雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
鬼怒川温泉郷を歩く(3)滝見橋~きぬ川館本店
鬼怒川温泉郷を歩く(2)鬼怒川公園駅前~鬼怒川公園入口に続いて・・・

turibasi20121.jpg
鬼怒川にかかる吊橋「滝見橋」です。
現在工事中で行き止まりになっていますが、橋を歩き、景色を愛でることはできます。
ただ、積雪のある吊橋は更にスリルがあるので、オッカナビックリでした。
滑ってもまさか下まで落ちはしないでしょうが・・・ジェットコースターの恐怖感の中に、「もしも・・・」というよけいな考えが加算されるように、こういう状況の吊橋は格別かもしれません(笑)
turibasi20122.jpg
上流側を眺める。同時通行制限があるような橋で、少々風もあったので、カメラも落としてしまいそうなのでコワゴワ。
やっぱり渓谷といった風情があっていいですね。雪を愛でながら・・・「雪見酒」(「猪鹿蝶」とかではなく、そのものずばりのほう)なんて洒落込めるとよいのでしょうね。
turibasi20123.jpg
下流側を眺めると、ホテル群などが見えてくるのですが・・・このあたりは飯坂温泉の川岸の風景に似てくるような・・・本来ならば、温泉が湧き出す渓谷の川を見ながらといういい景色のホテルばかりなのでしょうが、なんだか寂れてというよりも廃墟群を愛でるかのような景色になってしまっているのは残念です。
turibasi20124.jpg
ということで、こういった建物の表側を歩いていく形になるのですから、あれもこれも・・・という感じ。
東武鬼怒川線からも見える部分がありますので、裏側はこうなっているのかとちょっと頭に止めながら、道に戻ることにします。
kinugawakan20121.jpg
少々歩くと、きぬ川館本店がありますが、一目瞭然の有様で。廃墟マニアの方々あたりにはよく知られているのかもしれません。
なにしろ、表側からしていろいろ山積みになっています。
帝国データバンクの記事にも取り上げられていますが、負債が30億円もあったとのこと。倒産からまもなく10年になろうというところです。
kinugawakan20122.jpg
かっぱ風呂は中々いいお湯だったようなのですが、かっぱ達も気の毒な感じに映ります。
「ごゆっくりおくつろぎ下さいませ」の文字も痛々しいところです。
kinugawakan20123.jpg
手入れもされずに放置されているわけですが、源泉などもあったはずで、そういったところはどうなっているのでしょうか。
流石に勝手に侵入して「かっぱ風呂」を楽しんでしまう不心得者はいないでしょうが、それこそ公共浴場などとして開放してもいいのではないか?とか思いながら、その源泉の権利やなんかも破産財団とかがおう処理したかによっては複雑なことになっているのでしょうね。
kinugawakan20124.jpg
様々なものが山積みにもなっていました。めぼしいものは運び出されてしまったことを示しているのでしょうか。
再開云々というどころか、まず解体費用も出ないという様子が見てとれるのは残念です。鬼怒川線の車窓から見えるだけに、鬼怒川温泉の落日を強烈にイメージさせてしまう廃墟になってしまっているようです。なにかいい手立てはないものでしょうか・・・

なお、ここまでで3件も記事にしてしまいました。ネタを小出しにして頑張っていくという作戦のようです(苦笑)

(追記)
鬼怒川温泉郷を歩く(4)第一ホテル~観光ホテル東館
スポンサーサイト






カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
427位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
199位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: