雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツノダから議決権行使にかかわる説明資料届く
tunoda2009201.jpg
ツノダから、先日記事にした第72期定時株主総会の議決権行使に関して、説明と資料が届きました。

これまでも会社側が行動しないことへの不満を書いてきたところですが、7月25日付にてついに行動に出たとのお知らせに、ひとまず良かったと思いました。(前記事で書いた「抜本的な対策」に既に乗り出していたこと、非公開ではなく司法判断へと駒を進めていただいていたことに感謝しています)

この資料を読み、私は、会社側の方針に全面的に賛成するとともに、大いに応援していきたいという思いをあらたにしました。(当該株主寄りの方々には異論もあるかとは思いますが、株主総会での賛否の票数通り「多数の株主も原告(ツノダ・角田社長)を支持している」ことは無視できないはずですし、私も「多数の株主の一人」ということですので、ご賢察ください)

角田重夫社長の苦渋の決断に賛意を示すとともに、「会社対大株主の訴訟」という異例のケースが、事実関係を明らかにするとともに、他社へもよい影響を与えるものとして成就することを願ってやみません。
tunoda2009202.jpg(訴状1枚目)
私は当該株主より前から株主だったことになるのですね。
となると、復配なったツノダが解散価値を下回る株価をつけているのは、このトラブルのせいであるとして、持株数×(解散価値-時価)を請求したくもなるところですが、ツノダ側の損害賠償請求は微々たる額に留まっています。
弁護士費用357万余と名誉毀損にかかわる300万余に過ぎません。賠償請求額は、社長への名誉毀損だけでは済まず、会社自体・役職員の方々・一般株主も含めて名誉毀損と不愉快感(精神的苦痛)を受けているわけですし、上記の通り、株価にも影響を与えているものと思います。
これだけの少額にとどめているのは「せめてもの・・・」ということでしょう。本来ならば民事に留まらず、刑事でも争える内容であると思うほどのこと、これを突破口に会社側にはがんばっていただきたいところです。
そして、その中で会社側の正当性も確実になり、経営も安定するのだと信じています。
tunoda2009203.jpg(なお、資料は続きますが・・・)
文書の中では、私が会社側に書面にしたようなことやブログで書いてきたこと(「企業価値を損ね、株主全体の利益を害する」「放置することに対する強い批判」等)と重なる面もあり、従って会社側と私はほぼ意見が一致するところです。
また、ヤフーの掲示板での投稿も証拠になっています。
甲第27号証甲第28号証甲第29号証甲第30号証)・・・もっとひどい内容の投稿もありますね。私は最近呆れて「無視リスト」に入れて読んでいませんでした。

「判決が出るのはまだ先」とはいえ、完全勝訴に至るよう、微力ではありますが応援していきたいと考えております。

このような事例は多くないでしょうし、今後の他社を含めての株主総会の健全化や特殊株主の跳梁跋扈(「総会屋」でも筋が通っているならば、私は不当だとは思いませんが、ただただ混乱させたり売名的な「総会屋」の方々や、投資ファンド等の不当要求をする面々)への抑止力たりうる厳然たる判決が下されることを期待しております。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

はじめまして、ツノダ株主の細川です。
画布様のブログ・掲示板は3年前より拝見させていただきまして
半世紀に到達するべく投資眼に研鑽を重ね、広く啓蒙活動を行う姿勢に敬服しています。
 今回のツノダの事件は、会社が存続状態で、取締役の不正行為が判明したが、
議決権の過半数の支持により、居座った事例です。
 名古屋地裁で争う事となりましたので、収集した証拠の一部(エルメス2件)を、私なりの啓蒙活動として株主全般に送付致しました。
 当然、画布様にも送達済みと思います。
 是非、株主総会にご出席頂き、真相究明、会社・株主の最善の選択に議決権の行使をして頂きたく投稿いたします。
【2008/09/21 23:22】 URL | 細川 #ZWgj1ies [ 編集]

ツノダ株主総会の結果
第72期定時株主総会 議決結果
・株主総数669名
議決権保有株主数349名 
単元未満株主数 320名(1000株未満の議決権の無い株主数)
総議決権5113個、5113千株 
・ 参加株主数 136名(株主総会出席 17名)
・ 参加議決権4220個(17個1名議決前に退席)
議決権行使比率 82.5%

       賛成     反対          
第1号議案  3470    750   
       82.2%  17.8%
第2号議案  3379   841   
       80.1%  19.9%
第3号議案  909    3311
       21.5%  78.5%
第4号議案  819    3401
       19.4%  80.6%
第5号議案  911    3309
       21.6%  78.4%
第6号議案  911    3309
       21.6%  78.4%
第7号議案  909    3311
       21.5%  78.5%


【2008/09/26 23:54】 URL | 細川 #ZWgj1ies [ 編集]

>第72期定時株主総会 議決結果
>細川さま
立場の異なる中、私には知りえない情報の提供をいただきましてありがとうございます。
持株数では遠く及びません私の、考え方・捉え方の違う記事で、お目障りに感じた面もあるかと思いますが、重ねてご賢察いただけますと幸いです。

【2008/09/27 12:28】 URL | depart #nmxoCd6A [ 編集]


平成23 年9月20 日
各 位
会社名 株式会社ツノダ
代表者名 代表取締役社長 角田 重夫
コード番号 7308 (名証第二部)
問合せ先 E S 部マネージャー 渡邉 雅樹
(TEL:0568-72-2331)
株主代表訴訟に関するお知らせ
平成21 年5月8日付「株主代表訴訟に関するお知らせ」にて公表いたしました、当社個人株主
1名(以下「原告」という。)から、当社代表取締役(以下「被告」)に対して提起されていた損害賠
償を請求する株主代表訴訟(以下「本件代表訴訟」という。)について、本日、名古屋地方裁判所
において判決が言い渡され、当社代表取締役に対して、原告の請求する97,164,427 円の内、
24,817,292 円を当社に対し損害賠償することを命じる判決(平成21 年(ワ)第1915 号損害賠償
請求事件、以下「本件判決」という)がなされました。
本件判決については概ね当社の主張が認められたものの、一部が認められなかったことは誠
に遺憾であり、当社代表取締役からは、本件判決内容の詳細を精査の上、控訴にむけて弁護士
と対応を協議中である旨の報告を受けております。
なお、本件代表訴訟は株主が当社代表取締役個人を訴えているものであり、当社の業績に影響は
ありません。
(参考)訴訟の経緯
当社の株主である原告が、当社の代表取締役である被告に対し、被告がその職務を遂行す
る過程で、顧問委託料、賃貸管理料、研究費、交際費など合計金97,164,427 円を支出した
ことが、取締役としての任務懈怠行為であり、これらの行為によって被告が当社に対し同額
の損害を与えたとして、被告に対し、同金額に法定の遅延損額金を加えた金額を当社に対し
て賠償するよう求める株主代表訴訟が提起されました。
以 上
【2011/09/21 01:40】 URL | ツノダ 株主代表訴訟 判決 #sSHoJftA [ 編集]

株主代表訴訟に関するお知らせ

平成 24 年6月 22 日
各 位
会 社 名 株式会社ツノダ
代表者名 代表取締役社長 角田 重夫
7308 (名 証 第 二 部 )
コード番号
株主代表訴訟に関するお知らせ

平成 23 年 10 月 17 日付「株主代表訴訟に関するお知らせ」にて公表いたしましたとおり、当
社代表取締役が控訴いたしました株主代表訴訟(以下、本件代表訴訟)につき、本日、名古屋高
等裁判所より、当社代表取締役の控訴を一部棄却する判決(以下、本件判決)が言い渡されまし
た。
本件代表訴訟は、一審判決において、概ね当社の主張が認められたものの、一部認められなか
ったことについては判断の誤りがあるものとし、当社代表取締役が名古屋高等裁判所へ控訴した
ものであります。
本件判決は、誠に遺憾であり、当社代表取締役からは、本件判決内容の詳細を精査中であり、
対応を弁護士と協議中である旨の報告を受けております。


なお、本件代表訴訟は株主が当社代表取締役個人を訴えているものであり、当社が訴えられて
いるものではありません。
今後開示すべき事項が判明した場合には、速やかにお知らせいたします。


以 上

【2012/06/23 12:02】 URL | 細川 #- [ 編集]


株主代表訴訟の判決に関するお知らせ
1.判決に関するお知らせ
平成24 年7月3日付「株主代表訴訟に関するお知らせ」にて公表いたしましたとおり、当社個人
株主1名から、当社代表取締役に対して提起されていた損害賠償を請求する株主代表訴訟(以下「本
件代表訴訟」といいます。)について、当社代表取締役が最高裁判所に上告いたしましたが、平成25
年6月6日に上告棄却の決定があり、本日当社に通知がありましたので、お知らせいたします。
2.業績への影響
本決定により受領する損害賠償金は、平成25 年6月期第4四半期に特別利益として計上する予定
です。平成25 年6月期の通期業績予想につきましては、現在精査中であり、判明次第速やかに開示
いたします。
3.訴訟の概要
本件代表訴訟の概要は、当社個人株主1名が、当社代表取締役に対して、当社が顧問委託料や賃
貸管理料等を支払う際の当社代表取締役の判断に善管注意義務違反があるとして訴えたもので、当
社は株主代表訴訟に補助参加しておりました。
今回の裁判で確定した内容は、当社個人株主1名の主張する97,164,427円の内、23,838,047円を
当社代表取締役が当社に対し損害賠償するというものでした(平成24年6月22日名古屋高等裁判所
判決)。
4.当社の対応
賠償対象となった賃貸管理料の支払いの一部について、裁判所に不動産管理業務の実態を十分に
ご理解いただけず、当社ならびに当社代表取締役の主張が一部認められなかったことについては、
大変遺憾ではありますが、当社といたしましては遵法精神に則り、至急当社代表取締役から当社に
対する全額の支払いを受ける予定であります。
以 上
【2013/06/09 21:13】 URL | 細川 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://depart.blog21.fc2.com/tb.php/1002-b4bacc7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
598位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
256位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。