雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割引日本信用債券「見本」のこととか
warisinken22081.jpg
「割引日本信用債券」の「見本」です。
無記名で本券を持てたので、かつて「東京佐川急便事件」では、日債銀曰く「蟷螂紳士」こと金丸信氏のアレコレ(出てくる懐かしい名前の中で、現役は小沢氏くらいかも?)が思い出されます。
券面にある、九段にそびえ立っていた本店は取り壊されました。
日本債券信用銀行(日債銀)の株券は入手できていません。タンス株券以外に出回る可能性がないからでもあります。
warisinken22082.jpg
裏面は、ワリシンの案内になっています。
広告効果のあるリーフレットなわけです。
実のところ、本物のワリシン本券を見たことがない私です。
日本債券信用銀行に口座を開き、あおぞら銀行に行名は変わっても、細々とワリシンを持っていたりする私ですが、最近は他行の株主優待定期に資金が動き気味だったりもします。
aozora2208071.jpg
朝鮮銀行に源流を有し、最後の長信銀だった「あおぞら銀行」の本店は、やはり九段ですが、千代田区役所並びにあります。
なかなか立派なビルですが、そもそも「太陽神戸銀行東京本部」や「さくら銀行本店」だった建物。
aozora2208072.jpg
この建物は「東京堂ビル」と銘板に示され、神田学会の記事にもあるように東京堂書店と繋がりがあります。
書店・出版業界は斜陽きわまりないのですが、このような収入源があれば、たぶん安泰なのでしょうね。
chiyoda2208071.jpg
現在の千代田区役所は、立派なビルに入っていて、流石は金満な区だなぁと思います。
23区でも明らかに「貧富の差」があるのだなぁとつくづく思い、地方分権なんて絵に描いた餅と思うのです。
逆に分権が進めば、千代田区や中央区、港区の区民あたりは美味しい生活が約束されそうな・・・とか。
chiyoda2208072.jpg
旧千代田区役所は一部の組織を隣のビルに有していましたから、空中に連絡通路があります。
ビルの再開発の際には、どうするのでしょうね。「トマソン」が残るのでしょうか。
たぶん、今は連絡通路は「横断禁止」とかなのかなとウケを狙ってみてのパチリです(笑)
スポンサーサイト

アイケイから株主優待品届く(H22.8)
ik2208271.jpg
アイケイから株主優待品が届きました。
会社のホームページに商品の画像は載るようですから、私は同封の商品案内の書面を載せてみます。
前回は「ダシ」でしたが、今回は「ローカロ生活」の品物です。
ik2208273.jpg
4年前に株主優待品を記事にした時には、「ローカロ生活」希望!といった風な記事を書いていますが、間は記事にするのをサボり(ネタが豊富だったとも(笑))久々の記事になりました。
画像は、やはり同封されていた挨拶文です。かなり質素な感じがします。
ik2208272.jpg
「株主向け」なのかどうか株主なら既知(というか、正に手元にある)の内容のリーフレット。
利回りは確かにいいですが、筆頭株主も末席株主も一律な優待ですから、妙に説得力がありません。
買い増しに魅力があったら、既存株主にアピールする価値も高まりますが。
先ずは口コミで株主を増やそうという施策なのでしょうね。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

サカタのタネの株主優待のこと(H22.8)
sakatayutai22081.jpg
サカタのタネから、株主総会の決議通知に併せ、画像の封筒に入って、株主優待の案内やハガキ・ギフト券が届きました。
昨年の株主優待の記事と、代わり映えしないのですが(苦笑)変化がないのも「計算できる」良さがあります。
sakatayutai22082.jpg
「花とみどりのギフト券」も嬉しいですが、やはり「友の会」(そして『園芸通信』)が楽しみなので、早速に申込をしました。
毎年、手続きをするのは面倒ではありますが、家族などで複数の権利があった場合は、知り合いに一年間薦めるなんてことができるのは良い仕組みです。
ハニーズの株主優待券(H22.8)
honeys2208261.jpg
ハニーズからいただいた株主優待券綴の表紙です。
株主優待制度は、なかなか妙味がある・・・というか、利回り的に末席株主に手厚い感じがしてならない会社のひとつです。
honeys2208262.jpg
株主優待券の券面は、かなりしっかりしています。偽造防止対策もバッチリです。
まぁ、偽造するコストとリスクはまるで見合わないでしょうけれど。
honeys2208263.jpg
前回の株主優待券の記事にも載せていますが、事業報告書の表紙にはハニーズの主顧客層をイメージしている感じの、独特なイラストが描かれています。
とか言うと、やはり私あたりはターゲットから外れてしまっているんだなぁとか(笑)
1単元では、かなり手が届きやすくなっていますから、ターゲットの方々あたりがファン株主になっていただけたら・・・と思います。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

プロパストからハガキが届く
properst220827.jpg
プロパストから、画像のように、圧着ハガキにて遅ればせながら株主総会の決議通知が届きました。
ホームページは相変わらず過去の栄光を引きずっていますが、IRサイトは悪戦苦闘ぶりがよくわかります。
民事再生中(つまりは「事実上の倒産」中)の会社が上場を維持する第一号(かつての「店頭管理」も似たようなものだったかもしれませんが)ですから、あとに続きそうな会社あたりは注目していることでしょう。
一回目のハガキ二回目のハガキと記事にしましたが、ともかくきちんと株主総会が成立したのは、ハガキ効果だったのでしょうか。
はたして、末席株主はついていくと良いことがあるのかどうか?そのあたりは、自己責任かつ投機(ギャンブル)なところ。
今後ともテキトーに楽しめる(ネタにすることができる)ならば、それで十分な私です。
サティとジャスコが無くなるとか
saty2208270.jpg
マイカルの商品券をマクラに持ってきて、あれこれ書いてみることにします。
マイカルはかつて「株主」でしたから、四方氏の名前の株券最後の株主優待券と株券についても記事にしてきたところです。
大手スーパーの一角・・・いまや都市銀行(「13バンクス」が懐かしい)並に数を減らしつつあるような・・・社名として消えるのは第一号になるのかもしれません。
「マイカル」「サティ」が吸収合併により「ジャスコ」ともども「イオン」に統一されると報道されていました。
saty2208272.jpg
商品券の裏面にある各社も、ブランドごとに再編されたりするのでしょうか。
逆に再編されれば、株主優待券的には美味しい面もあるのかもしれません。
「イオン化」(理科みたいですけど)を進め、無駄を省いて利益を出すのは確かに良いのですが、一回限りの施策ですし、本来なら再建した会社の上場や売却でリターンを得るのが筋だったのでは?などとも思います。
saty2208271.jpg
サティのガーベラの柄の包み紙。カトレアの松坂屋、バラの高島屋、ダリアのそごう・・・のように、花をあしらった包み紙は印象的です。
イオンになれば、失われるものの一つですね。
空旅で景色を堪能した夏
boso220719.jpg
内房を訪ねた記事を書きましたが、この夏は空から房総半島を堪能したことを思い出し、写真を引っ張り出しました。
羽田に中々降りられず、房総を飛び越して、アメリカに向かって(笑)太平洋で待機したからになります(デジカメが使えるのは水平飛行中だから)。
oshima2207191.jpg
伊豆大島も空から眺めました。高所恐怖症の私も、流石にこれくらい高くなると、何やら吹っ切れていたりします。
oshima2207192.jpg
「人がゴミのようだ」(ムスカ大佐)とさえも見えない高さですが、だからこそ高所恐怖症の私も暢気でいられるのかも(笑)
グングン地面が近づく降下中や斜めに地面が見える旋回中に、良からぬ想像をしないで済むのは、きっと永遠に無理なのかなとか。
mtfuji2207191.jpg
とにかく、なんと言っても醍醐味は雲海と富士山でしょう。
馴染みの羽田伊丹線では、富士山の見える側を狙って予約して、機内食をいただきながら愛でています。
mtfuji2207192.jpg
夏の富士山だけに、玄武岩質の山肌が見えています。富士登山の元気はないので(苦笑)山頂を眺めて、それに代えたくらいの気分になっておきます。
mtfuji2207193.jpg
雪の富士山も好きですが、青い空・白い雲とマッチしている感じで、なんだか凛々しいと思います。
日本列島で、やはり富士山は抜きんでているのだということが、飛行機からだからこそ余計に分かります。
ある意味で空襲の時には道しるべともなったのでしょうし、BOAC機の事故につながってもいるように魅せられる思いがします。
mtfuji2207194.jpg
飛行機は富士を過ぎて羽田を目指します。見送る時に、やっぱり寂しい思いがします。たぶん、富士山が孤峰でもあるからでしょうか。
キャンドゥの株主優待券(H22.8)
cando2208251.jpg
キャンドゥから株主優待券が届きました。
毎回書いていますから、定点観測兼デザイン・カラーの確認のための記事のようになってしまいます。
前回の株主優待券あたりと比べれば、色だけが変わった形になています。
cando2208252.jpg
前々回の株主優待券は、この八月末日まで有効ですから、うまく狙えば三種類同時活用が可能です。
私は前々回の株主優待券が、ひょんなことから、まだ手元にあることに気付いて、少々慌てていたりします(苦笑)

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

壱番屋の株主優待券(H22.8)
coco12208251.jpg
壱番屋から株主総会決議通知・事業報告書に併せて、画像の株主優待券が届きました。
今回は、通常通りの枚数でいただきました。
半期に一度の楽しみも、末席株主では、あっという間に右から左になる価格帯ですが、そんな客単価(にできている)だからこそ成り立っているとも言えるのですけれど。
coco12208252.jpg
前回の株主優待券の記事や、招集通知の際の記事にも重ね重ね書いているように、これほどまでに店舗数が株主に意識される会社もないのではないでしょうか。
会社側も画像にもあるような「次回予告」をしています。
さて、いつ頃になるのでしょうか。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

内房の旅先にてあれこれ
odoyakyonan2208.jpg
おどやの鋸南店です。
今回、ふらっと内房を旅した中で、看板が気になったのでパチリ。
「おどや」は地場スーパーですから、南房総を旅するとたびたび見かけます。
看板に「サンバード」とあります。長崎屋のフランチャイズのはずで、馴染みのマークもあります。
どんどんドン・キホーテになっていってしまうので(冗談ではなく)株券にもあった長崎屋のマークも見かけることが少なくなりました。
そして、お菓子のタカラブネ。今では社名は「スイートガーデン」に営業譲渡されていますが、かつては上場企業だった会社が二つ並んでいるのも、私的には注目だったりして。ロゴも前のものですし。懐かしい感じでした。
nittohota22081.jpg
こちらは、保田駅前の「日東交通」のターミナル。
昔ながらの風情があって、いいなぁとパチリ。
nittohota22082.jpg
地方のバス会社も、日東交通のように分社するなど、生き残りにあの手この手です。
地域の足は一度無くすと、なかなか手に入らない貴重なものなのですが、あちらこちらで失われつつある風景でもあります。
nittohota22083.jpg
保田駅のホームから眺めると、アクアラインとは別の架橋(富津と横須賀を結ぶ東京湾口道路)を呼びかける看板が色褪せていました。
tferry22081.jpg
すっかり影が薄くなった、浜金谷と久里浜を結ぶ「東京湾フェリー」の割引券。高速無料化やら何やらの「実験」で、会社は蹂躙されてしまっています。心配でなりません。
tferry22082.jpg
東京湾フェリーの親会社は東海汽船の大株主だったりもしますから、何らかの再編も思惑にはなりますが・・・
パンフレットには三隻の優美な姿がありますが、船団縮小中の東京湾フェリーは、ついに二隻ダイヤに踏み切っていました。
tferry22083.jpg
東京湾フェリーの現在のダイヤ。かつての栄華を窺い知るのは難しい感じで、やはり残念です。
日経平均とか言う魔物について考える
tse2208.jpg
言わずと知れた「東証」東京証券取引所。
場立ちなき今、しかも株券もない今、半ば博物館となりつつある印象も受けます。
自分のコレクションにある株券が、ガラスケースに入っているのを見ると、なんだか不思議にも思います。あと、「生きている」会社の株券は、パンチ穴かつ無効印付であっても流出しないのでしょうか・・・そういう株券を眺める博物館はできないままきえるのだとしたら、取り返しのつかない大きな損失です。

さて本題・・・
日経平均は、かなり凹んでしまっていますが、持ち株的にはそんなには凹んでいる気がしません。
果たして、信頼に足る統計資料なのでしょうか。
不連続な部分がある以上、あくまで目安であって、そんなにオロオロするものでもないようにさえ思います。

昨今「全国学力テスト」がやはり不連続性があり、正しく比較できないと言われています。そもそも子供が違うんですから、アテになんかならないわけですが、統計至上主義とか、統計信奉に騙されていたりはしないのでしょうか。

平均寿命も人口統計も何やらアテになりませんし。

なんてグダグダ言ってみたくなるのも、もう日経平均に毒されているのかもしれませんが(笑)
「星影の人」を思い出して
hosikage1902101.jpg
間もなく、宝塚歌劇団雪組のトップスター(主演男役)水夏希さんが退団(卒業)します。サヨナラ公演のただ中ですが、ふと振り返ってみたら、肝心のお披露目公演が記事にしていませんでした。
中日劇場『星影の人』がそれ。なかなか哀愁に富んだ作品でもあり、和モノの雪組の片鱗を感じたことを思い出します。
hosikage1902102.jpg
ショーも華やかで、再演というよりも「改演」ですから、また新たな楽しみがある作品。
hosikage1902103.jpg
リメイクの良さというところもあります。案外、無理な新作よりは、手堅い旧作の方がいいのかもしれません。
hosikage1902104.jpg
中日劇場は宝塚絡みでしか訪ねたことはないのですが、「お披露目公演」の熱気と期待感で包まれる独特の雰囲気でした。
hosikage1902105.jpg
ここから、トップスター水さんの歩みが始まったのだと思うと、雪組ファンとしても各作品を振り返りながら、感慨に耽るところです。
hosikage190210.jpg
中日劇場のチケット。ぴあ的なチケットに慣れると、こういった「本格派」はまた味わいがありますね。

乱筆かつ纏まりがないですが、とりあえず記事にしてみたみたいなところでお許しください。
ウィズから「貯犬箱」届く
wiz2208211.jpg
ウィズの株主優待は、画像の文面の通り「貯犬箱」でした。
なかなかユニークでおバカっぽい貯金箱です。
私は、普段は貯金箱を有効活用していませんが、これならイケそうな気がします。
wiz2208212.jpg
しかも、株主優待仕様の非売品とは気合いが入っています。
正規品と比較できるように、あまり鮮明ではありませんが、画像を載せます。
「化け犬」みたいですが、白と銀の取り合わせになっています。
wiz2208213.jpg
箱にも株主優待とのシールが貼られていました。
wiz2208214.jpg
台座部分(お金が貯まるところ)は、もうすっかり株主向け仕様です。
ウィズを1単位買えるくらい貯めるのを目標にするのもいいかもしれませんね。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

ララの株券
lalakbken.jpg
ララという会社は、元グリーンシート銘柄で、建築・リフォーム工事と不動産売買をてがけていた会社です。
『地盤改修工法のマニュアル化と地盤改修器械 「よいしょ君」の研究開発及び「よいしょ君」を使用した地盤改修工法の全国への普及』ということで「中小企業創造活動促進法の認定事業」の対象となっていたようですが、いま検索してもネット上にソースが見あたりません。
と並べられると、将来性が大いにありそうで、飛びつきそうですが・・・結果はこのようになってしまったわけで。
新興市場あたりで粉飾をはじめとしたオソマツな話を聞くと、まだまだしっかりと事業に取り組んでいたように思うわけですが、新興市場でさえ信用できないと、グリーンシートの場合はますます信頼性が落ちてしまいますね。

検索すると、「前身のララホーム(株)(1993年(平成5年)9月設立)の事業を買収する形」などと書かれている「ララホーム」という会社は現存しているようですね。
そして「よいしょ君」はイマイズコ?とか。

取引先の赤石建設の民事再生法申請に連鎖する形での自己破産によって、VIMEX登録6社目のララは倒産しました。
ディーブレイン証券にとってはネット公募第1号という記念すべき会社だったわけですが・・・

赤石建設は盛業のようですが、こうなると悲喜コモゴモといった感じで、必ずしも株式を公開している方が「打たれ強い」とも言えないことになります。
株券下部には「ベンチャー投資マート」という文字が入っています。

ララをネタにしたからには・・・次はララァではなく!(笑)ラララ(壽屋)あたりをネタに持ってこなくてはいけないのかなとかネタに走る私なのですが、それはまたの機会にします。

グリーンシート―直接金融市場革命



神田の消費者金融二題
昨年も記事にしていますが、神田駅前に唯一残った、ワールドファイナンスを眺めてきました。
とはいっても、突撃取材をするわけでもなく、ただ、下の画像をパチリとする程度のものですが。
worldf2208.jpg
「ワールドファイナンス」は、更に店舗が減った様子で、いつしか知らないうちになくなってしまうのではないかとさえ思います。
一世を風靡した企業が跡形なくなってしまうとしたら、なんだか残念です。全く縁はないままでしたが。
kandatakefuji2208.jpg
縁があるのは「武富士」です。とはいっても、バレーチームをちょっとばかし応援したりする程度で、チョロチョロと株を転がしてみたり(笑)くらいの縁ですが。
どちらの会社にも、ティッシュペーパーではお世話になりましたけど。
武富士の看板等も、ちょっと見で色褪せた感じ。
この事業そのものが、もう生き残れないのでしょうか。ある意味で、司法や国の施策がぐらついたことの責任は思いですね。
宇都宮弁護士がオエライサンに納まっているわけですから、あまり期待もできないのですが。
いま写真に撮っておかないと後悔する未来になってしまうのでしょうか。このあたりは業界の正念場に思えてなりません。

シンクロナイズド・ラヴ





カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
332位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。