雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京會舘の株主優待券のこととか
tokyokaikan2201.jpg
東京會舘の株主優待券です。
私はさらっとシャンテのシャポーあたりで利用してしまい(有効期限ギリギリになると、まして)あまりメリットを受けていなかったりもしますが、ある意味でちょっと贅沢な楽しみ方なのかもしれませんね(笑)
パーッと豪遊できたらいいのですが、如何せん・・・会社ホームページの株主優待紹介にもあるような、実物(食事券)の方は安心して贅沢できるのですが、こればかりは性分なのかもしれません(苦笑)

なんで急に記事にしたのか?・・・それは今月末の権利確定はしなかったからでもあります。
この判断や如何に?(笑)

なんだか記事を書きながら残念な気分に襲われてしまったりもする年度末です。
明日からは新年度。私事ですが生活もガラッと変わりそうですが、体調に気をつけ(たまには贅沢をして)頑張っていきたいなぁと思っています。
スポンサーサイト

アマナホールディングスの株主優待のこと(H22.3)
amana2203301.jpg
アマナホールディングスから株主総会の決議通知と併せて、株主優待の選択についてハガキも届きました。
画像の説明通りなのですが、年々・・・(略)という感じもします。
昨年の株主優待と比べても、なんだか継続的な株主であっても、なんとなく首を傾げてしまうのは、特産品が縮小したのが残念だからです。
やはり「地域貢献」という意味合いの意義深さは大事にして欲しい思いもします。
amana2203302.jpg
とは言え、配当がしっかりあるわけですし、あまり不満を言うのも失礼なのかもしれません。
同封のハガキで株主を分けているスタイルですが、裏面にはアンケートもあり、会社側への要望も書くことができます。このあたりに「意義付け」の部分もありますね。
私はとりあえずお米などの方にすることとして、楽しみに待つことにします。
グリーンランドリゾートの株主優待券届く(H22.3)
greenland2203292.jpg
グリーンランドリゾートから、株主総会の決議通知と、画像の表紙の事業報告書に併せて、株主優待券が届きました。
半期前の記事までと違うところは、券面の有効期限くらいなので、あまり記事にできることもなさそうですが・・・(苦笑)
greenland2203291.jpg
遊園地の目玉のひとつでもある、券面にもそのキャラクターが描かれている、ウルトラマンの円谷プロは大株主に移動がありましたし、グリーンランド自体も西部ガスが経営権を持って久しいです。
次回迄の間には、何らかの変化があったりはするのでしょうか!?
そろそろ、いい加減に解散価値に株価が近づいてはくれないものか・・・と期待し続けているのにも、シビレが来そうなところだったりもする私なのです(笑)
京樽の株主優待券届く(H22.3)
kyotaru2203273.jpg
京樽の株主優待券が、株主総会の決議通知や事業報告書に併せて届きました。
無配ですから(「周年」なので、本来なら期待できそうでしたが)優待券だけが「利回り」ということになります。
前回の記事から内容に変更はありません。
kyotaru2203272.jpg
株主優待割引券も、再上場以来毎回いただいているのですが、使い切らないで三月末で無駄にしてしまいがちです。
もっと売上に貢献しないといけないのでしょうけれど。
kyotaru2203271.jpg
こちらは、株主優待の食事券。流石にきちんと利用して、美味しく寿司をいただいています。
パーッと使って、自分にご褒美もいいかなぁと考えています。
アリサカの株券のこととか
arisakakabuken22.jpg
アミューズメント施設の運営をおこなっていたアリサカの株券です。
粉飾決算の発覚もあり、会社更生法の適用を申請して、事実上の倒産をしました。
商圏から離れていることもあり「アーバンスクエア」もホームページでみるばかりですが、株券廃止直前の「駆け込み」コレクションで、名義書換も済ませています。
arisakasyomei22.jpg
アリサカにわざわざ請求してみると、画像のような書面が届きました。
私もなかなか「暇人」かもしれませんが、これはこれでよいコレクターズアイテムになります。
株券が「有価証券」ではなくなっていることを、改めて証明するというこの文書は、株券が電子化されたからこそ発行されたものです。
制度の狭間だからこそ、どちらもコレクションに加えることができたということになりますね。
雪組『ソルフェリーノの夜明け/Carnevale睡夢』を観劇
yuki220327.jpg
『ソルフェリーノの夜明け/Carnevale睡夢』を東京宝塚劇場にて観劇しました。
宝塚大劇場で観劇もしたわけで、ちょっと日をおいての追体験・・・味わいを新たにした感じです。
昨日が初日でしたから、東京公演はまだ始まったばかりですが、実際には折り返し点。サヨナラへのカウントダウンはどんどん進んで、バトンタッチが想起される台詞や場面が現実味を高めてきています。

お芝居と無縁ぽいオープニング、いきなりの長い説明台詞や、「少しも早く」、盆もセリもなく、日本人すら忘れつつある死語めいたことわざ・・・さすが植田先生というか「ベタな植田節」に圧倒され、ツッコミどころではありません。
倒れた馬の顔が妙にツボにはまったり、水さんは毎度よく殴られるトップスターだなぁと変に感心したり。未来さんが脈略もなく歌いださないのは残念だったり・・・
ポポリーノのハモニカが上手で、スサノオの太鼓生演奏を思い出したり、マンドリンは弾くのは難しいでしょうが「下手くそ」と言われると、オケボックスから反論が出そうに思ったり。
なんだか怪しげな劇評になりました(笑)

ショーはサヨナラ仕様。ただただ泣きました。
彩吹さんと大月さんの幻のトップコンビみたいなシーン、未来さんや神さんへもきっちり愛情を感じるつくりで。
ロケットがあまり印象深さがないのはちょっと残念だったりはしましたが。
脇を固める生徒さんたちも持ち味を生かして、イキイキと活躍している様子に、嬉しく感じさせられました。

次の作品では水さん、愛原さんもサヨナラになりますから、雪組は激変です。いまの雪組を存分に楽しむ一ヶ月ということになりますね。

「ソロモンの指輪」「マリポーサの花」雪組大劇場公演主題歌CD



トライアイズ・株主優待販売を実施
triis2203yutai.jpg
トライアイズから株主通信が届きました。株主総会の決議通知は、ホームページで閲覧するように、とのことです。
東京ブラウスマルエム松崎といった老舗企業と建設コンサルタント会社を子会社にもつ持株会社となっていることから、各社の概要や方針をまとめた株主通信でした。
また、画像のような株主優待販売の案内もなされていました。四割引というのはすごい優待ですが、元々定価が安くはないですから、案外「適正価格」くらいに見えてしまうのかも知れません。

ソフマップの鈴木慶氏が創業してから15期で「ドリームテクノロジーズ」は業容も大株主も経営陣も激変しましたし、平成電電は事件化しています。
ソフマップも同様かも知れませんが、時代の波を乗り切って、企業を存続させることの難しさをも感じさせられます。
東海汽船の事業報告書(H22.3)
touki2203251.jpg
東海汽船定時株主総会の決議通知と併せて、事業報告書が届きました。
カラー印刷で美麗な表紙の事業報告書で、ちょっと驚きました。昨年までは、やたらと地味だった気がするのですが・・・気のせいかも。
富士山をバックにした高速船の表紙は、大型船が営業の中心ではないということを示しているのか、はたまた夜行便ばかりだから仕方ないのかというところ。
株主優待については別に記事にしたところですが、自己利用でちょっと船旅に行きたい気分にもさせられます。
touki2203252.jpg
東海汽船にとって120周年という記念すべき年度でした。
記念配当は無理でも復配に期待もしたかったのですが、大型船の更新も近づく中では内部留保重視も仕方ないところ。
早く解散価値も復元していただきたいし・・・となれば、我慢のしどころ。
株主総会のお土産は継続されていますし、先ずはしばらくの辛抱なのでしょうね。

勝手な期待としては(笑)・・・東京都が離島の都民にとって不可欠であって補助もしているくらいなら、都営まではいかなくても第3セクター的に出資をして、大型船更新に後押ししてくれたらなぁとか。でも、石原都政もそれどころではなさそうなので無理かなぁとも・・・このあたりは、なかなか会社の努力だけでは解決は難しい課題ではあります。
ボンベルタ伊勢甚の商品券
isejinkenomote22.jpg
ボンベルタ伊勢甚の発行になる商品券です。
伊勢甚本社について、日本経済新聞が触れていましたが、あっさり手放された百貨店は、既にイオン傘下でありながら生き残ることはできず、既にありません。
ただ、券面にある住所には京成百貨店が移転して盛業です。
都市再開発の中で百貨店の位置付けも考えた、有効な再配置も重要ですが、その成功例となれば、伊勢甚百貨店の歴史も単純には消え去りません。
isejinkenura22.jpg
ボンベルタ百貨店も、成田の一店舗だけとなりました。
ボンベルタ橘の「橘百貨店」とは、実際には資本関係がなくなっています。

利用可能店舗と記載された「ボンベルタ伊勢甚」「伊勢甚ジャスコ」は現存しません。
ジャスコでは利用できますし、三越でも利用できるようです。ただ、会計処理がスムーズに進むかどうかは、保証のかぎりではありません。

なお、イオンのニュースリリースにあるように、「伊勢甚ジャスコ」は清算されてしまっています。このあたりは「扇屋ジャスコ」などとは運命に差が出た感じになりますね。
ディーワンダーランドからのお知らせ
dw2203191.jpg
先日「不適当な合併」についての条項(裏口上場を防止する規定)により上場廃止になった、ディーワンダーランドから、『株式残高通知書』が届きました。
ティーアンドイーソフトを源流に、ディズニー関連の「D」から、今では、質屋の「黄色と赤色の看板の」大黒屋の「D」と本業も変遷してきましたが、その業種転換の手法が忌避された感じでもあります。
dw2203192.jpg
こちらの画像は、今後の手続きについて。
株券が発行されたならば、もっと具体的ではっきりするわけですが、電子化されてしまったことが、取り返しのつかない面倒臭さを生んでいるわけです。
残高通知があるだけでも、まだマシであるということになります。
dw2203193.jpg
森電機や東海観光で名の知られた小川浩平取締役がいらっしゃったりしますし、このテの先例から、このあとは大体の予想もついたりもしないではないのですが・・・なんだか楽しめて、嬉しい展開であることを期待しています。
エム・エイチ・グループから株主優待品到着(H22.3)
mh2203221.jpg
エム・エイチ・グループから、株主優待品が届きました。
画像の表紙になる中間事業報告のリーフレットが同梱されていました。

前回の株主優待の記事にも書いたように、選択式ではなく、会社が選定した商品が届く形になりました。
mh2203222.jpg
商品についての説明。
モッズヘアのサロン専売品とのことで、それぞれ「1800」と記載されているので、3600円相当ということのようです。
株価を考えると「一律半期3500円の品物」という株主優待は、ちょっと利回りが良すぎる感じにもさせられるところです。
気に入って活用している向きには、定価通りで考えれば、すぐにモトが取れてしまうことになりますね。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

タカショーから株主優待案内届く(H22.3)
takasho2203211.jpg
タカショーから、株主優待の案内が届きました。
会社ホームページの株主優待案内にもあるように、持株数によって指定商品が変わってきます。
私はいよいよ1000株以上という大台に乗り、最大一万円相当の品物をいただけることになりました。
takasho2203212.jpg
画像が、今回の1000株以上の株主への優待品リストです。
この中から、希望商品を指定して送付していただく仕組みになっています。
前回のリストと比較すると、なるほど差異があるなぁと実感します。
さて、何をいただくことにしようか?と、しばらく(〆切りには気をつけながら)じっくり悩むことにしようと思います。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

東京ドームの株主優待券綴届く(H22.3)
todo2203201.jpg
東京ドームの株主優待券綴が届きました。
だいぶ前に記事にしたことがありますが、かなり久しぶりに記事にした感じになります。
なんとなく、記事にするタイミングを失すると、いただいているのにネタが流れてしまうこともよくあることで(苦笑)
これから更新頻度が落ちると、よほどのことがないと記事にしないまま過ぎていってしまうかもしれません。
画像は綴の表紙になります。東京ドームの事業概要をイメージした形になっています。右端は、松戸競輪の外観かなとか思っていますが、違っていたらすみません。
todo2203203.jpg
株主優待の割当基準。私は1単元なので、野球の優待はありません。
巨人ファンの方あたりの夢は東京ドームの大株主なのかもしれませんね。
末席であっても、3000円分の優待券がいただけるのは、利回りとしても美味しいところです。
todo2203202.jpg
こちらは、今回のトピック。松戸競輪場の特別観覧席引換券・・・1000円相当という感じですね。花月園のようなロイヤルルームではないのが残念です。
松戸公産の元株主(有無を言わさずに株式交換されてしまった)の私としては、ネクタイやネギの代わりとしては、入場証だけとはちょっと残念なところでしたが、これくらいの優待は継続してくれてもいいのでは?と思うところです。
花月園観光はどうなるんだろうか?というような競輪を取り巻く状況ではありますが、さて、東京ドーム悲願の?後楽園競輪復活の野望とかと関連しつつ、競輪そのものの今後も注目するところです。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

パーク24の株主優待改訂
park24220317.jpg
パーク24から画像の通りのハガキが届きました。
株主優待が事後に追加されるという形での、嬉しい改訂ということになります。
先般いただいた株主優待のタイムズチケットについて、黄色い看板のTimes駐車場だけでなく、新たにマツダレンタカーなどでも利用できるようになります。

各社において、株主優待は削減傾向にあるかのような時代の中で、なかなかない取り組みですが、急遽追加されたかのような感じ(テコ入れ?とか)もしたりするところです。
とにかく、良い効果があることを期待するばかりです。
私も、昨年度分の株主優待チケットの利用実績を考えると、「スパ」で利用できたりするのは楽しそうで、有意義な気もします。

それにしても、何か強い要望とかでもあったのでしょうか。ある意味で、会社側の決断の根拠や目論見が、利用実績のデータとともに聞くことができたらいいなぁなどと思ったりするところです。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

メディアイノベーションの株主総会招集通知
mi2203171.jpg
メディアイノベーションから定時株主総会の招集通知が届きました。
以前記事にもしましたように、強制買取ということに決まっていましたから、株主総会にも呼ばれないのでは?と思っていました。
このあたりは律儀に開催・招集するのだなと、ある意味で感心しました。
mi2203172.jpg
事業についての報告もなされています。
しかし、こんな状況でこんな報告をして、株主総会なんてしたら、「火に油」なのではないか?と思ったりもするのですが。
mi2203174.jpg
貸借対照表です。
突出している項目に、やはり目も行きます・・・
mi2203173.jpg
なにやら「関連会社」に多額な資金貸付をしているようです。
まるで、便利な「財布」にされてしまっているように思ってしまうのは、安値で強制買取される株主のヒガミ根性かもしれません(苦笑)
果たして、有効な資産運用の範疇に入っているとは言えるのでしょうか。やや疑問符をつけざるを得ません。
法的には何ら問題はないのだということなのでしょうが・・・解散価値の三分の一以下で株主を追い出しつつ、会社の資産を持ちだして・・・何処かで見たような気がするのは、気のせいなのでしょうか。


カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
500位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
212位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。