雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホリプロの株主優待カード
horipro200630.jpg

ホリプロから株主優待のプリペイドカード(セブンイレブンとでデニーズでの利用に限定されるクオカード)が届きました。

シリアルナンバーも入って居てコレクターズアイテムとしても上々(開封して触ってしまったからダメかもですが→それどころかこれまでの分はいくつか利用済)の株主優待です。
おかげで1000株以上の株主が私のほかに1002人しかいないことと、100株~999株の株主が7166人だということもわかりました。意外と1000株以上の株主が少ないのかなとも思います。

私は買い増しを続けてきて、1000株を超えたので、おかげさまで今回から二枚組になりました。一枚物と共通かと思いきや、きちんと別の写真なのですね。コレクターは工夫して買い増す必要があるということです。
昨年いただいた際にも書きましたが、いただいた方の顔や名前がはっきり認識され、活躍を楽しみに思える優待なのはうれしいです。
かといって写真集とかを買ったりファンクラブに入ったりという行動はしていませんが・・・肩入れさせる効果は大きいですね。

芦名星さん(両方に)と美波さんが、いまホリプロが鋭意売り込み活動中!ということなのかと思います。活躍ぶりを楽しみにしながら、ありがたく一穴使いをして(きちんと返して貰って)有意義にコレクションする私です。
スポンサーサイト

東映の株主優待券到着
toei2006281.jpg

東映から株主優待券が届きました。最大で毎月30枚なんていただいちゃったら、とっても見切れないですね。配給本数も多くはないですし、劇場も限られていますので、よっぽどリピーターや大家族でないと・・・などとそこまで持株を増やせるはずもないのに心配していても仕方がありません。
前回の優待券のときには、「茶々」が窓のところでしたが(まさかあんなに興行収入が振るわないとは・・・)今回は「まぼろしの邪馬台国」今度はどうなのでしょうか?
toei2006282.jpg

利用できる映画館の一覧。だんだん「〇〇東映」という館名は減り、再開発やシネコンへの転換という流れが見てとれます。
もちろん、それが好業績を生んでいるわけですが、なんとなく寂しい気分にもさせられます。
toei2006283.jpg

さて、ともかく半年楽しめるチャンスを得たようなもので、あとは良い映画を期待するばかりです。
映画系でも、紙モノの株主優待券は減ってきました。
綴りにして対策はしているものの、やはり金券ショップなどに並んでしまうわけですから、映画館が近隣に無い方の対策をした上で、オープニング画面の図柄あたりでカード化しないものかと、自家利用派の私は思っています。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

ワンダーテーブル株主優待:配達記録にて到着
wtable2006291.jpg

ワンダーテーブルの株主優待券は、株主総会の決議通知とあわせて配達記録にて届きました。
料金はかかるでしょうが、お互いに安心できる仕組みですね。配当金なども入っている封筒ですから、万が一・・・があったらつまらないので、ワンダーテーブルの心遣いに感謝です。
一昨年は記事に書いたのに、昨年は書いていませんね。この時期、あれやこれやでネタが多すぎるからでしょうか(苦笑)
ワンダーテーブルの株主優待制度では、直営各店舗(飲食やホテルなど)で利用できるのですが、返送することによって同額相当の品物と引き換えられるのも嬉しいところです。
wtable2006292.jpg

株主優待の案内と引換案内の一部は上記の画像の通りです。
株主番号を添えて申し込みをするので、金券ショップやオークションで入手した金券を追加して申し込むのはダメかもしれませんが、なんとなく10000円のセットがちょっと魅力的な気がしたりします。
末席株主(1単元)の私は、5000円のセットを申し込んで、商品が届くのを楽しみに待つことにしようと思っているところです。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

琉球銀行の「株主優待券」到着
ryugin2006271.jpg

琉球銀行の株主優待は定期預金の金利優遇です。
期間内に各支店で10万円以上300万円以下の定期を作れば、0.5%上乗せです。
上限ならば税引前で15000円の株主優待ということになります。(10万円では上乗せ分は500円ですが、ワリシン等の銀行の一年モノ金融商品を考えたら、それだけで上出来な感じです)
とはいえ、名前がはっきりきっぱりわかる(身分証明が必要な)サービスなので、譲渡してもばれますし、株主本人が支店に赴いて利用することになりますね。
ryugin2006272.jpg

一年モノで継続不可ですから、毎年権利確定して継続していくことになります。
私は関東在住かつ当面沖縄には出向かないので、東京支店で定期預金を作ることになります。東京近郊以外の方には利用しにくい優待ともいえます。
地方銀行は口座開設の際に営業区域外の(特に趣味で口座・キャッシュカードを作ってしまうような私みたいな)客にあまりいい顔をしません(経費ばかりかかるし当たり前ですが)ので、いろいろ事情を話すのに苦戦しますが、この場合は、ちょっと堂々と作成できます。
それでもやっぱり、迷惑な客には変わりないのかとは思うのですが(笑)

追記
ryuginteiki2008.jpg
後日、琉球銀行に出向いて定期預金をしました。「琉球」という雰囲気いっぱいの預金証書の表紙です。やっぱり、こういう地域色を出しての取り組みはいいですね。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

日貿信第69期報告書届く
nichibosin20061.jpg

年に一度の日貿信からのお便りが届きました。昨年も書きましたが民事再生を終結し、株主の権利が残り、単元未満株の買い取りを通じて、実質的に株主に還元できている(一円ヤリ=新1株で100円→5628株を6621千円で取得・・・新1株1000円超?)稀有な例と言えます。
借入金は968百万を隼インベストメント(レーサム系)から。767百万を整理回収機構から。
サービサーを傘下にもつ日貿信の借入がサービサーからという構図になっています。
筆頭株主は渡辺専務が代表取締役を務めるジャパンインベストメントマネージメントで148千株。
この会社あたりを活用して強制買取や株式交換をかけられたら、私のような単元未満株主は排除されてしまう訳ですが、今回の株主総会でも導入はされず、私はまだ日貿信で楽しめそうです。
nichibosin20062.jpg

日貿信の財務諸表を見ると、破綻前後のひどい状況をまるで感じさせません。
貸借対照表を見る限りは、「固定化債権」などは気になるものの、かなり健全な状態になっています。
一株あたりの今期純利益が1517円。一株あたりの解散価値は5089円(それぞれ、旧一株では15円超。50円超ということ)ですから、債務超過の赤字会社が「よくぞここまで」と感じさせられます。
日貿信の場合、上場廃止が先に決まっていた中で、債権放棄による再建策の一つの方法としての民事再生だったわけで、民事再生の多様性を際立たせる一例なのかとも思います。

重ね重ね、もっとたくさん買っていたら!と思うのですが・・・日貿信の方々の尽力に、いつも感嘆するばかりです。
シーマ株主優待カードが届く
cima200629.jpg

毎度のことになりますが、シーマから今回も株主優待カードが到着しました。単元未満株主(株券を提出していないので)への株主優待。1株ならば6月27日の終値で39円でもらえる株主優待ということになります。(単元株主でも390円ですが、1株の人と同じ割引率)
廣田証券あたりで端株で購入したら、手数料のほうがずっと高くなりますし、本当なら1000株(30%割引になる・・・それでも39000円)くらいの株主からが、「株主」としっかり名乗れる投資金額なのかもしれません。私は・・・!?それは9株未満なのですから、忘れられても文句の言えない程度の株主です。
いつも書いていることを見比べてみると、それはそれでシーマもよく頑張っているみたいだなぁという印象。有配なのですから尚更です。
ただ、やっぱり私のような経費ばっかりかかる単元未満株主などを一掃するような株式併合・強制買取などで、それなりの状況にまとめていかないといけないのでは?とも思うのです。
とはいえ、半年毎にネタに困らないように株主優待カードをいただき続けることが出来たら、それもまたいいかなとか思ったりしているところで(株券も提出しないほど)身勝手な株主なのです。
ホリプロ第57回定時株主総会出席
horipro2006281.jpg

一昨年昨年も書いていますが、数年来連続してのホリプロ株主総会に出席。
ブログにしつこく書いてきているように(「いいぞ!ホリプロ!(株主総会・懇談会改善に賛成)」など)今回の株主総会では、飲食接待の懇親会はなく、原点にかえった形での本来の「らしい」株主総会になったのかと思います。
株主総会のお土産はキプリングのバッグに戻りました。(映画の鑑賞券は不評だったのかも)これは、会社の事業紹介なのですから、お土産までは否定しません。
お茶犬でもいいわけですし、タレント関連のグッズでもいいわけです。ただ、同じホリ・エンタープライズの店舗でもルートスターの商品では、なかなか株主本人にしっくりくる品物は難しいかもしれないですから、このままキプリングだったらいいなぁとは思います。
horipro2006282.jpg

人見記念講堂の前にはトルストイの像が。もともと伯爵の家の作家ではありますが、無政府主義者の氏が株主総会の出席株主(ブルジョワジーやプチブル)の波を見たら、驚いてしまうのかも?なんてくだらないことも考えながら会場へ。(そもそも昨今では、労組の建物で株主総会をするケースもありますけれど)

さて、株主総会では、2件「元のスタイルに戻してほしい」という主旨の発言もありましたが、大勢は昨年の混乱や会社の重ね重ねの案内に納得の様子で、社長のわかりやすい説明(アンケートの内容で判断したことや会場に一堂に会せるようにしたい旨)にも拍手が起こりました。

(質疑の内容については、後日追記します)

総会後の新人紹介含め1時間50分でした。
horipro2006283.jpg

さて、新人紹介は15分弱という事前の通知の通りあっさりしたものでしたが、移動もないので、混乱もなく、写真を撮りたい人は自席からという感じ。
たしかに昨年までの盛沢山(コンサートや寸劇など)に比べれば、物足りないかもしれませんが、VTRの不具合はあったものの、落ち着いた雰囲気でよかったと思います。着席しているのできちんと生で見れましたし、食べながら(というか食べるのに必死な人が多い)という失礼な感じでの紹介よりはずっとお互いにいいと思います。

今後もこのスタイルを熱望します。
horipro2006284.jpg

新人の足立梨花さん入来茉里さんについても、知らずにCMとか見ていたのかななどと思いながら、オフの話なども飛び出したほほえましい一幕も(できれば「ホリプロの先輩の歌をカラオケで熱唱している」と嘘でいいから言ってもいいんじゃないかとは思いましたが(笑))ありました。
株主も一緒に育てるつもりで、新人の成長を見守っていくのはいいことです。なかなかいい催しだったのではと思います。

社長も質疑で触れていた「和田アキ子物語」。ホリプロが弱小だった頃(他のプロダクションが強いという描写がある)からの成長ドラマでもある良作でしたが、この総会で創業者が取締役を退任し、新生ホリプロの船出となる時期だからこそ、株主にとっても関係者にとっても、意味のある作品であり、ホリプロの転機を象徴する作品だったのだろうなと思ったところでした。
そして、その転機の総会のしめくくりが「新人紹介」というのも、また印象的なのだと思います。大きく育てて、会社も株主も、なにより本人にも嬉しい活躍をしてほしいです。
USJの株主優待割引クーポン到着
usj200627.jpg

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)が今期より導入した株主優待。
私は末席の方ですので、画像のような20%割引券をいただきました。
利用するよりも、コレクターズアイテムとしての価値が出そうな気もしてしまいますが、開封してしまったからには期待薄。
となれば、無理矢理遊びに行くことにするかどうか!?となるわけですが、何かのついででないと、「関東から敢えて!」という割引率ではないのも確かですね。

もちろん、例えばオリエンタルランドに比べたら投資額対効果はいい(USJ1株の額では単元未満しか買えない→オリエンタルランドは単元未満株主には優待なし)のは間違いないのです。
それでも「入場券」ではないので物足りない思いがする、贅沢な悩み。
とりあえず「株主なのだから試しに自社施設を使ってみて」という呼びかけと、ありがたく受け取ります。
やっぱり、株主総会に参加できるかどうかが「勝負の分かれ目」(笑)みたいな気分にもさせられます。
よみうりランドの株主優待券到着
yland2006261.jpg

よみうりランドから株主優待券が届きました。
夏を迎える期末株主割当分(6月末到着分)には「プールWAI」の券があり、金券ショップやオークションなどでは高値で取引されています。
前にも書きましたが、各優待券の券面には「転売禁止」の旨の記載はされているところではありますが、東京テアトルのような具体策(カード化)がなければ実効性はないですね。難しいところです。
yland2006262.jpg

今回と次回限定で付与されている千葉よみうりカントリークラブの1000円割引券。
私は2枚(×2回)とも使わなそうです。できれば、会社で引き取るかわりに、それこそランドドッグのグッズ(競馬やオートレースでも可でもいただけるなら「転売禁止」の実効性はあるのだと思うのですが。
T・ZONEの株主優待券到着
tzone2006261.jpg

T・ZONEホールディングスから株主優待券が届きました。
画像の文書にも書かれているように、長期保有の優遇策がある株主優待ですが、私は打ち止めになっています。
最初の株数のままだったら、商品もいただけるわけですが、残念ながら株数は漸減したので2500円の金券のみです。
tzone2006262.jpg

封筒に線が入っていて、誤りを防いでいるようです。今回からは社名横にTZONE「斜めT」マークがありません。
定款変更を経て、社名変更になりますから、次回からは社名はもちろんとしてデザインも変わってくるのでしょうか。
優待自体がなくなってしまうのも、無配なので困りますが、所謂「TZONE」(秋葉原)以外でも利用(交換)できたらと贅沢な要望をしたいと思いつつ、TZONEストラテジィ自体の改変や売却などになったら・・・未利用の株主優待券は?などと、社名変更について穿った見方をしながら心配もしています。
パーッと使ってしまえばいいのですが、あんまり高い買い物もしないので(フラッシュメモリなんかも大容量でも安くなり)通販ページなども見ながら悩み中です。
本田技研工業(ホンダ)の株主優待
honda200625.jpg

本田技研工業(ホンダ)から株主総会の決議通知に併せて、株主優待の各種施設の割引カードが届きました。(参考:昨年の記事
優待についてはホームページにも紹介されていますが、鈴鹿サーキット多摩テックツインリンクもてぎと関連施設について利用可能で、美味しい内容なのですが(複数人利用可能なので、家族で利用するのにも好都合)なかなか活用する機会がありません。

金券ショップなどでたまに見かけますが、よさげな値段がついていますから、お近くの方や常連の方には重宝されているのでしょうね。

ホンダは別途、美麗なカレンダーもいただけるのが嬉しいところです。全株主対象という大盤振る舞いがいつまで続くのかはわかりませんが、ユーザーとしてはますます気持ちをくすぐられるところでもあります。
よみうりランド株主総会のお土産
yomi200625.jpg

よみうりランドの第84回定時株主総会は東京ドームホテルで開かれました。
本社は「稲城市矢野口4015番地1」ですから、株主総会も園内でやってもよさそうなのですが(なにしろ「集中休園中」ですし)やっぱり、大株主に配慮してとかでしょうか。
ホームページを見ると、明日到着のはずの事業報告書がもう読めます。
ランドドッグも最初はなんか微妙な気分になりましたが、なんだか親しみを感じてしまっている私です。

株主総会では、正力亨元巨人軍オーナー(読売社主)や私より持株が少ない(というかゼロの)渡邉恒雄(ナベツネ)元巨人軍オーナー(読売主筆)とかの顔見る程度でもう充分なので(というか時間が無かった)話半分でさっさと抜けてしまいました。

株主総会のお土産は、画像にも一部映っていますが、
・ランドドッグのタオルハンカチ2枚。
丘の湯入館券2枚
プールWAI招待券2枚
・よみうりランドご招待券(入園券・アシカショー・のりもの券3枚のセット)2枚
というところでした。

東京ドームシティアトラクションズ(後楽園遊園地)となんだかバッティングするみたいな感じだななどと思いながら、ありがたく頂戴しました。
10月末までに使い切るかはわかりませんが、頑張って行ってこようかな?なんて思っています。

テーマ:株主総会 - ジャンル:株式・投資・マネー

インプレス「株主優待」シールが届く
impress2006241.jpg

インプレスホールディングスインブレスではない(笑))から株主総会の決議通知に同封されて、三年間株主を続けた場合の株主優待に関するお知らせとシールが届きました。
9月末権利確定の場合はポイント制の株主優待(書籍購入に利用可能)がありますが、今回のそれは「株主で居続けているか」を確認するためのものです。
impress2006242.jpg

きちんと台紙も紛失しないように心掛けないといけないのはネックですが、私は早速に画像のようにシールを剥がして貼付けたところです。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

優待改定:「JFLAグループ商品引換券」到着
jfla2006231.jpg

今回からジャパン・フード&リカー・アライアンス(JFLA)の株主優待は改訂になりました。
一律ではなく、株数による段階がついたのですが、1単元の末席株主の私には価格的には変更はありません。
ただし「詰め合わせ」になったことで、なんとなく選択肢が狭まったかのように見えるのは、次の画像の通りです。(参考:前回の記事
jfla2006232.jpg

・醤油三社セット
・清酒二社セット
・ワインセット
からの選択となるわけですが、3000円で割るとなかなか高めなようで。(普段遣いが安めなだけかもしれませんが)
瓶など共通規格ですが、中身は各地伝統の味。美味しい筈でも、醤油あたりは悩むところです。
「もろみ酢」「奈良漬」がなくなったのは残念です。
醤油も量目的には減ったことになるのでしょうか。

とりあえず先ずは申込をして、楽しんでみることにします。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

全日空(ANA)第63回定時株主総会お土産
ana2006231.jpg

昨年に続いて全日本空輸(ANA)の株主総会に出席しました。
グランドプリンス新高輪では、バンダイナムコも同時開催。掛け持ち可能という感じ。
今年は時間に制約があったので、とりあえず参加。2時間も、長い質疑終了まで付き合ってはいられないです。
ana2006232.jpg

お土産は革製のパスケースです。電子マネー中毒の私は、とても入りきらないコンパクトさです。
総会の会場はチラ見で切り上げて、コーヒーをいただきながら中継画面を眺め、ファーストクラスのシートに座らせてもらったりぶらぶらして、まるでいい加減に退散しました。
sinagawa200623.jpg
(京急品川駅)
坂をダラダラ降りて、品川駅に着きました。行きにこの坂を登るのはちょっと嫌で、新高輪へは高輪台廻りで訪ねています。
京急品川駅の建物は「ターミナル」を認識させる外観が好きです。
航空会社の総会の後、羽田行きの京浜急行に乗って、パーッと観光なんていったら気持ちがいいのですが、そうはいかず残念です。


カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
332位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。