雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リオチェーンHD「端数株式処分代金支払いのご案内」届く
riochain2204281.jpg
リオチェーンホールディングスから封書が届きました。封筒右下には「処分」との文字があるように、これが所謂「手切れ金」の旧1株あたり480円が入った最後のお便りです。
最後の中間報告書を記事にしましたが、正真正銘いよいよ・・・という感じ。
私は銀行振込だったので、明細と下の画像の文面だけでした。
riochain2204282.jpg
リオチェーンが好きなファン株主でしたし、企業価値は480円ではないはずなのに、ちょっと納得はいかないのですが、こういったスキームは経営陣と大株主には美味しいわけで。
上場している価値を見いだせないケースや親子上場の解消には、株価水準の低いいまはチャンスとも言えますね。
株主数(株主優待)が占める割合も小さかったからでもあるのは確かです。

まぁ私が経営陣でも同じ判断をするとは思うのですが(笑)
スポンサーサイト

ダイユーエイトの株主優待予告
daiyu8220428.jpg
ダイユーエイトは株主総会の招集通知に、事業報告書が同封されています。
その最終面には、画像のように株主優待についての案内がされています。
こういった形で予告をされて、ワクワクと待つパターンは結構好きなのですが、私は商圏外なので、株主優待券はいただけません。
もちろん、逆にありがたいわけですので、不満は全くありません。
商圏外にも安定株主をもつためにも、株主優待券の金券ショップなどへの流出防止にも有用な仕組みだと言えます。
株主優待券そのものを見たことがないというのは、ちょっと物足りない気持ちもありますが、しっかり優待金額は「等価交換」となっています。
福島の名産(このあたりは地域貢献にも役立ち、地域産品の拡販にも寄与する)が届くのを楽しみに待つことにします。
もちろん、議決権行使を忘れずにしないといけませんね。訪ねることができたらいいのですが、なかなか平日に福島迄出かけるのは厳しいところ、みんな賛に〇をつけてハガキを返送する予定です。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

井上工業の株券のこととか
inouekabuken21.jpg
群馬県地盤のゼネコンであった井上工業の株券です。
特定調停という離れ業を使い、一度は順調そうに再建をはかっていたわけですが、最後はあっけない自己破産で幕引きとなりました。
ちなみに、かつての子会社「井上道路」は詳しくは分かりませんが、盛業のようです。

親会社であり、結果的に急転直下の破産の引き金をひいたプロス・Gを第三者破産として資産回収をはかっているわけですが、さてどのような具合なのでしょうか。
完全回収+αならば、株主にも分け前(残余資産の分配)があるわけですが、全く望み薄ですね。
強羅の竹の葉は、まだプロス・Gの・・・なワケないでしょうしね。
続報も特にないようですが(タイミングを見計らって公開するつもりでしたから)、とりあえず引っ張りだしてみた次第です。

いったい最終盤のゴタゴタは何だったのか?
それをはっきりさせるためにも、破産管財人などによる法的整理の中でハッキリさせていただきたいですね。
まぁ、だいたい予想通りなのかなとは思いますが。
塩牛丼を食べてみたこと
siogyu2204.jpg
なんだか牛丼を巡る消耗戦が続いていますね。
私はゼンショー(すき家)の株主ですし、かつては株主優待券について記事にしたように吉野家の株主でもありましたから、やはり気になるところです。
なんとなく勝負の行方ははっきりしてしまった感もありますから、今更感もありますけれど。

そんな中でダイエーの子会社としてスタートした(そのため愛用していた)神戸らんぷ亭は違う路線で生き残りをはかっています。
その手立ての一つが画像の「塩牛丼」です。目新しいもの、変わったもの好きな私は、とりあえず注文。
所謂「牛丼」とは一線を画しています。
ということで、比較は難しいですが、ユニークなハンバーガーを送り出していた「ドムドム」と同じ意気込みを感じてしまったり(笑)
とりあえず、らんぷ亭特有のメニューですが、ほかのメニューに好きなものもあるので・・・という感じかな?とか。今度は「塩牛皿」で味わってみようかな?などと思います。
同じ土俵で勝負するのではなく、毛色を変える手法は、なかなか賢い選択だと思わされます。それだけの発想と余裕があるということかもしれませんね。
ある意味で、消耗戦から撤退して、戦線の立て直しといくところで、らんぷ亭は先ず一つ足掛かりを作った感じなのでしょう。
親会社もちょっと業界としては毛色の違った会社ですし、次の一手も楽しみです。
日比谷パティオではいよいよ・・・
hibiya220425.jpg
日比谷パティオでは、いよいよルナ・レガーロのテントができあがり、幕が開けられようとしています。
立ち上がりの時の記事鉄骨の際の記事と書いただけに、あっけなくできあがってしまった感じでちょっと驚いたりします。
費用対効果とかではどうなのでしょう。
1000days劇場は再利用されて健在ですが、それに比べたら簡便すぎますし、いったい消防関係とかではとか素人なんでちょっと思ったりもしましたが、期間限定の建物としては充分なのでしょうね。
サーカスの大テントみたいなものですし。

とかあれこれ書きながら、私自身はこのチケットを確保したわけでもないのですが、なんだか美味しそうで、パフォーマンスも楽しそうで気になるところです。
8月までの期間中に、横目で眺めているだけで済むのか、それともやっぱり入ってみたくなるのか?さて、どうでしょうね(笑)
雪組千秋楽の一日
yuki220425.jpg
今日は、『ソルフェリーノの夜明け/Carnevale睡夢』の東京宝塚劇場千秋楽。
この作品で卒業される皆様との別れを惜しむ一日でもあります。
私も、八時近くから劇場前で入りを見届けさせていただきました。
白いスーツの未来さんは最後のお手紙の手渡し、会服の彩吹さんは晴れわたる空を楽しむかのように颯爽と、神さん・大月さんも最後の入りをしみじみ味わうかのように・・・大きな拍手で見送りました。
次は袴なんですよね・・・と。
takarazuka2204251.jpg
千秋楽のチケットは入手できず・・・かなりな高値になるのは、サヨナラショーもありますし、名残を惜しむファンの方々には、何に代えてもというところでしょう。
私は前楽を幸いにして観劇させていただきました。
私も、そのうちにその立場になる日が来るわけで、これが宝塚の「らしさ」の一つではあるのですが。
ベタな植田節も心地好く感じるようになってきてしまったのは、四回目だからというだけでなく、雪組の皆様の頑張りと楽の感傷も多分に入っているのかと。
ショーのジャンケンをはじめ、見所を押さえつつも、やはり「幻の主演コンビ」みたいなシーンや、大階段で気持ち良さそうに歌う未来さんに涙してしまいました。
takarazuka2204252.jpg
そして、夜は出待ち。サヨナラの見送りです。感傷に耽りながら、格好良い皆様を見送りました。
そうこうしつつ、次の主演コンビサヨナラの作品のお稽古もすぐに始まります。千秋楽の一日は色々な思いが交錯する一日。どっぷりと浸った一日になりました。

FEVER 水夏希写真集 Premium Cover Ver.



イマージュHDの株主優待到着(H22.4)
imagehd2204241.jpg
イマージュホールディングスから株主優待品が届きました。
前回届いた際の記事までと、さして変わらない内容になりそう(マンネリ?)なのですが、逆に安心していただける(目処がたつ)ような気さえしています。
画像の文面にあるように、今回はライスフォースのローション。一回おきに品物が入れ替わるのでしょうか?
imagehd2204242.jpg
今回も株主向けの優待販売があります。
画像のように、一人一回ということですから、上手く利用することができると利回りが上がることになります。
「ライスフォース」が傘下にあるからこそという株主優待ですが、毎回有効に利用させていただいています。
業績もぐんと良くなることに期待していますが、こればかりは景気の先行き次第で、耐え抜く時期なのかなと思っています。



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

トライアイズのクオカード届く(H22.4)
triis22041.jpg
トライアイズから封書が届き、中には画像の通りの社名入りクオカードが封入されていました。
前回届いた際の記事に、「ぜひ次回も・・・と期待してしまったり(笑)」と書きましたが、デザインも一緒ですがいただけてナニヨリ(笑)と言うところです。
株主優待のように定着していく取り組みとなるのでしょうか?
triis22042.jpg
先日記事にも書いたように、予告されていましたし、議決権行使に特典を設けることにも異議はないので、有り難く頂戴します。
画像の文面通りの意識で、会社側が業績向上・安定に向けて頑張るとともに、「喉元過ぎれば・・・」ではなく、次回株主総会までに安定株主を得れば(ファン株主を増やすとか)経費節減(=こちらとしては残念ですが)につながるとは思うところです。

さて次回は?(笑)やはり期待しています。
浅草松屋を訪ねて(H22.4)
asakusamatsuya22042.jpg
百貨店の松屋は、株主でもありますので、株主優待カードについても記事にしていたりします。
忘れたようにネタにして、ブログを埋めているところですが、浅草松屋がいよいよ縮小均衡をはかる変革のときにあるので、しばらくぶりに訪ねてみました。
asakusamatsuya22041.jpg
既に「営業終了」と書かれたフロアがあるように、リニューアル(あまり嬉しい動きとは言えませんが)に向けて、動きは顕著です。
asakusaeki22041.jpg
さて、浅草松屋は東武浅草駅と切っても切れない関係にあるわけで、逆に気楽に改築もできません。
東武鉄道にとっても、業平橋~(隅田公園)~東武浅草は輸送力の上でもネック。急カーブで入線しなくてはならないのも立地上は仕方ないのですが、押上にその地位を奪われても勝ち目はなさそうな現実が突き付けられたままになっています。

半蔵門線に押上(事実上は東武曳舟)から直通するようになり、東武浅草の代替は様々なパターンも考えられるところ。そろそろ・・・かなとも思う松屋の縮小でもあります。
asakusaeki22042.jpg
これだけ隙間があり、ホーム幅が狭く、車内放送で前方車輌から下車するよう促される駅(しかもターミナル駅)は中々有り得ません。

あくまで松屋はテナントですから、主導権は東武鉄道にあります。耐震性だって、老朽化著しい建物に要求するのは酷な話。スカイツリーに一段落つけば、次の課題は・・・となるのは明白ですね。
asakusamatsuya22043.jpg
スカイツリーが出来れば、浅草は賑わうのか?それとも「重心」がずれていってしまうのか?
そもそも百貨店としての床面積とは言えない程度となる浅草松屋も、銀座に絞りこむ形になる松屋も、この先は・・・?と注視しています。
イオンの株主優待返金引換証のこととか
aeonhenkin22041.jpg
イオンの株主優待については、半年前にも記事にしているところなので、取り立てて記事にするところもなく・・・(苦笑)
とは言え、しっかり購入履歴つきで返金されるのは、説明責任が果たされているとともに、全ての買い物をイオン系でしていた場合、ちょっとした家計管理の有効な手だて(いつ、どこで、いくら買ったか)かもしれません。
欲を言えば店舗名を子会社でも完全掲載し、買い物額やレジの傾向で「食品等」「衣料等」とか分類していただけたら、なお好都合なのですが。
aeonhenkin22042.jpg
利用案内には、グループ企業のリストも載せられています。
こういったものも、経年比較して分析したら、面白い論文になりそうなものですが・・・何処かの大学とかで、私を教授(流通か投機か経営破綻かそのあたり)にして研究させてくださったらなぁ・・・とか、こんなところで自薦してみたり(笑)

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

東京ドーム株主優待券での通信販売のこと
domesinamono22041.jpg
東京ドームの株主優待券については、先般記事にしました
今回は、その株主優待券を利用しての通信販売の案内が届きました。
遠隔地に居住していても、しっかり活用できる仕組みは評価できます。
そういえば、こんなデザインのカードもあったなぁと眺めたりしました。
さて私はどうしようか?となれば、決めかねる内容です。
domesinamono22042.jpg
画像の商品一覧を眺めると分かる通り、東京ドームに行く機会があったり、ショップインで買い物する機会がある場合は、どうしても!というワケでもないかなとか・・・こういうのは、ゼイタクな悩みかもしれませんね。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

銀座ルノアールのキャンペーンのこととか
renoirginza2201.jpg
「銀座」といえば・・・銀座ルノアール
などと言えば笑われそうですが、銀座という響きが喫茶店チェーンの屋号としても、また良いのです。
「銀座」だからこの値段とか(笑)まぁルノアールは「お茶代」込の値段とも言えそうで、席料が含まれての価格とも言えますが。
とは言え、本社は銀座にあったりはしません。
株主優待券については、昨年も記事にしているのに、今回わざわざ記事にするのは、またスタンプキャンペーンがなされていたからでもあります。
sendagaya21011.jpg
千駄ヶ谷のルノアールは、国立競技場や東京体育館絡みの時間調整に有効なので愛用しています。
最近、記事にもなっていないように(記事にするのをサボっていたりもするのですが)スポーツ観戦もサボり気味で、ご無沙汰になっていたりします。
renoirhibiya2204.jpg
最近、多分一番通っているのは・・・以前にも店舗については記事にしていますが、日比谷のルノアール。
ここでスタンプカードをいただきました。
cafemiyama2204.jpg
スタンプカードは「カフェミヤマ」になってますが(苦笑)まあ、もとはそうでしたからね。
キャンペーンは、10スタンプで1ドリンク。600円程度のものと引換ならば、1スタンプ(1ドリンク)で60円割引相当。
株主優待券での利用でも押印されますから、なかなか美味しいキャンペーンだと言えます。せっせと通って、有効に利用しようかなと思っているところです。
大丸の古いショッピングボンド(京都市章バージョン)
daimaruoldken2204.jpg
大丸の年代物のショッピングボンド(商品券)です。
釣銭も出るので、なかなか使い勝手が良い金券です。
東京都バージョンの券については、以前記事にもしましたが、こちらは、京都市のマークが入っている商品券です。
デザインもちょっと一風変わっていて、眺めていて飽きない気分がします。
となると、利用してしまうのが惜しくてコレクション化してしまったりするところです。
何度も書いているので、常連の方々には呆れられそうですが、やはり裏面の店舗リストがジワジワくるのです。
百貨店が苦境な時代ですから、ますます感慨深いものとなっていってしまうのかもしれません。
百貨店がまた裏面程度とはいかないまでも、賑やかになって華やかであって欲しいと願うばかりです。

大丸・松坂屋 コスメ通販マルコレ
ゼンショーの「ゆるキャラ」?のこととか
zensho2204041.jpg
ゼンショーから、以前記事にもしたところのサポーターズクラブの会報が届き、前回同様にアンケートのハガキが入っていました。
株主優待券で視察するように・・・ということですね。意義付けとしても良いと思うところではあります。
zensho2204043.jpg
さて、ハガキにも描かれているのが「ゼンショーグン」というキャラクターなのだそうで・・・
京成パンダあたりとは違って、インパクト重視ではないようです。それでも、なんだか充分「ゆるキャラ」なのでしょう。名前から言っても、ウケ狙いありありですから。
zensho2204042.jpg
さまざまな声を聞いて、それに答えていくだけでなく、広める取り組みも重要ですし、親しみがもてます。
しかし、うっかりするとクレーマーが「楽しんで」あれこれ書いたり、個人攻撃や誹謗中傷の道具となるのは両刃の剣。
または、スパイ組織ばりに密告を吸い上げる、警察国家とか恐怖政治のお決まりの方法にもなりかねません。
単なるイエスマンばかりの「協賛」機関として堕落したり、常連の馴れ合いの場となる危険性(最近の朝のNHKラジオあたりは、ちょっと危なっかしい感じがしています)もあります。
それでも、そういった海千山千の中に大事な情報も埋もれていますから、ツールとして貴重ですね。

ゼンショーグンへの批判は許されるかどうかはわかりませんが(笑)
雪組『ソルフェリーノの夜明け/Carnevale睡夢』観劇(三回目)
yuki220411.jpg
『ソルフェリーノの夜明け/Carnevale睡夢』を東京宝塚劇場にて観劇。
この日のために年度始めの激務に耐えたような気さえします(苦笑)
目標をもつことは大切ですね・・・とか。

公演期間が一ヶ月と短くなったこともあり、観劇機会は減る一方。
いい方ではありますが、大劇場のように「客席を赤く染める」状態ではないので、リピートもなかなか難しく・・・私はあと一回かなと言うところです。
感想などは、改めて書くのも気がひけますし、あまりアドリブなどで変わったところもないのですが、やはり涙が出てしまうシーンばかり。
次代を意識したような新郎新婦もありますが、逆に幻の主演コンビと思えるシーンも。
胸に花がつく千秋楽などだと、絶対に号泣しそうです。
今日は、天勢さんが観劇されていました。相変わらず細くて、すごいなぁと感心するばかりです。
天勢さんたちの抜けた穴を下級生たちが埋めているように、今回でサヨナラの四人の生徒さんのポジションも・・・とは思うのですが、なんとも大きな穴だなぁと、容易に想像できない気分です。

彩吹真央スペシャルブック Departure





カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
332位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。