雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
第一家庭電器の株券(創業者版)
1kadenkbken2212.jpg
第一家庭電器の経営破綻から、もう九年が経とうとしています。
消え去るのはあっという間で、もう痕跡すら見つからないのは残念です。
琺瑯看板でもあるならば別でしょうが、店舗も転用されるなどしていれば、それまで。
フランチャイズ店などの片隅に何か残っていたら、譲っていただきたいくらい愛着がある私です。
前回記事にした株券よりも古い、創業者の<永長佐京氏バージョンの株券です。
様々なタイプをすべて掲載することで、株券ギャラリーを維持しようかと思ったりする運営方針で、引っ張り出してきました。

ムラウチ電気(ムラウチジョーシン)の社長は永長さん。永長佐京氏のお孫さんとのこと。ムラウチドットコムにほんブログ村運営)の村内社長も外孫(かつ第一家庭電器元社員)ですから、意外なところで第一家庭電器の流れが生きている感があります。
「家具は村内、八王子」の「村内ファニチャーアクセス」は遠縁なのだとか。同じ会社なのかなくらいに思ったりしたこともありましたが、高度情報化社会は様々な知識(多量の「ムダ知識」も)が入手できるのだなとシミジミ思います。

しかし、ムラウチドットコムでは「左京」になっています。お孫さんが正しいのかもしれないので困ります。




実録!倒産の深層―佐藤工業、地産、ハナヱモリ、ライブドア、川奈ホテル、第一家庭電器、新興産業ほか (別冊宝島)



新京成電鉄の株主優待のこととか(H22.12)
sk22121.jpg
新京成電鉄から株主優待乗車証が届きました。
新京成線全線を片道乗車(途中下車前途無効)できるわけですが、沿線に特筆すべきランドマークなどがあるわけではなく、私もそうですが、沿線住民でない場合は、使い勝手は微妙な株主優待です。
sk22122.jpg
前回の記事と違ってくるのは、中間報告書絡みとかになってきます。
新京成を代表していた車輛の引退記念といった感のある表紙になっています。
主力車輛や新型車輛を表紙にするのではないところに、ある意味「愛情」と「遊び心」を感じさせられます。
sk22123.jpg
裏表紙は路線図になっています。
この図もそれなりに曲がってはいますが、もっと派手にクネクネしているのが、新京成電鉄の特徴だったりします。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

高松駅であれこれ眺めたこととか
takamatust22111.jpg
高松駅であれこれブラブラしながら写真を撮ったのはいいですが、なんだか未整理かつあんまり綺麗に撮れていないのが、あとから見返すとかえすがえすも残念。
それでも、なんだかとりあえず記事に仕立ててみます。
takamatust22112.jpg
こちらは、うってかわって昔ながらの「気動車」といった感じ。
このあたり、JR四国も力の入れようになんだか区別しているのでしょうか。
takamatust22113.jpg
「アンパンマン列車」ということで、ニギヤカな特急に乗りましたが、こちらは駅の記念スタンプのわきにある「記念写真スポット」。アンパンマンと写真を撮ろう!ということなのでしょうね。
観光地ですと、つい顔の形に丸く切ってあるボードを思い浮かべますが、この場合はそうは行きません。
uzusio22112.jpg
「うずしお」も、このような側面だったりします。
uzusio22113.jpg
流石にヘッドマークまでアンパンマンだったりはしません。
uzusio22111.jpg
列車内にもヘッドマークがあります。
takamatust22114.jpg
駅を出ると、なんだか「未来少年コナン」とかを思い出したりするような、近代的建築。
駅の中にいる、ちょっとレトロな列車や、気動車との対比は、少し微妙な思いもします。

アンパンマン大図鑑―公式キャラクター2000



三菱マテリアルの株主優待(H22.12)
mmc22121.jpg
三菱マテリアルから、株主優待についてのお知らせが、中間報告書に併せて届きました。
毎年記事にしています(昨年の記事)が、使いこなせば中々面白い株主優待です。
mmc22122.jpg
これが、株主割引券等のクーポン形式だったとしたら、金券ショップやオークションをさぞ賑わしていることでしょうが、それなりに歯止めもかかりますし、経費を抑えることもできています。
私は、純金積立の1グラム5円引の優待を有効活用させていただいていますが、金価格の高騰を経て、始めた頃に比べると利回りは低下してしまっていることになりますね。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

名糖産業から株主優待品届く
meitosan22121.jpg
名糖産業から株主優待品が届きました。
画像は同梱されていた挨拶状で、アンケートのハガキもありました。

名糖運輸の株主優待については記事にしていますが、どちらも「名古屋精糖」に因んでいるために名前は似通ってはいますが、株主優待の内容はがらっと違います。

名糖運輸は「あとひき豆」や「ミルフル」ですが、名糖産業は親しまれている定番品の詰め合わせといった印象です。
粉末のロイヤルミルクティーや、アルファベットチョコレート、「ぷくぷくたい」など。
「クリスピーチョコボール」という新製品も入っていて楽しみです。
私は名糖産業のレモンティーなども好きなファン株主なので、こういった試食を兼ねた形の株主優待は大歓迎です。併せてアンケートもあるので、よい情報収集の契機にもなっていると言えますね。

名糖産業 アルファベットチョコレート 1kg



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

日本航空から「厚かましい」お願い
jal2212021.jpg
日本航空から封書が届きました。
全面広告への批判記事(コマーシャル復活にはますます唖然)やラビッツの記事などに書いてきたように、日本航空はそもそも好きでも株主でもなかったわけですが、最後の株主名簿には掲載されたということなわけです。
jal2212022.jpg
封筒やら郵送料やら資料やら何やらを考えれば、株主としてしっかりお釣りが来るわけですが、株券が無いのは返す返す残念なところです。
もし株券があったなら、もっと「大株主」になったはずなのだったりします(笑)
jal2212023.jpg
さて、封筒の中には、二枚にわたる画像のような文書が入っていました。
「厚かましい」と自ら言うだけで収まらない、上から目線で勘違いなお詫び文なのではないかという読後感です。
まあ、手紙が来ただけマシとかいう考え方もありますが。
jal2212024.jpg
こちらが二枚目。
全額減資の効力が発生して無価値になったとのこと。新たに書類を申請できること(これは楽しみ)
しかし、そのための株式デスクの開設時間が昔懐かしいくらいの役所対応です。
お知らせも何も特別なものではないようです。旧株主にはお詫びに1000マイルくらいつけるというなら考えますけどね。
シーマの株主優待カード(H22.12)
cima2212011.jpg
シーマから、株主優待カードが届きました。
わざわざ封書で末席株主にも送る費用もバカにならないのでは?と思います。単元を固めないと高コスト体質が会社の財務面を圧迫します。
とは言え、そのおかげでこうやって記事にできるわけですが(笑)
cima2212012.jpg
裏面には利用可能店舗一覧も印刷されています。
こうして見ると、なかなか大きいチェーンなのかなと、いつか株価やらで見くびってしまうだけに考えを改めさせられたりもするところです。
cima2212013.jpg
前回いただいた際は株券をネタにしましたが、そうそうネタも続きませんね。
画像のように、株主優待カードと同送(というか、こちらが本命かもしれませんが)の株主向けリーフレットもいただきました。
cima2212014.jpg
クリスマス商戦に弾みをつけるためと、お客を誘引するための経費としても、株主優待は機能しているのだと言えますね。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー



カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
427位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
199位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: