雑感百貨店
株主優待・株券・株式投資などを中心にあれこれ感じたこと、日々つれづれ書き綴っていきます。
伊勢丹の古い商品券を入手
isetanken2009.jpg
伊勢丹の古い商品券を入手しました。
5店舗(新宿・吉祥寺・立川・松戸・浦和)体制だった時代のもので「60.2.24」ということですから、昭和60(1985)年の販売によるものでしょう。
伊勢丹の古いマークやロゴも懐かしいですし、東京都のかつてのマークも券面に見られます。
昭和61年に伊勢丹は現行のロゴマークになりましたから、前ロゴ期最終盤の発券になるものということになります。
なにより、裏面の利用可能店舗のリストが、あれこれ思い出深いのかもしれません。
●・・・現在は営業していない百貨店
丸三鶴屋(釧路)平成8年閉店→丸井今井釧路店(平成18年閉店)
丸井今井
藤崎
新潟伊勢丹(昭和59年4月開店)
●高崎伊勢丹(昭和60年8月閉店)←藤五伊勢丹←藤五百貨店
静岡伊勢丹
名鉄百貨店
阪神百貨店
天満屋
岩田屋
●西新岩田屋(平成15年閉店)<跡地に西新エルモールプラリバが営業>
久留米岩田屋
浜屋
●岩田屋伊勢丹(熊本)→熊本岩田屋(平成15年閉店)<跡地にくまもと阪神が営業>
山形屋
リウボウ
伊勢丹ストアー→現:クイーンズ伊勢丹
マミーナ
銀座浅草松屋

こういう年代モノの商品券を利用する場合には、やっぱり発行元(この場合は伊勢丹)で利用するのが無難なわけですが、ここまで利用されずに生き延びてきた(伊勢丹にとってはいつか利用される「負債」)商品券はついつい惜しくて、しまいこんでしまったりします。(お金のかかるコレクションですね)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

商品券は5年で時効なんです。必ず税法上は益金で計上しなければなりません。
商法上は任意で経営に余裕があると負債に計上してありますが、未使用商品券整理益で
計上します。ただし商品券が使用されると時効は主張せず雑損で計上するみたいですが。
平成元年に時効になってますが使用できます。東京都の商品切手発行税印もありなつかしいものです。昔は1万円の商品券を買うと印紙税600円、商品切手発行税400円で11000支払ったのですが覚えている人はいるのでしょうか?
【2008/09/20 22:33】 URL | 丹下 #yxBLcR7c [ 編集]

>時効
コメントありがとうございます。
時効のことは全然念頭にありませんでした。「花とみどりのギフト券」のように、有効期限表示がつくように変わってきたのも、時効を明文化するためでもあるわけですね。
使用できなかったらちょっと残念ですが、半ば時効を主張しないでいただいているおかげで利用できるということになるのですね。
印紙税と商品切手発行税について、つい調べてしまいました。この印があるというだけで、年代の目安になってくるわけですね。
【2008/09/22 23:12】 URL | depart #nmxoCd6A [ 編集]

伊勢丹商品券
確かに、伊勢丹で使うのが無難かもしれませんが、この商品券、裏面記載の営業している店以外に、京都駅前のジェイアール京都伊勢丹と三越各店(沖縄三越を除く)でも使えるようになりました。(裏面に岩田屋の記載のない伊勢丹商品券(ギフトカードは不可)も岩田屋で使えます。)

平成9年2月28日以前発行の伊勢丹の商品券と、当時のADO加盟店(丸井今井、川徳、藤崎、東武、松屋、丸広、八木橋、岡島、津松菱、名鉄、名鉄丸越、阪神、山陽、天満屋、トキハ、浜屋、山形屋など)発行の商品券は、相互に利用できた(この頃の券は、裏面に他社の記載があれば今でも他社で使うことはできるそうです。)のですが、平成9年3月1日以降伊勢丹商品券及びADO加盟百貨店間で商品券の相互利用を中止しています。

税金についてですが、平成元年までは、商品券類には印紙税が、平成5年の確か3月くらいまで、特定都市(東京23区、札幌市、立川市、八王子市、町田市、川崎市、横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、堺市、神戸市、北九州市、福岡市、熊本市、ひょっとしたらこれ以外にもあるかもしれません。)のみ商品切手発行税(東京23区は4%、都市により税額が異なる)が課税されていました。

印紙税は確か700円未満の券面の商品券には課税されなかったはずです。
当時は、伊勢丹の場合、商品券は、新宿、立川で買うよりも吉祥寺、浦和で購入したほうが、商品切手発行税が課税されない分安く購入ができました。(500円券は、額面どおりで購入ができました。)

伊勢丹の高額の商品券だと印紙税は、申告納付につきXX税務署承認済とか加刷されていましたが、百貨店によっては、商品券の裏面にたとえば10,000円の商品券だと、600円の印紙が貼られと割印が押されたのをかつて見たことがあります。
【2008/10/08 23:21】 URL | 秋本 #VW5.yUR6 [ 編集]

伊勢丹商品券
>平成9年2月28日以前発行の伊勢丹の商品券と、当時のADO加盟店(丸井今井、川徳、藤崎、東武、松屋、丸広、八木橋、岡島、津松菱、名鉄、名鉄丸越、阪神、山陽、天満屋、トキハ、浜屋、山形屋など)発行の商品券は、相互に利用できた(この頃の券は、裏面に他社の記載があれば今でも他社で使うことはできるそうです。)のですが、

平成9年2月28日でなく、平成11年2月28日以前でした。

>平成9年3月1日以降伊勢丹商品券及びADO加盟百貨店間で商品券の相互利用を中止しています。


これも平成9年でなく平成11年です。
【2008/10/08 23:28】 URL | 秋本 #VW5.yUR6 [ 編集]

情報ありがとうございます
>秋本さま
詳しい情報をいただき、ありがとうございます。
商品券は使用されて破棄されるものだけに、何か手元でしばらく眺めておきたい気にさせられてしまいます。
その時代の空気や会社の置かれた様相等も伝える「商品券考古学」みたいな気もさせられてしまっています。
秋本さまの詳しい補足情報、大変勉強になりました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
【2008/10/12 13:52】 URL | depart #nmxoCd6A [ 編集]

株式会社伊勢丹/本社の所管税務署
株式会社伊勢丹 東京都新宿区新宿3の14の1
領収書の印紙税申告納付に掛かる標記は、
此のようになります。
印紙税申告納付につき新宿税務署承認済み
【2008/10/13 08:35】 URL | 渡辺和裕 #- [ 編集]


伊勢丹の商品券なので問題ないと思いますが、
伊勢丹、東武百貨店、松屋(銀座、浅草)、島屋、京王百貨店、大丸、近鉄百貨店、さいか屋、丸広百貨店等発行の商品券でも10年ほど前の商品券ですと、提携百貨店でも使えて、今でも商品券の裏面等に提携店の記載があれば使えるのですが、
(伊勢丹⇔東武⇔松屋⇔丸広 島屋⇔京王 三越⇔さいか屋⇔近鉄)

ダイエーとプランタン銀座間、西武百貨店と西友間、西武百貨店とPARCO間(西友とPARCO間は今でも可能)のように券や利用店の案内に記載されてたとしても共通利用をやめてしまうことも最近は多いです。(当然のことながら、店頭には半年ほど前に告示は出ていますが、普通そんなのを注意深く見ている人はかなり少ないと思われます。)
【2008/10/13 12:21】 URL | 秋本 #VW5.yUR6 [ 編集]

>所管税務署
>渡辺和裕さま
コメントありがとうございます。
何気なく目の端を過ぎる表記記載ですが、注目すると改めて見えてくるものもありますね。
【2008/10/20 22:31】 URL | depart #nmxoCd6A [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://depart.blog21.fc2.com/tb.php/998-9838700e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



最近の記事



支配人のおすすめ


がんばろう ふくしま!



ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
GUNZE online store
セシール
Honya Club.com
アフィリエイトならリンクシェア



最近のコメント



AdSense



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
185位
アクセスランキングを見る>>



FC2カウンター



プロフィール

depart

Author:depart
気ままにあれこれ書き散らしながら、話題のデパートができたら・・・とか思っています。

私の初心と「おことわり」



カテゴリー



月別アーカイブ



管理人の他ブログ(支店)



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: