雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
宝塚雪組全国ツアー市川公演観劇
yuki2111151.jpg
宝塚歌劇団雪組の全国ツアーが市川公演から開幕。
演目は、『情熱のバルセロナ』『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』で、ショーは先日までの演目をリニューアルしたもの。DVDではまたカットかと思うと憂鬱。
昼公演では、ネタとして「南房パラダイス」「ピーナッツ」「オリエンタルランドの経営する遊園地(笑)」が飛び出したり、夜公演では怪盗ガロのために客席から「キャー」と声が上がったり、緞帳前で水さんが「故郷に錦」と挨拶したりと、全国ツアーらしいお楽しみもありました。
お芝居では嫌なオジサン、ショーでは歌いまくりの副組長未来さんの挨拶も堂々としていました。
ポンポンも盛大に振って、大いに満足しました。
「噛み様」降臨もあったりで、皆様お疲れ目かなとも思いましたが、前回公演から休みなしで走ってきているだけに、いまの日程自体が厳しいのかとも思います。
yuki2111152.jpg
『バルセロナ』は、やはり時代がかり過ぎの渋い作品。やや話が理解しがたい部分(特に終末部)もあり、主人公にも感情移入しがたく、無理がある感じさえしました。
柴田先生初演の頃は、何も違和感なかったのかもしれませんが。いまの新作を30年近く将来に再演したら、やはり無理が出てくるでしょう。
原作「パルムの僧院」を読んでいても「?」かも、というよりますます謎かもしれないのは、番手や主演を考えるからかもしれません。
水さんと晴華さんが主演と考えたり、彩吹さんを別格か専科あたりと考えれば、なんだか落ち着きかねない台本なのかとも。
私には難解で、誰も幸福にならないのもスッキリしませんでした。

『ベルばら』のように「伝統芸能」の域で、かつ誰にでもわかりやすい平易な作品なら前説や後講釈はいらないでしょうが、なにかちょっとした説明台詞が必要に思わされました。

しかし、主役が晴華さんに見えて仕方ない(愛原さんには悪いのですが、主役を食ってしまっている)のは、間合い・歌唱・表情それぞれ芸達者だからでもあるのでしょう。「忘れ雪」(ヒロインは舞羽さん)での愛原さんのように、ヒロインではない二番手娘役が輝いた形かなとか。
客席から彩夏さんが登場し、憎まれ役でも儲け役。「やらずの雨」の菰平よろしく、三番手あたりか別格スターみたいな扱いに驚き。「売り出し中」なのかと、次回作に注目。
yuki2111150.jpg
『リオ』は、本公演がつい先日千秋楽だったわけで、ある意味で「本役」とくらべながらな観劇になりました。
僅か一ヶ月しかなかったのかと思うと、ますます驚嘆。
アドリブも含め、大いに笑い楽しんだひと時になりました。
緒月さんや奏乃さん、彩那さん、舞咲さん、花帆さん、涼花さん、早花さん、大湖さん、蓮城さん(順不同)・・・一人一人触れていくとキリがないので、割愛。すみません。
皆さんの持ち味が生きていた「新しい」ショーでした。
DVDは3月発売とのこと。待ち遠しいです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://depart.blog21.fc2.com/tb.php/1490-19ba4b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
185位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: