雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
大丸のショッピングボンドを眺める
daimaruken22011.jpg
大丸のショッピングボンド(商品券)です。
横文字なところが、なかなかにハイソサエティな(笑)感じがします。
きちんと釣銭が出ますので、上手く入手して利用すると、なかなか「利回り」が良くなったりします。
問題は、他の優待や各種ポイントなどとの兼ね合いでしょうか。
券面には、東京都のイチョウのマークが「発行税検印」として印刷されています。
daimaruken22012.jpg
裏面はなかなか感慨深い店舗リストになっています。
大丸関連でも、町田大丸(閉店後、建物は「モディ」に)や今治大丸、新居浜大丸(旧:別子百貨店)は既にありません。
松坂屋が市川、大阪、山形にもあった頃、山形屋に那覇店があった頃に発行された商品券。まだまだ百貨店が賑わっていた時代のものです。
いまでは、十字屋山形店清水屋同様に「中合」による経営)のみとなった十字屋(会社はダイエーに吸収合併)も、広い店舗網をもち、大丸との商品券交流があった頃。懐かしい思いをしながら、屋号や支店所在地を眺めるところです。
天満屋あたりは微増、山陽百貨店藤丸は本拠地堅持ですが、中三大和は縮小均衡・方針転換が進んでいます。
破産した大牟田の松屋(参考「松屋の24,362日」)などのように消滅した百貨店もあります。徳島の丸新も既に閉店しています。

daimaruken22013.jpg
こちらは、裏面のリストが異なるバージョン。大丸の海外支店でも利用できることが明記されています。海外からは完全撤退したので、いまでは存在しないわけですが、海外で利用した場合はどのような会計処理がされたのでしょうね。

今日も、四条河原町阪急の閉店が報道されていました。百貨店はドンドン消えつつあります。必要とされなくなった「過去の遺物」と片付けてしまえばいいだけとは思わないのですが。
忙しい現代女性のために、美容家山本未奈子が開発したコスメ、Simplisseの商品一覧です。大丸・松坂屋 コスメ通販マルコレ
スポンサーサイト




この記事に対するコメント
大丸ショッピングボンド
この券は、大丸、松坂屋、大丸ピーコックで使った場合は、DAIMARU CARD、新松坂屋カード、大丸Dカードのポイントの付与対象になります。(大丸ピーコックの場合は、ピーコッククラブカードでもポイントの付与の対象になります。)大丸、松坂屋の場合株主優待カードとの併用も可能です。(大丸ショッピングボンド自体、発行をやめて10年以上経つので、最近の株主優待カードの利用案内には記載されていませんが、大丸商品券と同じ扱いなのでいいそうです。

1,000円のショッピングボンドは、このあと発行された分には、利用店に丸新、テンマヤクレアの記載が消えたもの、さらに利用店に三越が追加されたもの、清水屋が中合清水屋店に変更されたもの、中三秋田店が追加された券があります。

500円券は、一番古い券だと、小田急百貨店の記載された券もあります。大丸も町田大丸でなく大丸町田店、今はなき八王子大丸や長崎大丸でなく岡政(長崎)と書かれている券もあります。
中三も青森の記載のない券とか、二戸の記載のある券もあります。
天満屋も岡山会館というのが書かれていた券もあったはずです。

大丸ではありませんが、中三も500円のショッピングボンドを発行していたことがありました。(使える店は、当時の中三商品券と同じでした。大丸、大和、藤丸、松屋(大牟田)と確か清水屋だったと思います。)
デザインは、大丸ショッピングボンドの500円券にすごく似ています。(現在は発行していません。中三は、1,000円の商品券は今でも発行しています。)

そういえば、大丸ピーコックで、去年の11月ごろから、全国百貨店共通商品券が使えるようになりました。
【2010/01/30 12:06】 URL | 秋本 #VW5.yUR6 [ 編集]

>大丸ピーコック
秋本さま、いつもありがとうございます。
海外店舗の記載がある、裏面が違うものの画像を一枚追加しました。
中三はイオンとの関係を解消しましたし、十字屋も清水屋も中合になりましたし、百貨店の提携関係は集合離散が複雑ですね。
大丸ピーコックの件は知りませんでした。松坂屋ストアと統合されて、位置付けが変わりつつあるのですね。
藤沢OPA(旧:藤沢十字屋)のように大丸ピーコックが「デパ地下」を運営しているケースもありますが、利用可能店舗が増えるのは好都合ですが、マニュアルは増頁となってくるわけでしょうね。
【2010/01/31 11:54】 URL | depart #nmxoCd6A [ 編集]

大丸ピーコック
大丸ピーコックだけでなく、松坂屋ストア、ピーコックストアでも全国百貨店共通商品券が使えるようになっています。

あと一昨年から大丸ピーコックで松坂屋商品券、松坂屋ストアで大丸商品券、大丸ショッピングボンドが使えるようになっています。

大丸も大丸ピーコックも東急百貨店と異なり、クレジット会社のギフトカードでもポイントの付与があります。
大丸、大丸ピーコックでは、比較的使いにくいとされる楽天KCギフトカードも使用可能です。


>この券は、大丸、松坂屋、大丸ピーコックで使った場合は、DAIMARU CARD、新松坂屋カード、大丸Dカードのポイントの付与対象になります
と書きましたが、大丸ピーコックでは大丸Dカードは使えません。
【2010/01/31 19:24】 URL | 秋本 #VW5.yUR6 [ 編集]

青森中三
そういえば、青森の中三も株主優待があります。
昔は、5%OFFの優待券120枚綴り一冊でたいしたことはなかったのですが、
ここ数年優待内容が変わり、1,000円の割引券タイプのお買物券50枚綴りに変わりました。
(1回の会計に付き、2,000円まで買物券1枚まで、2001円~4,000円まで買物券2枚まで、4001円~6000円まで買物券3枚まで、6001円~8000円まで買物券4枚まで、
8001円以上で買物券5枚まで使用可能)
使い方によってはかなりお得な優待券です。
【2010/01/31 19:34】 URL | 秋本 #VW5.yUR6 [ 編集]

>中三の株主優待
秋本さま、詳しいコメントありがとうございます。
中三の株主優待について、EDINETで見て見ましたら、監査が意見不表明なんていう状況なのですね。
地方百貨店はどこも厳しいところばかりですが、象徴的だなと思いました。

中三の店舗を訪ねたことがなく、遠方でもあるので、株主優待券を入手できても利用機会もなさそうですが、株主優待が継続できる程度には業績が安定すればいいのですけれど。
【2010/02/01 20:38】 URL | depart #nmxoCd6A [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://depart.blog21.fc2.com/tb.php/1586-83af2320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
427位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
199位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: