雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総医研ホールディングスの株主優待券到着
soiken210330.jpg
総医研ホールディングスの株主優待を、今回初めて権利確定しました。
中間報告書に併せて、画像の通りの「株主様ご優待券(兼ご注文ハガキ)」と優待向けの商品カタログが届きました。
私は、3150円分値引きしていただけるということになりますが、ビービーラボラトリーズの商品群を眺めながら、さて他社からいただけるものとのバッティングを避けつつ、有意義に活用するにはなにを頼むべきかを悩み中。価格帯は、それなりにしますからね・・・
弱気に一番割引率が高くなるような注文とするか、それとも高めなものに果敢にチャレンジするか・・・4月末までに決めなければなりません。
株価を考えたら、3150円も値引きしていただけるのは美味しい株主優待だといえるでしょう。
soiken2103301.jpg
また、画像の通り、日本予防医薬によるイミダペプチドの2割引販売の申込書も同封されていました。
こちらも活用すれば、利回りだけを考えればすごいことになります。「清涼飲料水」という範疇では在りますから、「第○種医薬品」などとは違うのですが、このあたり試供品があったりすれば手を出してみるのかもしれないのですが・・・割引で1本30mlが200円となると、やっぱりちょっと考えてしまう小心者の末席株主です。
それでも、利用者の方にとっては、願ったりかなったりというような優待ではありますね。こちらは9月末までに利用すればいいようですから、まだまだ悩めます(笑)
スポンサーサイト

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

阪急阪神第一ホテル会員割引券届く
hhdh210325.jpg
ネットでの割引や株主優待を利用するため、なかなか使う機会がないのですが、阪急阪神第一ホテルのカード会員なので(これまた利用機会が限られるピタパもついている)画像のように、会報誌と割引クーポン券の綴が届きました。
今回の会報も野村萬斎さんの記事などなかなか読まされましたが、あくまで「宣伝商材」とでもいう内容ですから、やはりまだまだネット環境ではない方々向けというイメージがあります。
クーポン券も然りなので、ちょっと勿体ない気もさせられます。できたら枚数を絞り、サービスを絞ってでも・・・と思うのですが、対象となる層を考えれば致し方ないところかもしれません。
関西汽船「最後の」株主優待券届く
kanki2103282.jpg
関西汽船から株主総会の決議通知、さんふらわあの雄姿が映える事業報告書と株主優待券が届きました。
まだ商船三井による完全子会社化と、株主優待の廃止は盛り込まれていません。
それだけ急転直下に決まった施策だったのでしょうか。
ともかく会社から株主優待廃止のお知らせが開示されているように、今回が最後の株主優待ということになりそうです。
kanki2103281.jpg
この古豪らしい、洒落た株主総会関連の封筒も、見る機会がなくなっていくのかと思うと「古い馴染み」(のつもり)だけに何か寂しい思いもします。
船旅という「憧れ」をも持つ優雅な旅も廃れていくのは残念です。
1000円高速の時代ともなると、競争力は失われる一方ですが、これも時代の流れということなのでしょうか。
京樽から株主優待券届く
kyotaru2103260.jpg
京樽から事業報告書・株主総会決議通知と併せて、株主優待券が届きました。
株主総会ではお土産がないのでガッカリした向きもあるのかとは思いますが・・・ナマモノ系だからでしょうか。
kyotaru210326.jpg
株主優待券は例年通りですが、なんか色合いが少し額面以上の気合が感じられたりします。
全て有効枠いっぱいに利用すれば、一万円分のメリットということになりますから、かなりな利回りということにはなります。
京樽は無配ですから、これだけがリターンということになっているわけですが、さて一年後はどうなっていることでしょうね。
コクヨからノート2冊届く
kokuyo2103241.jpg
画像の通り、コクヨから封筒にノート2冊と返送用封筒などが届きました。
回収対象外の私にとっては、まるで追加の株主優待品といったところですが、まさか汚れがあるなんて思っていないので、開いてみてもいませんでした。
ただ、罫に工夫がされた物珍しいノートですから、早速開いて汚れを見つけた方もいらしたわけで・・・この手紙で初めて開けた私は多数派か少数派か(笑)
kokuyo2103242.jpg
問題になったことを明確に検証し、対応していることを明らかにしたことはいいのですが、コストを抑えるために検品を削減していたりしたためだったら残念です。市場に出回っていたならば尚更。

ただ、回収されたノートも充分利用可能ですから、これくらいなら廃棄はせずに「多少難あり」くらいで別建てで出回らせていいならば、長期的にまた違った意味でコストを抑えることにもなるような・・・などと甘い考えも思い浮かべたりする私です。
アマナホールディングスの株主優待案内届く
amana2103241.jpg
アマナホールディングスから株主総会の決議通知に同封されて、画像のような株主優待の案内と選択申し込みのハガキが届きました。
昨年の株主優待と比較すると、1年目で5キロのお米だったのが、2年目になった私は2キロということで・・・(長期保有で内容が漸減というより激減)なんとも微妙なレベルダウン。3年目になったら、どうなってしまうのでしょうか。
このあたり、業績とあわせて考えると仕方がない、株価とあわせて考えると仕方がない・・・ということになるのでしょうが、ちょっと残念です。
amana2103242.jpg
今年も「写真の町」東川町の産品ということで、お米か野菜のどちらかを選択です。野菜の内容が分からないのも微妙です。お米は目方でなんとなく把握できますが、野菜は種類によってだいぶ違いますからね。北海道ですから、だいたい想定はできますが・・・ちなみにイメージ画像はアマナの写真なので実物がどうかについては、ますますわかりません。
とのことで、目方が同じで米か(なにが届くかわからない)野菜かと選択を迫られると、安易に流れてしまいそうな私です。
秋に美味しいものが届きますように!と業績回復とともに切に願います。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

タカショーから株主優待申込書届く
takasho2103231.jpg
タカショーから、1月20日権利確定の株主優待に関して、株主優待プレゼントの選択の申込書などが届きました。
先般の「買い増しのおすすめ」に従って、私は500株以上の株主になったので、下の画像の通りの4点からの選択になります。けっこう悩まされますね・・・
昨年の株主優待とは、基準や内容が変更になったので、素直にワクワクしています。
takasho2103232.jpg
画像の4点から選択ですが、ソーラーライトというのが、なんだか楽しそうに見えます。
近所迷惑とか言われない程度なのかとは思いますが・・・
色で悩んだりしてしまったりとか。次回も同様の品物でしたら、色違いをいただくかもしれません。
takasho2103233.jpg
ガーデン交流会のお誘い。参加申込をするつもりでいますが、今回は「飲み物のみ」とのこと。これまではいろいろあったのですね・・・
まあ、私は軽食とか飲食接待・饗応を期待して参加するわけではないのでいいですが(笑)

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

株券電子化のリーフレットを読んで
densika2102211.jpg
株券電子化にかかわるリーフレット。毎回読まずに捨ててしまっていたのですが、ふとシゲシゲと読むと、何となく気になる記述があったりもします。
各社の通知に封入されていて、この経費とかすごいなぁとか印刷請け負えたら儲かるなぁとか。のべ枚数はけっこうな枚数になりますので。
densika2102212.jpg
こちらは裏面。Q&A形式はわかりやすいです。しげしげと読むと、やはりトラブルの芽も多いのでは?と思わされます。
逆に見れば、タンス株がなお多い中で踏み切った電子化の危うさを示すQ&Aだと思います。
densika2102213.jpg
画像の部分が気になりました。「株券を回収する行為」は「詐欺的行為の可能性」があるとか。
株券コレクターとしては、無実の罪で疑われても気持ち悪いので、しばらくはナリをひそめていたほうがいいのかな?などと思わされます。
でも、いるでしょうね。そういった関連の詐欺を考える人。電子化にはまだまだ不備がありそうに思えますから。
太閤の湯「株主様入館割引手形」のこととか
hhh21031.jpg
阪急阪神ホールディングスから、半年前と同様に、正規の株主優待とは別に、画像のような「太閤の湯」の入館割引手形や、ホテルの飲食の割引券などが、先日届きました。

神戸電鉄株主優待制度の変更をして、単元未満株主には「太閤の湯」の割引券を発行するとのことですが、この「割引手形」程度の優待になるわけですが、こちらは5人まで利用可能ですし、神戸電鉄のほうは優待の曜日制限もないようですし・・・どちらが美味かは微妙なところです。

あんまり魅力的とまではいえない感じにもさせられますが、実際はこれでも充分優待効果(600円×5人=3000円割引)はあるので、文句もいえないところではないでしょうか。
hhh21032.jpg
ホテルでの飲食割引は、大阪でのものですし、なかなか利用する機会もなさそうです。それに、私には敷居も高そうで(苦笑)
グルメバイキングの「オリンピア」あたりで豪遊気分になるのが精一杯かなとか。
株主優待の10%割引券を併用すれば、けっこうなメリットになるのが美味しいところです。
東京近辺で利用できる券がいただけたらなお嬉しいのですが、やはり本拠が関西ですから難しいのかもしれませんね。
エリアリンクの招集通知を読んで
arealink2103151.jpg
エリアリンクの第14回定時株主総会招集通知が先日届きました。
27日に虎ノ門パストラルで開催されるのですが、都合がついたとしても他社の総会に出席予定なので、議決権行使のハガキを返送しました。
議案は、株券や事業内容・本社所在地についての定款変更と取締役・監査役の選任です。

その中で、目にとまったのは、社外監査役候補者に新谷博元投手がいたことです。
arealink2103152.jpg
元プロ野球選手で上場企業の監査役に就任するケースは、いままで何例くらいあったのでしょうか。私はよく知らないのですが、ちょっとしたトピックなのではないかと思います。
西武ライオンズで先発投手陣の一角として活躍していた姿を思い出しながら、その略歴を見ると日本ハムファイターズに移籍したこと、尚美学園大学の監督や「佐賀魂」のこと、女子野球ワールドカップのコーチなどのことが抜けていてアッサリしています。・・・でも「幾多のチーム」はちょっと言いすぎではないかと思いますが。
ディレクト・アスリーツ代表取締役として、経営者として実績を積んでいることは不覚にも知りませんでした。同時に社外取締役になる、七海秀之氏が代表取締役のガーディアンレップスの副社長でもあるのですね。(七海氏はディレクトアスリーツの取締役(元代表取締役)でもある)
新谷氏のネームバリューが生きるところでもあるのかと思いますので、エリアリンクでも存分に活躍・活用されると、会社も元気に株価も元気になるのかもしれません。
さて、どんなリリーフ登板となるのでしょうか。
上野百貨店解体始まる
uenodept2103071.jpg
上野駅前の上野百貨店(西郷会館・上菱のれん街)は、いよいよ解体が始まった様子。
馴染みの雰囲気は目隠しなどもされてしまいました。
これまでも記事にしてきたところなので、その写真と比較すると変貌振りがみてとれます。
uenodept2103072.jpg
聚楽台の看板があったところも、幕で覆われてしまいました。このまま「パッ!とさいでりあ」などというリニューアルではなさそうなので、このまま姿が見られなくなる日も近そうです。
uenodept2103073.jpg
上野百貨店の独特な風情が消滅すると、また「上野らしさ」が消えていってしまうように思えます。
西洋美術館よりも、ある意味で世界遺産的価値があったのではないか?なんて思ったりもするのですが、保存してもらえる幸せな建物は、やはり高尚なものでないといけないのでしょうか。庶民的なものにも価値は結構あると思うのですが。


suzumoto2103071.jpg
ところ変わって、上野鈴本演芸場。こちらも「上野らしさ」を漂わせます。
suzumoto2103072.jpg
老舗の酒悦も隣に見えますが、東洋水産の子会社だとかということを気づかせないような店構えでもあります。このあたり、ブランドを上手に生かしています。
suzumoto2103073.jpg
amebaのほうにも書いたのですが、高田屋などの店舗は閉まっていました。
タスコシステムの決算期末は12月でしたから、株主総会が開かれるとしたら今月末なのでしょうが・・・どうなっているのでしょうか。ホームページをみてもなんだかよくわかりません。
すごいことになっているメディアイノベーション
mi2103151.jpg
メディアイノベーションから定時株主総会の招集通知が届きました。
精読すると、なかなか一筋縄ではいかない状態になっていることが分かります。
先般、大部分は買い取りに応じたのですが、あの価格以上になるのかどうかは、微妙な情勢に思えてなりません。
しかし、大株主も移動して、大きな動きが起こりつつあることも文面の端々からわかります。
mi2103152.jpg
ビットアイルとアルファグループがみんな売ったので、過半数の株式をアミーズマネジメントがおさえたようですね。
勝算ありと読んだので多額な資金が出ているのでしょうから、次の一手についての妄想(笑)は膨らむばかりです。ちょっと残しておいて良かったなとか。
mi2103153.jpg
貸借対照表。数字だけ見れば、裁判を適当に乗り切ることさえできれば、解散で多額のリターンが得られそうにも見えます。
お相伴にあずかれるかどうかはわかりませんが。
mi2103154.jpg
mi2103155.jpg
役員も総入れ替えとなります。なんだか経営が不連続になりますし、第一次の株式買い取りは何だったのか?どんな思惑があったのか?知る由がなくなりそうなのは残念だったりもします。
ビーアイジーグループ株主優待券到着
bigg210314.jpg
ビーアイジーグループから、中間連結財務諸表と株主メモが印刷されたA4一枚と、株主優待券綴が届きました。
内容は前回いただいた時と変更はないようです。

モッズ・ヘアサロンの2000円割引券は直営店のみ利用可能に加えて、パルティ銀座コア店では全メニューの1000円割引券になるのだとか。
やはり返送して品物に交換したほうが、なんとなく「オトク感」があるような気がします。

ジョリーブティックのほうは、前回いただいた券は、結局のところ店舗にはいってみたものの、20000円購入して利用できる優待券は利用せず仕舞いでした。
今回も利用せずに・・・となったにせよ、やはり昨今の株価を考えると、明らかに利回りが良すぎる優待のひとつということになります。

とはいえ、「株主メモ」の文面にあるように株主数は7157名に留まっています。留まっているからこそ、手厚い優待が持続されているのかもしれませんが・・・

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

循環投資研究(4)反省継続&収穫も
2月末権利確定の「第三回」『循環投資銘柄』は、いったいどうなったのか?
そして、まだ資金は残っているのかどうか・・・を記事にするのを怠っていました。
というよりも、なんだか触れたくないほど、状況はメチャクチャです。
株価の下落局面にいたことも確かですが、これは銘柄選定能力が不足していることも確かでしょう。
預かったお金とかだったら、ちょっと大変です。
これがネタになって、アフィリエイトで取り返せるならそれはそれでいいのですが(苦笑)そうもなっていないので、ついつい自虐的になってしまいます。

結果と途中結果を列記すると、
売)
7512 イオン北海道32088円→28840円(▲3248円)(株主優待をいただいても赤字)
3114 プロジェ・ホールディングス8024円→6986円(▲1038円)(株主優待がないので、株主総会等で取り返せなければ純損失)
と残金が616円なので、資金は36442円(▲13558円)ということに。高いネタつくりです(笑)

そこで、一発逆転はムリとしても、株主優待銘柄で攻めるのみということで。
買)
9990 東京デリカ(新小岩)36280円(株主優待は1000円相当の自社取扱商品の予定)
と、目一杯買ってしまって、残金は162円ということに。
しかも、その後、株価は軟調。到底、株価だけでは取り戻すことは不可能そうです。

そんな中、そろそろ第一回循環投資銘柄の「収穫」の時期がやってきました。
日本ライトン・ソフトブレーン・デザインエクスチェンジ・山水電気・サンシティ・エリアリンクと、株主総会の招集通知が届きました。ただ、開催日が重なっているので、出席できないものばかりです。
でも、ソフトブレーンとか記事にしたりして、気持ちの上で取り返した気分になったりも。
そんな中、ビーアイジーグループから株主優待が届きました。これは純粋に嬉しいです。早速、モッズ・ヘアサロン仕様のヘアケア製品(3500円相当)をいただくことにします。
そこで、いただいたものの価値をどの程度で資金に参入するかの問題に(笑)
資金も苦しいし、自己利用なので満額参入したいのですが、やはり8カケくらいにしておくことにします。3500×8-80円(送料)=2720円くらいなら、適当かなと・・・
2720+162=2882円が残金という扱いにします。
意外とこれぐらいの資金でも買える銘柄がある時代ですから、あれこれ考えてネタになりそうな会社を買ってみようかな・・・とかとも思っています。
新井組第69回定時株主総会招集通知届く
araigumi2103131.jpg
新井組から、第69回定時株主総会の招集通知が届きました。
民事再生手続開始の申立(事実上の倒産)の際の記事や、株券についての記事にも書きましたが、長くファン株主だった私にとって、思い入れのある新井組の最後の招集通知になるのかと思います。
出席できないのは残念でなりません。
また、民事再生によって、資産評価損が単体で70億円も出てしまっているなど、巨額の債務超過の財務諸表が出来上がりますし、一般株主は全額減資を受け入れざるを得ません。(株主総会の決議を経なくても、債務超過の会社は全額減資が可能であるため)
araigumi2103132.jpg
既に2月中には全額減資のリリース(新井組による開示スピードパートナーズによる開示)がなされていましたから、粛々と受け止めるところですが、株主総会が開かれ、最後のお手紙をいただけただけでも、まだなんとなくいいのかなとも思ったりします。
シーマの創業者である白石伸生氏率いるスピードパートナーズは、新井組をどのように運営し、再建していくのでしょう?ぜひ、会社を残し、新井組の伝統を継承していただきたいものだと思います。
araigumi2103133.jpg
西宮市池田町12番20号の新井組本社会議室にての株主総会。この株主総会の権利確定時点での株主は7001名ということです。
霞が関監査法人は監査意見不表明ですから、第69期計算書類を株主総会で承認しないといけないことになります。これが通れば、スケジュール通りに債権者集会が開かれ、5月には全額減資でスピードパートナーズの完全子会社になるということになるのでしょう。
既に株券は無効になってはいますが、それまでの間は私もしばらく「株主」でいられることになります。

議決権行使のハガキは早々に返送して定足数を確保するために協力しますが、最後になるのかと思うと、どうしても何か思い出されてくる感情がこみ上げてくるものがあります。


カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
500位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
212位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。