雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
鬼怒川温泉郷を歩く(2)鬼怒川公園駅前~鬼怒川公園入口
東武鉄道での旅・鬼怒川を歩いた大晦日に続いて・・・

nikkok201231.jpg
鬼怒川公園駅前の日光交通鬼怒川営業所も雪化粧をしています。東武グループでダイヤルバスと合併するなど路線バス事業も行っていますが、なんとなく「日光」らしい社章がいいですね。
kinuntt201231.jpg
立派な建物があって、お客さんも多そうだったので、賑わってるホテルだなぁと思ってみたら、NTTグループの保養所NTT健康保険組合 碧流荘でした。料金を見ると、ビジターでもなかなか手頃です。
外部の人には門戸開放しないなんていう時代は過去のもので・・・なんて言うことが周知されてくると、わざわざ鬼怒川に来ても、他のホテルや旅館に泊まらずにこういった安価な施設に泊まられてしまいますね。情報化社会が進むことも、こういったところで課題があります。
greenp201231.jpg
対岸に見えるのは、「鬼怒川グリーンパレス」改め「伊東園ホテル鬼怒川」です。株式会社スタディーの伊東園ホテルチェーンも一大チェーンになってきました。
このように運営や名称が変わっても再生され、営業が続いているホテルはいいですが・・・伊東園も鬼怒川ロイヤルホテルもありますので、うまく差別化もしていくのでしょうか。お手並み拝見です。
kinupark2012311.jpg
さて、駅名にもある日光市立鬼怒川公園の案内板。春・夏・秋は楽しめそうですが、こんな雪の中では楽しめそうな施設がなさそうです。日光市立の岩風呂も年末年始は休みとのこと。どうしようかと迷ったのですが、結局パスしました。鬼怒川公園の岩風呂の住所も勿論鬼怒川公園の住所も鬼怒川公園駅の住所も鬼怒川小学校の住所も、みんな日光市藤原19なようで・・・こうなるとgoogleマップも困ってしまいます。
wikipediaなんかには「鬼怒川公園が撤去された」とありますが、このあたりの住所を見ての判断だけで執筆されていたとしたら・・・果たして鬼怒川公園は現在あるわけですし・・・「撤去」ではなく「移転」くらいな記載がいいような!?私が生半可な知識なのかもしれないですけど。
kinupark2012312.jpg
鬼怒川公園へ向かうガード。上の画像の地図にもあるように、まだいくらも進んでいません。
鬼怒川温泉駅への道はまだまだ続きます。
以下後日。
(追記)
鬼怒川温泉郷を歩く(3)滝見橋~きぬ川館本店
スポンサーサイト




三信ビル跡の「日比谷パティオ」のこととか
sansin210102.jpg
日比谷の三信ビルは、再開発の計画があったからこそ保存プロジェクトにも耳を傾けず解体を急いだはずなのに、結果的になんだったのかなぁとか思わされる、再開発まで2年間先送りということでの「空地利用」が始まっていました。

参考:三井不動産のIR解体のおしらせパティオオープン
保存を考える会の解体開始についてのコメント

日比谷パティオというイベントスペースになっていて、スケートを楽しむ姿もあって、スケートリンクが次々と消えていく中で小さいとはいえ貴重な存在なのかなとも思いました。
都心の一等地を寝かしていることは確かなのですし、更地にしておくよりは・・・ということでもあるのでしょうが、解体を急ぐこともなかったではないのか!?というのは結果論だとしても。
現在の景気や不動産の情勢が生んだ「鬼っ子」のようなものなのでしょう。奇手が逆によい結果につながることを期待しています。(過去のことをツベコベ言っても始まらないので・・・)
クリミオキャンディリンクは1月4日で終了ということで、滑るチャンスはなさそうなのが残念です。

今日は箱根駅伝を生で眺めたり(私の母校はたぶん絶対に出場することはないのですが、ついつい観てしまいます)大丸東京店で福袋を物色したり(株主優待と友の会カードの併用が福袋でもできて好都合)日比谷シャンテの福袋を物色したり(そればっかり(苦笑))という流れの中で通りかかったので、ただ通り過ぎただけでしたが、イベント開催時に立ち寄れたらなぁとか思ったところ。

さて、箱根駅伝は今年は激戦の往路でした。復路もキワドイ状況が起きるであろう接戦でした。
ラジオ日本のブログが速報を頑張っていただき、下位の大学もきちんと扱っていて嬉しかったです。たぶんテレビ中継瀬古さんなのでいつもの如く横柄な言葉遣い(これが持ち味なのでしょうが)のうえに早稲田贔屓過ぎて(教育委員ならもう少し謙虚で公平であってほしいとか)鼻についたであろうし(別に早稲田アンチではないですので念のため)大変ありがたかったです。
明日は福袋に出撃しないでテレビをつけながらラジオ音声とブログ速報で楽しむことでしょう。

ただ・・・前代未聞の不祥事東洋大学の往路優勝は、コメントしようがない気もします。「逆境」とか「騒動を乗り越えて」と美辞麗句で飾れるものでもなく、もし辞退していたら往路優勝はなかったわけですし、とはいえ手放しで喝采を送れない消化不良な状態にしてしまったのは、関東学生陸上競技連盟の責任も重大でしょう・・・何かきちんとした規約・基準・第三者委員会等の組織を定めるきっかけになって欲しいと思います。
勿論、大会終了後に総括が行われ、なんらかの方向性が示されるものと思いますが。
「繰上げ候補」であった法政大学の選手も学連選抜で頑張っていましたが、かといって繰上げで出ても微妙な立場だったでしょうし。
箱根駅伝が一大国民的行事に育っているからこそ、それにかかわる人々も(補欠や一部員であっても)心身ともに厳しく心がけていただきたいものです。
「それはいくらなんでも厳しい」「プロではないのだから」という意見もあることは確かです。だからこそ、あれこれ考える機会にして欲しい。そのきっかけ・改善の一歩目としての優勝であったなら、大いに評価できるのではないかとも思います。

そしてタスキはつながれた‥疾走の歴史、箱根駅伝 [DVD]





カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
176位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: