雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新浜公園を訪ねて(H23.4)
sinhama23043.jpg
こちらは、福島市新浜公園です。
この画像だけ見れば、特に当たり前の公園の入り口にしか見えないのですが・・・
非常に残念かつ、怒りを覚えるところ(調査や県のニュースリリース自体が課題ではないですが)ですが、「1時間しか遊べない公園」としてニュースリリースされたことで、その名が広まってしまいました。
結果的に周辺に対しての風評被害が広がったことは言うまでもありません。誰か責任を取れるのでしょうか。そもそも東京電力や政府は、この責任をどう取るのでしょう。
sinhama23044.jpg
除染などといった流れで、このような樹木も除かれてしまわないことを祈ります。
以前にも訪ねていますので、馴染みの景色が失われてしまったら残念だと思うところです。この樹木などにもなんの罪もないわけですから。
sinhama23045.jpg
「大望の像」(般若純一郎氏)です。あちこちにあるのですが・・・(というか、ブロンズ像はネット上で売られていたりもしますが)地球を支えている像を見ると、なんだかこういう時だからあれこれ考えてしまいます。
sinhama23042.jpg
園内の案内板。その脇に「利用制限」の立て札があります。
sinhama23041.jpg
こんな掲示を見ていると、なにか悪夢を見ているようです。言葉になりません。

福島原発人災記――安全神話を騙った人々


スポンサーサイト

中合福島店を見上げて
nakago23045.jpg
福島駅前の百貨店・中合福島店です。
私も東北を旅する際をはじめ、福島市に立ち寄るときは(ダイエーの株主優待が利用できることもあって)必ず利用する百貨店です。なじみ深い建物もしっかりと建っていて、営業も行われていてほっとしました。
nakago23046.jpg
「この街と人が好きだから」というキャッチフレーズが、こういう時ほど心にしみるものはありません。
被災地のまっただ中で、放射線の値も高い中で、懸命にがんばっている人々に、以前から使われていたとはいえ、勇気を与えてくれるような気がします。
nakago23042.jpg
開店前なのでシャッターが降りている入り口。中合といえば、赤色なイメージが(勝手に)あったのですが、上の写真にもある袋などをはじめ、青色も。ここの青色のは前からだったのかなぁ・・・なにかと記憶が錯誤しているかも知れませんが。
nakago23043.jpg
福島駅側を眺めます。駅前通りも、つとめて普通に・・・と努力している気がします。
政府から出ている情報は怪しげで、果たして被曝量が適切な範囲内なのかどうかさえはっきりしません。
東京電力による人災のせいで、福島県はやや壊滅的な(風評も含め)被害を被っています。きちんと補償をしていただかないと話になりません。
nakago23044.jpg
バスターミナル側から中合を見上げた構図。行先表示が写っているバスは、ジェイアールバス東北川俣高校前方面の路線バスです。
nakago23047.jpg
中合の営業車。独特な色分けで目立ちます。
nakago23041.jpg
のりこえる たちあがる ふくしま」(山川印刷所)と映し出されていました。ももりんも含めた構図で中合の建物をパチリ。
なにか、ちょっとでもお手伝いができたら・・・と思いながらも、あまりのコトの大きさに隔靴掻痒です。

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集



花もみもある福島市


画像は、福島駅の構内に吊り下げられたフラッグ。
「ももりん」というキャラクターです。
福島市内もなかなかいい所がいっぱいある街です。
私にも何かと縁のある街だということもあり、フラッグを見ながら涙が出ました。
次に訪ねる機会があるのかどうかというくらいの切迫感に押し潰されそうです。
福島市民の方はまして・・・と思うと堪りません。
momorinfukuro2304.jpg
こちらは、ももりんの柄の入ったレジ袋。
福島市は、桃や林檎や吾妻の雪兎が名物だということあたりからのキャラクターです。
吾妻山は結構好きです。眺めても、登ってもいい山です。
nakagohyosi2304.jpg
福島駅前と言えば、NHKの定点カメラにも映る百貨店「中合」の本店があります。
ただでさえ地方百貨店は厳しいのに、追い討ちをかける大震災。
ダイエーグループであっても、被災地を商圏としている中合は容易な状況でないことはよくわかります。

ささやかではありますが、沢山買い物をして、何とか支えたいと思う私でした。

山と高原地図 磐梯・吾妻 安達太良 2011年版



花見山公園を訪ねました


福島市渡利にある花見山公園を訪ねました。
桜は既に盛りを過ぎてはいましたが、数々花が咲く公園内を散策すると、少し心が穏やかになります。
福島市内で代表的なスポットを訪ねなくては・・・と思い、あえて「桃源郷」花見山に足を運びました。
花々は何事もなかったように咲き乱れ、美しい景色でした。
画像にある掲示にもある通り、花見山も地震の被害を受けています。福島駅前から福島交通のバス「渡利南回り」線で花見山入口に向かう途中も、そこかしこに震災の爪痕が見てとれました。


花見山は、個人所有の観光名所であるとともに、花卉栽培の拠点のひとつとも言うべき場所です。
福島市民だけでなく、福島を知る方々にとって思い出深い場所のひとつでもあります。
福島県の農業は大きな痛手を負っています。風評被害も避けられません。
花卉栽培にも出荷制限などのようなことがありうるのでしょうか。
食用でなければ出荷できるのだとすれば、花卉は農業の希望になるのかもしれませんが・・・

花見山で少し気持ちを落ち着けました。
しかし、多分に報道統制されている中でも、聞こえてくる放射能の値等を考えると、この景色さえ「思い出の中のもの」に成りかねないソラオソロシイ気分になります。
一日でも早く、安心が欲しいです。

ふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo モンモ No.31[2011年春号]



「ゴールデンウイーク」を迎えて
今年もカレンダーは「ゴールデンウイーク」を迎えました。
しかし例年とは気分はまるで違います。
3月11日以来、世の中も気持ちも変わってしまったとつくづく思います。
(ブログも多くのネタが塩漬になっています)
ただ、私は震災前とは予定も行程も思いも変わってしまいましたが、敢えて上野駅から東北新幹線に乗りました。(画像は上野駅新幹線改札内の壁面芸術)


つばさ11号は定刻6時06分に上野駅のホームを出ました。福島には7時49分に到着予定です。
東北地方に縁が深く、福島県にも愛着があり、知人や良い思い出の少なくない私は、この50日近く耐え切れない思いでいました。ボランティアに駆け付けることもかなわずに悩むばかりでした。
とりあえず、この連休初日に福島市に向かいます。何ができるわけでもないのは確かですし、不謹慎と非難されるかもしれません。
ただ、さまざまな「安否」を知りたい・聞きたい思いと、何かできることはないのかと考える端緒にしたい思いが心をつき動かした感じです。
ちょっとでも、まず福島のためにできることがあったら・・・と言うところです。小さな力ですが、まず一歩を踏み出す「ゴールデンウイーク」にしたいと思います。
福島県内では「計画避難」も始まろうとしています。また、立ち入りが許されない地域があること自体が言葉にならない思いにさせられます。

昨年までのゴールデンウイークのように過ごせるように、一日でも早く事態が収束することを願ってやみません。

JNR EXPRESS―昭和50年代を駆け抜けた国鉄特急・急行列車たち (NEKO MOOK (945))



北海道中央バスの株主優待券届く(H23.4)
hcb2304282.jpg
北海道中央バスから、今年も株主優待券が届きました。
株価は安値に安定してしまっていて、どうにも塩漬のままでいます。
北海道の観光が不振ともなると、ますます簿価回復は期待できないので、損切りして私鉄銘柄あたりに乗換するのが定石なのは百も承知なのですが(苦笑)
hcb2304281.jpg
こちらが株主優待についての説明文。相変わらずですが、自分自身では活用できていません。
このあたりは、無理矢理「使いに行く」旅を作らないといけないのかもしれません。
株主優待券を使い切る旅を考えれば、かなり楽しめそうなのは確かです。
hcb2304283.jpg
今回の30%割引券は画像の通りです。デザインの変更などはありません。

なんとなく商圏を遠く離れたところで株主でいるのも、なんだか「サポーター」感覚なので、やめられないのも事実です。

バスシリーズ No.34 1/32 北海道中央バス (いすゞエルガ 路線)



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

東京ドームの株主総会お土産(H23.4)
todo2304273.jpg
東京ドームの株主総会は、もちろん東京ドームホテルでの開催です。
todo2304271.jpg
株主優待とは、一種趣を異にはしますが、株主総会のお土産も、「足代」程度に考えつつも広義の株主優待なことは確かです。
画像の封筒には、しっかりと通し番号が入っていました。
todo2304272.jpg
ラクーアのチケット二枚ですから、楽しみ方次第では、なかなか美味しいお土産です。
銭湯気分なうえに「烏の行水」では利回りは悪くなりますが(笑)

東京ドームシティアトラクションズ スーパーヒーローショーヒストリー



北部通信工業の株券
hokubukbken23.jpg
北部通信工業の株券です。
北部通信工業が会社更生法の適用を申請して、事実上倒産したのは平成14年4月ですから、もう8年前のことになります。
当然株券は無効になっています(参考:三菱UFJモルガン・スタンレー証券の資料)が、会社はTCSホールディングスの傘下で再建がなされました。
株券にある社章も変わらずにホームページに掲載されています。
hokubu2304.jpg
こちらは株券裏面の株主名。
平成5年の店頭公開より前に「ジャフコ・シーエス投資事業組合」に対して発行された株券です。
これは「未公開株」が正規に投資事業に構成されている訳ですが、詐欺などが跳梁跋扈する中で「未公開株」という名前自体が胡散臭いものにさえなりました。
この投資事業組合の方々はどのくらいのリターンを得たのでしょうね。結果的に全額減資まで株主でいらした方もいたのでしょうか。

北部通信工業は、福島市伏拝に本社を擁し、計画避難等で名前が出てくる田村市や川俣町をはじめ、福島県各地にも工場があります
まだ終わりが見えない災害(特に「人災」)のただ中ではありますが、着実に復興を遂げて、希望をもたらしていただきたいと願うところです。
統一地方選挙あれこれ雑感

統一地方選挙要覧 平成23年版



統一地方選挙から一夜明けました。
流石に「松戸ショック」から始まった民主党への逆風はとどまりません。
この非常事態の中、戦時体制のようなものなのですから、挙国一致くらいでお願いしたいところですが、こんな様子を見ていると、民主主義の限界を感じてしまいます。
ヒトラーやスターリンを待望するわけではありませんが、専制君主や独裁体制であっても、この事態を改善してくれるなら支持したくなるくらいです。
「こんなこともあろうかと」(by真田志郎)・・・な何かはないのでしょうか。案外、第9条の解釈があれこれできるくらいなら第8条までをうまく解釈すれば、GHQのもとでの「勅令」のような緊急対応が可能なように思えるのは、たぶん甘すぎる観測なのでしょうね。

さて、今回こそはと期待していたのですが、夕張市長選挙は、羽柴秀吉市長誕生はならず。一度くらいはやらせてみたいところでしたが・・・夕張市議だったら当選していたのでしょうか。
中川暢三市長(加西市)のように、泡沫候補から市長に駆け上がった方もいますから、いつかまた可能性があるかもしれませんが・・・
今回の周南市長選挙では、破産したヤハギで最末期に副会長を解任され、商法の特別背任にも問われた島津幸男市長が落選していました。案外とリベンジが効くもの(ほとぼりがさめたから)と当選の報を聞いたことを思い出します。
ヤハギの株券は、入手し損なったままになっています。当時、「破産」と聞くと、その後のリアクションがないので乗り気でなかったのが災いしています。島津市長ネタで株券の画像が出せたならカンペキなのですが、残念です。

投資関連といえば投資関連ですが・・・なんだか雑感を書き連ねてみました。

天下の経営戦略



マックスバリュ中部の株主優待券
mvchubu2304231.jpg
マックスバリュ中部から株主総会の決議通知が届きました。
決算期が少し差があるために、株主優待券(特にイオン系の商圏の方々などにとって)を効率良くいただく機会がある銘柄のひとつと言えるでしょう。
mvchubu2304232.jpg
こちらが、事業報告書にある、株主優待についての案内になります。
引換対象の地域特産品は、さすが!という「らしさ」があります。松阪牛も捨て難いのですが・・・
mvchubu2304233.jpg
先日の記事に書きましたような手続きをせず、今回は株主優待券をいただくことにしました。
この株主優待券を活用して、実店舗で同等品を買う場合と「特産品との引換」との比較を考えたりもしますが(苦笑)なんとも甲乙つけがたいのも確かです。

るるぶ伊勢志摩’12 (るるぶ情報版地域)



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

イオン九州の招集通知届く(H23.4)
aeonkyusyu2304231.jpg
イオン九州から、定時株主総会の招集通知が届きました。
画像は、株主総会に先んじて届いた期末配当金についての説明文です。
株主総会の決議通知は省略されるとのこと。インターネット等を利用しない場合、ある意味で「切り捨て」ということになります。
これから各社とも追随していくことになるのでしょうね。
株主総会が無風という形で、配当金は支払済で、報告書も送付済となれば、必要性も薄くなりますね。
aeonkyusyu2304232.jpg
こちらは、株主優待についての説明のページ。
イオンラウンジのカード(全国で利用可能)もいただけますし、株主優待券は特産品との引換も可能です。
商圏を離れていても有効活用が可能であるのは嬉しいです。
aeonkyusyu2304233.jpg
株主優待を指定するために、ハガキでの返信が必要になります。
特産品との引換をする場合は、巨峰か明太子か選べます。さて、このあたりは悩みどころです(笑)
亀島橋あたりの風景
hacyobori2301.jpg
都営バスの亀島橋のバス停(至近に八丁堀駅の出入口もある)は、エンパイヤ自動車のビルの角にあります。
ふと、何気なく町並みをパチリと撮影したものですが、いくつか詳しく見てみたいとか、調べてみたいと思う気持ちが沸き起こることもよくあります。
看板や広告も、時間をおくとまた変化を楽しむこともありますね。
hacyobori2302.jpg
今回は、エンパイヤ自動車のタワーパーキングを見上げてみたりしました。
案外に迫力があります。
(別件ですが「ホテルエンパイヤ」は大学の図書館になってしまい久しいですね。見に行く機会がありません)
デザインなどにもいろいろな考えがあるのでしょうね。
hacyobori2303.jpg
奥に見えた風格ある建物が、さらに心惹かれました。
友醸社と看板がでています。
建物も社名もセンスがいいなぁと感心し、飛び入りで取材してみたい気分にさせられました。
街をぶらぶらしていると、ネタは尽きません。つくづくブログを書いて生活できたらいいのになぁと思わされてしまいます。
アスコット・コムの株券
ascotkbken.jpg
アスコット・コムは、グリーンシート登録のベンチャー企業でした。

事業としては、「人相・画像の識別を使ったセキュリティ技術」を売り物にして、パッケージソフト等の販売をするという業態。
それ自体は、なかなか良さそうにも思えましたが、結果的に事業停止・自己破産に至りました。
アイデアらしきものでも、ベンチャーとして集金できてしまったということにもなりますから、ひょっとするとMcWhortle Enterprises, Inc.のほうが、よっぽど信頼感ある投資先に見えるかも知れないとか、今となってみれば思ってしまうところ。
ただ、ただのアイデア程度にも見えないスタートから、しっかり事業として伸びる会社もあるだけに、一概には言えません。ただ、グリーンシートはかなり勝率は高くない専門家向け市場なのだということは確かでしょうね。

株券は以前に記事にした「ララ」と同じ用紙を使っていますが、譲渡制限についての記載がされてます。

ところで、券面にある長崎利憲社長あたりは、どうしていらっしゃるのでしょう。たまに検索してみたりすると、同姓同名かヒットしたりすることもあります。

グリーンシート株式公開実務マニュアル



文教堂HDの株主優待カード届く(H23.4)
bunkyodo2304091.jpg
文教堂ホールディングスから株主優待のカードが届きました。
末席株主の私は、5%割引に過ぎませんが、実店舗ではあくまで定価販売が当たり前の書籍が割引されるのはメリットではあります。
しかし、ポイントサービスが普及(文教堂も一部で実施)し、さらにネット書店のメリットと天秤にかけると、なかなか微妙なラインかもしれません。
そもそも文教堂書店の実店舗を定価で利用する方々は、インターネットが普及し、活字離れが進む、この御時世ではどんな客層となるのでしょうか。

今回も株主優待カードはクリップでとめられていました。また、デザインも前回までの株主優待カードと変わっていません。
逆にうっかり期限切れのカードを提示してしまいそうにさえなります(苦笑)
bunkyodo2304092.jpg
こちらは株主優待の案内文。かつてあった店舗案内の載せられたマップはなくなって久しいです。

読書習慣や「読書」という情報収集手段自体が変質しつつありますから、「本屋さん」の今後を占う中でも、上場企業であるだけに一挙手一投足が注目されていくことでしょうね。
スバル興業の招集通知を読んで(H23.4)
subaruza2304081.jpg
スバル興業から定時株主総会の招集通知が届きました。
国際放映(旧:新東宝)が株式交換で上場廃止になるなか、次はスバル興業だったりしないかは気になるところです。
subaruza2304082.jpg
株主優待については、前回の記事や、今後書くとして、今回のネタのひとつは65周年の記念配当を実施することです。
この時期に記念配当とは言え、配当が増額されるのは異論はあるでしょうが嬉しいです。
このあとは無配転落の嵐のような気がするだけに、貴重な臨時収入です。
subaruza2304083.jpg
株主総会のお土産は、有楽町スバル座のチケットと食事券(スバル座のビル地下の「筑紫」「竹むら」などで利用できる)だったのですが、今回からは映画のチケットだけになるとのこと。こちらはちょっと残念な改定ですが、出席できない株主にとっては、ある意味で公平感の増す改定と言えるのかもしれません。


カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
598位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
256位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。