雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野はパンダブーム
ueno23051.jpg
上野動物園で久しぶりにパンダが観られるようになるということで、上野周辺はパンダブームな感じです。
さくらパンダも京成パンダもタイアップ企画があるようです。
上野動物園の「目玉」はなんといってもパンダなのでしょうね。
(本来は種の保存や学問に有効な)特化をするよりも、GMS的な動物園が望まれるのは仕方ないところでしょうね。
私も、モリーさんもいない上野動物園からはしばらく足が遠のいていました。少し落ちついた頃に行ってみようかなと思っています。
uenosaigo2305.jpg
上野百貨店(西郷会館・上菱のれん街)は、すっかり片付いてしまいました。
どんな景色に変わるのか?と思いつつ、いっそ更地の方がいいような気がしたりします。

今日も動物園日和―飼育係がガイドする上野動物園


スポンサーサイト

イオン北海道の株主優待券のこと(H23.5)
posful2305271.jpg
イオン北海道から、株主優待券が届きました。
株価を考えたら、券面での利回りはかなり良い銘柄と言えるのですが、会社側に立てば、あまり芳しい話とは言えません。
私は商圏外ですが、毎年の株主優待券を有意義に活用しています。イオンのオーナーズカードと併用ができるので、なかなか美味しい買物ができるからです。
posful2305272.jpg
さて、昨年の記事から、一年が過ぎただけでなく、この間にジャスコやポスフールという屋号が失われたことを痛感させられたりもします。
posful2305273.jpg
こちらが株主優待についての説明文になります。
株主優待については、各社共通利用ができるわけですが、利回りや交換については公平ではありません。
何らかの変更があっても不思議はないと思いつつ、来年6月末までの株主優待券を今回もいただいた次第です。

まっぷる北海道’12 (マップルマガジン)



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

百貨店・松屋の株主優待カード届く(H23.5)
matsuya2305281.jpg
百貨店・松屋から株主総会の決議通知や画像の株主通信(事業報告書)と併せて、株主優待カードが届きました。
松屋ではかなり年代物の商品券も記事にしましたし、前回の株主優待カードの記事では、現行のタイプに近い商品券も記事にしてみています。
matsuya2305284.jpg
こちらが株主優待カード。銀座に買い物という際には、私は松坂屋、松屋、三越で株主優待カードを使っていますが、友の会絡みで利回りの良い松坂屋の利用がついつい多くなりがちです。
ダイエーの優待が効いた頃は、プランタン率が高かったのですから、いい加減です(笑)
松屋が選ばれるためには、とにかく老舗らしさとかセンスなのでしょうけれど、どうなのでしょうか。
matsuya2305282.jpg
株主優待に関する説明。除外がきめ細かいです。
となると、何だか除外な買物をするのが勿体ないとか考えてしまう私です(苦笑)
matsuya2305283.jpg
株主優待カードだけを持参していると、果して細かな規定はどうだったか分からないこともよくあります。少なくともレジまわりには、こういった文書を備えておいて、混乱を避ける努力をして欲しいものだと(松屋に限らず)思います。

東京スカイツリーを作ろう



DCMホールディングスの株主優待ハガキ(H23.5)
dcmhd2305271.jpg
DCMホールディングスから、今年も株主優待品を申し込むハガキが届きました。
画像の4種類から選択する形になります。私は毎年悩みながらも、なんとなく無難な選択をしているところです。
株主総会でのお土産廃止については記事に書きましたが、株主優待は今回はありました。
地域産品からなる株主優待ですから、何とか続けて欲しいとは思いつつも、会社の本業と縁が薄い部分でもあるので、このままでは厳しいかもしれないなぁとは思います。
dcmhd2305273.jpg
昨年の株主優待についての記事と比べ、大きな変化はありません。
「計算できる」株主優待だと思ってきたのですが、農産物については不確定要素があることが悩みのタネです。
dcmhd2305272.jpg
開封を忘れ、返信を忘れるといったことがないように、画像のような明記がされています。
返信しない(権利放棄する)選択をする株主も少なからずいらっしゃることの裏返しでしょうか。

ジャガイモのきた道―文明・飢饉・戦争 (岩波新書)



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

ドトールからアイスコーヒーが届いたこと
doutor230528.jpg
ドトール・日レスホールディングスの株主優待品が届きました。
今年の株主優待では、会社のホームページに掲載されている通り、末席株主の私には2500円相当の品物ということでした。
そこで、画像の説明文と一緒に届いたのは、ドトールコーヒーアイスコーヒーリキッドが6本セットで届きました。
コーヒー好きとしては、なかなか嬉しい株主優待品です。
ほかにも、銀座ルノアールからもリキッドが届く予定ですので、この夏はアイスコーヒーをのんびり楽しみたいところです。とはいえ、冷やすのには電気もかかってしまいますし、このご時世を考えるとかなりなゼイタクということになるのでしょうか。
昨年のような酷暑にならないで欲しいなぁとつくづく思う今日この頃です。

ドトールコーヒー「勝つか死ぬか」の創業記 (日経ビジネス人文庫)



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

レナウンの株主総会決議通知届く(H23.5)
renown2305281.jpg
レナウンから、株主総会の決議通知が届きました。
レナウンは長い伝統がある会社だったわけですが、画像の通り「第7回定時株主総会」となっているのはホームページの沿革にあるように「レナウンダーバンホールディングス」を経ているためです。
ロゴも以前と変わってしまっていますから、「ワンサカ娘」のコマーシャル(モノクロ)イエイエのコマーシャルのようなyoutubeで懐かしむばかりです。
元に戻らないものかなぁとは思うのですが、きっといろいろとしがらみめいたものもあるのでしょうね。
renown2305282.jpg
山東如意の傘下で、レナウンが再び栄光を取り戻すのか、それとも山東如意の日本支社のようになっていくのか。次の一手次第ではあるわけですが、ファッションを牽引した独特のセンスそのものは、残念ながら歴史の1ページの中にしかないのかもしれません。

レナウン ワンサカ娘



カゴメの株主優待到着は8月末に(H23.5)
kagome230528.jpg
カゴメから株主総会の決議通知が届きました。
それに併せて、画像のようなお知らせも届きました。
株主優待品は、例年の到着時期より三ヶ月遅れの8月末になるとのこと。
それでも「株主優待を実施する」というだけで、全く不満がないだけでなく、今回に限り中止でも、理解はえられるのでは?などとさえ思ったりします。

「カゴメ劇場」というぬいぐるみミュージカルも演劇好きとしては気になるのですが・・・
文化的な社会貢献をしていることは素晴らしいですね。

トマト缶ってすごい!赤の魔法レシピ57 (タツミムック)



天満屋ストアの株主優待のこと(H23.5)
tenmaya2305251.jpg
天満屋ストアの株主優待については、以前記事に書いたように、申込ハガキが先んじて届き、その選択次第で届くものが違ってきます。
画像の案内は、どちらにも共通の記載になっています。内側には「株主ご優待補助券」が利用できる店舗一覧が掲載されています。
天満屋ストアだけでなく、天満屋高松天満屋米子しんまち天満屋・天満屋ハピーマート・ポムアンの各社で利用できるとのことです。
tenmaya2305252.jpg
額面だけで考えれば、たしかに天満屋等でも利用できる割引券のほうがいいのですが・・・いつも書いている通り、商圏を遠く離れていますので、今回もVJAギフトカードという無難な選択をしました。

るるぶ岡山 倉敷 蒜山’11 (るるぶ情報版地域)



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

トレジャーファクトリーの株主優待について
tf2305271.jpg
トレジャーファクトリーから、株主総会の決議通知に併せて、株主優待が届きました。
「トレジャーチケット」とか言われると、宝の地図みたいなイメージで、期待が膨らんでしまいました(笑)
tf2305272.jpg
封を切ると、中には画像のような綴になったものが入っていました。
無条件な株主優待は一番上のクオカードだけです。こちらは「いただいた」感がしましたが・・・
二番目は予想通り「はずれ」。普通はみみっちくとも100円券くらいは当たりにして、お客様(カモとも言う!?)を呼び込みそうなものですが。
三番目は使う機会があるかどうかは、まずはどこかの店舗を視察して、駆け引き次第とかなのかなと思ったりしています。
ちなみに一番目のクオカードはいくらになるのでしょうか?(笑)
tf2305273.jpg
「リサイクルマーク」のような社章ですが、会社の事業や特色を雄弁に語っているのも事実ですね。
TFにあたる物質や指定文字列が出てきたら面倒なことになりそうですが。

はじめよう!リサイクルショップ―開業から繁盛のポイントまで‐中古品マーケティングの真髄 (DO BOOKS)



柏そごうとレイソルとあれこれ
kasiwasogooldken231.jpg
柏そごう(現:そごう柏店)の発行による、そごうの商品券です。
そごうの事実上の倒産の際に、単体では黒字だったということでしたし、かつての倒産法制では「法的整理」の要件を満たしていない雰囲気な「柏そごう」でしたが、弾力的に申請できる民事再生法を活用し、グループ一括処理の方針を受けての「経営破綻」となりました。
kasiwasogooldken232.jpg
こちらが裏面。店舗一覧が時代を感じさせます。
見比べると、いろいろな店舗の改廃を思い返します。これは「ダブルそごう」といった時代の券ということになりますね。
諏訪丸光も廃業してしまいましたが、商品券の払い戻しがなされたり、発行済みの全国百貨店共通商品券は利用できたりということで、なかなか立派な幕引きをされていました。
kasiwa2302.jpg
かつての「プラザ館」である「スカイプラザ」に掲げられたシャープ柏レイソルの懸垂幕。
レイソルのホーム・日立台にいくためには、そごう・丸井側を利用するわけですから、高島屋側に勝る利点はレイソルに尽きるわけです。「柏の葉」への完全移転はあり得ない情勢では、この広告のように、せっかく1部に復帰したレイソルを活用していって欲しいものです。
その割に「レイソルグッズ」の取り扱いはしぼみきったままなのは残念です。あまり売れないのかもしれませんが。
kasiwa2301.jpg
ただ、柏そごうを見上げると、あまり手がかけられていないなぁという印象もあります。百貨店の業界全体で業況は良くないわけですが、それなりに経費をかけて「ハレ」な感じがないと、そのへんのスーパーの価格と比べて「包み紙」や「雰囲気」でしか勝てない部分もあります。デパ地下とエキナカを比べれば、エキナカが有利な点も少なくありません。
ただ、全面改装されると、ある意味で懐かしさを感じる「そごう」らしさも失われるかもしれないのは心配です。「赤いそごうのマーク」も緑になったり青になったりとその時々によって紆余曲折ですから、逆に残っているうちに眺めておかないといけないかもしれませんね。

DECADE 柏レイソル10年史―KASHIWA Reysol Official History 1995‐2004



阪急阪神ホールディングスの株主優待のこととか(H23.5)
hankyu2305211.jpg
阪急阪神ホールディングスから株主優待券等が届きました。
回数乗車カードは、関西への旅の際に、いつも重宝しています。大阪(梅田など)・京都(河原町)・神戸(三宮)そして宝塚とネットされているので、移動の際にわざわざ選んで利用してみたりです。一番便利なのは、大阪国際空港(伊丹空港)を利用する際に、蛍池を利用するからでもあります。
詳しい株主優待の内容は、ホームページに紹介もされていますし、重ねてになりますので省略します。
hankyu2305212.jpg
今回は「六甲枝垂れ」が紹介されています。
逸翁美術館の名品シリーズもよかったですが、こういう観光地紹介もいいですね。
hankyu2305213.jpg
こちらが、回数乗車カードの台紙。ただの白紙ではなく、自己主張の強い台紙ですね。
このカードで是非!とかな呼びかけのように読めます。いつもこのあたりも楽しみな株主優待です。
マックスバリュ東海の株主優待券のこと(H23.5)
mvtokai2305201.jpg
マックスバリュ東海から、今年も株主優待券綴が届きました。
mvtokai2305202.jpg
先日、記事にした際に申し込んだからこそ届いたわけですが、届いたからにはイオングループでドシドシ使わないと、お得感がありません。
お茶の代金と同様には利用しなければ・・・というところですが、さてどうでしょうか。
イオングループの株主優待の併せ遣いが継続するようでしたら、今後とも美味しい優待と言うことになるのですが。
mvtokai2305203.jpg
5000円分のお茶をイオンで購入して、この株主優待券を5枚利用すれば!?得か損かはその人次第ですが、事業報告書にも画像の通り紹介があるように、額面が一緒である以上は、どちらを選んでも損ではないのが、マックスバリュ東海の株主優待の特徴であるともいえます。
mvtokai2305204.jpg
券片は各社共通になっています。有効期限も揃っていますから、レジでは裏面のバーコードをスキャンするだけで扱えるようになっています。このあたりは、簡便な仕組みでいいですね。

ヤオハン 失敗の教訓―私と同じ過ちを冒さないために…



マルヤの株主優待券(H23.5)
maruya2305211.jpg
今年もマルヤの株主優待券が届きました。
一枚目の画像は、優待券綴の表紙になります。
決算期末がちょっとズレているので、資金が頃合い良く回転できたら、妙味のある株主優待銘柄の一つです。
もちろん、行動範囲に商圏があることが求められたりしますね。
maruya2305212.jpg
株主優待券の券片は画像のようになっています。
前回の記事と比較すると、相変わらずマンネリな感じですが、逆に株主優待的には安定しているということでしょうか。
maruya2305213.jpg
肝心の業績の方は、水面下のままです。かなり「出血」は止まり、右肩上がりのグラフにはなってきてはいます。
解散価値の目減りがどんどん進んでしまいましたが、なんとか早く黒字転換をしていただきたいものです・・・

街の達人 コンパクトでっか字 埼玉便利情報地図



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

エコスの株主優待券届く(H23.5)
ecos2305211.jpg
エコスから株主総会の決議通知に併せて、株主優待券が届きました。
画像は綴の表紙になります。
エコスは「たいらや」のイメージがまだまだ色濃い・・・というより会長も社長も平氏ですし、マークもTと見える感じの会社です。
ecos2305213.jpg
株主優待券の券片は画像のようになっています。
上手に利用すれば一割引という形ですから、商圏内にいる方にとっては、なかなかの利回りになります。
ecos2305214.jpg
こちらが株主優待についての説明文です。エコスは株主優待券を返送すると、お米と引換していただける仕組みになっています。
ecos2305212.jpg
お米への交換を依頼するための申込書。
無洗米も選べるような仕組みになっています。
株主優待券を使い切る利回りに比べれば、お米に換えると額は縮みますから、このあたりはあれこれ天秤にかける感じになるのでしょうか。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

山陽電鉄の株主優待券(H23.5)
sanyo2305211.jpg
山陽電気鉄道から株主優待券が届きました。
前回の記事の時と、大きな変化もなく、関東在住の私には、山陽電鉄関係で記事にするネタも多くないので、マンネリ化してしまうところです。
sanyo2305212.jpg
画像は、山陽百貨店で利用できる優待割引券です。姫路単店舗で上場もしている百貨店で、伊勢丹(ADO)系列。ただ、広義で考えれば阪急阪神系統に入ってきておかしくないのでしょうけれど・・・このあたりは資本関係の複雑さも絡んできますね。
sumaura19059.jpg
以前も記事に織り込みましたが、平成19年5月あたりの写真を引っ張り出してきて、須磨浦山上遊園について触れたりしてみます。
sumaura19051.jpg
天候次第ではなかなか眺めがいいのですが、眼下に広がるのは都市あったり、人工的なものであったりするのはご愛敬。登ってきたんだなぁというのを楽しむ景色かもしれません。
sumaura19058.jpg
方向を変えてみても、やはり人工物がしっかりと目には入ります。それを承知で、緑を楽しむことに徹すれば、ロープウェーにちょっと乗ったら別世界というコンセプトで楽しめます。
sumaura19052.jpg
縦走コースにも入っているだけに、林の中に入っていくと、涼しげだったり、新緑に染まったりと楽しむことができます。こういうところでぼんやりする時間も嬉しいですね、
sumaura19053.jpg
旗振山の山頂近くにある「旗振茶屋」です。ちょっと小休止したりすると、もう登山客気分です。実際はロープウェーカーレーターでスイスイ来てしまった感じですけれど。
sumaura19054.jpg
国境がある遊園地というのはなかなかありません・・・いや日本国内で「国境」という標識を見ること自体が珍しいですね。
sumaura19055.jpg
「廃墟」となってしまった遊戯施設。片付ける費用くらいはなんとかして欲しいなぁと思って眺めていました。いまでもあるのでしょうか。
sumaura19056.jpg
創立100周年の記念植樹。もう4年経ちますので、さぞ大きくなったのではないでしょうか。
sumaura19057.jpg
ふんすいランド方面を眺めます。これが行き止まりになっている形で、のんびり休憩した後は、元来た道を戻るような感じで帰途につく感じになります。次の駅まで歩いて抜けられたりはしないのは、ちょっと残念です。

阪神淡路大震災 危機を乗り越えて ドキュメント 山陽電車の422日 [DVD]





カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
187位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。