雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACKグループのアンケートのこととか(H23.12)
ackg23124.jpg
ACKグループから、先日、株主総会の決議通知に併せて事業報告書等が届いていました。
配当金が自動的に振り込まれる形になっていると、ついつい開封しないままになっていたりするのがよくないところです。
ackg23121.jpg
こちらが事業報告書の表紙です。関わっている各国の国旗などがあるのは分かりますが、建設コンサルタントという一般投資家(一般消費者)から見えにくい会社だけに、かなりアピールをこめた表紙であるとは思います。
ただ、よくSFなんかにあった「近未来都市」が描かれているだけとも思えなくはないので、このあたりは全くACKグループ(オリエンタルコンサルタンツほか)を知らない方々が見ると、どのようなイメージをもつのでしょうか。
ackg23122.jpg
裏表紙です。株主が2000名ほどしかいないというのは、なんとなく意外です。
そして、オリエンタル白石がまだ大株主なのですね。この株を売却して、私の債権を完済してくれないですかね、棒引き分を株でくれてもいいのですが(笑)
オリエンタル白石は日本橋梁完全子会社になってしまったわけですから、ACKグループにも何らかの波及はあるのでしょうね。
ackg23123.jpg
そして、アンケートのハガキが入っていました。
この粗品は、やはり以前記事にしたような品物なのでしょうか。
このあたりは、広義の株主優待と言ってもいいのではないかと思います。もちろん粗品が何か?にあかってくるわけですが。
とにかく楽しみなので、慌ててハガキを返送しました。

「理念なき経営」はもう続かない―「株式会社白石」はなぜ消えたか


スポンサーサイト

平成23年の大納会を迎えての雑感
tse22080.jpg
激動の平成23年も大納会を迎えました。
カレンダー通りと言えばそれまでですが、年越しはまた感慨深くなるところです。

ガラッと持株の傾向も変わり、長期投資や解散価値に目を向けた投資についての考え方も微修正を余儀なくされましたし、「循環投資」と称してこまめに株主優待を取りに行く投資スタイルよりも「安定型」に変えつつあるところです。
相変わらず低位株の「資料収集」みたいな悪癖は改善されていませんが(笑)

持ち株としては、関西の私鉄やら古豪企業や手堅い銘柄が増えました。そんなこんなで、いま一番持株が多いのは、東京都競馬です。東京都競馬は株主優待が変更になりますが、もうジタバタしないで保有を続けるつもりです。
経営破綻での上場廃止の直撃は受けませんでしたが、含み損が膨らんでいる銘柄も、東北電力をはじめとして何社もあります。うち数社については、これもまた嵐が過ぎ去るのを待つしかないのかなと思いつつ、信念をもってナンピンするなどした一年ともなりました。

平成24年の年末には、私はどんな生活をしているのでしょうか?そんなことまで考えるほど、ごく普通の日常が永遠のものではないことを痛感させられました。
来年の大納会には、なにか景気のいいことを言っていたいものだと思うばかりです。

最新 東証の上場制度整備の解説



ホリプロから公開買付関係書類が届いて
meguro23102.jpg
写真は目黒にあるホリプロの本社です。
そのホリプロと、筆頭株主の青春社(堀家の資産管理会社)から封書が届きました。
先日、発表されたMBOに関するものです。私もこれまで書いてきたように「年2回以上優待が使える」以上に買い増しした株主でしたから、思いも掛けない特別利益を計上できました。ありがたい話ではあります。
horipro2312296.jpg
封書の裏には差出人がこのように印字されています。
horipro2312291.jpg
公開買付についての案内文。私は現時点でも株主ですからいいのですが、9月末日に株主でない方には、この文書は当然の如く届いていないことになりますね。
会社のIR情報の方を見れば、それで済むわけでもありますが・・・
horipro2312292.jpg
ホリプロからの文書の一枚目です。こちらも会社のホームページに掲載されていますので、省略します。
ともかく、かなり割り増しして買い取るので応募を推奨しますということで、価格の根拠などが述べられています。
売らなかった場合も、臨時株主総会などを経て「二段階買収」となり、結果的に次回の定時株主総会の権利はない可能性があるということや、株主優待や配当がないことも明記されています。
私は臨時株主総会にはおつきあいしたいし、二段階買収の対象になるまでは末席株主に持ち株を変えて関わりたいなと思っているところです。(会社側としては経費のかかる迷惑な株主かも(笑))
horipro2312293.jpg
こちら側は青春社側からの文書です。創業者である堀威夫氏が代表取締役社長ですから、堀家の事業に回帰するということを如実に示すMBOです。ある意味で賢明な選択ですし、激変するこの時代では、会社や社員・タレントを守る意味でも、そして株主にもある程度(買取価格以上が簿価の株主には異論があるにせよ)利益のある選択なのかと思います。
horipro2312294.jpg
こちらが、買取価格の算定の根拠に関するくだり。ホリプロ側の文書にも書かれていますが、市場株価平均法を採用されていたらショックでしたし、かなりのプレミア価格がついたことで、ありがたかったです。正直、ナンピン続きで塩漬覚悟でいましたから(苦笑)
horipro2312295.jpg
画像の文書にありますし、「ホリプロステージメンバース(仮称)検討のお知らせ」にも示されているように、何やら一定条件を満たしたメンバーでの会員組織ができる様子です。
条件を見ると、私も入れていただけそうには思うのですが・・・さて、そうなるのでしょうか。
なんとか、毎年楽しみにしている「ピーターパン」などを観劇するために、なんらかのメリットをいただけたら嬉しいのですが・・・ちょっと期待しています。

わが人生のホリプロ (小学館文庫)



テザックの株券
いまNHKでは、朝の連続テレビ小説「カーネーション」を放送しています。
ほとんど観る機会がないのですが、コシノ三姉妹の母親をモデルとして主人公に据えたドラマは、終戦をもって年内の放送を終えました。
舞台が岸和田となれば、寺田財閥の寺田家→寺田紡績や岸和田紡績、寺田銀行、元朝や帝国産業などの企業群を想起するのは、私だけかもしれませんね(笑)
どちらかと言えば、だんじり岸和田競輪の方がずっと先に想起される筈ですから。
という前置きをしながら、帝国産業→テザックの株券を掲載することにします。
tesac.jpg
テザックが会社更生手続を申し立てて事実上の倒産をしたのは、平成14年の7月でした。(会社のニュースリリース
日本みらいキャピタルの支援を受けて、再建が進められ、もともとのテザックはTWRホールディングスと社名を変更して事業再編が進められ、現テザックは日本植生の子会社になっています。
また、テザックワイヤロープは、神戸製鋼所のグループ企業として盛業のようです。
事実上の倒産後の有価証券報告書などを読むと、改めて状況が把握できますが、財務諸表が一転洗い直しされることで、こうまで悪化するのかと思うと、なかなか複雑な思いで眺めざるをえなくなります。

連続テレビ小説 カーネーション (NHKドラマ・ガイド)



A.Cホールディングスの株主優待(H23.12)
ac2312241.jpg
A.Cホールディングスから、株主総会の決議通知と事業報告書が届きました。
今年は、株主総会に出席できませんでしたが、どんなやりとりが展開されたのでしょうか。
本業が二転三転するようでいて、ゴルフ場を中核に据える姿勢で落ちついてきた様子にも見えます。表紙にもその姿勢は感じられます。
南野建設は、元A.Cホールディングス(もともとの南野建設)社長の南野利明氏のもと、頑張っているみたいですが、上場企業の本業に返り咲く日は来るのでしょうか。
ac2312242.jpg
以前の記事あたりと見比べたりもしますが、基本的に利用方法に変化はない株主優待です。
会社による株主優待案内にも詳しく説明がなされています。
福島空港GCあたりは、今般の補償次第では特別利益が出そうにも見えますが、そもそもの風評被害が小さくなさそうなのは痛手でしょうね。
ゴルフを嗜まない私には、あえて米山水源ホテルに宿泊でもしないと活用できない株主優待ですが、わざわざ会社とやりとりするのも、なにか面白そうで、いつかチャレンジしたいです。

Digitalian is eating breakfast 2



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

クロニクルの株主優待券のこととか
chronicle2312241.jpg
クロニクルから株主総会の決議通知に併せて、株主優待券が届きました。
画像は、株主優待についての説明文になります。
chronicle2312242.jpg
こちらが株主優待券。以前、記事にした時と変わりなく、「ドゥーズ12青山」での三割引が株主優待です。
エフアール→なが多→クロニクルと社名も変わり、株式も増資や併合と総量も大株主も変わっています。
本業は何か?と考える中で、主たる収入源が宝飾や時計ではなくなって久しいです。
chronicle2312243.jpg
事業報告書では、主たる収入源のインターネット事業は、こういった形で紹介されています。
AD&Dのコンテンツの紹介を見ていると、「愛乃まーにさんと生キスができる」なんていうアプリもあるんですね。
chronicle2312244.jpg
ピュアアイあたりは、小倉優子(ゆうこりん)さんを広告塔にして派手にやっているようですが・・・本業としては前面には出していきにくい感じなのでしょうか。
石神剛社長も、もともと「ハウル」という会社(ハウルを買ったスカイテックはどうなってしまったのでしょうか・・・)の経営者でしたし、得手なところなのかもしれません、ただ上場企業としての事業としては微妙ですね。

小倉優子 幸福論



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

グンゼから株主優待品届く
グンゼから、荷物が届きました。
小さな包みは、先日記事にもしている株主優待ハガキで申し込みをしたものです。
が・・・
gunze231222.jpg
画像にある通り、私の第一希望は外れてしまったようです(涙)
どうりで、何となく開封した際に「これを頼んだのかな?」と一瞬戸惑ってしまったわけです。
まぁ、第二希望も第三希望も自分が決めたのですから、希望通りと言えるのでしょうが。

あんまり文句を並べてみても致し方ないですが、時間がかかっても希望通りの品が届くか、金券割引方式にするか、有無を言わさずに指定商品を届けるかの方が、とりあえずマシなのではないかと思わされた私です。

最近、本業も慌ただしく、更新がすっかり滞り、ネタだけが溜まっています。
少しずつ書き加えて公開をしていくつもりですが、そろそろ転機かなとかとも思う今日この頃です。

SB680M サブリナ2Pタイツ80D ブラックM



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

東和フードサービスの株主優待券(H23.12)
towafoods2312221.jpg
東和フードサービスから、株主優待券が届きました。
私は末席株主ですから、あっさり使い切ってしまいそうです。
towafoods2312223.jpg
画像は、株主優待制度についての案内。送り返すと、品物への交換もあると示されています。
前回の株主優待券の記事は、だいぶ経ってから忘れたように取り上げた形になりましたので、今回は急いでまとめてみました。
towafoods2312222.jpg
こちらが、今回の封書の本題のはずの「中間報告」です。
モノクロであっさりしたつくりです。裏表紙には各屋号も示されていますが、テコ入れも進んでいる様子も読み取ることができました。
株主優待券で「視察」することも大事そうですね。

東京の喫茶店 琥珀色のしずく77滴



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

福島銀行の株主優待券(H23.12)
fukushimabank23123.jpg
福島銀行の株主優待である「株主優遇定期預金作成優待券」です。中間報告に同封されて届きました。
福島銀行は、福島相互銀行を前身とする第二地銀ですが、県内首位行が東邦銀行ですから、名前だけ見ると県を代表する銀行のようにも見えますね。
fukushimabank23121.jpg
株主優待は、画像の通り利息の優遇です。
株主優待についてはホームページでも告知されていますが、最近の定期預金の金利を考えると、優遇分も微々たるものなどと言えない利回りですね。
バブルの頃が懐かしいです。大口の預金だったら何%もついていたのですから目がくらみそうです。
fukushimabank23122.jpg
復興応援定期預金「ふくしまが好き」などの紹介も載っている中間報告。
テコ入れがなされて再建中だった福島銀行にとって、震災は大きすぎる打撃ではありますが、何とかこらえて頑張って欲しいものだと願っていますし、末席株主としても微力ではありますが支えていきたい私は思っています。

まっぷる福島 会津・いわき’12 (まっぷる国内版)



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

東京急行電鉄の株主優待(H23.12)
tokyu23122.jpg
東京急行電鉄から株主優待券が届きました。
いつもの愚痴にはなりますが、末席株主の私には、乗車券の方の優待券はいただけません。
議決権もあり、そもそも東急ストアの株主だった私にとっては、塩漬の上に優待券綴だけでは、やはり不満もあります。他社に比べると、路線も短く、運賃も安い割には優待n利回りが低い印象をもってしまいます。
いただいたからといって、有意義に利用できるかどうかは別ですが。
tokyu23121.jpg
こちらが株主優待券綴の表紙になります。
慣れ親しんだ「東京急行」という略称が「東急電鉄」に代わって久しくなりますが、マークは相変わらずです。
とりあえずBunkamuraの優待を有意義に使うことなどで、少し利回りを厚くしようかなぁと思っているところです。

東急ステンレスカーのあゆみ (キャンブックス)



東映の株主優待券(H23.12)
toei2312131.jpg
東映から中間報告書が届きました。
画像にある通り、今回は封筒の窓に近日公開の「山本五十六」があしらわれています。
最近、役所広司氏を見ると東洋水産の「マルチャン正麺」ばかりが浮かびます。大和ハウス工業の妙なコマーシャルも「ガイアの夜明け」も印象的でしたが、役所広司氏がヒトクセある強烈なヤクドコロを嫌がらず思い切りよく演じるからなのでしょうね。
さて「山本五十六」はいかなる興収となるのやら。
toei2312134.jpg
「山本五十六」イチ押しですから、中間報告書の表紙は、こうなります。
まさか「興廃」を賭けた映画とまではならないでしょうが、少なくとも「ドカ貧」にはならないでいただきたいものです。
toei2312133.jpg
他社はカード化されたりしていますが、東映は、頑なに優待券方式を堅持しています。
優待券綴で切離無効だけでは、転売を妨げることはできませんが、まだしばらくは紙製でしょうか。
toei2312135.jpg
利用可能な映画館等のリスト。「〇〇東映」は絶滅してしまい、「TOEI」すら少数派です。
毎回の一覧を見比べると、いろいろと考えさせられます。
toei2312132.jpg
こちらは、東映ホテルの株主優待券です。
利用可能箇所はこちらも減る一方です。
いつか利用しようと思いつつ、なかなか機会がありません。

聯合艦隊司令長官 山本五十六



山本五十六 (上巻) (新潮文庫)



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

三菱マテリアルの株主優待(H23.12)
mmc2312091.jpg
三菱マテリアルから中間報告に併せ、株主優待についての案内が届きました。
ややマンネリ気味な記事にはなってしまいますが・・・
mmc2312092.jpg
こちらが、株主優待についての説明文。
明記されているように、持株数に関係なく株主優待が受けられます。
株主優待だけを目指すならば、単元未満株でもいいことになります。
mmc2312093.jpg
長く株主でいますが、私は「純金積立」の株主優待を美味しく活用しています。
ジュエリーフェアで、(「お土産だけ」ではなく(笑))多大に買い物をすれば、ますます利回りは良くなる筈ですね。

図説 佐渡金山



ゼンショーとココスの株主優待券を見比べて(H23.12)
zenshococos23121.jpg
画像は「すき家」のゼンショーホールディングスと、その子会社であるココスジャパンの株主優待券の券面1ペーン分を並べたものです。
グループ各社で利用可能とするためか、デザインはほぼ共通で、社名やグループの各屋号のレイアウトには工夫が見られます。
以前書いた記事と被ることばかりになりそうですね(苦笑)
毎回の記事を見比べるためだけに(ネタの補充として)書いている感じが自分でもしています。
zenshococos23122.jpg
こちらは綴の表紙です。
なかなか新味のあるネタを提供できませんが、ゼンショーやココスからは、これからも株主優待券をいただく予定なので、継続的に記事にしていきたいと思っています。
マックスバリュ東北から株主優待のりんご到着
mvtohoku2312111.jpg
マックスバリュ東北から、株主優待の青森県産りんご3キログラムが届きました。
画像の挨拶文にあるように、来年も2月20日を基準日に株主優待は継続のようです。
被災地を商圏とする企業として、力強く頑張っていただきたいと願います。
mvtohoku2312112.jpg
以前、記事にした時は「花田りんご」でしたが、今回は画像のようにJAつがる弘前のりんごでした。
つやつやして綺麗な、そして美味しいりんごでした。
mvtohoku2312113.jpg
株主優待券の記事から、届くまでのタイムラグはありますが、今回は特に地域貢献ができる優待にしようと申し込みをした次第です。
九ヶ月が経ちました。画像のようになんだか「セシウム」をいろいろな意味で意識しなくてはならないことに、ただただ憤りを感じるばかりです。

りんご (母と子のえほん)



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

愛眼の株主優待券(H23.12)
aiganken23121.jpg
愛眼から、中間報告書に併せて株主優待券が届きました。
半年前の株主優待券は使わず仕舞いになっていますが、それはそれでメガネが大過なく過ごしたアカシみたいなものでしょうか。
aiganken23122.jpg
前回の記事にも書きましたが、すっかりマンネリ気味で、大きな変化もありません。
ただ、愛眼の業績としては、とりあえず黒字転換と相成ったようで、喜ばしいことです。
在庫一掃セール等を華々しくやっていましたが、愛眼自体がイメージチェンジし、オシャレに変化するきっかけになるのでは?と期待しています。

眼鏡Begin vol.11 (BIGMANスペシャル)



テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー



カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
598位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
256位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。