雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京成百貨店・京成ストアのギフトカードを比較して
keiseigiftcard21121.jpg
このタイプのギフトカードは記事にしていますが、3年前の年末に記事にした市川京成百貨店も、本八幡A地区市街地再開発組合によれば、年度末迄には動きが出て来ることになりますので、このタイミングで記事にしてみようかと引っ張り出してみました。
現行のリブレ京成(京成ストア)のギフトカードと並べてみると、気のせいか色の濃淡に差があるように思えます。
また、京成百貨店の名前が表面から消えています。
keiseigiftcard21122.jpg
裏面に目を転じると、発行元の変更と、利用可能店舗リストが大きく変わりました。利用箇所が拡大しているのは、使い勝手(贈り勝手)がいいですが、マニア的には店舗所在地も楽しみだったりするので、ちょっと残念だったりします(笑)
「京成百貨店(水戸市)」という表記は、市川京成百貨店が事実上「当分の間営業」のリブレ京成八幡駅前店のみになってしまったからなのでしょう。(レシート等は「京成百貨店」ですが)
さて、あと三ヶ月の年度内にどんな動きがあるのでしょうか。私はなんだかこのままで化粧直しをし、再活用していたほうが、必ずしも成功するとは限らない再開発よりマシな気がするのですが・・・
スポンサーサイト

南越谷OPA・最後の年末
opasale2112.jpg
南越谷OPAは、今年は新年最初の記事にもしましたが、本日撤退の店舗もあり、いよいよ事実上の閉館まで一ヶ月。最後の年末となりました。
売り尽くしセールが進み、1月は次々と棚が片付く撤収含みの営業。
ポイントも有効に使い切らなくてはいけませんし、なかなか悩ましい買い物にもなりそうです。

私はかねがねOPAカードの「+GOLD」会員なのですが、大宮OPAをどれ程使うか(必ずしもお気に入りのショップが重なってはいないので・・・)になってきそうで、多分次年度はランクダウンになるのかなと思っています。
会社としてのOPAも外部売却の話は立ち消えで、親会社ダイエーと住み分けするわけでもなく、その親会社のイオンと競合し、株主優待は両者のいずれもに加わっていません。
いずれなんらかの動きがあるのでしょうが、またひとつ「十字屋」という会社の名残が消えていってしまうのだと思うと、シンミリとしてしまいます。
opauritukusi2112.jpg
MAGねっとホールディングスが株主優待廃止
magnet211230.jpg
MAGねっとホールディングス(旧:T・ZONE)から、さすがに昨今の情勢を見ていれば覚悟はしていたものの、株主優待廃止のお知らせが届きました。
6月にいただいた株主優待券が、結局最後の株主優待券になってしまいました。まだ利用は可能と言うことですが、さてこれは急ぐべきなのではないかとか思ったりもします。
早速、秋葉原のT・ZONEへ行って、特にプランもないですが、パーッと使い切ってしまうのがいいのかなとか思ったりしています。
長年持ち続けるとメリットがある株主優待でしたが、私は最長で打ち止めになっていました。やっぱりいろいろありましたが、愛着があっただけに残念です。

これで持続する必要性はなくなったわけですが、株主優待が廃止になることでの財務メリットが勝つのかどうか・・・
日本経済新聞には、SFCGの破産処理に関連しての記事が掲載されていましたが、臨時株主総会のことも含めて、SFCGの避難場所みたいな会社が散見される中、槍玉に挙げられていくのかなと思ったりします。
これから、どうなっていくのでしょうね・・・亜土電子工業がこのような形になっていくと想像できた人もいないでしょうし。まだまだ想定できない激動があるのかもしれませんね。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

東和フードサービスの株主優待券
towafood2112263.jpg
東和フードサービスから株主優待券が届きました。
「東和」と言われると、なんとなく群馬の東和銀行あたりを思い浮かべてしまう私だったりします。
この会社の「東和」はそれではなく、会社の源流パチンコやカラオケで知られる「東和産業」だからです。
ついブランド名にしたらどうかなんて、お節介をいいたくなるのは、店舗と社名がすぐには結びつかないからでもありますが・・・創業期や東和産業のことを思い浮かべれば、会社の方々には社名変更なんてとんでもない!という意識の方が強いでしょうね。
towafood2112261.jpg
カラフルにブランド名が並べられると、あの店もここがやっていたんだ!と初めて知る方々もいらっしゃるのかもしれません。みかける店舗がありますので、この優待券で(ちょっと制限があったりしますが)「視察」して楽しんでこようかなと思っています。
店舗リストを眺めると、様々な業態があります。
まるで「分散型投資」のようだと思ってしまったりします。
towafood2112262.jpg
株主優待券についての説明文。返送すれば品物と交換していただけるというのもいいですね。
首都圏に店舗が集中しているからこそ、他地域の株主にも配慮することで、株主の裾野も広げることができます。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

タカショーからの封書
takasho2112291.jpg
タカショーから封書が届きました。
先日記事にもしたように、株主優待の封書をいただいたばかり。
わざわざ年末の挨拶が再度来たのかな?等と半ば不思議がりながら開封したところ・・・
takasho2112292.jpg
封筒に「様」が印刷されているか否かの連絡の行き違いか何かだったのかもしれませんね。
窓つき封筒なんかには印刷されていますから、株主リストを一覧で出力して渡すと、こんなトラブルになるのかもしれません。
私はちっとも気がついていませんでしたが、手早い対応ですね。
最初に気づいたのはどなただったのでしょうか・・・

年賀状に「様」が抜けているのはなかったか、妙に焦ってしまう私です(笑)
愛眼の株主優待券のこと
aigan21122.jpg
愛眼からいただいた、今回の株主優待券。
昨年12月に記事にした後、記事として一回飛ばしてしまっていました(汗)
それだけネタがあったというか、あまり感慨がなかったというか。
無理に記事にしても「以下同文」とかになりそうですし、最近は回避しがちなのも確かです。
本当は、律儀に到着報告をしたりすれば、アクセスが増え、ランキングが上がり、お小遣い(アフィリエイト収入)も入るのかなとか思いはするのですが。
aigan21123.jpg
株主優待の紹介ページに詳しいですが、私は500株未満なので「1枚綴り」ということになっています。
「1枚」とはいえ、画像のように、フレームとレンズそれぞれ半額になる優待券がセットになっていて、片方だけ利用することも可能です。
aigan21121.jpg
中間事業報告書の表紙。
オシャレに眼鏡をかけかえたりして楽しむのが流行るとか、保険適用になれば、業績は跳ね上がるでしょうが、この景気の中では、なにより先ずは地道に積み上げていっていただくことを期待しているところです。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

ロッテリアで運試し
lottekuji21120.jpg
ロッテリアに行ってきました。
ロッテリアのクーポンもあるし、なにより罰ゲームのような「キムチシェーキ」が、その場で与えられるというクジを引いてみたくて(笑)
幸いな?残念な?ことに、凶(キムチシェーキ)ではなく、大吉(全額キャッシュバック)でもなく、当たり前な50円引券でした。
ホッとしました(笑)
lottekuji21121.jpg
一回でも多く記事にもしたウェンディーズに行かないといけないのですが(笑)
この券を60枚集めて会計するという無謀な試みをする方も出そうな記載ですが・・・遊び心をくすぐって、売上を伸ばすことを狙っているのでしょうか。
A.Cホールディングスの株主優待のこととか
achd21121.jpg
A.Cホールディングスから株主総会の決議通知と画像のような事業報告書が届きました。
もうすっかり南野建設だったことを感じさせない雰囲気ですが、「御曹子」南野利明氏は相変わらず「南野建設」の社長として名前はありますし、業績も向上しているようですね。
achd21123.jpg
昨年の記事にも書きましたが、株主優待を利用するチャンスはないままです。
ゴルフ場とかホテルが近隣にあれば、利回りは格段によくなるでしょうし、投資額もすぐ回収できそうです。
achd21122.jpg
先の総選挙で民主党から国政に復帰した小林興起氏の弟の小林壮貴社長は、株主総会を待たずに退任。また役員がタシサイサイに入れ替わり立ち替わり・・・な感じではありますが、経歴などを見ると、また思惑が膨らんだりもします。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

宝塚歌劇検定のこととかとりとめなく
honsya2112131.jpg
阪急電鉄の本社ビル。
梅田芸術劇場と隣接しています。
阪急百貨店などのような「風格」ある建物というよりは、実務中心の普通のビルですね。ついつい阪急のイメージとして、かつての三宮駅の塔などを思い浮かべる私は、やはり関東在住故か偏っているのかもしれません。
honsya2112132.jpg
横を阪急梅田に向かう電車が通ります。
鉄道会社の本社の位置として、なんだか目視で運行管理できそうな所在なのは「らしい」と思ったり。
私なんかが担当だったら、むやみやたらに見応えのある同時発車のダイヤを組んで、毎日ワクワクしていたり(笑)
umegei2112130.jpg
梅田駅方面に目を転じます。
きっと本社ビルの上層階はたいそう「下界」の眺めが良いことでしょう。
takarakentei211213.jpg
その阪急電鉄の宝塚歌劇団という「伝家の宝刀」(または「打出の小槌」)を使って、宝塚歌劇から更なる収入増をはかろうと企画しているのが、宝塚歌劇検定です。
なんだかなぁと呆れ半分、世間知らずとか展望が甘いとか視界が狭いとか批判的にしか受け止められない私ですが、多分受験してしまいそうな気がします(苦笑)
でも今日は、新陳代謝も宝塚の重要要素と言い聞かせ立ち直りはしましたがいろいろと凹みそうなニュースもあって、合格しても直筆サインをいただけない方もいるわけだし・・・(涙)
なんて妙にセツナクなったりもしたりしています。
サリの株券
sarikabuken.jpg
酒類小売チェーンを展開していたサリの株券です。
かつてのURLはほかの会社が利用しています。
ということは、社名や屋号は存続していても、あまりコダワリがないということなのでしょうか。
同業のマインマートが、更生計画の中でスポンサーになり、子会社にしていたのですが、いまはいずれも日本アジアグループの子会社となっているばかりか、サリがマインマートの親会社になっているとのこと。
「サリ」の屋号は僅かとなっていますが、なんだかサリという会社の立ち位置はユニークなものとなっています。

かつての親会社アエル(旧:日立信販)も風前の灯ですが、サリは表立ってはよく見えないものの、会社としてはしっかり生き延びています。

以前株券を記事にしたモスインスティテュートと、社名としてグループの概要図としては今では兄弟会社みたいな形。
日本アジアグループという会社も、また興味深い存在です。
東京テアトルの株主優待のこととか
theatres21121.jpg
東京テアトルの株主優待を最大限活用できたら、もっと映画鑑賞の記事が書けている筈なのですが(苦笑)最近はカードすら持ち歩いていなかったりです。もうちょっと、日々文化的に過ごしていたいなと思うところです。
今回も以前記事に書いていることと重なることを省きながら、ちょっと記事にしてみました。
ホテル西洋銀座(西武セゾン系からくる「西洋」ですが、仙台駅前に「SEIYO」(←エンドーチェーン)があったことを思い出します。使い分けの根拠はどんなものだったのでしょう?)の優待はまだ未利用。東京駅の大丸地下あたりでも使えたらいいのに・・・とか思います。
theatres21122.jpg
テアトル系だけでなく、日活のシネリーブル系やシネカノンのヒューマントラストシネマでも利用できるようになりました。
直営館が減りつつあるなかでの配給網確保策のような提携ですが、ガリンペイロみたいな残念な結果にならずに盛り上がって欲しいと、株主としても映画ファンとしても願うばかりです。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

ウェンディーズの閉店が近づいて
wendyscup2112.jpg
ウェンディーズが年末で全店閉店と聞いて、熱烈ウェンディーズファンな私は、毎食でも行きたいくらいなのですが(笑)なかなか訪ねるチャンスがなく、隔靴掻痒です。
米Wendy'sとの契約切れによる閉店で、親会社のゼンショーによれば黒字とのこと。名誉ある退場ですが、またひとつ中内功さんの熱を入れた事業が姿を消すのかと思うと、残念です。
wendyspack2112.jpg
ウェンディーズと言えば、女の子(ウェンディー)と白い紙袋、銀色の包み紙、トッピング、ケチャップつけ放題(持ち帰りのポテトにはハインツのケチャップ小袋がつく)、冷凍していないビーフ、チリ・・・オシャレで高級感あるイメージに溢れていました。
wendysreceipt2112.jpg
レシートにあるように、「お食事バーガー」という満足感がありました。
「あんバーガー」なんていう面白メニューも懐かしいです。
源流であるといえるドムドムハンバーガーに戻ったりしないのも仕方がないとはいえ残念です。
南越谷OPA・着々と閉館準備へ
opaken21122.jpg
南越谷OPAは、平成22年1月末の事実上の閉館に向け、閉館セールが始まっています。
館内への掲示やカード会員への告知がされたり、ポイントの扱いなどでは特例も設けるなど、混乱を避けながらの撤退は簡単ではなさそうです。
親会社であるダイエーの南越谷店が近接していますが、そちらや近隣に移転すると告知されているショップは多そうではないので、ひょっとすると南越谷では見かけなくなるショップも少なくないのかもしれません。
閉館についての記事(1)記事(2)を書いた際には、まだ半信半疑なところもありましたが、現実を目の当たりにすると、やはり動揺してしまう感じの私です。
opaken21121.jpg
1000ポイント貯めるごとに一枚、カウンターで引換する形のOPAのお買物券。
私は、南越谷ではあと一回交換するくらいかなと思うと、また残念な思いにさせられます。
グループ企業によるイオンレイクタウンに完敗し、商圏を奪われた形ですが、OPA閉館のように派手に目に見える影響だけでなく、ジワジワと周辺の商業を痛めつけているのでしょうね。考えさせられることばかりです。
タカショーからカレンダー届く(H21.12)
takasho2112211.jpg
タカショーからカレンダーが届きました。
昨年もいただきましたが、こじんまりとしたものですが、なかなか綺麗で、こんな庭が欲しい!などと思わせるショールーム的効果もありそうなカレンダーです。
takasho2112212.jpg
同封されていた文書。
いつも丁寧で誠実な雰囲気が伝わってくる思いがします。
takasho2112213.jpg
来年度からは庭の情報誌の送付はなくなるとのこと。ちょっと楽しみが減りますが、やはり情報を印刷物で得る時代はそろそろ終わるのかなとも思ったりします。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

富士山を空から眺めて
fuji21121.jpg
全日空の羽田~伊丹の空旅での楽しみは、富士山の空撮。水平飛行中にいい感じで眺めることができます。
fuji21122.jpg
今夏の富士山昨夏の富士山とは違い、一面雪に覆われています。
東京あたりから遠目に眺めるのとはだいぶ違いますね。
fuji21123.jpg
先日から片山右京氏のパーティが遭難し、二人が亡くなったニュースが報道されています。調べると、富士山で遭難される方は少なくないようで、つい夏の富士山を思い浮かべていると、ギャップに戸惑います。
ただ眼下の頭を雲の上に出した富士山は、明らかに雪山です。
fuji21124.jpg
確かにこう見ると、夏の登山とは違う厳しい世界がありそうです。
馴染みのある山とはいえ、何しろ日本最高峰ですし、谷川岳などの他の山々は富士山より低く、単独峰ならではの厳しさもあります。・・・ここにBOAC機(「マッハの恐怖」がわかりやすい)を想起してしまう私(=飛行機が苦手(苦笑))だったり。

その遥か上を飛んでいるのだと考えると、何だか途方もない気分にさせられます。


カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
503位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
228位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。