雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
雪組新人公演「マリポーサの花」観劇
snow201021.jpg
宝塚歌劇雪組新人公演「マリポーサの花」を観劇してきました。
この新人公演で88期の皆さんが、新人公演を卒業になります。早花さんの挨拶も大変立派で、流石は楽屋日記が絶妙で唸らせられただけのことはある!とか思いながら、最後の挨拶で真ん中に寄っている面々の成長ぶりに感動。こういった生徒さんたちの成長を応援しながら楽しむのも、宝塚観劇の醍醐味です。
お話自体に変化はないですし、特に崩したり雰囲気を変えたり(前回の紫友さんの執事には正直マイッタ)するわけではなく進行していきます。フィナーレがないだけ、やはり尻切れ蜻蛉な気もしましたが。

大湖さんの挨拶にはたまげましたが、何か「♪計画通り上手く運ぶわけがない」とか言う雰囲気にさせられました。少しネタを捻り過ぎたのかなとか。
舞羽さんがヒロインに抜擢。ちょっとビックリしつつも、そつなくこなしている感。次の次あたりなのかなとか思いつつ、抜擢しすぎでは?と人材豊富ゆえに思わされます。

最上級生にあたる88期は、一作のみの最上級生でしたが、早花さん・彩夏さんあたりは、一足早く一歩退いた役という雰囲気なのかなと思わされたりしました。勿体ない気持ちもさせられます。

大凪さんのフェルッティ(本役:緒月さん)は、妙に粘っこい感触が楽しかったです。普段のアブナイ手下に比べてしまうからかもしれません。
葵さんの支配人は組長さんの役。オタオタする雇われ支配人ぶり、全身表情豊かで楽しいです。こういう慌てキャラ(本公演でも)・三枚目がポジションなのかなとか。
紫友さんは未沙さんの演じたイスマヨール。頑張っていますが、やはり流石にオジサンらしくないので、逆に葵さんのような恰幅を「ツクル」とラシカッタり、まるで違うキャラだとより自然体だったのかなとか思いました。逆に流石は専科と言うべきなのか。難しいですね。

前回は新人公演の主演だった蓮城さんは、本役未来さんの大統領。凛城さんのエスコバル(なんだか慌てる場面もありましたが)、彩風さんのリナレス、香綾さんのロジャーともども雪組の新しい世代の躍動感をも感じさせられました。

新人公演は、本公演と違う味わい方もあり、可能ならばもう一回くらい増やして、下級生の学びの場があってもいいだろうになあと常々感じさせられてもいます。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://depart.blog21.fc2.com/tb.php/1042-caa547dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
427位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
199位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: