雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琉球銀行の株主優待券をいただいて(H22.6)
ryugin2206301.jpg
琉球銀行の株主総会決議通知に併せて届いた「営業のご案内」(事業報告書)です。柄からして「琉球らしさ」全開で、こういうところもなんだか好きな末席株主の私です。
ryugin2206302.jpg
昨年も記事にしましたし、かねがね定期預金も積み上げてきたところです。
預金の旨味は大きくはない時代ではありますが、このあたりは「株主優待趣味」の一環です(笑)
100万円なら電力株あたりだと・・・とか、琉球銀行の株をナンピンしたら・・・とかは言わないのがお約束です(笑)
ryugin2206303.jpg
内閣府 沖縄総合事務局あたりが大々的に沖縄振興を打ち出してくれるといいのですが、期待薄ですからね。
さて、この夏はいくらほどの定期預金を作ろうか?と算段中。気持ちはかなりな暇人とか風流人、カブキ者かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

日貿信の第71期報告書を読む
nichiboshin22061.jpg
日貿信から、株主総会の決議通知と事業報告書が届きました。
ある意味で、ブログの記事としては、ややマンネリな気もしますが、毎年届くことこそが有り難いことです。
nichiboshin22062.jpg
とかいいながら、一昨年に記事にしたあと、昨年は記事にしわすれたことに今更気付き慌てています(笑)
nichiboshin22063.jpg
今期の事業報告。日貿信の皆様の奮闘ぶりが感じさせられるとともに、「再建」が一段落して次を見据えている端緒をも感じます。
これからに期待してしまうとともに、もう少し買っていたらなぁと反省しています。
nichiboshin22064.jpg
貸借対照表を眺めると、破綻直前のそれが嘘のように、良質なものとなっています。
民事再生法の成功例ということになるのでしょうし、日貿信を見習って、全額までは減資しない破綻企業が続いてくれたらいいのですが・・・
今年も有り難く読ませていただいた私です。
東京デリカの株主優待案内(H22.6)
derica2206291.jpg
東京デリカから株主総会の決議通知に、今年の株主優待品についての案内が同封されていました。
昨年も記事にしましたが、今回もなかなか期待できそうな感じがします。
derica2206292.jpg
ハガキ大の株主優待案内を裏返すと(本来は逆かもしれませんが)挨拶文があります。
バッグ業界も、老舗マルエム松崎が結局は破産に至ってしまったように、なかなか厳しい状況ではあるのでしょう。その中での健闘振りは嬉しく感じます。
derica2206293.jpg
持株数を増やせば、結構ランクアップする感じもします。来年の権利確定の頃には、ちょっと考えてみようかなと思わされています。
上野であれこれ建物観察
ueno2206201.jpg
西郷会館(上野百貨店・上菱のれん街)は、なんだか動きはあるのでしょうか。いつも通りに放置されている感じです。
このまま未利用が一番バカバカしいので、いっそ廃墟やら肝試しで商売するとか、産業遺産に登録してきちんと放置・・・もとい保存されることを期待します(笑)
ueno2206202.jpg
京成上野駅は成田スカイアクセス開業で賑わうのでしょうが、並びがこんな感じなのは、上野の力の低下なのかJRの「駅ナカ」あたりが悪いのか・・・
双方の対比は、ともに「工事中」ですが明暗がハッキリしています。
ueno2206204.jpg
何度か訪ねたスタームービー(いや、もちろん一般館になってから(笑))でしたが、すっかり新しい映画館に建て替えられていました。
へぇ~これなら「上野スタームービー系」とか言えそうな(スバル座あたりより綺麗そうで)だなぁ」と何気なく見たら、「OKURA THEATER」とあるではないですか!スタームービーは帰ってこないのですね。
もともと、旧「新東宝(現:国際放映)」に関係する大蔵映画のチェーンですから不思議ではないのですけれど。
ueno2206203.jpg
こちらの左端に写る(近くでは撮影しにくく、かつ何やら写り込んでしまったらいけないし(笑))「上野オークラ劇場」が移転して、建替になるとのこと。
封切本数をみれば、ふと考えてみると、映画会社としては大蔵映画も大手になるんでしょうね。
ホリプロ第59期定時株主総会に出席
horipro2206262.jpg
先日、参加希望のハガキを出しておいたホリプロの第59期定時株主総会に出席してきました。
会場は昭和女子大学人見記念講堂です。

安永専務大活躍という感じではありますが、テキパキとハッキリ回答する連係プレーは、毎年見事です。
ただ、なんだか毎年同じような質問がでるのは無駄っぽいですが。
horipro2206261.jpg
株主総会のお土産はキプリングの財布。
気に入りました!
割引券もサリゲナク入っていました。

取締役の持株数の質問も出ましたが、安永専務も私より議決権が少ない様子ですので(持株会分もあれば、多分敵わないですが)頑張って買い支えてもいただきたいものです。
horipro2206260.jpg
今回のタレントさん。大活躍を期待するところです。
「いいぞ!ホリプロ!(株主総会・懇談会改善に賛成)」などに書いた通り、落ち着いた有意義な総会になっています。飲食接待(供応)などは、やはり余計なもの。健全な形に定着しているのは、私としては嬉しいのです。
総本家駿河屋の株主優待のこととか
surugaya22063.jpg
駿河屋から昨年までと同様に株主優待券が届きました。
毎年のことではありますが、上場廃止になった会社で株主優待があって、なおかつ事業も順調に進んでいる会社はなかなかありません。
あのとき、上場維持のために怪しい口車に乗せられていなければ・・・そもそも東証くらい上場廃止になっても、この状態ならば大丈夫だったわけですし。
上場廃止になったからこそ、ドラスティックなことができた、危機感が生まれたということもあるのでしょうが。
surugayaken2206.jpg
こちらは株主優待券。風情があるというか、高級感があるような感じです。
直営店に赴かないと使えないので、なかなか使い切ることはできなさそうです。
ネット販売でも株主優待が利用できるので、最近は専らそちらを利用しています。
surugaya22061.jpg
surugaya22062.jpg
結局、爪痕はこういうところに残っています。議決権行使を呼びかける書面2種。
まだまだ「ほふり」のままになっている方々もいるようです。
株主優待もありますから、少しも早く名義書換をして、議決権行使もしていただきたいものです。
長野そごうの商品券
naganosogoken2201.jpg
そごうの商品券群については、しばしば記事にしていますが、こちらは自己破産により消えた「長野そごう」の商品券です。
「長野そごう」は、元々は「丸光百貨店」(仙台等にあった丸光(現:さくら野百貨店)とは別)です。

先日に続き「そごう」ネタになりましたが、間もなく経営破綻から十年になりますので、ちょっとした回顧記事みたいなものです。
naganosogoken2202.jpg
裏面にはまるみつ百貨店の前身である「諏訪丸光」の名前もあります。
ちょうど「ダブルそごう(十合)」といった時代の商品券。「トリプル」へ突き進みつつある頃です。

いつものタラレバですが、もし「長野そごう」ではなく「長野丸光」という扱いであったなら、「諏訪丸光」のように結果的に経営破綻したとしても、店舗としては生き残れたりしたのでしょうか?
建物のことをはじめ、総合的に考えれば仕方がない決断だったわけで、多分同じ結論だったかもしれませんが・・・。
「長野そごう」だったからこそ、今でも商品券が使用できて、釣銭もでるわけですから、このあたりのバランスは何とも言えないのも確かです。
巴工業からワインが届く(H22.6)
tomoe220619.jpg
巴工業からワインが届きました。
記事にもしたように、優待実施の第一回から継続していただいており、いつも美味しく楽しんでいます。
本業は?と考えると、ちょっと微妙な多角化ですが、輸出入のノウハウを生かすことができているのでしょう。
流石に本業の品物をいただいても困りますから(笑)ワインがちょうどいいです。
舶来の酒類は某社あたりが抑えているところを、敢えて「巴工業」経由で購入するように株主に意識させたりするのは、効果的かもしれないですね。

今回のワインは、フランス産の「サンテミリオン グランクリュ シャトーサンロー」赤ワインです。
佐良直美さんも同じようにいただいていることでしょう・・・とか考えると、筆頭株主も末席株主も同じみたいなのは良いのか悪いのかも微妙ですが、私の立場ですとただただ有り難いばかりです。

あとは、赤ワインに合うものをどこかの株主優待で入手して・・・とか(笑)

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

ヤスハラケミカルは工場見学会実施(H22.6)
yasuhara2206191.jpg
ヤスハラケミカルから、株主総会の決議通知が届きました。
以前、記事にしたこともあるように、ヤスハラケミカルはかつては「図書カード」がいただける株主優待がありました。
昨年からは廃止になりましたが、私は事業のユニークさと解散価値に魅力を感じ、引き続き(かつ、買い増した)株主でいます。
yasuhara2206192.jpg
画像の通り、株主向けに工場見学会を実施するとのことです。
福山までは、関東からは流石に訪ねるのは容易ではありませんが、「テルペン化学工業」の現場を見ることのできる貴重な機会になります。
今後とも継続していただけたら、いつかは行きたいところです。
これは、ある意味での「株主優待」だと思います。
カブトデコムの株主総会招集通知(H22.6)
kabutodecom2206181.jpg
カブトデコムについては佐藤茂・現会長バージョンの株券神田隆夫・現社長バージョンの株券についての記事に言い尽くした感もありますが、前回の株主総会から、また一年がたち、第39回定時株主総会の招集通知が届きました。
kabutodecom2206182.jpg
事業報告の書き出しあたりは、ごく当たり前な「定型」ですが、読み進めれば逆に異様な雰囲気すら感じます。
いまのカブトデコムを語るには、今期の「わが国経済」といった紋切り型な挨拶とは掛け離れているように思えてならないからです。
kabutodecom2206183.jpg
解散価値あたりも「定番のネタ」ですが、画像の文面にも記載の通り、平成22年9月が「節目」になることも、繰り返し告知されてきました。いよいよ今年度になりましたが、乗り切れるのでしょうか。
ただ、流石に「過払い」になっている部分もあるはずなのかとは思うのですが。
会計監査も相変わらずですが、ここまでともなれば、逆に気楽かもしれませんね。
kabutodecom2206184.jpg
監査役会が「適法ではない」と仕方なしに認めるのも例年通りです。
貸借対照表もここまでとなれば、芸術の域。とは言え、貸倒引当(破産更生債権)が半端ではないのも特徴的です。
結果、すべての破産処理が済む迄は(北海道拓殖銀行も無くなりましたが)幕を引けないのかもしれません。法的整理をしないことのメリットがあるはずなのだとは推察しますが。
オメガプロジェクトHDの招集通知のこととか
omega2206171.jpg
オメガプロジェクト・ホールディングスから株主総会招集通知が届きました。
omega2206173.jpg
以前、記事にもしましたが、いつの間にかに本業は「伊豆シャボテン公園」関連みたいになっています。
議決権行使すれば、ペアチケットがいただけるとのことです。なかなかな利回りということになります。
omega2206172.jpg
そして今回の株主総会では、社名変更が提案されています。
すわ「シャボテンHD」かと思いきや・・・ますます謎な感じもします。
「リングらせんHD」とか過去の栄光な社名でもありません(笑)

新商号は「ソーシャル・エコロジー・プロジェクト」だそうで。何やら新事業がうごめきそうな社名ですね。「ボディソニック」の名残はまるで見当たりません。
東海汽船の株主優待追加
touki22061.jpg
東海汽船から、予期せぬ形で新たな株主優待券が到着しました。
株主優待券綴の表紙は、いかにも「らしい」感じがして、これまでの割引券綴より好感度アップです。
touki22062.jpg
通常(これまで)の株主優待券については、以前も記事にしていますが、今回の株主優待券は画像のとおり、新たな分野のもの。
touki22063.jpg
こちらが伊豆大島のホテルについての優待説明になります。
株主優待三昧で自作ツアーが組めそうですね。
touki22064.jpg
伊豆諸島までの船旅をしなくても活用できるのが、レストランシップヴァンテアンの株主優待。
納涼船とは違います(笑)
なかなか高級ですが、バブルで勘違いした後遺症としか言いようがない状況を改善するきっかけになればいいですね。
ユニオンホールディングスの株主総会招集通知
union2206141.jpg
ユニオンホールディングスから、株主総会の招集通知が届きました。
臨時株主総会あたりがどうなったかわからず仕舞いで、ユニオン光学も破産して、自然消滅?と思っていただけに驚きです。
union2206142.jpg
ユニオン光学(→KYG)の破産で、事業があるのかないのかわからない、まるで清算会社のような状況です。
新しい所在地は千駄木ですが、「ワコーレ」は懐かしい「檜不動産」のブランドで、ユニオンシティサービス他が管理会社などとして、檜不動産の流れを受け継いでいます。まさか「ユニオン」つながりではないでしょうが。
union2206143.jpg
この見開きを読むだけでも、かなり厳しい状況であることはわかります。
債務超過ではないとは言え、なかなか簡単な問題ではありません。
富士テクニカルリサーチが筆頭株主で、あとはそちら次第という感じでしょうか。
union2206144.jpg
議案に目を転じると、株式併合が提案されています。100株を1株とするもの。
端株については、対価の支払があるようですが、なんだか手続きにかかる費用の方が高そうですね。
union2206145.jpg
そして、1単元を1000株に引き上げることがセットになっています。
となると、旧100000株未満の株主は、議決権を喪失することになります。
株式の買い取りあたりはして貰いたかったりしつつも、通知が一本でも来るなら私は満足かなとか(笑)

横濱豊行氏も逮捕されてしまいましたし、オメガプロジェクトもあれやこれや・・・という感じですが、ユニオンホールディングス(そしてユニオン光学というブランド)はどうなるのでしょうね。
トラステックスホールディングスの招集通知を読んで
trustx2206130.jpg
トラステックスホールディングスから株主総会の招集通知が届きました。
末席株主など適当にあしらわれて終わりかと思いきや、案外に律儀です。
届いただけで、もうモトをとった気分だったり(笑)
trustx2206131.jpg
CLSAサンライズ・キャピタルがすっかり押さえていますから、本来は好き放題できるわけで・・・「事業譲渡」というだけで、「やっぱり」とか思わされたりしました。
軽貨急配(トラックを見掛けると、ちょっと嬉しい)を売却したら何も残らないし・・・とか。
中身を読むと、以下の画像の通りでした。
trustx2206132.jpg
以前の記事に書いた「次の一手」が、この再編(ホールディングス社から現業を切り離して身軽にする)だとすれば、次は・・・?
だいたい想像はできますが、その分け前の一部にあずかれるのか、はたまた捨てられる側にされてしまうのか、こればかりは末席株主としては、ただただ眺めるばかりです。
柏そごうを見上げて(H22.6)
sogokasiwa22061.jpg
そごうという会社は(「そごう・西武」になって)なくなりましたが、なお屋号は残り、赤い文字の「SOGO」も健在だったりします。
そごう柏店(柏そごう)を常磐線側から撮影すると、画像のような感じ。
向かいの柏高島屋や丸井柏店あたりと比べると、なんだかお金をかけていないなぁと。
だからこそ、古きよき「そごう」が残っているとも言えます。柏そごうは、グループ各社の中では好業績の会社だったわけですが・・・今はどうなのでしょう。

とりあえず、今日はJリーグ(2部だけど)首位を独走中のレイソルに因んだお弁当などのセールもあり、試合も言うことなしで・・・(余談)
sogokasiwa22062.jpg
「そごうの歌」(nicovideo)古いそごうのコマーシャル(youtube)に、懐かしい「S・O・G・O」のメロディを聴きました。ジワジワくる感じがします。
柏そごうも柏高島屋のライバルとは言い難い印象がしますし、グループ内のイトーヨーカ堂が近くにありますし・・・改修されていないということが、消え去る運命を表しているのだとしたら寂しいところです。


カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
206位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。