雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸石ビルディングを眺めて
maruishibd2212.jpg
丸石ビルディングを訪ねて、正面の写真を撮ってみました。
丸石自転車の本社があった建物ですが、もともとの源流である「太洋商会」や、その関連企業「丸石化学品」は現存していますし、盛業ですから、丸石自転車が当地に存在しなくなって久しくても、建物の名前は変わっていません。
丸石自転車は丸石ホールディングスのことなどであれこれ書きましたように、紆余曲折の末「丸石サイクル」に名前やブランドを残しています。
「丸石自転車北海道販売」は太洋商会の傘下で「オーアンドエム」として存続し、懐かしい方々の名前が役員に並んでいます。そして東京事務所はこの丸石ビルディングの中にあります。
maruishihd16080.jpg
ということだけでは、当ブログらしくないので、流会になった「丸石ホールディングス」最後の株主総会などについてちょっと資料を載せてみます。
今は、オーアンドエムの取締役をされている永堀隆司社長名による招集通知。この通知が出された時には、既に丸石自転車の命運は尽きようとしていました。
そもそも丸石ホールディングスも社長が交代し、八木芳雄氏らが逮捕されてしまっている状況でした。
maruishihd16081.jpg
上場廃止が決まり、議案が撤回されたことを伝えるハガキ。送料だけでもバカになりません。
maruishihd16082.jpg
その上、株主総会は流会となってしまいました。
定足数に足りないので、臨時株主総会転じて「説明会」となり、2時間以上も永堀社長は責められ続けました。
余りに気の毒でしたが、言えないことが多すぎたということもあって・・・増田聡前社長や遠藤孝子取締役絡みの質問あたりは、ご本人たちに冷静かつ正直に答えて欲しかったなぁと今でも思います。
maruishihd16083.jpg
ちなみに、出席票は「丸石自転車」のままでした。
maruishikakikae223.jpg
名義書換に関する用紙を送っていただいた封筒も「丸石自転車」のままで、住所は丸石ビルディングのもの。
こういったものひとつをとっても、混乱の極みにあったことを示しています。
ある意味で経費節減とかであったのかもしれませんが。
maruishikakikae221.jpg
名義書換の手続きを示した書類。もちろん、いまとなっては名義書換はできませんので念のため。
maruishikakikae222.jpg
株券が返却されてきて手続き完了。裏面には以前に記事にしたように、丸石ホールディングスの印鑑が押印されていました。
石福元社長や八木元社長の判決では執行猶予がついていましたが、かかわった方々が全容を話し出すのにはまだ時間も必要なのかも知れませんが、名門企業が無残にも消滅したことだけは事実です。

丸石自転車の清澤社長や、丸石ホールディングスの永堀社長、太洋商会の山口社長らによる「オーアンドエム」が、「丸石自転車」の歴史を継承するかのように、このビルディングでもがんばっていてくださることを祈るばかりです。

丸石ふらっかーずコモ26 B80M(エメラルドブルー) B846


スポンサーサイト

名古屋テレビ塔(名古屋タワー)を眺めて
nagoya1902111.jpg
名古屋テレビ塔を眺めてパチリとした写真です。
ネタ作りに引っ張り出してきたもので、もともとは「星影の人」を観劇しに名古屋を訪ねた際に撮影したものです。
nagoya1902112.jpg
二枚目は夜の「名古屋テレビ塔」です。
「あしぎんフィナンシャルグループ」(参考:株券を掲載した記事)でぼろ儲けして、百円札を撒いた方がいましたが、今頃どうしていらっしゃるのでしょうね。

東京タワー(日本電波塔)も、その本務を東京スカイツリーに譲る日が近づきつつありますが、私には名古屋もそうであるように、(無理とはわかっていても)「タワー」独特の鉄骨の曲線美な「裾」があって欲しかったなぁと思ったりして、どうもスカイツリーが好きになれません。
さらに、業平橋駅の駅名変更あたりは言語道断だとか思う偏った末席株主だったりもします。
まぁ、なんだか都内のあちこちにいても常に見下ろされているような気分がするからかもしれませんが(笑)そのうち慣れるのでしょうね。

ぼくらの名古屋テレビ塔 (名タイ昭和文庫)



東京タワー プレミアム・エディション [DVD]



東京會舘の株主優待券のこと
tokyokaikan2212.jpg
画像は、東京會舘の株主優待券です。
末席の株主には、この程度・・・等と思ってしまったりするのは、日比谷シャンテのシャポーあたりであっさり使ってしまうからで、画像にあるようなキラボシの各所にて、豪勢に相応しく!?宴会あたりで利用すれば、かなり価値の出てくる株主優待券ではあります。
株主らしく(=株価に見合う位の)豪遊をしないといけないのかもしれませんが(笑)

以前にも記事に書いていますが、結果的にはささやかに使ってしまいそうですが、何かのために!などと一枚は確保しながら一年を過ごすことになりそうです。
それというのも、前回のものがしっかり手元に残っているからにほかなりません(笑)
「靴のマルトミ」の株券
marutomikbken22.jpg
靴のマルトミの株券です。
名古屋証券取引所の上場銘柄でした。100株単位の会社で、返却されてきた株券も全て100株券だったので、かなりの枚数を入手することができてしまったのを思い出します。
ロードサイドの靴小売店(靴流通センターほか)と玩具店(BANBAN)など多数の屋号で全国に展開していて、FCを含め1700店舗を超えていたのですが、最後は売上不振と縮小均衡へのリストラ策の空回りなどで経営破綻に至ってしまいました。もう10年以上経ったのかと思うと、あの頃からずっと景気の悪さや業況の悪さは変わっていないのだなぁと思わされます。
youtubeに載っているCM映像などのロゴやグループの屋号も懐かしいです。

券面にある富永光行氏が一代で築き上げたチェーンだったわけですが、民事再生・全額減資のあと、社名は「ワンゾーン」屋号は「FOOTPARK」に変わり、いまではユニクロ(ファーストリテイリング)の傘下に入るなどして、会社としてはGOVリテイリングとして存続しているようです。
marutomi131211.jpg
最後に届いたハガキ。茶谷正幸社長の名前が入っています。
きちんとハガキを送ってくる会社ばかりではない中、丁寧な対応ですが、ことここに至っては「理解」していようがいまいが「全額減資」ということなのではあります。
もうすっかり「靴のマルトミ」の店もなく、痕跡を辿ることも株券などを除くと難しくなりました。

株券はゼロになりましたが、社債は預金担保が行使されて全額弁済されていたのも、いま思えばかなり異例な展開だったのだなぁと思います。

商売は「機を見るに敏」なり―一坪半の靴屋から日本一のチェーンを築くまで



松屋の商品券のこととか
mgken220902.jpg
百貨店・松屋の商品券です。
松屋ではかなり年代物の商品券も記事にしましたし、先般も似たタイプの商品券も記事にしましたが、こちらはちょっとサイズなどが違うものです。
こうやって見ると、あまりに種別が多過ぎるので、全貌は発行元の資料にあたらないといけないのでしょうね。
切手などのように、ホームページなどで簡便にわかるといいのにといつも思います。
mgken220901.jpg
裏面には利用できる百貨店のリストが掲載されています。
先般のものとは、発行時期も違いますからリストが違いますし、表記の仕方も違います。
sonybd220919.jpg
さて以前も記事にしたソニービルの壁面は(写真を撮影した際には)真っ白になっていました。これは、ちょっと残念。
日々変化する流行の発信源でもある銀座らしく、変わっている様を見るのも楽しみです。
HERMESのビルなんかを見上げながら、銀座をちょっと歩くのも、なんかオシャレな気分ですが、なかなか豪遊するほどではないのも残念だったりします(苦笑)
マルマンの株主優待(H22.12)
maruman2212241.jpg
マルマンから株主総会の決議通知や事業報告に併せて、画像のような株主優待の案内が届きました。
これまでは、有無を言わさずに健康食品やドリンクが届いたわけですが、今回からはハガキによる選択制になりました。
maruman2212242.jpg
ゴルフボールも楽しそうですが、ゴルフをいきなり始めたりしない限り無駄になりそうなので、無難に健康ドリンクということにしようかな?と思っているところです。
パイポあたりが選択肢にないのは残念ですが、SFCGの破綻に次いで、日本振興銀行の破綻絡みの大混乱も乗り切り、株主優待をしていただいているだけで、まずは感謝というところでしょうか。

リラックスパイポ グレープフルーツ 3本



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

A.Cホールディングスの株主優待のこと(H22.12)
achd2212241.jpg
A.Cホールディングスから株主総会の決議通知とあわせて、画像のような事業報告書が届きました。
が、そこには変化が・・・
昨年の記事の画像と見比べていただけば分かりますが、デザインはそのままですが、モノクロになっています。
売り上げは各地のゴルフ場で14億円余、南野建設で12億円余といった調子ですが、売り上げも漸減傾向で黒字転換もできていませんので、このあたりでも節約することはありなのでしょうが・・・
achd2212242.jpg
株主優待は、画像の通り存続しています。株主優待券の発行はありませんので、「ビジターより安く、メンバーより高い」というその優待価格は、総務部に問い合わせる必要がありそうです。
まだ利用したことがないままですが、使い勝手はいいのでしょうか?

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

星組公演「宝塚花の踊り絵巻/愛と青春の旅だち」観劇
hosigumi221223.jpg
三ヶ月ぶりに東京宝塚劇場に足を運びました。
星組「宝塚花の踊り絵巻/愛と青春の旅だち」を、まだまだ「リハビリ状態」かなとは思いながら、SS席で観劇。ちょっとショック療法過ぎたかもしれませんが(笑)
雪組観劇を恐る恐るする前にクッションを挟んだような気分なのです。
星組を観るのは久しぶりですが、雪組出身の二番手(このあと再び組替ですが)凰稀かなめさんの悪役ぶり(凰稀さんがいい人してると話が微妙になるので)や涼さんのサービス精神(流石は「すずみん様」といつも感嘆・・・コーナンの株主だから持ち上げるとかではないですが(笑))、そして柚希さんと夢咲さんのトップコンビの元気さ・明るさに夢のひとときをいただいたような観劇でした。
紅さんや夢乃さんの頑張り具合も楽しいですし、水輝さんと指揮者の掛け合いも笑いました(「愛」あるアドリブシーンですね・・・石田氏のこの辺「だけ」は認めたり)し、あまりに有名な原作だけにどうなることかと思っていたのは、まるで杞憂でした。星組の皆さんの頑張りに拍手喝采です。
「花の踊り絵巻」は「和モノの雪組」で観てみたかったりもしつつ、何より松本悠里さん(ミエコ「先生」)に圧倒されました。春日野「先生」ともども「人間国宝」だなぁとつくづく思います。そういう技の宝庫と言える専科の方々が減りつつあるのは心配だったりもします。

愛と青春の旅だち 製作25周年記念 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]



西郷会館は解体中(H22.12)
saigo2212221.jpg
11月に記事にした、上野の西郷会館(上野百貨店・上菱のれん街)の建物はいよいよ姿を消してしまいました。奥行きがけっこうあったように思ったのですが、向かい側から見ると、そうでもないような感じです。
えてして、片付いてしまうと、こんな広さだったのか!と驚くことも多いわけですが・・・
saigo2212222.jpg
さて、このスペースにどんなものができあがってくるのでしょう。
西郷隆盛の銅像がはっきり見えるのも、この時期だけなのかもしれませんが、逆に上から見下ろすと、けっこう視界が広がっているのでしょうか。

さて、上野動物園にパンダが戻ってくる日が近づいていて楽しみなのですが、工事現場を遮っている壁面にもパンダが描かれています。やっぱり、上野と言ったらパンダということでしょうね。

西郷南洲遺訓―附・手抄言志録及遺文 (岩波文庫)



横浜松坂屋の商品券
ymatudept22111.jpg
松坂屋の子会社であった、横浜松坂屋発行による商品券(ショッピングカード)です。
株券についても記事にしましたが、かつては上場企業(野澤屋→ノザワ松坂屋→横浜松坂屋)でもありました。
ymatudept22112.jpg
裏面を見ると、利用可能店舗が微妙に限定されていることがわかります。
関東地方限定というような構えですね。
さて、この券は松坂屋他店や大丸では利用できるのでしょうか?チャレンジするよりも無難に利用するのが穏当でしょうね。

「イリク」は野澤屋の紋章「入九」からきたもの。
商品券は発行の時点で時間が止まっているからこその趣ですね。

マンガ 松坂屋物語―江戸時代から四百年



篠崎屋株主総会のお土産は(H22.12)
sigezo22121.jpg
篠崎屋の株主総会のお土産は、画像のような金券(お買物ご優待券)千円分でした。
現物ではないのが、なんとも残念です。かつて十円饅頭をドシッと重くいただいたことを思い出します。
それにしても、手作り感のある金券です。ちょっと表記を含めて不安になったりもします。なんとも困ったものです。
sigezo22124.jpg
画像は、金券の利用可能店舗一覧です。
こう見ると、ひと時よりグッと店舗網が縮小したような印象も受けます。
また、スーパー向けなどを絞る縮小均衡策は、スケールメリットの喪失と表裏一体。じり貧に思えてなりません。
sigezo22122.jpg
そういう疑問に答えるとともにビジョンを示すべき、カリスマ創業者であり、画像にある樽見社長は病気で欠席。
社長が病気でいない会社のその後で、あんまり芳しい思い出がないことが、取り越し苦労ならいいのですが。
sigezo22123.jpg
次回も株主優待がいただけるような状態であるのか、ドンと業績が一変するくらいの変容をするのか、はたまた・・・とあれこれ考えたりもしますが、ともかくサッサと引換をして美味しくいただくことにすることにします。

おいっ!豆腐屋―原点に立って業界の常識を破ることから活路は生まれた



ディーワンダーランドの株主総会招集通知を読んで
dwonder2212131.jpg
ディーワンダーランドから株主総会の招集通知が届きました。
dwonder2212134.jpg
そういえば、この時期に株主総会がある会社だったなぁと、忘れ気味だったので、どこか新鮮にさえ感じました。
dwonder2212132.jpg
それと言うのも、画像のように説明がなされ、記事にしていますように、裏口上場を防ぐ規定に抵触して上場廃止になったためでもあります。
主たる事業の(質屋の)大黒屋は見かけますが、どこかに売却されてしまえばそれまでなので。
それにしても株主数もさして多くはないのですね。意外です。
dwonder2212133.jpg
画像にあるように、なにやら一般株主を排除する仕組みを考えているかのような議案が出されています。
力技で排除することも可能なわけですが、あくまで丁寧に買い上げていく様子に見えますが、当該の株主が大株主にいるかもしれない!?などと考えてみたりもしてしまうところです。
正栄食品工業から株主優待品届く
shoei2212111.jpg
正栄食品工業から株主優待品が届きました。これから、美味しくいただく予定です。
画像は同梱されていた挨拶文です。
ナッツやプルーン、チョコレートなど、会社の取扱商品の概要を伝えていただいているようなラインナップでした。
shoei2212112.jpg
私は末席株主なのでありませんが、1000株以上の株主は、画像のような表紙のカタログで利用できる割引券もいただけるとのこと。
カタログをめくると、改めて正栄食品工業の取扱商品の広範さを感じさせられます。
眺めていると、お取り寄せしたくなる感じがするカタログですから、今回の商品をきっかけにした、地道な販路拡大もできるのかもしれませんね。

サンライズ カルフォルニアプルーン 種つき 1kg



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

ノエビア株主優待の事前告知
noeviryutai22120.jpg
ノエビアから事業報告書に併せて、株主優待についての事前のお知らせが届きました。
以前株主優待についての記事や、お詫び文についての記事にも書きましたが、よくぞあれだけ破廉恥な不祥事が発生しながら、ノエビアは相変わらずいられるものだと、感心するくらいでいます。
「株主の癖に」と言われそうですが、なにやら不思議な思いを誰も抱かないのか?と逆に心配になるほどだったりします。
顧客離れが起きないのは、製品や一般社員や販売員、代理店などといった方々のご尽力の賜物にほかなりません。
大倉一族の方々も、まさか再起させたりはしないでしょうが、危機感はあったのでしょうかね。
批判的な姿勢を持ちながらも、製品を愛用している微妙な立場の私だったりするのです。

コスメティック・ルネッサンス~ノエビアCM HITS!~



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

日本コーリンの株券のこととか
colinkbken22.jpg
血圧監視装置を中心とした医療機器メーカーの日本コーリンは、「日経ヘルス」送付という株主優待がありました。
また、フクダ電子などと特許訴訟なども繰り広げました。
民事再生法申請の原因は「オペレーティングリース」という言わば不良在庫の蓄積でした。中間決算で認めざるをえなくなり、大幅債務超過となりました。
ただ、民事再生法申請後に「計画倒産だった」として監査役が社長を訴えるなど、役員の中に意見の相違があるなどといった混乱も顕在化し、最終的には再生手続廃止=自己破産(平成16年9月)となっています。
事業は、カーライルグループをスポンサーとしたコーリンメディカルテクノロジーに営業譲渡され、今ではオムロンコーリンとなっています。(参考:事業再編にかかわるニュースリリース

別件になりますが・・・
私は、店頭公開当初には顔のマークの「コーリン鉛筆」と関係があるのかと思っていました。コーリン鉛筆も倒産・廃業してしまって、検索してもタイの会社しか見つけられないでいたところでしたが、現在「コーリン色鉛筆」として日本法人がスタートして、懐かしいブランドが入手できるようになりました。
住所を見ると「興伸色鉛筆芯」と同じ場所にあるとのこと。ミツワ石鹸の復活劇と似たドラマがそこにはあるのかなと、ブランド復活を目指す方々の尽力に頭が下がる思いです。

コーリン色鉛筆オリジナルグッズ コーリンステッカー(丸)



コーリン色鉛筆 No.770色鉛筆 12色入り





カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
332位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。