雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
宝印刷の株主総会
takarainsatu69.jpg

宝印刷の第69回定時株主総会は東京証券取引所東証ホールで開催されました。
入場する際に、流石に普段よりは簡潔にされていたとはいえ「荷物検査」と「金属探知」がされて東証に入場。
ある意味、安全管理はばっちりと言うことですね。
お土産は、下の画像のような図書カード1000円分。社名入りのものはレアなものを貰った!という感じがします。「いつもお引き立ていただきましてありがとうございます」とあるので、営業などで挨拶代わりにお渡ししているものなのでしょうか。
takaracard1808.jpg

さて、これ一枚貰うのに、よもや2時間もかかるとは思いませんでした。ある一人の株主が時間を引き延ばしたからなのですが・・・(私じゃないですよ)
総会運営の拙さと個人株主増加の弊害が垣間見えました。
宝印刷はディスクロージャーに力を入れる会社で、日本株式市場の中枢の東証で開かれる、会社法施行後の株主総会像を見極めるような総会での「失態」は、今後に悪影響を与えるものであったと感じます。
「当社の招集通知は、他社に『見本に欲しい』と言われるんです」などと社長は惚気てましたが、だからこそ見本となるような運営を心がけて欲しかった!!
自称総会屋を気取る株主総会愛好者の私としては、十年くらい前のキビキビとした雰囲気、そして「総会屋」の方々が必要に応じて仕切る(追いつめすぎもせず、法令すれすれであっても尻尾はつかませず、阿吽の呼吸で、落としどころをしっていた)総会の方が良かったなぁと溜息をつくばかりです。
肝心の総会ですが、堆(あくつ)社長は壇上のモニタに原稿が投影されているのか、そちらばかりを見る立ち上がり。事業報告は女声による朗読。ただ画像が分かりやすく、そう不満はありませんでした。
問題はこのあと、1時間半近くの殆どを一人の株主(何株持っているんでしょうか?1%でも超えているなら、私が文句を言える筋合いでもないでしょうが・・・)に引っかき回されたこと。長弁舌、だらだらと持論を述べる、ひとつひとつの議案に注文とケチを付ける・・・実名をあげてしまいたいほど腹が立ちました。氏は名誉毀損にもなりかねない失礼なことを言いましたし・・・
社長が一言「簡潔にお願いします」「他にも株主の方がいるので、一人○問で・・・」と絞っても問題はないですから・・・問題があるというなら、「持株数で時間制限」といった制度を導入してくれないと困ることになるでしょうね。

Q1(「困った」氏)CSRの水準は?・・・(社長)周知・広報に努めている。(嶋田常務)各社によるので臨機応変お勧めしている。
(困氏)他社の読みやすいものと比べてどうか?・・・(嶋田)紙代・送料ほか、費用をかけるより配当をとのこともある。よいものが増えてきているとは思う。
Q2(困氏)監査報告書は誰のためか?画一的。内容でなく概要にすぎない。・・・(山仁監査役)株主の立場から会社を監査。内部体制の監査を会社法の見地から重点にした。(困氏)ならば、そう書くように。法令以上にやるべき。
Q3 大株主が10名くらい載せて欲しい・・・(堀取締役)会社法の規定改正による。決議報告、有報には記載。
Q4 リスク情報にある「法改正」はリスクではなくビジネスチャンスでは?「売上高の季節的変動」では残業等はどうなっているか?均等に出来ないか?・・・(社長)以前は半期ごとだった有報が一回になり危機となった。が、四半期報告書の義務化はチャンスともなる。3月決算が多い現状では季節的変動はやむを得ない。派遣社員で対応。
Q5 ソフトの売り上げは一度だけのものか?・・・(嶋田)売りきりではなく、システム利用料を貰うかたち。
Q6 投資引当損失の理由は?・・・(堀)フィナンシャルメディアが債務超過なので全額計上した。(社長)タスクは持分適用ではないが、IPO関連書類の作成、コンサルをしている。(堀)タスクの出資比率は33%
(Q6氏は、全取締役の自己紹介と意気込みを聞きたいと発言。伊藤園の総会あたりに出られた方でしょうか。これが流行ると困ります)
(社長)代表してディスクロージャーのオンリーワン企業。IRのライバルは多い。増える仕事に応じて間口を広げたい。
Q7 M&AやMBOへの考えは?・・・(社長)一番の買収防衛策は企業価値向上。

(ここまでで、11時17分になりました)
「議案の質疑の前に一括して質問を受け付ける」と言っていなかった拙い議事運営が、ここから「困った」氏の横暴を許してしまいます。

第二号議案が「了解」と拍手で可決されたかの瞬間、「困った」氏が牙をむきます。
「私の方を見てから拍手してくれないと」などと嘯きます。
「法律より一歩進んだものにしろ」「社名が古くさいから変えろ」「経営理念を定款に入れろ」「インサイダー取引がありうるから内規でなく定款にうたえ」
・・・(社長)社名変更は定着したブランドイメージがあるのでデメリットになりかねない。(堀)定款はある意味、ひとつの見本となっている・(社長)定款は共用できるものに整えた。インサイダーは日経での「対策」は以前からやっている。
(「困った」氏はだらだら自分の言葉に酔って話すので、11時31分に第二号議案可決)
第3号議案では、「困った」氏は「人選の基準は?」・・・(社長)人選の基準を記載することを検討します。ディスクロージャーに精通している人物です。
(選任者を紹介したら11時37分)
第4号議案では、「補欠監査役を選任する理由は?」・・・(社長)3名以上かつ社外が半数以上必要なため。(山仁)監査役の資格があり、出席できる方。
(11時41分)
第5号議案では、「困った」氏が退任する野村会長に「退職後は会社経費を使わないように」「人事に介入しないように」「規定の額より多く貰うのではないか」と言います。野村会長はジッと我慢しているようで気の毒でした。私なら激怒します。
・・・(社長)創業者である野村会長には名誉会長としてご意見をいただく。規定通りで上限がある。
他にもうひとかたが慰労金・功労金の引当方法を質問しました。・・・(堀)功労金は退職慰労金の見積計上をしているので、その中から当て、今後の計上で調整する。
(ここで11時50分)
第6号議案はすんなり。やれやれと思ったところが第7号議案で「困った」氏が「役員報酬は、法令遵守の中でやってほしい」「監査役の協議で監査役報酬を決めて欲しい」「社長が介入して決めないように」と注文を付けます。さすがに堆社長もイラッときた感じですが、ことここまで至っては、ここまでのさばらせてしまった議事運営を恨むしかないでしょう。

結果、閉会は11時55分。1時間55分もお疲れ様でした・・・としか言いようがありません。
スポンサーサイト



テーマ:株主総会 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://depart.blog21.fc2.com/tb.php/223-9af68101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
165位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: