雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LDH(旧ライブドア)配当金受領
ldh2106301.jpg
LDH(旧ライブドア→ライブドアホールディングス)から、株主総会の決議通知とともに先般記事にもしました配当金が届きました。
1株あたり6500円は画像の文面にある通り、資本の払戻ということになりますので、税金が引かれていません。
となれば、確定申告を迫られる嬉しい悲鳴をあげる株主の方も多々いらっしゃるのかと。(私はそこまでは行きません)
ldh2106302.jpg
配当金受領の口座を指定するようにと、ハガキも同封されていました。
次も株主配当の見込みがあるということなのでしょうか。
身軽になって、ライブドアと一体経営になるのか、訴訟を切り抜けることができるのか、あたりにかかっていますね。

私は訴訟の勝ち目が薄い以上(いまの資産は訴訟費用と賠償で吸い尽くされる=弁護士の方々の成功報酬などとして流出する)最低限の買取価格までは、現在株主に配当していただいた上で、残余財産でできる範囲での事業展開をお願いしたいところ。
なし崩しに敗訴や堀江氏から取り逸れると、皆無ともなりかねないからです。
(訴訟絡みの方々にとっては、勝訴した相手が抜け殻な清算会社まがいでは嫌でしょうが)

果たして次回の配当金は?先ずは黒字転換や上手な資産切り売りが求められるところなのかと思います。
チッソ分社化同様に、訴訟を引き受ける旧社と事業展開する新社(現ライブドアの位置付けがまさにそうですが)との役割分担・割り切りも大事になってきますね。

現経営陣の方針を支持し、ますますの尽力に期待しています。
スポンサーサイト

ソフト99の株主優待は選択制
soft99210629.jpg
ソフト99コーポレーションから、決議通知や事業報告書に併せて、株主優待の申込ハガキ等が届きました。一昨年度には記事にしましたが(昨年度も権利は確定したのですが)、株主優待は会社提示の品々からの選択制となっています。
今回は画像にある3セットから、持株数に応じて選択することになります。
自動車にも眼鏡にも縁がない向きには困るところでしょうが、どちらかには関係があるから(製品ユーザーだから)株主になっているだろうということになるのかと思います。
ハガキ返送失念の場合の品々の方が欲しいので、わざと返送しない!などという株主の方もいらっしゃったりするのでしょうか。
私は、忘れないうちにさっさと選択して(優柔不断な性格なので余計に思い切って)、ハガキを投函することにします。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

MAGねっとホールディングスの株主優待券届く
tzone2106271.jpg
MAGねっとホールディングスから株主優待券が届きました。
斜めTのマークだけでなく社名変更があっただけに、昨年いただいた券と違い、地紋からもT・ZONEの名前がなくなりました。
tzone2106272.jpg
こちらは500円券。
有効期限はだいぶ先になりますが、SFCG絡みで騒々しいことになってしまっているのが心配です。
tzone2106273.jpg
利用できるのはT・ZONEの唯一残された秋葉原の店舗と、そのネットショップだけです。
いつの間にかマルマンの商品もリストから消えてしまっていました。
tzone2106274.jpg
株主優待の説明文。例年並みにいただけた(継続保有の特典付で)だけでも良しとすべき状況なのかも等と思ったりしてしまっています。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

東北へ駆け足旅行・鳴子温泉へ
ueno210627.jpg
なんとなく東北に旅するなら、上野からでないと!という固定観念に毒されていている私は、東北新幹線には上野から乗車。そのうえ200円の節約になります(笑)
本当は「上野発の夜行列車」とかで旅に出たいのですが、なかなかそういう優雅な旅よりも、慌ただしく駆け足の旅になりがちです。
夜行列車も絶滅寸前。風情が無くなる一方なのは残念です。
furukawa210627.jpg
古川に降り立ち、陸羽西線に乗り換えです。「ゆけむりライン」には数々の温泉がありますが、今回のお目当ては鳴子温泉です。
takinoyu2106274.jpg
鳴子温泉駅からぶらぶら歩いて、程近いところにある共同浴場「滝の湯」。
都内の銭湯の料金を考えたら、驚きの格安。その上、本格的な温泉が楽しめます。
takinoyu2106271.jpg
私は、駅にあるコインロッカーに荷物を預けて身軽になって訪ねました。
大きな荷物がある場合は、滝の湯では脱衣所の棚に置いて、財布・携帯電話等は小さな貴重品ロッカー(無料)に預けることになるのかと。
takinoyu2106273.jpg
裏手にまわれば、いかにも温泉らしい光景を目にすることになります。
流石は鳴子温泉。心地好い硫黄の香と湯の花が「らしい」感じです。
takinoyu2106275.jpg
盥なんかはありますが、ここでは入浴はできません(笑)
滝の湯でちょっと湯を口に含むと、独特の刺激があって、それも大いに身体に効きそうに思わされました。
タオルはもちろん、身体もすっかり硫黄の香に包まれ、癒される湯上がりでした。
takinoyu2106272.jpg
裏手にまわることのできる坂には、温泉神社入口と示されています。
また、滝の湯の前には、由緒ある名湯であることを示されているわけですが、その裏には入湯券の自販機があります。
新しい良さも取り入れつつ、観光客も地域の方々も安価に湯治できるのは、いいものですね。

鳴子温泉のあれこれは筆を改めます。
十字屋山形店を訪ねて
jujiya2106271.jpg
山形駅に降り立ち、まず向かったのが十字屋山形店だったりします。
私が、かなり肩入れしていた老舗百貨店・十字屋の屋号は、会社自体もダイエーに吸収合併されて消滅しましたから、山形店に残るのみです。
jujiya2106272.jpg
定点観測の如く、写真撮影。
大きな変化は無いようですが、中合も不採算ではないと言いながら会津中合を閉店するとした程ですから、十字屋も決して安泰ではありません。
とにかく最後の砦として頑張って欲しいと願うばかりです。
jujiya2106273.jpg
正面側より。塔屋を見上げる角度で。
旧ロゴの看板も目に入ります。
jujiya2106274.jpg
駐車場の建物の方が、よりはっきりと旧ロゴを残しています。
jujiya2106275.jpg
こちらの字体の方が、なんとなく好きな私には(経費節減ということで!とか)この看板もかけかえずにいて欲しいなぁと思うところです。
jujiyaken2106273.jpg
十字屋で商品券を購入した際の紙ケースと包み紙の一部。
馴染みのデザインに会えて嬉しい思いもします。
百貨店共通商品券は、中合の発行によるものですが、表面に十字屋が併記され、マークも印刷されているのは、以前記事にもした通りです。
jujiyaken2106271.jpg
一万円購入する毎に、ダイエーの株主優待にていただける500円券。デザインは変わってはいませんでした。十字屋でしか利用できないのはちょっと残念。
jujiyaken2106272.jpg
裏面には発行会社は中合であることが示されていますが、発行印もきちんと「十字屋山形店」とされていて、丼勘定という訳ではないようです。
jujiyaf2106271.jpg
十字屋ファミリー食堂にて、山形名物の冷やしラーメンを食べました。なかなか美味。ご当地ものを食すのも旅の醍醐味です。

百貨店には大食堂があって当たり前という考え方も、すっかり古いものになってきたことも、また実感したりもしたりしました。
篠崎屋から株主優待品届く
sinozakiya210628.jpg
篠崎屋から、先日記事にした申し込みを受けて、「献上ざる豆富セット」が届きました。
大変美味しくいただきましたが、優待券の分が割引になっているだけなので、ふと気付けば何だか不相応な豆腐を食べているような気にさせられたりもしたりして(笑)
普段の一般の豆腐なら何丁分になるのでしょう。なんてついつい貧しい発想をしてしまったりする私です。

篠崎屋の品物は美味しいのは確かですが、会社の経営は中々コメントしにくい感じになっていることも否定できません。
本業だけだったら、こんな事態にはなっていなかっただろうになぁと思わされます。

樽見社長の思いや願いが、経営の面でも発揮され(今後も株主優待が継続され)ることを祈念するばかりです。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

東京デリカ・株主優待のお知らせ
derica2106261.jpg
東京デリカから株主総会の決議通知に同封されて、株主優待の案内が届きました。
なかなかしっかりとしたトートバッグがいただけそうで、今から到着が楽しみです。
先んじて告知があると、忘れられたりしてないか?とか郵便事故かな?などという不安が惹起しないで済みますね。
derica2106262.jpg
裏面には挨拶文がありました。
下部にはバッグのシルエットがあります。
ちょっとオシャレなレイアウトに思えました。
derica2106260.jpg
「デリカ」という社名を聞いて、初印象では食品関係?などというイメージを浮かべてしまった(店と結びつけられなかった)失礼な私でしたが、このマークを見ればファッション系あたりだろうなぁとすぐにつかめます。
オシャレをいただける株主優待。この夏をますます素敵に過ごすアイテムゲットということになりますね。
琉球銀行の株主優待定期作成券
ryugin2106260.jpg
琉球銀行から株主総会の決議通知と、画像のような地域色濃い表紙のミニディスクロージャー(営業報告書)と株主優待定期作成券が届きました。
沖縄(琉球)らしい雰囲気が好きですし、かつての特殊銀行たる自負もあることでしょうし、地域貢献をしている様子をもしっかり伝わってきます。
ryugin2106261.jpg
昨年も記事にしたところですが、10万円以上300万円以下の定期を作れば、0.5%の金利上乗せです。
上限なら税引前15000円もの株主優待ですが、私はそれほど資金があると、定期預金にするより株式投資(投機)にまわしがちだったりします(笑)
ryugin2106262.jpg
金利優遇券の裏面。
「少なくとも、琉球銀行の配当利回りとの勝負だよなぁ」などと資金の使途をあれこれ考えてしまったりしながらも、昨年作成した定期預金に上乗せした形で、今回も再度作成しようと考えています。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

荘内銀行の金利優遇券
shonai2106261.jpg
荘内銀行から株主総会の決議通知が届きました。
中間期末に引き続き株主限定の「定期預金金利優遇券」が同封されていました。
定期預金の金利が0.7%にしていただけるという株主優待なわけですが・・・バブル期の預金通帳の利息なんかを見てしまっている私なんかには、やはり不思議な気持ちにさえさせられます。
いつまで経ってもあの頃の皮膚感覚は消えず、違和感が起こってしまうのです。
この後遺症のため、有り難みがいまひとつ(苦笑)昨今の預貯金で10万円で700円となれば、悪い話ではないわけですが。
shonai2106262.jpg
金利優遇券の裏面。
荘内銀行の店舗網から大きく外れている場合は、メリットを受けにくいのですが、私のような地方銀行(預金通帳)ファンにとっては、嫌がられず不審がられず口座開設する絶好の機会であったりもします。
shonai2106263.jpg
報告書には、いよいよ間近に迫ってきた、秋田の北都銀行との経営統合に向けての記事も掲載されていました。
フィデア(FIDEA)との耳慣れないカタカナ名前は、いまひとつ親しみを覚えませんが、東北発の金融再編が大きな変革をもたらすものならば尚更、地域性などを前面に出すよりも効果的でしょうね。期待しています。

shonai210627.jpg
(6月28日画像追加:霞城支店前にて)

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

資生堂は株主優待の基準変更へ
shiseido2106251.jpg
資生堂から株主総会の決議通知と事業報告書が届きました。
私は単元未満株主に過ぎないのですが、いつも某所の緞帳を見ながら、「我が社の」なんて勝手に悦にいってます(笑)
単元未満株主としてでも、ちょっと関係者気分になれたりしているわけで、高株価な会社とツナガリをもてる仕組みはいいものですね。
shiseido2106252.jpg
さて、現物主義の私には1000株は高嶺の花だけに単元未満株主だったわけですが、資生堂は単元を100株へと変更するとの告知も記載されていました。
単元変更後の株主優待については、書面からは100株でいただけるかどうか判然とはしませんが、議決権をもつ株主になることは容易になります。
さて、目にとまったのは、優待贈呈基準の文言です。
いわば、その時限りの株主(一晩株主とか)を排除する「一見さんお断り」みたいな基準へと変更されることになるようです。
ある意味で当たり前の改革ではありますが、たまたま資生堂が好きな方で初めて株主になった方が、いきなり株主優待から排斥されたら、ちょっと釈然としないのでは?とかも思ったりもしました。
株券電子化を受け、こういったスタイルの株主優待制度を導入する会社も増えていくのかも知れないなぁと思わされています。
東洋合成工業のアンケートハガキ
toyogosei210625.jpg
東洋合成工業から株主総会の決議通知が届きました。無配転落なのは残念ですが、いまは耐える時期なのかなと、買い増し(ナンピン)して塩漬のままでいるところです。

また残念ではありますが、先日の株主優待の記事にも書きましたが、株主優待は年一回に縮小されることになっています。

株主優待の内容はアンケートの結果が反映されてもきているだけに、期待をこめながらハガキを出します。
期待のもうひとつは、アンケートに株主番号を記入するわけでもある、抽選でクオカードがいただるかもしれないこと。
ただし、あまり厳しい言葉も集まりにくくなるかもしれない(書く側の心理的に)懸念はあるかも知れません。
書く側も無責任なことは書けませんし、対応が必要な場合は個別返信も不可能ではないわけですから、取り組みが有効でないわけではありません。

広義の株主優待(チャンスがあるから)と言ってもいいのかと言われれば微妙ですね。
ホンダの株主優待券届く
honda210624.jpg
本田技研工業(ホンダ)から株主総会決議通知に併せ、昨年と同様に各種施設の株主優待割引カードが届きました。

鈴鹿サーキット多摩テックツインリンクもてぎ等で利用可能なのですが、結局活用する機会がないまま有効期限を迎えてしまったりしています。
今年こそは!と思ったりしてはいるのですが・・・。

ホンダの株主優待は、全株主対象という形でこの優待割引カードに加えて、カレンダーもいただけるのも繰り返し記事にしているところです。
そのうち基準が変わるのでは?と常々心配したりもするところですが、ホンダのファン株主としては、有り難い限りです。(「贔屓の引き倒し」とかになっていたら申し訳ないところですが)

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

シールが集まったところでインプレスの継続保有優待は打切に
impress2106231.jpg
インプレスホールディングスから株主総会の決議通知に併せて、継続保有株主への株主優待に関するシールが届きました。
台紙に貼り付けると、画像のように6枚揃いました。これで、当初の目標達成(三年間継続保有株主)ということになります。
「コンプリート」に三年間かかり、シールを無くさずにいなくてはならないのは、なかなか難しい条件でもありました。かなり達成感があります。
impress2106232.jpg
画像上は継続保有株主優待開始のお知らせ。下は終了のお知らせ。
株券電子化もありますし、把握は簡単になった上、即時把握や抜き打ち調査も簡単になりました。シールではなくても簡単ですし、今後再開の際は仕組みが変わることでしょう。
終了に伴い、二回以上ならば交換可能ということになりました。
さて、目標達成の私は何がいただけるのでしょうか?楽しみです。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

そごう・西武の謝恩ボーナス券
sogoseibu2106211.jpg
8月に「そごう・西武」という新会社での経営になることを受け、告知を兼ねたような形でのセールが行われていました。
画像のボーナス券は、5000円につき一枚いただけたもの。実質一割引で買い物ができたことになります。

今回の合併で「ミレニアム」はより存在意義は薄れてしまうように思えますが、セブン&アイの戦略やいかに。
果たして、両ブランドともに再活性化できるのかどうか。
sogoseibu2106212.jpg
ボーナス券裏面の説明文。重ねてボーナス券をいただこうとする買い物はできないことになっていました。
有効期限が八月末迄と限られていますから、中間期末迄の売上高に貢献する金券となっています。
百貨店もあの手この手というところですね。
駿河屋の株主優待券到着
surugayaken210601.jpg
駿河屋から昨年までと同様に株主優待券が届きました。
surugayaken210602.jpg
優待券自体は直営店のみ利用可能ですから、関東在住の私は、なかなか利用する機会がありません。
尼崎店あたりは、宝塚観劇がてら訪ねることが多かったのですが、不採算店舗ということで閉店となってしまったのが残念です。
主として通販を利用していますので、優待券綴を再請求する機会はなかなかなさそうです。
surugayaken210603.jpg
同封されていた議決権行使のお願い。飯倉ホールディングスの株式は競売で役員が落札したりして、不透明感は薄まってきた(権利の所在がはっきりしたということ)とはいえ、なお失念株が多数いらっしゃいますから、定足数はヒヤヒヤなのかも。
優待券だけでなく、現物がいただける株主優待もあるのに、名義書換していないなんて、なんと勿体ない!と思わされるところです。
(要らないなら、私に買い増しさせて!とか(笑))

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー



カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
206位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。