雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
ニイウスコーからのお知らせ
niws2011011.jpg
ニイウスコーから封書が届きました。
封筒の表面に株主名簿管理人の名前はありません。一応10月1日現在では三菱UFJ信託銀行の「に」の欄に名前はあるのですが、実質的に11月4日に全額減資との文面ですので、名義書換するのはかなり困難ですね。
niws2011012.jpg
画像は、封筒に入っていた文書の左面。弁済率について、再生計画認可にかかわる債権者集会の結果や経緯もきちんと記載されています。
ある意味で、ここまで説明されると「仕方がない」という気にもさせられるところでしょう。
名義変更を済ませている株主にしか送付されてきていないわけではありますが、株主総会を開かない(ちょっと残念)理由も明記されていて、どうあがいても株主には残余財産分配がないこともわかります。
この文書を送る費用さえも勿体無いのではあるのでしょうが、これくらいの誠実さはどの会社にも(破産の場合は仕方がありませんが)して欲しいですね。
niws2011013.jpg
民事再生手続申立代理人の須藤修・高井章光の両弁護士が便宜上新株主となり、清算を進めるとのこと。「会社清算」を株主総会で議決するよりもスムーズに進むということになります。
できれば、私も「便宜上」でいいので株主になりたいのですが・・・私みたいな人が次々名乗り出たら困るので、受け付けてはくれないのは百も承知です。

11月4日で全額減資ではありますが、株券自体はほふりの取扱廃止までは引き出しが可能とのこと。「株主権」という価値は無くても引き出しはできるということですね。請求をすれば、強制廃棄などという形はとらないということのようです。
私は手元に株券があるので(以前記事にもしました)「個々で処分」ということですが、勿論大切に、この文書や封筒と一緒にコレクションとして保管させていただくことにします。

それでも、このようにきちんと文書での説明を(法律上は、通知もなしに全額減資で構わないところ)してくれたニイウスコーの姿勢には、一定の評価ができるものと思います。他社もこういう配慮をきちんとして欲しいものです。(勉強にもなりますし、私的にはアイテムが増えることにもなりますが)
スポンサーサイト






カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
354位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
174位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: