雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
大盛工業からクオカード届く
ohmori201113.jpg
大盛工業から議決権行使の御礼の文章を添えて、例年通りクオカードが到着。
今年も黄色の花束の柄。ありがたく使わさせていただくところです。
毎回のことになりますし、先日議決権行使ハガキを出す際にも記事にしたので、繰り返しになるところは省略しますが、大盤振る舞いに毎回感謝です。
総会の定足数を確保するための経費が、これだけわかりやすい仕組みなのはなかなかないとつくづく思います。

他社はどれくらい、どの項目でやっているのかはわかりませんが、何もしなくてもオーナーサイドで全部決まるとかいうのは何か上場企業としては残念にも思うところですが、あまり経費がかかればそちらに魅力を感じる経営陣が増えても仕方がないところです。

イチヤは減額しましたが、大盛工業はどうするのかな?なんて早くも来年を皮算用する私です。
スポンサーサイト




天満屋ストアからおこめ券が届く
tenmaya201112.jpg
天満屋ストアから先日のハガキで依頼した通りになるわけですが、第40期中間報告書と配当金といっしょに、毎年この時期楽しみおこめ券が届きました。
届いたのは稲穂柄の旧券(新券は売価500円で440円相当のお米と交換)なので、新券でkg換算されるよりメリットがあります。→新券で渡されると利回りが低下することになります。
tenmaya2011120.jpg
中間報告書によれば、地盤の中国地方の株主が53.9%で、私は関東地方の544名のうちの一人ということになります。もし、北海道・東北・九州地方だったら、特定されかねないくらいの少人数ですね。外国だったら、1名ですから名乗りを上げると確定ですね。
ということは、優待補助券の魅力は高く、相対的に株主優待のおこめ券の魅力が、遠隔地の個人投資家を惹きつけきるほどではないということになるのでしょうか。
私なんかは、毎年4kg(1kg540円換算)の米と引き換えられるなら、納得できるくらいの利回りに思えますが、もうちょっと配当金が高ければ株主も増えてくるのでしょうか。
利益の割には配当金は少なめな天満屋ストアですが、きっちり優待補助券が使える場合はかなりの利回りにも映ります。投資家も含めて、地域密着という形になるのでしょうね。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー



カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
445位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
213位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: