雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
IHIからの「お詫びとご報告」を読んで
ihi2001251.jpg

IHI(旧:石川島播磨重工業)から、他社に比べると一ヶ月遅れの上半期の報告書「IHI Report」にあわせて「お詫びとご報告」が届きました。
34ページにもわたる、今回の粉飾決算(会社側は「過年度決算の訂正」なる綺麗事な言葉を使って、まるで単純なミスであるかのように繕ってはいますが、増資もしていますし、極めて悪質なものですから、株主の私としても、あえて厳しい語句を使わせていただきます)について縷々述べているわけですが、頭が痛くなってくるような酷い状況が読み取れると共に、難しい語句や専門用語、法務関係の賢い方が書かれたのだと思う文面に辟易いたしました。
多くの株主も読み通すことを断念するのではないでしょうか。
まずなによりの責任者である釜和明社長名による、画像のように他人事とも思えるような文面で始まる報告書ですから、到底期待は出来ません。
釜社長のこれまでの経歴を考えると、まさに「過年度決算の修正」の原因と無関係な履歴ではないのではないでしょうか?もう少し、自分のこととしての反省文を、それこそ「始末書」としてお書きいただきたいものだと思います。このあたり、深刻さにかけていると懸念します。

ihi2001252.jpg

処分の内容を見ると、もう言葉がありません。文書は偉そうですが、処分内容は空虚です。まず代表取締役会長は辞任で逃げ切り。半年くらい報酬返上(もちろん「無収入」になるということを指してはいないでしょう)すれば、責任をとったことになるはずがありません。
まして20%とはいくらくらいなのか?返上後の年収がいくらくらいなのかが分からない限り、これで納得するほうがおかしいのではないかと思ってしまいます。
私財提供や会社による司法の場での責任追及、株主代表訴訟など様々な透明性の高く、客観的な責任追及がなされない限り、これで一件落着にしてしまう限り、信頼回復はありえないものだと考えます。

ihi2001253.jpg

今後の対応についての言葉もなにやらうわべだけに思えます。かたちとしては満点ですが、具体性にかけています。そもそも、このような文書を自信を持って株主に送付してしまっている点で、経営陣が株主・従業員・市場に対してどれだけ反省しているのかが不安になります。

私などは、「まず旧社名に戻す」ところあたりからおはじめになったらよろしいのではないかと、株主の末席から思うのですが・・・
この調子であれよあれよとお気楽に監理ポストから復活してしまうならば、株式市場の信頼性は毀損され、株主を蔑ろにする経営が許されることになりかねないのでは?と思うのは言いすぎでしょうか・・・
とりあえず、ここからどう進んでいくのか?しっかりと責任の取り方と会社の行く末を見て行きたいと考えます。(この報告が「最終報告」「幕引き」ではないと信じています)
スポンサーサイト






カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
427位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
199位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: