょうどいいのかもしれませんね。


カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
598位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
256位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。