雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井筒屋の商品券のこととか
izutsuyaken21081.jpg
井筒屋の商品券です。
それも「株式会社久留米井筒屋」発行のものになります。
株主優待券については以前に記事にしていますが、もちろん私が直接購入した商品券ではないのですが。

飯塚井筒屋の閉店にあわせて記事にしようと思っていたのですが、一ヶ月遅れになってしまいました。
飯塚井筒屋の閉店に伴って、麻生太郎前総理大臣に因んだ「たろちゃん饅頭」も消え去ってしまったようですね。
飯塚の場合は、ギフトショップとして一部再開されてはいるようですが・・・
この商品券の発行元になっている「久留米井筒屋」もこの2月末に閉店となっていますし、井筒屋は縮小する一方のようです。
さて、なにか起死回生の一手はあるのでしょうか?
izutsuyaken21082.jpg
裏面を見ると、三越・さいか屋・近鉄百貨店でも利用できると記載されています。
そもそも、往時の井筒屋の店舗網を伺い知ることのできる券面になっています。
いまの店舗網と比べると、またあれこれ考えさせられるところもあります。
商品券から、企業の栄枯盛衰を推し量ることもできる(そもそも地域の栄枯盛衰をも)というあたりが、私がちょっと年代物の商品券が気に入っているところでもあります。
スポンサーサイト

稲葉製作所の株主優待品カタログ(H21,9)
inaba2109291.jpg
稲葉製作所の株主優待は、事業所所在地の産品から選択できる仕組みなのが楽しいです。
昨年は「新潟」でしたが、画像にあるとおり、今年は「香川」です。
ということで、早速カタログには記載されていないのですが、写真から判断して各社へのリンクを張ってみました。(間違いや変更がありましたら申し訳ありません)

讃岐うどん高松・かな泉

・さぬき天ぷら(高松・熊野蒲鉾店

海老菓子詰め合わせ観音寺・志満秀

もしくはお馴染み「100人乗っても大丈夫」柄の図書カード2000円分
・・・ということで、2000円内外の品物と言うことになります。やっぱり悩んでしまいますね。
inaba2109292.jpg
これまでの地域リストも掲載されているだけでなく、現在の事業所一覧も掲載されていますので、「さて、来年はどこかな?」などと考えるのも楽しいところです。
「あの年はどこの地域で何をもらった」などというのも思い出されて楽しいですし、ちょっとした毎年の楽しみになっています。
その前に・・・今年は何を申し込もうかな!?というところなのですが。ギリギリまで悩んでしまうかもしれません。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

長崎屋のサンカードを取り出してみて
suncard2005.jpg
長崎屋の会員カード「サンカード」で、画像のカードには、クレジット機能がないタイプのものです。
ただ、リンク先にあるようにポイント蓄積は、残念ながら先日廃止となってしまいました。
suncard210928.jpg
裏面の社名表記。いつの間にか「崎」の字が変更されていましたし、店舗リストを見れば、ますますドン・キホーテの別働隊化しているのも明らか。
たとえ再上場したとしても、かつての長崎屋とは別物に過ぎないことになりそうです。

株券についても記事にした長崎屋に親しみを持っている私としては、屋号とサンバードが消滅することだけは避けて欲しいなと願うばかりです。
フレンテから株主優待品到着
frente2109262.jpg
フレンテから今年も早速株主優待品が届きました。1単元以上の株主に一律1000円分の株主優待を制度ができてから毎回の4回目の受領です。
株主総会のお土産と被らないようになっているのも良いところです。
お馴染みのキャラクターが印刷された白いダンボールに入って届きましたが、なんだか小さくなったような気もしました。
frente2109261.jpg
「フレンテ」と名乗っていますが、やはり「湖池屋」の株主のような気がしてならない私(笑)
知名度もありそうですし、Fのフレンテのマークよりもやっぱり、赤のコイケヤのほうが・・・とは言え、「コイケヤのピンキー」「コイケヤの健康食品」というのもナニヤラですから、やはり「長期戦略」。
「森永のような会社」を目指す中でのブランド戦略なのでしょう。
frente2109263.jpg
挨拶の文面にある通り、新商品なども入った詰め合わせ。
しばらく楽しい試食をさせていただくことになります。代表的商品の揃い踏みは、ファン株主としても中々嬉しいところです。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

「善商全勝」第2号届く
zensho2109262.jpg
ゼンショーから、「ゼンショーサポーターズクラブ」の会員情報誌2号が届きました。
株主の中でも申し込んだ方向けということですから、かなり詳細な取り組みや本音に近い部分が載せられた紙面のように思いました。
そして、ますます小川イズムに染められて・・・と「与党総会屋」らしくファン株主丸出しな感じですが(笑)
なお、表紙画像は職場体験の生徒さんの顔が映っているので、上部のみです。
タイトル「善商全勝」はベタですが、会社がそのように右肩上がりでまっしぐらであれば、下々の株主もおすそ分けをいただけるというもの。期待したいところです。
zensyo2109261.jpg
さて特筆すべきは、画像のアンケートハガキ。
ファン株主に、店舗をチェックしてもらおうという取り組みです。
一般のアンケートに比べ、より有意義な成果を挙げることが考えられますし、利害関係は一致する立場ですから、より率直な回答も得られることでしょう。(甘くしては、結果的に株主が損をしますから)
株主優待券は、このような「視察」を期待する部分があるわけですから、きちんと声を吸い上げる取り組みをより対象を絞ってスタートさせたことは、高く評価したいところです。
天満屋ストアから「ギフトカード選択ハガキ」届く
tenmaya2109241.jpg
天満屋ストアから、「VISAギフトカード」希望の株主のみ返信するハガキが届きました。
昨年の今頃は「お米券希望ハガキ」でしたが、何に変えてもいいとなれば、利便性はかなりの向上をみたところです。
あんまり「風情」とかはない気がしますが。

tenmaya2109242.jpg
お米券2枚(2kg分)株主(100株~999株所有ということ)転じて、ギフトカード1枚(1000円分)株主となったわけです。
店舗網商圏から遠く離れた私には、つくづく有り難い取り組みですから、形を変えて存続していることは大変嬉しいところです。

百貨店「天満屋」の株主ではないのですが、陸上競技部のファンとしては(あのピンク色は目立ちますね)ちょっと「関係者」な気分(百貨店とストアの関係も微妙ですが)になったりもするところです(笑)

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

巨人軍が優勝すると・・・
セントラルリーグは読売ジャイアンツ(巨人軍)が優勝。私の持ち株(よみうりランドや東京ドーム)にもささやかながらご祝儀があればなぁとか(笑)
原監督は「♪嵐を呼べ~(替え歌ばかりが頭を過ぎるのは内緒)タツノリ」で好きな選手でしたから、六年で四回リーグ優勝という名監督ぶりにも喜ぶ私なのです。・・・阪急阪神の株主ですから控え目にですが。

が、ネタにしようとしても私のブログらしくするならば、タイトルと画像のような感じに。
bic21012.jpg
読売新聞社の建物(よみうりホールもある)である、有楽町のビックカメラ。
言うまでもなく、かつての有楽町そごう(そごう東京店)。
「巨人優勝=そごうのセール」という時代がありました。
printemps21021.jpg
反対側にまわると、東映会館(東映本社)があります。「東映(TOEI)」を名乗る映画館も減りました。ファイターズの源流は東映球団。だからこその在京球団はいまや北海道(一部は鎌ケ谷)で首位を走ります。世が世ならずっと東京ドームで日本シリーズですが、6チームが入り乱れる今のシステムも面白いものですね。
printemps21022.jpg
そして今や、読売新聞社傘下の百貨店であるプランタン銀座。
ダイエーの百貨店でしたから、ホークス絡みで盛り上がったこともあるわけで・・・
なかなかに紆余曲折がありますね。

セールの上でも、今の複雑なシステムは有用なのかもしれません。なんでも盛り上がればいいわけでもありませんが、景気好転にちょっと寄与するならと、セール目指して衝動買いするのもいいのかなとか思っています。
総本家駿河屋真田山店のこととか
突然、脈略もなく以前の写真なんかを引っ張りだすのは、ネタ切れの証ということになりますが(笑)
なんとか毎日記事を積み上げたいなと思っているので、あえて頑張ってみているところ。そろそろネをあげそうです。
surugayaeki2101.jpg
さて、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の玉造駅にて途中下車。
目的は、総本家駿河屋の大阪の拠点、真田山店です。
大阪の駿河屋」もありますし、「総本家」は和歌山側に軸足を大きく移しつつあるような中、(株主優待券が利用できる)貴重な店舗です。
阪神尼崎駅前の尼センにあった尼崎店がなくなったこともあっての初訪でした。
sanadayama2101.jpg
真田山の交差点。真田幸村由縁の地ということですが、「天保山」といい特に「山岳」というわけではありません。
駅からそれなりに距離があるので(玉造は地下鉄と大阪環状線も離れていますが)、立地は如何に!?と思いながら歩きました。
surugayamise2102.jpg
というわけで総本家駿河屋・真田山店に到着。
同じ建物に「大阪支社」が入っているわけですが、上場企業ではなくなって久しい駿河屋としては、「暖簾分け」をした地域で競合する必要はない面もあります。
次第に「広げた風呂敷を畳む」ようになっていくのでしょうか。
通販でも購入できる(株主優待も利用できる)だけにあまり不便を感じませんが、かつては関東の百貨店にもコーナーがあったことを考えると残念な思いもします。ただ縮小均衡で黒字となり、企業が永続されることはある意味喜ばしいことですから、きちんと受け止めないといけませんね。
関西汽船から「株主の皆様へ」届く
kanki2109211.jpg
関西汽船から「株主の皆様へ」が届きました。
表紙は「さんふらわあ あいぼり」の雄姿です。
9月24日付の株主名簿の株主は、強制的に「超端株と交換=強制買取」ということになりますから、この中間報告の「株主の皆様へ」が最後のお知らせになるということになります。
そもそも9月16日で上場廃止になっているわけですし、株主優待もないのに6月末の権利を確定し、現在も株主でいる私のような物好きなファン株主は、こういった書類も楽しんでしまうわけです。
kanki2109212.jpg
これまでにいただいたものとそう変化はないわけですが、やっぱり思い入れのある会社だけに、これからもきっと大事にしていくのかなとか思っています。
高速道路の無料化などが進めば、補助金などがない限りフェリー会社の息の根は止まってしまいます。政権交代のこの時に、上場廃止となる関西汽船はタイミングがよかったのかもしれません。
あと1年もずれていたら・・・と思えば、逆にこれからの商船三井の腕の見せ所。なんとか会社も航路も残るように、頑張っていただきたいところです。
kanki2109213.jpg
株主優待券が半年延長になるという記事が載っています。表面の記載はそのままですから、混乱があったり、投げ売りがあったりとかしかねませんが(間違って捨てちゃったりするならほしいです(笑))来年の4月末までは利用可能。なんとか最終盤に利用してみようかなと思ったりもしています。
商船三井の株主優待がそのままだと、「株主優待」で関西汽船に乗船できるのも、その日までということになりますね。
左側のページの半期の連結損益計算書を見ると、やはりこの選択肢しかなかったのかなと諦めもつきますが・・・名門関西汽船の市場からの退場はやはり残念です。
東京セサミプレイス最終盤のヒトコマ(3)
東京セサミプレイス最終盤のヒトコマ(2)からつづく

sesame18123015.jpg
エスカレーターを上から見下ろします。眺望は素晴らしいものがあります。
テニスコートや遠方の景色がなにか眩しく目に映ります。空の様子や、なにか穏やかそうな雰囲気には、年末らしさもあるのかな、とか。
sesame18123016.jpg
迫力がある下りエスカレーター。高所恐怖症のケがある私には、何かわけもなくちょっと心配になったりもします。
夢の世界から現実の地上へと降り立つためのエスカレーター。ある意味での「通過儀礼」みたいなものでしょうか。
sesame181230017.jpg
エルモの看板。「またきてね」「COME BACK SOON」などと書かれてはいても・・・なんだか寂寥感が一気に押し寄せるヒトコマ。
sesame18123018.jpg
入園ゲートにあった装飾。園内にあったものと同様「ありがとう」一色です。
ここで16年間の間に「育った」「思い出を作った」子供達にとって、もう再訪できないもったいなさ、いまの子供達には味わえない損失・・・テーマパークや観光地には永続性も求められるのではないかと思います。とはいえ、私にとっても消えたスポット・モノは多いですが・・・こうやって思い出を写真などで振り返れるだけいいのかもしれません。
sesame18123019.jpg
印象に残るエスカレーター。
一時期は日本一の長さを誇る存在だったのですから当たり前のことかもしれませんが。屋外設置でしたし、メンテナンスは大変だったことでしょう。
下から見上げると、もうセサミプレイスは遠い存在になっていました。
sesame18123020.jpg
ゲートを振り返ってパチリ。
いま同じ構図で撮影すると、どのような景色が映るのでしょうか。

(東京セサミプレイス最終盤のヒトコマ=完=)
トライアイズ・議決権行使でクオカ贈呈
triis2109192.jpg
トライアイズから臨時株主総会の招集通知が届きました。
東京ブラウスマルエム松崎を傘下に(いずれもヤマノHDから)置くなど、なんだかかつてのドリームテクノロジーズの面影が消えつつありますが、「平成電電」がらみのあれこれは、まだ余波が少なからず影響しているようですね。
そんなトライアイズは、議決権確保のために(定足数不足の流会はさけたいですからね)議決権を行使すれば、500円のクオカードを贈呈(郵送)するとのこと。
想定外の利回りということになりますが・・・このあたり、例年楽しんでいたイチヤに代わって、今後期待していいのでしょうか(笑)
triis2109191.jpg
画像の通りの解任議案に対して、古川孝宏監査役は、ホームページを開設して、全面対決という形です。
結果的に、今回の件で臨時株主総会を行い、再議決を行うような形になっていますが、こういったトラブルを起こしている企業に対して、特に処分もなければ注意喚起もないような大証の対応は、いいのだろうか?などと思ったりもしないではありません。
決議次第では・・・という場合は、迅速に注意喚起し、(たとえ濫用であったにせよ)より市場が健全化するようにすれば、こういった混乱は未然に防げるようになるようにさえ思うのですが・・・
私はどちらに肩入れするわけでもない中立の立場ですが(状況もよくわからないので)この件のこれからに注目しています。
雪組公演「ロシアン・ブルー/リオ デ ブラボー」観劇
yukigumi210919.jpg
宝塚歌劇団雪組の東京公演が始まって二日目。
『ロシアン・ブルー』『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』を早速観劇してきました。
amebaの方にも書きましたが、今日の水さんの呪文アドリブは♪シャランラ(魔女っ子メグちゃん)で、彩吹さんも大月さんもノリノリ。
観客層との世代間ギャップとかないのかなとか要らない心配したり(笑)
季節が変わるのと併せて、アイスホッケー→シンクロに変わったり、多少の調整はあったうえ、より笑いや小芝居が生き生きしてきたように思います。
ショーでも、一階席への客席降りのある中詰で、ポンポンも手に入るようになり、ますますノリノリでした。一ヶ月で終わってしまうのは勿体ないですが、ショーは全国ツアーに続きますので、また変容しつつも12月まで楽しみたいと思います。
スサノオのアオセトナ様が、その時初舞台の愛原さんと主演コンビなのだと思うと微妙な思いもしていました。
しかし、なかなかどうして、愛原さんがアテガキの妙だけでなく、ぐっと輝いてきた感があります。もう90期以降の時代へと動きつつあるのでしょうか。
芸達者な雪組には逸材多数なだけに、世代交代はある意味残念ですが・・・。
machigura2109.jpg
期間限定の菊正宗による街蔵です。
三信ビル跡地の一風変わった取り組みです。
恒久的なものではないのが残念ですが。
新型インフルエンザの影響が・・・
kagome2109181.jpg
カゴメから、圧着ハガキが届きました。
昨年のこの時期は株主フォーラムの「お誘い」でしたが、今年は新型インフルエンザの影響がこんなところにも!と感じさせられるものとなりました。
kagome2109182.jpg
昨年の株主フォーラムにも参加させていただきましたが、食事提供ではなく、知的刺激が多い説明会で、楽しかったのですが、試供品(と、それを詰め込む方々)はありましたし、会社側の中止の判断は妥当かと思います。
致し方ないところですが、来年も流行しないとも限りません。従って、中止理由と今後の見通しには微妙な感じもありますね。
反面、今後各社の中止の根拠ともなりますし、イキオイ全廃へ先鞭を告げたような形かもしれません。
私はそもそも食事饗応はあまりよいものとは思っていませんし、無駄遣いですから廃止でいいのですが、説明会まで無くなるのは困ります。

ただ、報道以上に新型インフルエンザが猛威をふるい、脅威があるということ。
私も自衛のマスクをしてはいますが、マスクせずに咳をする方もいたり、まずマスク姿は少数派。
実際は持病がなくとも、また小学生でも、突然に死を迎える(癌などより明らかに早い)わけで、ワクチンも対象外ともなれば、ジワジワと恐怖を感じます。
実は報道は敢えて避けていれだけなのでは?とカゴメの判断を穿って読めば、なんとも言いようのない思いもします。

さて杞憂に終わるのかどうか、カゴメからの文章を読み返した私は「楽観論」には懐疑的にならざるを得ません。
相変わらず・・・ツノダの株主提案には断固反対
tunoda2109111.jpg
ツノダといえば「♪つつんつツノダ、つつんつツノダ自転車ツノダの」第73期定時株主総会の招集通知が届きました。
今回も議決権行使書は色分けされていて分かりやすいのですが、いつまで続くのか・・・訴訟によってシロクロつけていただけるものと期待しています。
「与党」の私は当然の議決権行使となりましたが、このような揉め事が一般株主の利益を毀損していることは間違いありません。
申し訳ありませんが「権利の濫用」の典型という認識で捉えています。
従って、そろそろ私達一般株主にとっては、出口を提案し、実行していただけるよう要望する時期に来ているのかもしれません。
tunoda2109112.jpg
招集通知に掲載されている事業報告の冒頭。
自転車の売上自体は額も台数も僅かなものとなっていますが、ブランド価値の根源ともなる祖業として考えれば、容認できる水準(固定費分は出ていないものの、一応は赤字ではない)と考えています。
tunoda2109113.jpg
(株主提案の見開き・その1)
tunoda2109114.jpg
(株主提案の見開き・その2)
やはり「出口」として、愛知小牧産業あたりを活用しての強制買取くらいしか有り得ないのかなと思います。

係争中事案とも言えますから、あまり一方的なことは書けないのも確かなので、議案についてのコメントも省略しますが、とにかく株主提案には全部「反対」なのです。
提案をされた株主や賛同する方々も、長年の一ファン株主の素直な受け止め・意見として御容赦ください。
tukanban1902.jpg

自転車通販の「自転車ナビ」 by ツノダ自転車(楽天市場)・・・「EDWIN(エドウィン)ストリートクルーザー ED-78」も取扱


<9月27日追記>
tunoda2109261.jpg
tunoda2109262.jpg
株主総会では、今回も画像の通りの結果となりました。
なんだか落としどころに失敗すると、誰もが損する結果になるのではと心配です。
訴訟はいったいどうなっているのでしょう?早くハッキリしてもらわないと困ります。
丸栄の株主優待券のこととか
marueiken21081.jpg
名古屋・栄にある百貨店丸栄の株主優待券です。
marueiken21082.jpg
「お買回り票」の手続きをすれば、一日の買物がまとめて割引になるようです。
関東在住の私には、名古屋に立ち寄れても・・・各売場で会計ごとに利用したとしても、1ペーンも使い切りそうにありませんが。
なにかに交換できたり、井筒屋のようにネットショッピングで利用できたらいいのですが。
maruei1902112.jpg
ネタがあまりないので、ほったらかしの株主優待券と、一昨年2月に名古屋を訪ねた際の写真を引っ張り出し、苦心して記事をつくりあげてみることにした次第です(苦笑)
marueiken21083.jpg
使用上の注意を読むと、なかなかコツが必要そうで、丸榮の常連でないとマゴマゴしそうに思えたりもします。
marueiken21084.jpg
利用できないブランド等のリスト。
あまりにも多過ぎて、果たして「利用可能箇所」を掲示したほうが簡略ではないのかと心配になります。
maruei1902111.jpg
写真撮影をした折、栄では矢場町の松坂屋で買い物をしたので(オリエンタル中村→名古屋三越にも立ち寄りはしました)「丸榮」の看板とか店内も眺めた程度でしたが、これだけ集積していて頑張れていることこそに感心した次第です。

sakaedaiei1902111.jpg
とは言え、丸栄の「裏手」、呉服町通りに沿って進むと、ダイエー跡の建物が未利用で放置されていました。
sakaedaiei1902113.jpg
全く有効活用されていませんでしたが、その後、なにやらサテライトジャパンによる場外車券売場計画もあったかのようですが、いまではどうなっているのでしょう。
sakaedaiei1902112.jpg
再開発がされない(再活用もされない)ということは、上辺の華やかさの裏側は推して知る・・・となりますね。
地域として、再活性化に向けて頑張っていただきたいところです。


カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
332位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。