雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニカフェの株主優待到着
unicafe2005312.jpg

ユニカフェから半期に一度のコーヒー詰め合わせが到着。
デザイン的にはいいのですが、どうもきれいに箱があかない(ロゴ入りテープでぐるぐる巻なので)のに苦戦しながら開封しました。
画像の文書と紹介にあるようなところが今期の優待商品になります。
企業向けのような形が多く、私の立ち寄り先の百貨店やスーパーなどではあまりみかけない(宣伝のたぐいも)だけに、ますます新鮮な思いでいただき、味わわせていただいています。
unicafe2005311.jpg

通販事業開始のお知らせと、1000円分のクーポン券がついていました。
カタログ通販から5000円以上、郵送にて申し込みをすれば、1000円券が使える(値引きになる)仕組みとなっていますが、我が家にはややたまり気味なほどいただいているので、今回の申し込みには、以前いただいたものを利用しました。
三ヶ月有効ということですから、アイスコーヒーなどを注文したりするのに活用できるかな?と、考えています。
スポンサーサイト

キーコーヒーの株主優待が到着
key200531.jpg

キーコーヒーからの株主優待品の挨拶文。(参考:前回の挨拶文の記事
今年もキーコーヒーとユニカフェと、銀座ルノアールの優待で珈琲を充分に楽しめそうです。
「ドリップオン」よりも「粉」や「豆」をいただけたら嬉しいほうなのですが、一般的に家庭で賞味するとなると、お手軽な方が評判もいいでしょうし、それはそれで納得しています。
新商品や力を入れている商品についてわかるのも嬉しいところ、半年毎になにが届くのかとドキドキしながら楽しんでいます。
keykabunusi2005.jpg

300株以上の株主には、上記のような「株主限定ブレンド」が届きます。なんとなく優越感に浸るような「プライドをくすぐる」優待策は、株価対策・安定株主対策にもいいでしょうね。
問題は、美味しくいただいて「もっと欲しい」と思っても、入手できないことなのかもしれません。
ただ、今回は「氷温熟成」という肩書き付きですから、このあたりの新製品が株主限定ブレンドの評判次第では、市販品や喫茶店向けとして投入されてくるのだろうと期待しています。
(さっそくに缶を開けていただき、たいへん気に入りましたので)

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

イマージュの株主優待請求ハガキ
image200531.jpg

イマージュホールディングスから決議通知とともに、画像のように株主優待を請求するためのハガキが届きました。
image2005311.jpg

半期に一度いただいているライスフォースの株主優待は既に到着していますし、これについては請求しなくても届けていただけるのですが、カタログ(画像2枚目にあるような表紙のもので、下記リンクのように書籍購入サイトなどでも購入できます)と10%割引ハガキをいただくための請求ハガキです。

イマージュルージュ〈Vol.9〉



イマージュコレクション〈Vol.64〉



それぞれ定価250円のカタログと考えれば、ハガキを送ることで500円分の品物(雑誌)が届くことになり、買い物をすれば1割引で購入できるわけです。
逆に会社側から考えれば、まるで買わない株主にもカタログを送付するだけのコストを考えると、資源のムダ・ゴミ減量などという環境問題として以上にデメリットがあるわけで・・・
私なんかは、面倒なハガキのやりとりなしに送ってくれたらいいのになぁなんて思っていますが、かなり賢い方法なのだと会社側の手法には賛成なのです。(利用率も開示してくれたらますますいいのではないかと思うところです)



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

ココスの株主優待到着
cocos200530.jpg

ココスジャパンから株主優待が届きました。
私はゴールドカードもいただきましたので、引き続き、ココスでの食事はいつでも1割引。
ビッグスマイルクラブでためたポイントは、これからもカードに引き換えることなく、安心して満欄になるごとに金券と引き換えることになります。

そして、カスミの株主優待券との併用も今後も可能な様子。(まだ利用していないので、この6月以降も従来通り運用されているのかは実地では確認していませんが)
となると、単純に2割引近辺での食事が可能となるということになるわけで・・・

今後とも美味しく食事させていただきますが、もうすっかり個体識別されるくらい珍しい常連客(優待3種を併せ使うので、支払いは500円以下になる)になっていることになるのかと。
おかげで、ちょっと金額を気にせず、いろいろなメニューに挑戦したり、ついついデザートや季節モノに手を出したりと、いくたびに新しい発見をさせていただいています。

そして、券面に見られるようにゼンショーの幅広いグループ会社でも利用可能なのも、また嬉しい優待です。(流石にゴールドカードは使用不可。カスミの優待券もこれまでの経緯ゆえにココスでのみ利用可)
今後とも、嬉しい優待を持続していっていただきたいと願いつつ、会社のますますの発展を祈りながら、ファン株主で持ち続けている会社のひとつです。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

DCM Japanホールディングスの株主優待を選択
dcmj200530.jpg

昨年も書いたところですが、この時期がやってきた!という風物詩になるのかとも思われる、DCM Japanホールディングスの株主優待を選択して申し込むためのハガキが決議通知に同封されて届きました。
ホーマックの株主だった私は、例年通りにジャガイモを選択し続けています。昨年の3種詰め合わせもたいへん美味しくいただきました。

今年も冒険はせずにジャガイモ(男爵・メークイン・北あかり詰め合わせ)にほぼ決定の予定。
ウインナーセット・ハウスみかん・カレーセットも面白そうですが「保守的な選択」にとどまりそうです。
各種の選択比率なんかはどうなのでしょうね。

重さだけで選ぶ方はいないでしょうが、10kgのジャガイモは他を凌駕していますね・・・到着するまで待たされる時間は最も長いのですが、毎年待ち遠しい思いをしながら楽しいファン株主生活を送っている私です。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

セシールの株主優待とポイント制度の後退と
cecile2005301.jpg

セシールから株主優待のお知らせを同封したカタログが届きました。
前回書いた際に載せたものと文面等はほぼ変わりません。
あの当時より、株価は更に下がっていますので、結果的にますます利回りは上がりやすい構図になっているわけなのですが、その際に書いた危惧はポイント制度の後退という形でまず具現化してしまいました。
cecile2005302.jpg

画像の通り、セール品についてのポイント付与がなくなりました。したがって、一枚目の画像には特段の記載はないものの、セール品については株主優待が適用されないのと同じということになったようです。
たしかに格安の(5割引など当たり前の投売りだったりする)セール品にまで11%のポイントを付与したりするのは行きすぎだとは思っていましたが、やはりそこはかとなく残念な思いもします。
徐々にコストの見直しを進めていく中で、一層の後退は避けられないところだとは思うのも確かです。
ニッセンやムトウのような「金券」制や、イマージュのような一回限定使用のハガキ制などへと足並みをそろえるだけでもかなり改善されるようには思います。
ただ、株主側が「厚遇だからこそセシールだったのに!」と怒って離れてしまうおそれもありますから、このあたりの匙加減は難しいですね。
百貨店等でも「セール品は対象外」はざらにありますから、このことくらいで凹んでいてはいけないのですが(笑)けっこう美味しく利用させていただいていた(足を引っ張っていた?)だけに、やっぱり残念。
はやく会社の経営が思いっきり改善して、株価にもよい風が吹いてくるように、ここはじっと我慢というところなのでしょうね。

セシール
東急ストアの株主優待券(最終)
tokyustore200527.jpg

東急ストアの株主優待券が届きました。結果、第一回から最終回までいただき続けたことになります。
クレジットカードとの併用やポイントの蓄積など使い勝手もなかなか良かった、ファン株主にしてみれば、この上ない株主優待も今回で終了。

株式交換を経て、次回からは東京急行電鉄の株主として九月末の権利確定での株主優待。Bunkamuraミュージアムの券がつかなかったら、私としては改悪でしかありません。(割引率も総額も)

東急車輌、伊豆急行、東急百貨店、東急観光、そして東急ストア。
並べてみると、東急グループは、親子上場の完全廃止を目指しているのでしょうか?

私は「孫」の「ながの東急」の株主なので(「長野からおいでですか?」と東横で聞かれたことも)「ながの東急」が株式交換になったり、株主優待が改悪されたら、今回いい加減カチンときて(自分の中で)イメージダウンした東急グループの印象がますます悪くなりそうなので、なんとか勘弁して貰いたいものだと、切に願います。
京成電鉄の株主優待券届く
keisei200528.jpg

京成電鉄から株主優待が届きました。
株主優待乗車証は今回から有効期限が変更になりました。今までは年末等に優待消費に京成で旅してましたが(主に成田空港近辺)これからは11月末等になるかもしれません(笑)
成田発で海外旅行すればいいだけなのだとは思いますが。

グループ各社の株主優待も内容は大きく変更はありません。近くに施設がある方は有意義に利用されるのかと思いますが、京成カードとの併用もできなかったりする(現金支払限定)のは何とか改善されないものでしょうか。
私は結局、前回分はまるで利用していませんでした。
バラ園くらいは行かないと、株主としては偉そうなことも言えないかもしれません。

路線略図も含めて、どうも羽田の飛行機が下向きなのが気になって仕方がないのですが、成田とのバランスをとってのデザイン的に、直しにくいのでしょうね。
細かいところを気にしすぎなのだと言われてしまうだけかもしれませんね。
カスミの優待改定(特別栽培米と交換スタート)
kasumi200528.jpg

カスミから株主優待券が届きました。

今回は封筒がやや厚く、開けた途端にカラーの文書が目に留まったので、「いよいよ優待改訂(単元未満株への優待廃止やココスへの利用廃止)か?」と思いながらしげしげと読めば、株主優待券を「茨城県産特別栽培米」と引き換える制度を導入するという、嬉しい優待改訂でした。

想像を遥かに超える株主優遇策に驚くとともに、単元未満株でも2キロのお米がいただけてしまう制度が今後も維持される(できる)のか気になるところでもあります。

優待縮小前の「最後の一花」かもしれないなぁと、やっぱりちょっと勘繰りたくなるほど、厚遇すぎる気もしながら、カスミの方々の株主を大切にする姿勢にただただ感謝です。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

全日本空輸(ANA)の株主優待
ana200526.jpg

全日本空輸(ANA)から株主優待が届きました。
私は株主優待券を(ブログに書いています通り)伊丹便を自己利用していて、折角なのでプレミアムシートで・・・と贅沢に活用しています。
前回分は残ってしまったので(宝塚に行かなかったから!?とも言う)先日、予約なしの航空券(羽田伊丹便)を購入しました。このあたりは日程さえ決まっているならば、有効期限ギリギリで金券ショップ等で値崩れしたのを利用したら美味しいですね。(払い戻しになったら損ですから、必ず利用しないとつまらないですが)
今回分では何処へ空旅をして、マイルを貯めていこうかと考え中です。

冊子のほうは、空港でのお土産購入に利用したりしますが、成田は一般の来客向けには店舗が開かれていない(出国手続後エリアにある)のが残念です。
ホテルも完全に離れつつありますので、優待券の冊子の内容も次回あたりからは、変化も出て来るのかな?と思います。
機内販売に利用できる金券なんかはあったらいいなぁと思うのは、私の勝手な要望です(笑)
ダイエーの株主優待カードから半月が消える日
daiei200524.jpg

ダイエーの株主総会決議通知と事業報告書に同封されていた、次回の権利確定以降の株主優待カードについての告知。
カードの有効期限がなくなるとは言っても、未利用優待額が繰り越せるようになるわけでは勿論ないので、特筆するような改訂ではありません。
当初発行のカードの有効期限到来に併せて、無期限へと切り替えるわけですが、一割引が五分引になり、株式併合もされ、本社が移転し、利用店舗も格段に減り・・・を経験した私のカードには、以前の記事で画像を載せたようにダイエーの半月のマークが誇らしげにありました。

いまのマークもキャッチフレーズもまるで好きになれない(今のNHK土曜ドラマは「ごはんがおいしくなくなる」思いがして番組告知だけでも嫌な思いがするほど)中内イズムに心酔しているファン株主としては、いよいよ切り替えられてしまうのは残念でなりません。ハサミなんて絶対に入れられない思いです。

仕方がないとあきらめつつ、過去を否定し続けることのデメリットも考えて欲しいと頭の古い株主の一人として愚痴りたい思いがしています。

わが安売り哲学 (中内功シリーズ)



J.フロントの株主優待カード実質利回り向上!
jfr200523.jpg

大丸と松坂屋が経営統合したJ.フロントリテイリングの株主優待カードが届きました。
1000株少々(横浜松坂屋起因の単元未満株あり)な私への枠は購入100万円分→10万円割引。使い切ることなく切替を迎えてしまいました。

今回嬉しく感じたのは「1000円以上の買物ならば一割引」と改訂になったこと。
これまでは「1000円ごとに100円引」でしたから、1000円購入でも1999円購入でも100円引。約5%引にとどまる可能性もあったのですから、かなり利便性が向上したことになります。

大丸ミュージアムも松坂屋美術館も、有料催事も無料で観覧できるのは従来通りで、実質的に利回り向上となれば、よいことばかりです。
ほかのポイントカードやクレジットカードと併用もできれば、ますます嬉しいですが、贅沢の言い過ぎでしょうね。
百貨店共通商品券や大丸友の会カードと併用できるだけでも充分に他社の優待より私には使い勝手がよく感じます。

こうやって囲い込まれ、いつしか枠を使い切る(くらい衝動買いできる程の資産規模だといいのですが(笑))のかもしれませんね。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

初めて上野の新しいヨドバシカメラへ
uenoyodo2005251.jpg

今日は、移転した上野のヨドバシカメラを初めて訪ねました。
別に何を買うわけでもないのですが、ただただ旧京成電鉄本社ビルの跡地に、どんな建物が建っているのかに興味があったのです。
5月に入ってから、上野動物園は訪ねたのですが、こちらには足を向けず、ついに閉店迫る聚楽台も訪ねず仕舞いになってしまいました。
uenoyodo2005252.jpg

この角度から眺めると、旧ビルの雰囲気を思い出します。なんとなく(敷地的に仕方がないのかもしれませんが)似たような前面に思えたりもします。
流石に網をかけるまで老朽化するまで利用されるかどうかはわかりませんが、良いランドマークであり続けて欲しいと思います。

ポイントカードの残高確認ついでに少々買い物をして、Edy利用でマイルを貯めました。飛行機で蓄積するより、細かな買物でのマイルが多くなっています。(1万ポイントへの道はあまり近くないので、厳しいところです)
リオチェーンの株主優待券受領
rio200524.jpg

リオチェーンの株主優待が決議報告・報告書とともに届きました。かなり長いこと株主でいますが、名古屋証券取引所2部ということもあって、あまり注目されていないのかな?などとも思うのですが、社名と店名・ブランドが一致していない投資家が少なくなかったり、「名証2部」というだけで敬遠している向きがあるのかな?などと思ったりもしています。
財務もなかなかいい感じなのですが、株主数は2000名未満です。
会社側も株主優待についての告知をしているだけでなく、かつては2000円で1枚使える200円券の綴で出していた株主優待を(1単元の1000円分を使い切るには1万円の買い物が必要だった)純粋に1000円分の商品券に置き換えるなど充実しているのですが・・・

画像にあるようなブランド名を見ると、ショッピングセンターなどでみかけている方も少なくないのでは?と思います。こういう店舗で買い物をされる方がもっと株主になっていけば、株主数も増え、株価の向上にもつながっていくのではと思うのです。

固定株主が多い(創業家の横山家が大株主です)ので、前期の名義書換数は2533件で293820株だったとのこと(発行済株式総数の2%ほど)です。
私はといえば、忘れたぐらいのつもりでのんびりと、配当金と株主優待でモトが取れてしまう日が着々と近づいてきているなぁくらいに思うファンの固定株主です。(株価が騰がったら騰がったでそれは嬉しいのでささやかに期待しているのはもちろんですが)

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

篠崎屋から株主優待券が届く
sinozaki200524.jpg

篠崎屋から半期に一度の株主優待券が届きました。
株価は芳しいとはいえないです(赤字・無配では致し方ないところ)が、とりあえず年に1000円分の株主優待券を利回りと考え、画像にあるようにギフトセットの割引分まで計算に入れれば、それなりのメリットがあるということになるのでしょうか。

詳しいことはこれまでも書いてきているので省略。新規開拓(まだ手を出していない銘柄の権利確定)をしないとネタがループになってしまっていますが、見比べることで私自身勉強になるようで・・・なんとなく毎年の「農業日誌」のようなものでしょうか。(植え付けとか収穫とか)

前回と商品に変更はないのですが、小麦の値段が上がったりしている中で、価格・内容据置のようで嬉しいところです。
経営破綻したマンダラハウスとの契約は解消済ですが、すんなり解決といくのか尾を引くのかフランチャイズ・チェーンというのは、好調のときはいいですが、なかなか難しいところもありますね。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー



カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
332位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。