雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
足利銀行特別危機管理(一時国有化)終了
足利銀行の全株式が預金保険機構から足利ホールディングス譲渡され、特別危機管理(一時国有化)が終了して、民間銀行として再出発しました。
私は、元親会社のあしぎんフィナンシャルグループの株主でしたから、それなりに感慨深い思いがしますが、平成17年12月に解散し、清算も結了(一般普通株主には配当ゼロ)した株券に価値が戻るわけではもちろんありません。

asiginfgkabuken.jpg

足利ホールディングスは、野村フィナンシャル・パートナーズ野村グループ)の子会社ですが、足利銀行という銀行が、経営破綻時と同じように持株会社の下にぶら下がる形でリスタートするのは、それもまた何かの巡り合わせなのでしょうか。
下野新聞の特集「足銀なぜ破たんした」栃木県立図書館「特集 足利銀行」を改めて読み返しながら、地域経済への爪痕や様々な影響を感じ、また「あしぎんフィナンシャルグループ」は何を目指していた会社だと言えるのか?を考えさせられるものがあります。(結果的に、個人投資家や増資に応じた方々に詐欺的出資を募り、被害を与えた存在といえなくもありません・・・逆に整理ポストで大いに儲けた方々も出たわけですが)そもそも、果たしてあのような形での破綻処理が適切であったのかどうか?答えが出てくるのは、完全民営化による再建が一息ついて、冷静に振り返ることができるようになってからなのでしょうね。
スポンサーサイト




[READ MORE...]
チッソの決議通知と株券電子化
chisso200628.jpg

チッソから第84回定時株主総会の決議通知が届きました。
これまでも書いていますが、私は株主としての立場ですから、いよいよ具体的なスキームとして語られるようになってきた分社化は、やはり気になるところです。
旧株主が「新チッソ」の株を割り当ててもらえるような都合の良い話にはならないはずですが、微々たる期待は持ってみたりするのですが・・・。

チッソはハガキで決議通知を出していたように思うので、今回封書だったのは、てっきりそのためだと思いましたが、違いました。
まだ本決まりではないわけですが、それなりに株主にも見えて納得できる手だてはとっていただきたいものです。(それなりの覚悟なしにはチッソの株主にはならないですが)

「上場企業」ではないチッソは、株券電子化の対象ではありません。上場各社の通知に、うんざりするほど入って来る(そばからゴミになる)チラシはありません。(琉球銀行には独自のチラシが入っていて新鮮でした)
そのかわり、画像の通り「今後も有効」との注記がありました。

電子化半年前ながら、まだ危ぶまれる話も聞かれますが、上場廃止になればどうなるのか?チッソのように対象外の企業がある限りは、電子化の効果は完璧ではありません。(特にグリーンシート銘柄のように取引により日々株主が流動する場合)
結局、証券代行にかかる日数=権利確定にかかる日数が縮み得るのかどうか?が従前通りだとしたら、単に印刷費用と税金関連の節約だけの効果にとどまるのではないでしょうか。

少なくともチッソのようなグリーンシート銘柄くらいまでは電子化しないと、煩雑な二重基準になるだけなのではないかと感じさせられてしまっています。
メディアイノベーションが株式買取実施
mitob200701.jpg

メディアイノベーション(旧:ライブドアマーケティング)が「自己株式取得」ということで、株主全員に譲渡を勧誘するという形で、実質的に「出口」を与える株式買取を実施することになりました。
詳しくはホームページにも掲載されている文書の通りですが、価格は310円ということで、終値と同額です。プルータス・コンサルティングによると価値は234円ということで、それより上乗せしたことを恩着せがましく書いてますが、有価証券報告書にもあるように、少なくとも第9期(平成18年12月期)の最高値で6380円。第8期の最安値でも3460円していた会社ですから、ケタがひとつ違うと思うところもあるのですが・・・
そもそも、解散価値を下回っているのですから、会社が解散してくださったほうが株主としては都合がよいことになる価格です。
買取枠を考えると、65%を取得することになりますので、それを金庫株として保有するということを読むと、なにやら居残る株主の思惑を感じる部分もありますが、訴訟に連戦連敗となれば主要子会社を手放す中、あまり期待もできそうにありません。
mitob2007010.jpg

私は、メディアイノベーションの姿勢に対して常に厳しめな目線で見てきた株主ですし、穂谷野社長のブログの軽薄さ(緊張感のなさ)にも飽き飽きしているのですが、今回の文書にもそんな「経営陣のいい加減さ」を感じてしまいました。(前にも大事な文書に誤りがあったような
「広告配信事業に震源を集中する形で事業拡大に努めて」いる会社なのだそうです。→「資源」の誤りであると信じたい。

私はこの文まで読んで、とりあえずコレクション分を除いて、買取に応募することに決めました。(そういう効果を狙っての誤字ではないでしょうが、この時期に不謹慎すぎる誤字だと思いました)
サーチワード10傑から見た本ブログ(アクセス解析)vol.6
平成19年12月~平成20年2月の3か月間の統計に続き、平成20年3月~6月の4か月間についてもサーチワードの集計をまとめてみました。「決算期変更」みたいに変則です(笑)(それ以前のものはこちらから
(詳細は→から関連記事に・またタイトルのリンクは各種公式ページなどです)検索などでこのページにいらした方はご活用ください。

(平成20年3月のアクセス解析から)4236(6494)
1 京成パンダ 205 5.73%
2 t 79 2.2%
2 関西汽船 株主優待券 79 2.2%
4 株主総会 お土産 75 2.08%
5 東成田駅 34 0.95%
6 京成パンダ デザイナー 32 0.89%
7 伊藤園 株主優待 40 1.16% →(平成18年の記事)
8 雑感百貨店 26 0.72%
9 カブトデコム 25 0.69%
10 海岸ベルマネジメント 19 0.53%
11 京樽 株主総会 18 0.5% →(平成18年の記事)

(平成20年4月のアクセス解析から)4590(6925)
1 t 117 3.06%
2 京成パンダ 109 2.85%
3 関西汽船 株主優待券 66 1.72%
4 伊藤園 株主優待 61 1.59%
5 聚楽台 閉店 42 1.09%
6 田崎真珠 倒産 28 0.73% どうして、こういうキーワードで検索するのでしょうか?(まるで私が風説の流布をしているようで・・・なんだか嫌な気分です)
7 東成田駅 26 0.68%
8 カブトデコム 25 0.65%
9 日貿信 23 0.6%
10 雑感百貨店 21 0.54%
11 柴田好一 18 0.47%

(平成20年5月のアクセス解析から)4863(7692)
1 t 125 3.06%
2 京成パンダ 98 2.4%
3 ココス 株主総会 65 1.58%
4 東成田駅 56 1.37%
5 株主総会 お土産 50 1.21%
6 ソフマップ 株主総会 41 0.99% →(平成19年の記事)
7 日貿信 22 0.53%
8 日立精機 19 0.46%
9 箕輪不動産 18 0.44%
10 カッパクリエイト 株主総会 16 0.39%
11 ココス 株主総会 お土産 15 0.36%

(平成20年6月のアクセス解析から)6691(10031)10000を超えたのはちょっと驚きです。
1 株主総会 お土産 100 1.82%
2 t 98 1.78%
3 京成パンダ 55 1%
4 ホリプロ 株主総会 53 0.96%
5 関西汽船 株主優待券 38 0.69%
6 田崎真珠 倒産 31 0.56%
7 東成田駅 30 0.54%
8 株主総会 お土産 全日空 30 0.54%
9 海岸ベルマネジメント 28 0.51%
10 日立精機 25 0.45%
11 日貿信 23 0.41%
銀座ルノアールの株主優待券
renoir200630.jpg

銀座ルノアールから株主優待券が届きました。500円券が20枚というのは、使いでがあります。
他にアイスコーヒー(3000円相当のセット)も届きますから、かつてに比べて配当は下がったものの、なかなかの利回りといえるでしょう。
また遠方の方などは返送することで、品物と交換できる仕組みにもなっています。
今回から券面にナンバーが打たれています。きちんと財務諸表に位置付ける(株主優待引当金など)ためにも有用ですし、使いようによれば(過剰に管理すれば)ある株主がどこで利用したのかも分かるかもしれません。

ただ、残念ながらルノアールedyとの併用はできません。
釣銭も出なくなりましたので、品物に引換した方がいいのかどうか、ちょっと悩んでみたりしています。
ルノアールedy利用なら一割引ですし、キャンペーンの三割引期間には株主優待券を利用しないで、使い切れなくなりそうになってしまったからです。

株主の割にみみっちいといえば、それまでですね(笑)

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー



カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
467位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
211位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: