雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
「御巣鷹山」から27年
jal24081.jpg
日本航空が、再上場するということで、各証券会社に画像のようなリーフレットが置かれています。
今日は以前記事にもしてもいますが、「御巣鷹山」に123便が墜落する悲劇が起きてから27年目になります。
あの日も暑かったのを夏が来るたびに思い出します。
「事実上倒産直後の広告」についての記事「株主への通知」についての記事にも書いたりしていますが、体質や意識が変わらない中で、多額の税金を投入されてぬくぬくとしている日本航空が、某役員の会社などがタナボタで美味しい思いをするためかのように再上場することには疑念を持たざるを得ません。
jal24082.jpg
そもそも、日本航空は123便の教訓をどのように受け継いでいるのでしょうか。あのときにきちんと反省をしていれば、逆に事実上の倒産には至らなかった筈だとは思います。
画像は目論見書の表紙で、復活した鶴丸マークが誇らしげに載せられています。ただ、未だに労働組合がごちゃごちゃとして機長組合を含めて、本体で記載されているだけで6組合もあり、9137が加入しているようですし、体質が変わったのかどうかはよくわかりません。
そして、解散価値が1986円の会社につけられる株価が、想定売出価格は3790円なのだそうです。
果たして、売り切れるものなのでしょうか。

27年目の夏・・・日本航空は再上場に向かっている夏にはなっていますが、この日をどう考えているのか?このことをきちんと振り返っているのかどうか?事実上の倒産に至った不始末を自らのことで捉えているのかどうか?が、解散価値と想定売出価格の差に対してつけられる市場の評価なのではないかと思っています。

かくいう私は、目論見書は入手しましたが、想定売出価格や目論見書の中身、株主構成などに想定通りとは言え、ただただ呆れているだけであるということだけ書かせていただきます。そして、どこにも「御巣鷹山」に関する文字はなかったのでした。そんなものなのでしょうか。
スポンサーサイト






カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
466位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
213位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: