雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
ハニックス工業の株券
hanixkabuken.jpg
ハニックス工業の株券です。
ハニックス工業は平成5年5月に会社更生法適用を申請し、事実上倒産。その12月には破産してしまい会社は現存しません。

券面に名前のある廣川昌社長は、平成5年12月24日(破産の二日後)に東京国税局で壮絶な覚悟の自決を遂げたことで知られています。

「ダブルスタンダード」が当たり前のようにまかり通っている感がある、現在であっても、守られるのは一部の大企業で、昨今はあっけなく取引所から引導を渡されたり、監査法人が悩まず引導を渡したりするケースが見られます。
ハニックス工業は、国税局が税務調査をかけたりしたことで信用不安が惹起し、資金ショートする形で経営破綻・破産へと転がり落ちていってしまいました。

既に財務状況は健全ではなく、粉飾決算もあったという見方もあり、手形のやり取りに問題があったとも言われます。(現に連鎖倒産も大変多かったことも確かです)結果、破産に追い込まれたことは、事業としても万全の環境ではなかったこともまた傍証となることも確かではあります。
しかし、果たして現在このようなケースの会社が出現した場合、どのような対応が取られたことでしょうか。案外と増資や新株予約権で乗り切ってしまうかもしれません。そして乗り切っている会社の多いこと・・・(それらの会社群も昨今はいよいよ厳しい状況に追い込まれつつある雰囲気もありますが)

そう考えると、最近の経営者は廣川社長とは、かなり心境も違うのかもしれません。悩みぬき、精神的に追い込まれている方も少なくないでしょうが、民事再生法の下で居座る方も少なくなく、差し押さえも不正経理もヘイチャラ(のようにいきなり上場廃止にもならないですし)で、上場廃止になったとしても、廣川社長のように自決にまで追い込まれるケースは多くないのではないでしょうか。(意外なほど平気に表舞台に派手に登場してきて、ビックリするケースもあります)印象までで、実は水面下は悲惨なのかもしれないので、推測までで記述していて申し訳ないのですが。

ハニックス工業と廣川社長がいまの時代だったなら、自決という悲劇的すぎる結末ではない、軟着陸もあったでしょうし、まさかこうなると分かっていたら、国税局も銀行も厳格すぎる対応はしなかったでしょう。(だからこそ、その後緩くなっていたりするのかもしれませんが)

結局、真相ははっきりしないままです。廣川社長が自らの死で、ある意味ウヤムヤにしてしまったのかもしれません。それを本人のプライド・ポリシーが許さなかったのかもしれません。ただ、法廷や破産処理の中で明らかにしてほしい・主張してほしいところはたくさんあったと思います。
ハニックス工業事件の真相という記事もネット上にはありますが、廣川社長が亡くなっており、語られることのない部分があるのが残念です。

あの時代のほうが、証券市場は健全だったのでしょうか?参加者に気概があったのでしょうか?
それなりに不祥事も事件もありましたから、たぶん今の状況が良くないだけなのではないかなとも思ったりしています。また、ある意味で「倒産慣れ」もあるのかもしれませんね。古豪企業の倒産も、目だった記事にはならない感じがしますし、それはそれでかなり健全ではないと感じています。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://depart.blog21.fc2.com/tb.php/1191-6df9ba67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
165位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: