雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
そごうの商品券あれこれ
sogokenomote2108.jpg
今日でそごう心斎橋本店が閉店し、創業の地(本社所在地でもありました)から姿を消すことになりました。(参考:そごう心斎橋本店のページ
因んでというわけで、そごうの商品券のあれこれを並べてみることにします。
一枚目はオーソドックスに、上場企業であった「そごう」としての商品券です。(→そごうの株券については別の記事にて
sogokenura2108.jpg
裏面には「大阪店」として、心斎橋そごうの所在地が表記されてあります。勿論、古い格調高い建物であった頃のものです。
sogooldken2108101.jpg
次は一気に三枚並べてみます。一番古いと思われる券はどれでしょう?等と考えて眺めるには、裏面も検証しなければなりません。
いよてつそごうは、伊予鉄百貨店を経て、いよてつ高島屋になっています。
勿論、商品券は各そごうで利用可能。
破産し清算された各そごうが発行した商品券も、きちんと利用できるところは、グループだったからこそではありますが、百貨店の経営破綻の中で特徴的なことの一つかもしれません。
二枚目は、唯一の黒字とされた柏そごう
三枚目は巨艦店として有名になった(のちに再建途上の一時期、本社が置かれた)横浜そごう発行によるものです。
sogooldken2108102.jpg
その裏面。懐かしい名前(〇〇そごう)各店舗(そごうグループ各社)の名前が並びます。
ダブルそごう・トリプルそごうと伸び続けた、右肩上がりの古きよき時代がしのばれます。
スポンサーサイト




佐倉倶楽部からのお誘いを読んでみて
sakura210829.jpg
某人相の悪い生き物(笑)のクレジットカードの明細書に併せて、画像のような案内が入っていました。
私は、「ゴルフ会員権」と聞くと、「特別損失」の欄でばかり見ているクチで、勿論会員権とは無縁です。
ゴルフ関連の株主優待は、美味しく活かさせていただいたりもしているところですが。

さて、佐倉カントリー倶楽部(佐倉倶楽部)の平日会員は202万5千円で、うち52万5千円と年会費16800円がゴルフ場側の収入ということ。
保証金はインフレが進めば、会社側にとってはぼろ儲けという算段になります。
佐倉に近くて、平日にゴルフをする余裕があるならば、ある意味魅力的でしょうね。
私のように、平日はなかなか厳しく、ゴルフ会員権を「投機対象」としてのみ見てしまう者にとっては、あまり魅力的には映らない案件です。

京成パンダのカード会員層に、ポンと入会するゴルフを嗜む紳士淑女がいると考えたのか?(ならば、京成カードならクレジット決済可能にすればいいのに)苦し紛れなのか?
ただ、申し訳ないのですが、これ一枚きり入っていると、なんだか不思議な気分にさえさせられます。
一回お試しプレー券は無理としても、綺麗なリーフレットくらいはあるなら、私なんかはもうちょっと楽しめるのにとか思いました。

京成グループだからこその同封チラシ・・・でも、高い買い物ですからね。なんだかもっと金持ちな方にピンポイントで撒くべきなよいに思うところです。


カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
427位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
199位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: