雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田崎真珠の株主優待
tasaki200128.jpg

田崎真珠から事業報告・決議通知と併せて株主優待券が届き、また別途封書にて株主優待割引のカードが届きました。
ということは、一月末に有効期限が到来する優待券があるということ。
ギリギリになって、何とか「自分へのご褒美」を15%引(ネックレスなら20%引)に株主優待券を併用して購入しました。
株価が下がり気味なので(あの注記で不安にさせられたからか)利回りはすごく良くなったことになりますが、株主優待が後退したりして利回りが下がることもありますから、簡単に乗れないところです。

自分では、ちょっと手が出せない逸品(株主優待カードならいくら値引なのかと考えたり(笑))をまるで博物館などの展示のように眺めながら、「目の保養」をした買い物になりました。
スポンサーサイト

タイムズの株主優待は「タイムズチケット」
times200130.jpg

パーク24から決議通知とともに株主優待のタイムズチケット(500円分の駐車券)が届きました。

画像の文書の通り、複数枚の併用はできますが、お釣りはでないもので、タイムズクラブとの併用では差額のみにポイントがつく(株主優待は値引扱いといった形)仕組みになっているとのこと。

タイムズチケットについては、総会のお土産について書いた際に画像を載せていますが、厚みがあって何だかちょっとした「存在感」のある手応えがあります。

私は今回2000円分(四枚)をいただいたので、昨日いただいた分とあわせて、意図的に駐車すれば、結構美味しい利回りかなと思っています。
パーク24株主総会のお土産
times200129.jpg

時間貸駐車場「タイムズ」で知られる、パーク24の株主総会のお土産は、画像にある500円分駐車券(カード)2枚とタイムズ スパ レスタの入場券(2400円相当)2枚でした。

5800円と額面に引き直すと、これだけでも利回りはかなり美味しいことになります。
どちらも有効期限がありますから、それまでに有効に使うことが前提になりますから、敢えて自動車で出掛けて、タイムズの駐車場に長時間停めないと(買い物等で無料になるところではなく)無駄にしてしまいそうな気もしたり(苦笑)

スパの方は、ゆったり過ごせる時に時間いっぱい優雅な気分に浸ると、癒されそうですね。それこそ「時間制温浴施設」(10分200円とか)なんて作れたら、銭湯をFCに組み込んで、ひと事業できるのでは?などと妄想してみたり(笑)
責任のない末席株主ですから、こんな気楽なことが言えますが、ガソリン高騰による自動車離れや駐車違反の取り締まりの動向などに経営陣は悩まされながら、頑張っていらっしゃる様子ですので、お手並み拝見です。
監査役に「宮様」(旧皇族:竹田氏)がいらっしゃるのは、世が世なら!ですごいことに思えたりもする株主総会ですね。
姫路「大盛えきそば」を食す
20080129013205

姫路駅から寝台特急にて帰京。廃止が間近になった「銀河」も捨て難いのですが、個室寝台の魅力に負けて「サンライズ出雲・瀬戸」を選択。
この時期、降雪等のリスクを考え、明朝素知らぬ顔で出勤することを考えると鉄道(シャワーもついていたりするので尚更)を選ぶことになります。(夜行バスの遅延で痛い目にあったことあり)
山陽百貨店も駅ビルも閉まっている時間ですから、どこかでお茶しながら電車を待つわけにもいかず、前回に続き、開いている貴重な存在の「えきそば」で腹拵えというか夜食というか。
聞くと最終電車(勿論、普通電車の)までは店をあけているとか。閉まっていたらつまらないからと、三宮も舞子も切り上げつつ姫路に急がなくとも、充分間に合った勘定になります。
20080129181504
(山陽姫路にて)
ちなみに、なぜ姫路からなのかといえば、山陽電鉄の株主優待乗車証を使って、「サンライズ」を出迎えた形だからです。物好きと言われればそれまでですが(笑)

「えきそば」も原料高騰の折りから値上げをしたとの旨の貼紙もされていました。
独特の天麩羅とともに、1.5人前にもかかわらず400円(1人前は350円)というサービス価格に魅かれて、大盛りのえきそばを賞味。なんとも例え難い当地の名物を味わいながら「次回は・・・」などと既にメニューを横目に構想を練った私でした。
そばつゆでラーメンを食べるという感覚の「えきそば」ですが、逆(ラーメンスープで蕎麦を食す)も知らないだけでどこかの名物とかになっているのかもしれないですね。
有馬温泉「太閤の湯」を訪ねて
20080127161706

有馬温泉「太閤の湯」を久しぶりに訪ねました。
宝塚雪組観劇のあと、余韻に浸りながら、三田で神戸電鉄へ乗換。
有馬温泉駅からの送迎バスは空いていたのですが、着いてみると駐車場はかなり埋まり、中々の入りでしたので、着替えにまごついたりしました。(鉄道利用の諸氏が減ったのか?健康のために歩いていらっしゃるのか?)
館内着の浴衣が選べるのがちょっと嬉しいです。
貴重品ロッカーに財布等を預け、身軽になって館内を堪能。粉雪も舞う天候でしたので、露天風呂へ行く間が大いに寒く、戻りに湯冷めしそうな気がしました。
金泉、銀泉を一気に楽しみ、癒された気分です。岩盤浴とか時間に余裕があれば、ますます楽しめたことでしょう。
有馬温泉には金の湯、銀の湯の共同浴場もあります(安価ですし、中々良い雰囲気で綺麗です)が、タオル等の用意もいらないですし、長時間楽しむにはいいですね。(神戸電鉄の株主優待券ならば500円で利用できますし)
宝塚温泉でももちろんいいのですが、小林一三(逸翁)氏が夢みた未成の計画を遠回りしながら到達した感がある小さな旅となりました。

hinotori2001.jpg
(話題とは離れますが、宝塚・手塚治虫記念館の火の鳥像)
ドリーム号で大阪へ
20080126224511
車中二泊の強行軍(というかほぼ日帰り状態)で大阪~兵庫へと。
先ずは東京駅八重洲口からドリーム号に久しぶりに乗車。乗り場がリニューアルされていて驚きました。

今回の旅のメインは宝塚雪組「君を愛してる/ミロワール」の観劇(初日、二日目に続き)です。
東京公演の時期は年度末で(涙)なんだか遠征した方が気が楽だから・・・は表向き(笑)実際はご想像の通りのリピーターなわけで。
楽しいから、良作だからこそリピートするわけで、元気を貰いに旅する価値は充分にあります。
笑顔とパワーあふれる新春・宝塚らしい軽快な喜劇とショーの舞台を楽しみに、入り待ちに間に合うように宝塚入り(梅田からは阪急阪神の株主優待カードが大活躍)します。

心配していた雪による交通障害もなさそうで、スムーズなバスの旅になりそうです。(ドリーム号にも株主優待があったらなぁ・・・JRバスは上場しないですかね)
IHIからの「お詫びとご報告」を読んで
ihi2001251.jpg

IHI(旧:石川島播磨重工業)から、他社に比べると一ヶ月遅れの上半期の報告書「IHI Report」にあわせて「お詫びとご報告」が届きました。
34ページにもわたる、今回の粉飾決算(会社側は「過年度決算の訂正」なる綺麗事な言葉を使って、まるで単純なミスであるかのように繕ってはいますが、増資もしていますし、極めて悪質なものですから、株主の私としても、あえて厳しい語句を使わせていただきます)について縷々述べているわけですが、頭が痛くなってくるような酷い状況が読み取れると共に、難しい語句や専門用語、法務関係の賢い方が書かれたのだと思う文面に辟易いたしました。
多くの株主も読み通すことを断念するのではないでしょうか。
まずなによりの責任者である釜和明社長名による、画像のように他人事とも思えるような文面で始まる報告書ですから、到底期待は出来ません。
釜社長のこれまでの経歴を考えると、まさに「過年度決算の修正」の原因と無関係な履歴ではないのではないでしょうか?もう少し、自分のこととしての反省文を、それこそ「始末書」としてお書きいただきたいものだと思います。このあたり、深刻さにかけていると懸念します。

ihi2001252.jpg

処分の内容を見ると、もう言葉がありません。文書は偉そうですが、処分内容は空虚です。まず代表取締役会長は辞任で逃げ切り。半年くらい報酬返上(もちろん「無収入」になるということを指してはいないでしょう)すれば、責任をとったことになるはずがありません。
まして20%とはいくらくらいなのか?返上後の年収がいくらくらいなのかが分からない限り、これで納得するほうがおかしいのではないかと思ってしまいます。
私財提供や会社による司法の場での責任追及、株主代表訴訟など様々な透明性の高く、客観的な責任追及がなされない限り、これで一件落着にしてしまう限り、信頼回復はありえないものだと考えます。

ihi2001253.jpg

今後の対応についての言葉もなにやらうわべだけに思えます。かたちとしては満点ですが、具体性にかけています。そもそも、このような文書を自信を持って株主に送付してしまっている点で、経営陣が株主・従業員・市場に対してどれだけ反省しているのかが不安になります。

私などは、「まず旧社名に戻す」ところあたりからおはじめになったらよろしいのではないかと、株主の末席から思うのですが・・・
この調子であれよあれよとお気楽に監理ポストから復活してしまうならば、株式市場の信頼性は毀損され、株主を蔑ろにする経営が許されることになりかねないのでは?と思うのは言いすぎでしょうか・・・
とりあえず、ここからどう進んでいくのか?しっかりと責任の取り方と会社の行く末を見て行きたいと考えます。(この報告が「最終報告」「幕引き」ではないと信じています)
マルマンから株主優待品到着(H20.1)
maruman200124.jpg

マルマンから画像の文書とともに、株主優待品が届きました。
昨年度はルテインドリンクでしたが、本年度はマルマンバイオのウコンドリンクです。



(↑爽快ドラッグへのリンクです)
上記リンク先では通常価格879円ということですから、100株で1758円の品物がいただけている勘定になります。

流石に優待にパイポとはいかず、かといってゴルフ用品も難しく・・・となると、このあたりのドリンクを毎年の優待に・・・となるのでしょうか。
とりあえず、飲んでみて良さそうだったらリピーターにということでしょうね。できれば、追い討ちをかけるように「優待販売のお知らせ」とかが来たら、買ってしまうかもしれません。
今日飲んで、いきなり効き目があるわけでもなく、医薬品ではない清涼飲料水ですが、あえて「ウコン」と名乗れば、それだけ期待してしまう流れになりますね。(体調が万全で、気候も温暖だったら、こういう記事にはならないかも?とは思います(苦笑))
「CHECK PC!」のブログツールを試して・・・
「CHECK PC!」のブログツールをみつけて、面白そうなので、ためしに当ブログに付けてみました。(過去形)

経済産業省も面白い取り組みを始めましたね。
けれど、とりあえずツールをはってみたくてサイドメニューにつけたら、ちょっとうるさい(ページが替わるたびにアクションが起きる)ので、記事にしてみました。(ネタが尽きているともいう(笑))(これも過去形)
が、記事中でJavaScriptは使用不可でエラー発生。諦めました。
結局、面倒になって、外してしまいましたが、このツールがはられているブログは多いのでしょうか?毎回アクションが違って、おみくじやらご託宣、ラッキーカラーでも出たなら人気沸騰しそうですが。(サザエさんのようにじゃんけんでも可(笑))

経済産業省のお歴々はテストはしたのでしょうか?
確かに賑やかなほど、告知する必要のあることですが。

パソコンユーザーへの注意喚起とともに、間接的に税金を使ってブログツールの宣伝をしてしまっているかのような雰囲気はなきにしもあらずでもありますが・・・

注目されるタレントを起用して、様々な危険性への注意喚起をすることは大事ですね。
一過性のものにしないで、特に初心者に対しての啓蒙活動を続けていってほしいものだと思います。(こういうのは投資に関してもいえるのかもしれません・・・金融機関など)

問題なのは、ついなんだか某携帯電話会社を連想してしまったり(苦笑)注目度が高いのもいいですが、少し関連性がなきにしもあらず・・・でも、私もこのブログツールにたどり着いたのは、経済産業省のホームページではなく、某携帯電話会社と関連する某ポータルサイトだったりするわけです。ネットは広く、とかく結びつきあっているということですね。
新風舎が自己破産へ
sinpu2001201.jpg

銀座線外苑前駅で下車すると、通路には画像のように新風舎の広告もあり、歩道橋を渡ってすぐのところが本社です。
ちょっと野次馬で・・・という感じではありますが、見てきました。
hazama200120.jpg

ただ外苑前駅にはハザマビルの広告が健在なほどですから、新風舎の広告もしばらくはそのままかもしれませんが。
ハザマビルの名前を見ると、やっぱり「青山管財」を思い出す元株主です。
sinpu2001202.jpg

窓には「原稿が本になる」というキャッチフレーズ。破産となっては、現会社で本になるのを待っていた原稿はどうなってしまうのでしょうか。
私もいつかは本を出してみたいですが、自費出版というものの仕組みをきちんと説明していなかった(故意に誘導したといわれても仕方が無い)責任は小さくないでしょうね。
sinpu2001203.jpg

入り口などには、まだ破産宣告などの書面ははられていませんでしたが、、熱風書房は開いてはいません。階をあがるまではせず、外から見ただけですから詳しくは分かりませんが。
sinpu2001204.jpg

新風舎の入っている川上ビルのテナント表示。ビルは一気にガラガラになってしまいそうです。
sinpu2001205.jpg

折りしも初日を迎えた映画「ちーちゃんは悠久の向こう」のポスターも貼られていましたが、スタッフに新風舎社長も名を連ねる、新風舎から生まれた作品であるだけに、オーバーラップする部分も皮肉られそうですが・・・
とりあえず、映画がヒットしたとして、文庫はどこかから再販されるのでしょうか?
sinpu2001206.jpg

ビルの全容。窓から見える書類なども、しばらく経つと一掃されてしまうのでしょう。
「新風舎とは何であったのか」については、いま一度冷静に分析する必要があるのかもしれません。
私も自費出版でも、ISBNコードがついて、書店に並んだり(ネットで購入できたり)したら嬉しいですから、やはりこの一件の先行きや分析などから目が離せません。

ちーちゃんは悠久の向こう〈特別版〉 [DVD]



メディアイノベーションが説明会を開催するとか
mi200119.jpg

メディアイノベーションから画像のようなハガキが来ました。
メディアイノベーションについては、これまでもいろいろ書いてきましたが、上場廃止後はますます現状がさっぱりわからないので(臨時株主総会を開くといっておいて、やめてみたり、会社を分割したり、子会社を売り払ったり・・・)株主への説明会の開催は賛成です。
しかし、出席しにくいところに設定しましたね。この日は、株主総会を開く会社もあるので(休めたらそっちへ行きたい)10時からではパスかなぁという気もします。
このハガキをもっていけば出席できるようですが、説明会で話された内容などは文書にまとまったり、ホームページ上で公開されるのでしょうか?
されないとしたら、インターネットにかかわる企業としては残念でなりません。

撮影・録音は取材であっても禁止。質問テーマの制限など、どうも「逃げ」ばかりです・・・

とそのとき、誤植が目に留まってしまい、呆気にとられました。
「その他のご質問につきましては、来年3月開催予定の第10回定時株主総会において」(原文ママ・・・一部太字にしたのは私)

「今年は株主総会を開催しない」宣言!?

のわけはないはずですが、メディアイノベーションの管理体制などに問題があることが示されているという謗りは避けられません。
何人の目が通った文書なのでしょうか?原稿作成は昨年中であったのでしょうが、1月18日付で発送された文書です。作成・校正・印刷・発送・・・さまざまな時点でチェックは入ったはずなのですが、どうして見落とししたまま発送してしまったのでしょう。
会社の今後が、ますます不安になってしまいます。
たぶん、説明会当日、こんなくだらないことについての質問をまず受けなくていけなくなるのでしょうね。

穂谷野智社長のブログ「MIホヤブロ!!」は、相変わらず楽天的というか小遣い稼ぎというか、真剣味にかけているようで、もうすっかり諦めていますが、流石にこの説明会の件と、誤植の件はまじめに記述するものと期待しております。これまで開き直ったり、笑い飛ばすようでは先行きはどうにもこうにも・・・
宝塚友の会からの封書は・・・
takaratomo2001161.jpg

宝塚友の会から封書が届いたので、何か嬉しい(美味しい)報せかなとか皮算用で封を切ると、先ず上の画像のような「おことわり」が。

takaratomo2001162.jpg

結局のところ冠公演だし、新規加入者対象の観劇ご招待のお知らせでした。
「このために加入する」方もそれなりにいらっしゃるということなのかと。
ちょっとガッカリしてみたり(苦笑)
takaratomo2001163.jpg

一枚目に書かれていることと矛盾するようなリターンアドレスですが、阪急グループだし、業務委託だし、返送された(住所氏名誤記か転居無届け)場合のトラブル対処のためだし、ということなのでしょうね。

とどのつまり(駄洒落ではなく)売れ行き(反応)が芳しくないのかなと勘繰ってしまったり。
ちょっと微妙な時代(まだ早過ぎるような)を扱っているだけでなく、史実的に年齢をみると、主演男役が老齢のマッカーサーとは?など前途多難な作品に思えてしまうので、宝塚ファンの端くれとしてよりもまず株主の端くれとして気になっています。
ニイタカの株主優待申込ハガキ
niitaka200117.jpg

ニイタカから株主優待の申込ハガキが届きました。
昨年は100株だったので、台所用洗剤をいただいたのですが、今回は300株以上にしましたので、画像の通りの3コースの中から選択することができます。

毛色の違うセットですから(ニイタカの事業内容をそれぞれ反映する逸品揃いのわけですが)なかなか悩んでしまいます。
マイルドサラセンはなかなか使い心地はよかったですし、釜飯と固形燃料のセットもアウトドアなどで活用できそうに見えます。そして目を引くのは「釜飯用釜コンロセット」。
「業務用」の会社ですから、どれも購入しにくいのは難点ですが、どれも欲しくなってしまっています。さて、何年か計画で入手するかどうか(笑)
とにかく、こういう嬉しい悩みが起こるような、そして普段みかけにくい商品を手に取れるような、業務内容が伝わるような株主優待は、とても嬉しいものです。

2月5日の締め切り前に、しっかり意思表示をして、楽しみに待つことにしたいと思っています。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

マクドナルドのメンバーズカード
mcmc200116.jpg

日本マクドナルドも様々な集客策に取り組んでいます。
「朝マック」もしばらく行っていなかったのですが、今朝久しぶりに立ち寄ったら、昨日からマックラップも並ぶようになったのだとか。
早速、携帯クーポンを取り出して、食べてみました。ここ数年、定価で食べていないように思います。(株主優待券とか、クーポンとか・・・定価でしか食べていないという方も少なくないのだとは思うのですが)

そうしたら、会計の際に画像の「メンバーズカード」をいただきました。3月末まで、いまのクーポンなどと同じ価格で購入できるとのこと。レジなどでの手間を省く意味もあるのでしょう。便利です。
以前「マックグリドル」(けっこう好きです)のときも、同様のカードをいただいて、ついつい通ってしまったり(忙しくって朝早く出勤することが多かったからもあるけど)しました。

こういうサービスがあると、恒常的に値引きすればいいのに・・・とか、適正価格はどれくらいなのだろうか?と思ってしまったりもしますが、そういったあたりをくどくど考えていてはいけないのかもしれませんね。
青山一丁目駅の壁面芸術
aoyama1eki.jpg

大江戸線青山一丁目駅の壁面芸術。
「花鳥風月」という題なのだそうです。(解説はこちらに詳しい
大江戸線は各駅の装飾が見て楽しいのですが、殆ど下車したことがないので、まだまだ私は未見のものがたくさんあります。
「この作品をきっかけに、駅を訪れる人々が環境との対話を考えて欲しい、という願いが込められています。」とのことですが、これだけ見るだけではなかなかわかりません。どうも私はこのテの芸術作品の鑑賞眼は足りないので、ぱっと見て「欄間」をイメージしてるのかな?「行灯」かな?などとまでは思ったのですが、ここあたりが限界です。
言葉で補うのは不本意だとは思うのですが、せっかくのアピールなのですから、縁の部分にわかりやすくテーマを主張したら、通りすがりの方もテーマを受信できるのではないのでしょうか。
こういった壁面芸術は、理解が薄くなればなるほど邪魔者扱いや忘れ去られたりしかねません。(東京駅の「構内図」は既に見られなくなり、東成田駅は「壁」の向こうになっています)前面に売店やATMなどを置かれないためには・・・などと思うのです。
駅ナカが注目される中、超一等地に芸術作品を展示する風流さが通用し続けるようにするのも、黙っていては難しいように思うのです。
都庁にも学芸員の方は少なくないはずですから、大江戸線の構内すべてを「美術館」として位置づけた「常設」「特設」展覧会や工夫があってもいいように思うのですが・・・


カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
206位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。