雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
危険と隣りあわせを感じて
toyoko191223.jpg

今日は渋谷の東急百貨店東横店本店に行きました。
Bunkamuraミュージアムを訪ねがてら(循環バスはヒトゴミを避けるのにも良くて重宝・・・帰路の風景は落差にビミョーな気分になりますが)の買物を楽しんだのですが、報道の通り、同時間帯に東横9階では凶行が発生していたのです。
今回は9階を訪ねてはいませんでしたが(8階には上がってはいました)加害者と同じ建物にいて、すれ違ったのかもしれないなどと考えると、身震いがしました。
そのときは「何かあったらしい」ことはわかったのですが、急病人かなにかぐらいかと思い、帰宅してびっくりさせられた次第です。

以下、批判を覚悟で書かせていただきますが、親会社と子会社の株主(元は百貨店自体の株主)なので、百貨店の責任は追及したくない立場ですし(そもそも百貨店側では対応しようがないでしょう)、考え方にもいろいろあることは承知しますが、流石に今回は自分が被害者になりかねなかった事態を受けての記事になりますこと、ご承知おきください。



佐世保の乱射事件のみならず、治安の悪化を実感させられています。少なくとも無関係な人間が理由もなく被害に遭うような事件が聞かれる度、日本の先行きに不安を感じます。
犯罪者の名前が出ないような(人権は被害者、特に亡くなった人には無く、犯罪者にはあるかのような)事件や、弁護士が殊更に犯罪時の精神状態や生育歴、通院歴などで減刑を勝ち取ろうとする姿には疑念を感じます。
犯罪が普通の心理状態なら起こり得ないのは自明ですし、被害者に落ち度がなければ、護られるべきは被害者ではないでしょうか。

薬物中毒や精神不安も社会の責任で、国民の連帯責任という考え方も有り得るかもしれません。
しかし、被害を受けた(受けかねない)立場からすると、それはあまりにも善意の第三者に対して無理な注文で、かつ憲法に定められた権利も守られていないことになります。
逆に、無罪になるというような(名前が出ないというほど守られる等)状態ならば、その責任を替わりに担うのは誰なのでしょうか?

さすがに、治安維持法を復活すべきとまでは言いませんが、犯罪者(犯罪者になりかねない人々、犯罪を犯しても無罪になってしまう人々)が守られ、放置されていて、一般市民が危険にさらされている現状に、考えがまとまらないのですが危機感を覚えた出来事でした。
報道によれば、既に数年来言動に何か変化があったような様子、それを知っていた人間が、一部でも代わりに責任を負う仕組み(それこそ不作為の責任を負うべきとして)にすれば、少しは変わってくるのかと思うのですが。他人に害を与えてまで守られる人権では、過保護ではないでしょうか。

いきなり食事中にフォークでさされたら・・・なんてぴりぴりしていたら、おちおち食事もできません。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://depart.blog21.fc2.com/tb.php/734-e3a98d73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
165位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: