雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
クレディアの経営破綻に思う
credia190920.jpg
(日本橋二丁目ビルの各階案内)
クレディアが上場消費者金融として初の事実上の倒産。
消費者金融やクレジット会社は、飛び火で株価下落というよりも、明日は我が身という感じでいるのかもしれません。
安く手に入りそうな単元ではありますが、筆頭株主でスポンサーたりうるJCBから絶縁(提携解消)されてしまい、価値が残るような思惑で遊べる可能性も日を追って薄れていきそうです。
貸倒引当が全部返ってきたらとか有り得ない想定なども思惑にはあるでしょうか?日貿信のような奇跡にも期待してしまうとか?
コレクターズアイテムになるのを前提で遊ばないといけないところです。

さて、ここからは異論覚悟の私見です。さまざまな事情はあるでしょうが、消費者金融に株主とティッシュでしかかかわっていない者の意見としては・・・


やはり「借り得」というのは納得できない(借りたら返すべき。まあ無担保で保証人もないのに貸す方も間違っているのですが)のですが、「ゴネ得」なのは不思議です。
貸せない信用力にそれなりの上乗せ金利がなければ、ますます貸手がいなくなるわけで。
結果、不誠実な借り手と破産者や(無計画な)多重債務者と、ゴネる(のに協力して成功報酬をもらう)弁護士や司法書士などなどにより、善意の第三者である株主に災難が降り懸かっていると、私にはとれるのですが、言い過ぎでしたらすみません。

国の債務者救済で被害を受けた株主も国により救済されるなら、これ以上ない思惑ですが。
さて、債権はどうなるんでしょうね。全力で取り立てないと「取りすぎ」認定分(一律カットはあるにせよ。これまでカットしないのは「倒産」法制を覆します→水俣病関連の満額支払義務で存続しているチッソが倒産できることになります)も弁済できないとすると、ちょっとした阿鼻叫喚でしょうか?

第一号ゆえ、先行事例としてうまくいけば、今度は貸手のモラルハザード(倒産続出)もありうるのかもしれません。
かなり注目している案件なので、一応株主になり「関係者」になるべく検討中です。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://depart.blog21.fc2.com/tb.php/631-d08c6cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
466位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
213位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: