雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コムソン社の株券(その2)
comsonmatsudakbken.jpg
コムソン社(旧:野田産業)の株券です。
以前にも記事にしていますが、松田社長期の株券で記事にしてみました。
祖業を農機具が先細りとなる中、末期には旅行業をはじめ多角化を図っていたコムソン社。
農機具に関する資料を追いかけると、「農研機構」による安全鑑定の資料や、特許関連の資料も検索すると出てきますし、全国コムソン農機商業協同組合というものの痕跡もネット上では見つかります。

ただ、結果的には祖業の不振からの多角化、次ぐ増資や大株主も事業内容も迷走するなど、現在もよく見かけるパターンで、最後も似たようになる会社は少なくありません。
旅行の株主優待を活用された方もおいでになることでしょうね。

会社があった痕跡は、上記に示したように、電話番号や自動収集的なサイトにもありはしますが、実際にはどこへ行ってももうコムソン社は存在しないということになります。
しっかりとした事業をして、特許も取り、様々な製品を世に出してはいても、どこかでボタンが掛け違ったり、誤った選択をしたり、ある意味で「食い物」にされたりした場合、思い出だけの存在になってしまうことは少なくありません。
今年もそういう寂しい結末に至った(または至りつつある)会社がありました。
来年こそは、景気が上向きになり、なにか良いことがたくさんある一年になりますように・・・
一年の終わりの記事を株券で締めくくってみました。
スポンサーサイト

クロニクルの株主優待券のこと(H24.12)
chronicle2412281.jpg
クロニクルから、第33期報告書にあわせて、株主優待券が届きました。画像は株主優待についての案内文です。
とはいっても、決議通知が封入されてはいませんでした。IRにもある通り、定足数を満たさなかったからです。
取締役は、臨時株主総会まで続投ということになりはしましたが、果たして次の株主総会をすんなり成立させる奇策等はあるのでしょうか?
しかし「エフアール」とか「なが多」を経て、この証券コード「9822」の会社の上場を維持し続けている経営陣のことです。次の一手を楽しみに待つことにしたい等と思っている私です。
chronicle2412282.jpg
こちらが株主優待券。高級時計が30%引きで購入できると言うことですが、私はまだ利用したことがありません。
現在の本業のようになっているアプリケーションあたりの優待とかでもあったら、それはそれで楽しいのかも知れませんね。

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

LDH(旧:ライブドア)の残余財産分配金について
ldh2409111.jpg
最後の株主総会となった、清算第1回定時株主総会でも繰り返し質問が出ていたところなので、あたためたままだったネタをここで公開しておくことにします。
平成24年9月11日より支払が始まった残余財産分配(1株あたり1134円)については、画像の封筒に入って届きました。
株主総会では「いつ支払われたのか」「届いていないのでは」「もし届いていなかったらどこに聞けばいいのか」という質問が出され、その都度、議長の石坂弘紀代表清算人からこの封書について回答がありました。
ホームページもなくなりましたので、このブログが参考になれば幸いです。
ldh2409112.jpg
私は口座振込にしていましたから、「残余財産分配金計算書」と「振込先確認の書面」が封入され、画像のような文書での説明がされていたところです。
12月27日の株主総会の終結をもって、清算結了して法人格も消滅したところ(登記上の処理もたぶん速やかにされたことでしょう・・・年をまたぐとまた面倒ですから)ですので、もうこの住所(赤坂1-12-32)に訪ねてもLDHは見あたらないことでしょう。(郵便受くらいはあるのでしょうか)
粘着に質問を繰り返した方は、「(赤坂に移転する前の)所在地を訪ねたら会社がなかった」と怒っていましたが(移転済だったのだから当たり前すぎます)もう赤坂にさえ会社はないのだろうと思えば、もうすっかり済んでしまったのだなぁという思いを改めてします。
ldh2409113.jpg
上に載せた文書を裏返しにするとQ&Aや参考情報が丁寧に記載されています。
このあたりを改めて文面で配布すれば、ある程度の質問は減らすことができたのでしょうが、かえって粘着な質問を増やしていたかもしれません。

さて、受け取りを失念した方はどうすればよいのか・・・と言えば、もう法務局に供託されてしまったわけですから、そちらで手続きをすることになるのでしょう。あくまで受領しないでいても、これも株主総会で繰り返し石坂代表清算人が回答し続けていましたが、もう既に存在しないLDHには戻りません。株券を提出しなかったり(私もそうです)「残余財産分配金領収証」を記念に持ち続けたりした場合は、たぶん国庫に入るのでしょうね。広い意味での国への寄付みたいなものです。
供託金が会社に戻れば・・・と淡い期待で質問を続けた方がいましたが、何度否定しても腑におちてはいただけなかったようでした。
重複した動議や質問を防ぐ手段がない状態だったことも、マラソン総会の要因の一つになっていました。各社の株主総会が全てああいった状態になってしまったら、株主総会好きの私としては残念でなりません。
LDHの「千秋楽」に立ち会って
ldh2412272.jpg

ということで、府中の森芸術劇場で、LDH(旧ライブドア)の清算結了に立ち会ってきました。

感慨深く拍手をしました、どれだけか困難な作業であったことかと思います。
しかしマラソン総会になりました。再三の緊急動議や退場もあり、なにより繰り返し同じ質問を行う一部の方に振り回される総会になったのは、何とも残念でした。
未だにホリエモンに期待する方すらいました。
つくづく彼の罪作りな虚業のもたらした傷痕の大きさを感じたところです。
またあらためて感想等を書き加えたいと思います。
お詫びと予告を兼ねて
更新の間が開きました。ネタは積み上がりましたが、公開にはまだまだ時間がかかりそうです。何度も見に来ていただき、ご心配いただいた向きには申し訳ありません。

「選挙期間中は公職選挙法により御礼を含め、ブログの更新ができないので更新が滞っていました」などといつかは言ってみたい私です(笑)

いずれにせよ、政権交代とインフレ誘導により証券市場に活気が戻りそうに見えるのは、零細投資家としては今後の思惑に期待したいところです。

さて、私はいま府中の森芸術劇場に向かっています。
ITバブル・ベンチャー企業バブルを思い出す、あの会社の末路を見届けに行って参ります。
選挙あり、野球あり、粉飾決算あり、逮捕あり・・・のドラマも最終回(清算事務が終了する=清算結了)ですが、これはさすがに「想定内」ですね。

とにかく楽しみに京王電鉄(「京王帝都」という呼称が懐かしいです)東府中駅を降りました。
higashifuchu241227.jpg


カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
206位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。